彼氏が浮気…淫乱道を極めるために、初3Pの覚悟をした夜。

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2020-09-04 12:28
投稿日:2020-08-14 06:00
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる傘寿系脳みそ性器は、女の子大好き。ひろしの浮気が発覚し、自暴自棄のわたしがとった浮気後の所作、そしてを語ります。

社会人としての淫乱道を極める

あんっ……(写真:小悪魔ドルチェ寿司)
あんっ…… (写真:小悪魔ドルチェ寿司)

「彼氏に浮気されて、めっちゃくちゃのめっためたの、ぐっちゃぐちゃになりたいんです」

 こんなことを酔っ払って目の前にいる男性に言うっていうのは、「とりあえずビール」という言葉以上に「とりあえずセックスしましょうや」って言っているのと同じことです。据え膳食わぬは男の恥文化は今や西麻布では廃れつつある文化ですが、やはりまだ「そこに穴があるから」ということでヤレそうな女とはヤるという男性も絶滅危惧種ですが、存在します。

 昨今の西麻布界隈では、年収が高くなればなるほど、据え膳拒否男子は増えているのです。草食男子でも肉食男子でもなく、美食男子ですね。しかし、今現在、わたしの目の前には先ほどトイレに連れ込んで亀頭にキスをした俳優Sもいるわけです。そして3人ともまだ理性は保ちつつも酔っ払っているという、もうこれはそっちがその気なら3Pで行くしかないよね、っていう腹を決めつつあらねばならない状況なわけです(バカ)。

 力が拮抗している者どもが戦うときに、3者まんじりともせず、という状況がありますが、もう、まさにそれ。トライアングル、誰かが動くと一瞬で勝負決まるっていうやつです。もうここでわたしたちの誰かが「お会計!」って言ったら、一瞬で決まる局面です。3Pが。そんなときに、わたしだけ「あ、じゃあ、帰りまーす」みたいな、もう、そういう無作法するんなら最初っから、「めっちゃめちゃになりたいとか言うな」、「もうそもそも来るな」、「そもそも連絡してくんな」と思われるほど、社会人としての常識が疑われているわけです。

「帰りまーす」するなら、二度と誘ってもらえなくなることを覚悟した方がいい、それくらい女として気合い入れて、けじめもつけて、腹をくくらなければいけない状況なわけです。淫乱を気取るなら、淫乱の名に恥じないケツを自分で持て、ということなわけです。文字通り。それができないなら、頭も尻も隠しておけ、ということです。

一騎討ちから騎馬戦へ!!

サムライ風を貫いてきたわけで(写真:iStock)
サムライ風を貫いてきたわけで (写真:iStock)

 とはいっても……。そもそもわたし、3Pなんかしたことないんですよね。「セックスは一対一の真剣勝負!」と常々申しておるわたしからすれば、大人のおもちゃを使ったことも1回くらいしかないんですよね。初めから終わりまで、流儀と美意識とプライドのせめぎ合いなわけですから、やはり戦い方はサムライ風の一対一なわけです。

 名を名乗ってから刀を抜くところまで、相手の出方を伺う礼式的戦法なので、そりゃモンゴルの集団戦法にコテンパンにされますよね、歴史上は。「我こそは●●の流れをくむ子孫、●●の家臣で名は●●と申す!」みたいなことをのたまっている間にモンゴル帝国軍にやられて日本軍ビックリみたいなことは、1274年の文永の役で歴史が証明しています。

 でも名を名乗っているときに、皆殺しにされたりモンゴル帝国軍に嘲笑されたりして日本軍が奮起して、モンゴル帝国軍を撤退させたジャパニーズフレキシビリティはわたしの中にも脈々と息づいています(多分)。やるしかない、そして「乗るしかないこのビッグウェーブに」(©BUTCHさん)。

エロコク 新着一覧


終わった後も肌が突っ張らない潤滑剤♡セルフプレジャーにも
 女性には基礎化粧品を季節や肌の調子によって使い分ける習慣がありますが、潤滑剤も同じように考えてほしいと思います。香りで...
桃子 2021-02-21 06:00 エロコク
振動だけじゃない!肉感的な本体が生き物みたいにぐねぐねと
 ローターとは元来、「挿入を目的とせず」「振動によって主に体の表面に刺激を与えるもの」を意味していました。今もそのイメー...
桃子 2021-02-14 06:00 エロコク
ビギナーもOKなピストンバイブ 奥への突きに目覚めちゃう?
 私はピストンバイブを愛用していて使用頻度も高いですが、これまで「バイブビギナーさんにはオススメしにくいなぁ」と思ってき...
桃子 2021-02-12 18:53 エロコク
音に合わせてローターが…強烈な刺激におかしくなっちゃう♡
「スピーカー付きのローター」――。最初に聞いたとき思わず耳を疑いました。でも米国の「スバコム」が手掛けたと知り、納得。確...
桃子 2021-01-31 06:00 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス」#3
 これまで二回にわたり、ウィズコロナのセックスを提案してきました。前回は、安心・安全・気持ちいいセックスの体位5つをお伝...
蒼井凜花 2021-01-29 06:00 エロコク
初心者におすすめの吸引系♡ 11段階で好みの加減を追求して
 ラブグッズに限った話ではないですが、ひとつのヒット商品が出て、その派生商品が続々と発売されると、ひとつのジャンルが形成...
桃子 2021-01-23 06:00 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#2
「ウィズコロナ」の生活が当たり前になった昨今。セックスも「安心・安全・心地よさ」をモットーに、パートナーとの愛を深めたい...
蒼井凜花 2021-01-22 06:00 エロコク
直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク