彼氏が浮気…淫乱道を極めるために、初3Pの覚悟をした夜。

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2020-09-04 12:28
投稿日:2020-08-14 06:00
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる傘寿系脳みそ性器は、女の子大好き。ひろしの浮気が発覚し、自暴自棄のわたしがとった浮気後の所作、そしてを語ります。

社会人としての淫乱道を極める

あんっ……(写真:小悪魔ドルチェ寿司)
あんっ…… (写真:小悪魔ドルチェ寿司)

「彼氏に浮気されて、めっちゃくちゃのめっためたの、ぐっちゃぐちゃになりたいんです」

 こんなことを酔っ払って目の前にいる男性に言うっていうのは、「とりあえずビール」という言葉以上に「とりあえずセックスしましょうや」って言っているのと同じことです。据え膳食わぬは男の恥文化は今や西麻布では廃れつつある文化ですが、やはりまだ「そこに穴があるから」ということでヤレそうな女とはヤるという男性も絶滅危惧種ですが、存在します。

 昨今の西麻布界隈では、年収が高くなればなるほど、据え膳拒否男子は増えているのです。草食男子でも肉食男子でもなく、美食男子ですね。しかし、今現在、わたしの目の前には先ほどトイレに連れ込んで亀頭にキスをした俳優Sもいるわけです。そして3人ともまだ理性は保ちつつも酔っ払っているという、もうこれはそっちがその気なら3Pで行くしかないよね、っていう腹を決めつつあらねばならない状況なわけです(バカ)。

 力が拮抗している者どもが戦うときに、3者まんじりともせず、という状況がありますが、もう、まさにそれ。トライアングル、誰かが動くと一瞬で勝負決まるっていうやつです。もうここでわたしたちの誰かが「お会計!」って言ったら、一瞬で決まる局面です。3Pが。そんなときに、わたしだけ「あ、じゃあ、帰りまーす」みたいな、もう、そういう無作法するんなら最初っから、「めっちゃめちゃになりたいとか言うな」、「もうそもそも来るな」、「そもそも連絡してくんな」と思われるほど、社会人としての常識が疑われているわけです。

「帰りまーす」するなら、二度と誘ってもらえなくなることを覚悟した方がいい、それくらい女として気合い入れて、けじめもつけて、腹をくくらなければいけない状況なわけです。淫乱を気取るなら、淫乱の名に恥じないケツを自分で持て、ということなわけです。文字通り。それができないなら、頭も尻も隠しておけ、ということです。

一騎討ちから騎馬戦へ!!

サムライ風を貫いてきたわけで(写真:iStock)
サムライ風を貫いてきたわけで (写真:iStock)

 とはいっても……。そもそもわたし、3Pなんかしたことないんですよね。「セックスは一対一の真剣勝負!」と常々申しておるわたしからすれば、大人のおもちゃを使ったことも1回くらいしかないんですよね。初めから終わりまで、流儀と美意識とプライドのせめぎ合いなわけですから、やはり戦い方はサムライ風の一対一なわけです。

 名を名乗ってから刀を抜くところまで、相手の出方を伺う礼式的戦法なので、そりゃモンゴルの集団戦法にコテンパンにされますよね、歴史上は。「我こそは●●の流れをくむ子孫、●●の家臣で名は●●と申す!」みたいなことをのたまっている間にモンゴル帝国軍にやられて日本軍ビックリみたいなことは、1274年の文永の役で歴史が証明しています。

 でも名を名乗っているときに、皆殺しにされたりモンゴル帝国軍に嘲笑されたりして日本軍が奮起して、モンゴル帝国軍を撤退させたジャパニーズフレキシビリティはわたしの中にも脈々と息づいています(多分)。やるしかない、そして「乗るしかないこのビッグウェーブに」(©BUTCHさん)。

エロコク 新着一覧


ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#3
 不倫相手のマンションに引っ越すことになった派遣OLのE美さん(27)。あまりにもリスキーな不倫だが、目くるめく快楽を知...
蒼井凜花 2021-08-29 21:10 エロコク
元カレでもいい…「リサイクルセックス」に走る女性の心理
 コロナ禍により、男女の出会いの機会が一気に減ったこの頃。あまりの出会いのなさに、元カレや元ダンナと再び関係を持つ女性が...
内藤みか 2021-08-26 06:00 エロコク
力で快感を引き出す電マしか知らない人ほど試してほしい一品
 エッチな目的のために電マを購入。でもそれだけでなく肩や腰のマッサージにも使っている女性、少なくないですよね。電マはパワ...
桃子 2021-08-22 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#2
 いまや日常にありふれている不倫。今回取材に応じてくれたE美さん(27歳・派遣)も、妻子ある男性と不倫をしている女性の一...
蒼井凜花 2021-08-20 06:00 エロコク
吸引グッズ火付け役の“妹分”が日本上陸!初心者もすぐ使える
 アパレルやコスメの世界では“姉妹ブランド”というものがよくあります。メインのブランドよりも価格帯が低めなのが“妹”。そ...
桃子 2021-08-15 06:00 エロコク
クリを内側にしっかり収めるよう計算され尽くされた吸引系
 上品なラベンダー色、無駄をそぎ落としたようなフォルム。クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”の人気...
桃子 2021-08-08 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#6
 これまで5回にわたって綴ってきた「夫婦交換」の内情。「性と生」を謳歌するべく、二組の夫婦がもつれあう光景は、Wさん(4...
蒼井凜花 2021-08-06 06:00 エロコク
カップルにも♡小さな面でクリを刺激する“一点集中ローター”
 最近、私がクリトリスをピンポイントで刺激するグッズを探しているからでしょうか。一点集中! 小さな接地面でクリをしっかり...
桃子 2021-08-01 06:00 エロコク