高収入男子に選ばれる女子の特徴!一般的なモテテクではダメ

若林杏樹 漫画家
更新日:2020-08-17 06:00
投稿日:2020-08-17 06:00
 ハイブランドに身を包み、お金の心配なく優雅に過ごしたい……そんな将来を夢見て、選ぶ相手を「高収入男子」に設定している同志のみなさん、こんにちは!
 私も22歳で社会人になってから、「好きなタイプは?」と聞かれたら「お金持ち!」と答えておりました。高収入男子を10年以上も追いかけている身として、彼らが選ぶのはどんな女性なのか、理解できてきたのでお伝えします。

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

大切なのは媚びない心、昔からの友達として接する

 お金を持っていて、ある程度の外見を持っている男性は、どう考えてもモテモテなんですよね。普段から女の子たちのお誘いを受けていることでしょう。

 そんなモテ男子を落とすためには、まずは一般的なモテテク(ボディタッチや上目遣いなど)をやめて、媚びずに近づくことが重要です。カレを“昔からの友達”だと思って接してみてください。

 だって、地元の友人に対しては、いきなり甘えたりしないですよね。「ほかの女子とは違うんだ」と思わせると良いでしょう。ただし、友達から本命になるには上品さも必要なので、最低限のマナーや所作は身につけておきましょう。

 お金目当てとして近づくのではなく、1人の人間として接する。“お金目当て“”という下心があると難しいのですが、見抜かれてしまうと単なる遊び相手に降格してしまいます。

 キラキラ女子とは程遠いのですが、男性っぽい趣味を持っていると魅力的に見えるそうです。クルマだったり釣り、キャンプなんかも最近はやってますよね。

 ぜひ、お金以外のカレの良さを見つけて、接してみてくださいね。

登場人物紹介

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

だら先輩
今日は出勤日だったからやらないけど、リモートワークの日は朝起きたら散歩することにした!でも7時半くらいに家を出ても日差しが強くて暑いんですけど……あっつ!

ギャルちゃん
ハァ〜〜〜! なんか私、最近仕事で空回りしているかも。やりたい仕事のヤル気はあるんだけど、やりたくない。まぢ仕事はテンション下がる。ビアガーデン行きたい!

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ