男遊びをやめられない女性の特徴や心理!遊びをやめる方法

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-07-03 06:00
投稿日:2020-07-03 06:00
「異性と遊ぶ」というと、男性をイメージする方が多いと思いますが、男遊びをする女性はたくさん存在します。今回は、そんな女性の特徴や、遊んでしまう心理をご紹介します。「そろそろ遊びも潮時かな?」と考えている女性たち、必見です。

男遊びをする女性の5つの特徴や心理

仕事と恋愛、実は似ている?(写真:iStock)
仕事と恋愛、実は似ている? (写真:iStock)

 ファッションや普段の行動から、名実ともに「男遊びが大好き!」という女性もいますが、純粋そうに見えて“実は遊び人”という女性もいます。まずは、男遊びをする女性の特徴からチェックしていきましょう。

1. 考え方が男性的

 恋人がいて浮気をする場合、「相手に対して申し訳ない」「バレないだろうか?」と悩み苦しむ女性は多いでしょう。しかし、男遊びがやめられない女性は考え方が男性的なため、「興味があるから」「落としてみたいから」という理由だけで遊んでしまいます。

 さっぱりした性格をした女性が多く、たとえ本命彼氏がいたとしても、「遊びは遊び」と上手に割り切ることもできるでしょう。落とすことができたら、さっと気持ちが冷めてしまう場合もあります。

2. アプローチを仕掛けたがる

 男遊びをする女性は、「男性がどうしたら自分に惹かれるのか」というポイントを熟知しています。ボディタッチや思わせぶりな言葉など、さまざまなアプローチを仕掛け、上手に釣り上げるのです。

 飲み会の席は狩猟の場。酔った勢いで「逆お持ち帰り」なんてこともよくあります。出会ってから好きになり、相手を知って距離を縮めていく、という行程を飛ばして、体の関係から入ることに抵抗がありません。

3. 仕事ができる

 仕事ができるのも、男遊びをする女性の特徴でしょう。仕事をする感覚と、恋愛をする感覚は、実は近いものがあります。自分のアピールポイントや能力をきちんと相手に伝えるスキルが高く、初対面の人ともコミュニケーションをとるのが上手な女性が多いでしょう。

 また、賢く狡猾に遊ぶため、たとえ本命彼氏がいても、バレるような失態を起こしません。

4. 彼氏と別れても落ち込まない

 男遊びをする女性は、彼氏がいる時に別の男性と複数交際をしていることもあります。通常では、お付き合いがダメになったら少なからず落ち込んだり、悩んだりと、次の恋愛に進むまで時間を必要としますが、こういった女性は彼氏と別れてもほかの男性で寂しさを埋めることができるため、あまり落ち込まない傾向にあるでしょう。

 快楽主義で「今が楽しければ良い」と思うため、次々に出会いと別れを繰り返し、気づけば婚期を逃してしまうこともあります。

5. SNSの更新頻度が激しい

 男遊びをしている女性は、“承認欲求”という、人に認めてもらいたい、見てもらいたいという願望が強い場合が多いです。そのため、SNSに自分の近況や自撮り写真を載せたりと、更新頻度が激しいことも特徴。頻繁にプロフィール写真を変える女性は、特に承認欲求が強い傾向にあります。

 こういった女性は、単純に1人でいることが寂しく、誰かの温もりを感じたいがために遊んでしまうこともあるでしょう。

男遊びはそろそろ潮時…?遊びをやめたくなる瞬間

そろそろ虚しくなってきた(写真:iStock)
そろそろ虚しくなってきた (写真:iStock)

 若気の至りならまだしも、それなりに年を重ねても男遊びがやめられない女性もいます。しかし、「そろそろ潮時かな?」と感じる瞬間も、彼女たちにはあるようです。

虚しさを感じた

 男遊びをしている自分にそれなりに満足していたとしても、素敵なカップルを見た時などに、ふと湧いてしまうのが、「このままでいいんだろうか?」という虚しさでしょう。

「誰かをちゃんと愛して愛されたい」、そんな風に思った時、男遊びはもうやめようと決意する女性は多いです。

結婚願望に気づいてしまった

 友達の出産報告を受けた時や、過去に遊んだ男性が結婚した時、見て見ぬ振りをしていた自分の結婚願望に気づいてしまう女性もいるでしょう。

「遊んでばかりだと、いつか一人になってしまうかも?」そう感じた時に、遊びをやめようと思う女性もいます。

本気で恋愛ができなくなった

 誰彼構わず男遊びをしてきた女性でも、ある日突然恋に落ちることはあるでしょう。しかし、それまで本気の恋愛をしてこなかったことで、「どんな人でも同じ」と、本命の男性を選ぶ基準がわからなくなってしまう女性もいるようです。

 また、経験を積み重ねてきているため、行動・言動の端々に遊び慣れている感じが出てしまったり、過去の自分を隠して男性と付き合うことで苦労するケースもあるようです。

「これからはちゃんと恋愛に向き合いたい」と思うことが、遊びをやめるきっかけになることもあるでしょう。

男遊びをやめる3つの方法

一人の時間を楽しむことも大切(写真:iStock)
一人の時間を楽しむことも大切 (写真:iStock)

 男遊びは、言ってみれば「癖」のようなものです。意識的に変えるか、周りの環境が変わらないと、なかなか抜け出せないかもしれません。それでも、やめたいのであれば、これからご紹介する方法を試してみてください。

自分の本音と向き合う

「なぜ、男遊びを始めてしまったのか?」と自分の本音と向き合うことは大切です。遊び始めたきっかけは、きっとどこかにあります。

 たとえば、「その時付き合っていた彼氏に満足していなかったから」「彼氏がいなくて寂しかったから」「その日が楽しければよかったから」など。

 まずは、その時本当はどうしたかったのか、どうすれば良かったのか、と自問自答して、本音と向き合ってみましょう。

一人の時間を楽しめるようにする

 大人の男女が関係を持つことは、たいして難しいことではありません。特に、女性からOKを出すと、遊び目的であろうと引っかかってくれる男性は多いでしょう。

 しかし、遊びをやめたいのであれば、まずは引っかけることを止めることが大切です。そして、一人の時間を楽しめるように努力してみましょう。寂しいと思うのであれば、周りにいる女友達や家族との時間を設けたり、趣味や仕事に邁進できれば、暇を持て余すことはなくなるはずです。

本当に好きになれる相手を見つける

 ほとんどの女性は、初めて男性と関係を持った時、ドキドキしたりワクワクしたりと感情が揺れ動いたはずです。しかし、男遊びを始めてからは「誰と何をしても同じ」と、そんな感情が湧かなくなっている方も多いでしょう。

 しかし、どんなに経験を積んだとしても、本当に好きになれる相手に対してはドキドキワクワクが起こるものです。そしてそれは、一過性のものではなく、安心感や信頼感へと形を変えて続いていくでしょう。これこそが、恋愛の醍醐味。

 この感情は、遊んでいる時には得られません。本当に好きな相手ができるまで、まずは自分を大切に守ってみるのも良いのではないでしょうか。

男遊びから卒業するには自分の感情と向き合って

いつまで続けるの?(写真:iStock)
いつまで続けるの? (写真:iStock)

 個人的には、男遊びは誰にも迷惑がかからなければ悪いものではないとも思います。経験の一つでもありますし、割り切った「大人の関係」は存在しますから。

 でも、心のどこかで、「本気で好きな人を見つけたい」「愛されたい」「愛したい」という感情があるのであれば、今こそ、男遊びから卒業する時かもしれません。

 いつか恋に落ちた時に、思い切ってその人の胸に飛び込むためにも、少しずつ状況を変えてみる勇気も必要です。

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 06:00 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...