内側から滲み出る性癖が磁石のようにパートナーを引き寄せる

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2020-04-01 03:47
投稿日:2020-03-31 19:30
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと主体的に性を楽しめるようになる。女性の様々な性癖に迫ります。

浮気防止の“歯形”に興奮

自分の性癖にあったパートナーをどうやって見つける?(写真:iStock)
自分の性癖にあったパートナーをどうやって見つける? (写真:iStock)

 性癖を自覚し、実現させたいと願っている女性が突き当たるのは、どうやってその相手を見つけるのかという問題です。

 もちろん、出会い系や“女風”と呼ばれる女性専用風俗、はたまたマニアの集うサークルに参加するなど、様々な手段があるものの、そこに踏み込むには勇気が必要なことも確か。

 今回お話を聞かせていただいたさわなさん(仮名、46歳、病院受付)の場合はどうだったのでしょうか。

「性癖でいうと、私はMなんです。

 そのことにうっすら気が付いたのは、はたちの頃。当時お付き合いしていたお相手に、太ももをガチで噛まれた時です。歯形がつくほどで、かなり痛かったけど、ちょっと興奮して。

 彼は他の男性とわたしが、エッチなことが出来ないようにって、マーキングの意味で歯形をつけていたので、毎回ではなかったんですが……」

ふたりのセフレが嗜好を叶えてくれる

Mっぽいことをされるのが好き(写真:iStock)
Mっぽいことをされるのが好き (写真:iStock)

 “M”だという軽い自覚を抱いたものの、そこからしばらくは、実現する機会がなかったさわなさん。彼女が、再び嗜好を叶える機会を得たのは、いま現在も、関係を続けているセフレがきっかけでした。

「いまのセフレは職場の人で、わりと長く続いています。

 最初は酔った勢いでしちゃったんですけど、その後も、忘れた頃に誘われて。だんだん誘われる間隔が短くなっていつの間にかセフレになってました。

 わたしが『Mっぽいことをされるのが好き』って伝えたこともあって、アイマスクをしてしたり、レイプ的にいきなりされることも。スパンキングや軽く首絞め、エッチな事を言わされたり、たまに職場でスカートの中で、手マンをされることも……。素直にされちゃってますけど、変態ですよね(笑い)。

 ちょっと前にもうひとり、セフレが増えたんですが、そっちは勤め先に来た患者さんです。『電話して』って名刺渡されてっていう流れですが、その人もSっぽいタイプですね」

磁石のようにS男性が引き寄せられる

女もセックスを楽しめる時代に(写真:iStock)
女もセックスを楽しめる時代に (写真:iStock)

 付き合う人がたまたま“Sっぽい”というのは果たして偶然なのか、それとも必然なのでししょうか。

「磁石的な感じですかね……。でも、セックスしてみないとわかんないですからね。声が萌え声で、キャラっぽい感じなので、そういう人が誘ってくるのかもですね。

 ただ今は、とにかく楽しいです。女の子もセックスを楽しめる世の中になってよかったなって。

 昔は、あんまり情報もなくて、どうすれば楽しくなるとか、知らないことが多かったと思います。今は、情報もいろいろあるから、してみたいこともしやすい。AVやグッズもいっぱいあるし、女子がエロくてもそんなに恥ずかしくない。

 私もオバサンですけど、楽しんでます!」

自分に素直になって性を楽しむ

 個性は内側から滲み出るもの。性癖もまた同じように外側へと漏れ出して理想のセックスを叶えてくれる男性を惹きつけるのかもしれません。

 楽しもうと思えば、性を楽しむことの出来る今日、自分に素直に性の喜びを享受していきたいものです。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク