LINEのマナー心得てる?知っておきたい暗黙のルール8選

コクハク編集部
更新日:2020-10-13 06:00
投稿日:2020-10-13 06:00
 日常生活に欠かせなくなったLINEですが、意外にもLINEが原因で「マナーのない人」という悪いイメージを持たれてしまうことも少なくありません。LINEマナーに関する暗黙のルールは、当然、取扱説明書に書いてあるわけではなく、自然にできあがったものだから気づけない人も多いのでしょう。そこで今回は、押さえておきたいLINEのマナーについてご紹介します。

覚えておこう♡ LINEの基本マナー5つ

1. 既読スルー&未読スルーはNG

 LINEの基本中の基本は、きちんと返信をすること。

 特に、会社関係や仕事の連絡などに関して、既読スルーや未読スルーにしてしまうのはもってのほか。

「常識のない人」だと思われてしまいます。

2. 最初の返信をスタンプのみにしない

 相手から会話を投げかけられたのに、最初の返答がスタンプのみというのはかなり印象が悪いですよね。仲の良い間柄ならまだしも、スタンプだけでは情報量が少なすぎて、何が言いたいのか、テンションや気持ちを探ることができません。

 そもそもスタンプのみの返信自体、会話を終わらせる時に使うことが多いので、「嫌われてるのかな?」と思われてしまう可能性もあります。

3. プロフィールの名前はわかりやすく

 プロフィールには、あなたであることが伝わるようなわかりやすい名前をつけましょう。ペンネームのようなものや好きな言葉など、誰だかわからない名前にするとグループトークなどでも、毎回その人が誰だったか調べるという手間が発生してしまいます。「プロフィールはわかりやすく」を、意識しましょう。

4. たくさん写真を送る時はアルバムで

 一緒に出かけた時の写真をLINEで共有する時ってありますよね。この時は、必ずアルバムを作成して写真を追加するようにしましょう。これを忘れてしまうと、送った写真の枚数分、相手のLINEの通知音が連続して鳴り響くことに……。

 つい忘れてしまいがちですが、人によってはかなり迷惑だと感じるそうですので、しっかりと確認するようにしてくださいね。

5. 深夜・早朝の時間帯の返信は避ける

眠いのに…(写真:iStock)
眠いのに… (写真:iStock)

 LINEはいつ返信しても良い便利なツールなのですが、できれば深夜や早朝のLINEは避けるようにしましょう。相手によってはマナーモードにしていないこともあるため、相手やその家族を起こしてしまうことがあるからです。相手のことを考えて送るのも、大切なマナーですね。

LINEグループトークもマナーが大事! 暗黙のルール3つ

早めの返信はマスト(写真:iStock)
早めの返信はマスト (写真:iStock)

 続いては、複数人が参加するグループトークでのマナーです。個人同士のトークよりもさらに気を配りたい暗黙のルールがあります。チェックしてみましょう!

1. LINEのグループトークで個別連絡はしない

 グループトーク内で、一部の人にしかわからない会話を繰り広げるのはNGです。グループで話した内容を探しづらくなるだけでなく、関係ない人にもLINEの通知音が何回も鳴り響くことになるからです。

 ほかのメンバーに嫌な思いをさせてしまうことは、間違いないでしょう。グループ内の特定の数人と話したいことがあれば、新しくそのメンバーでグループトークを作るのがマナーです。

2. LINEのグループトークで短文連投は迷惑

 大勢が参加しているLINEのグループトークでは、できるだけスタンプや短文メッセージの連投は避けるべきです。中には、通知音がうるさいと思う人もいるため、要点をまとめて送るか、相手が負担にならないように長い内容はノートにまとめるなどの工夫が必要です。

3. スケジュールの返信は早めに

 グループトークでイベントのスケジュールを決めようとしている時には、できるだけ早く返信しましょう。一人の返信がないことでなかなか日取りを決められず、結果的に全員に迷惑をかけてしまいます。

LINEのマナー違反は百害あって一利なし!

うっかりミスで信用を無くすことも(写真:iStock)
うっかりミスで信用を無くすことも (写真:iStock)

 LINEにはマナーがあり、それを破ることは相手に迷惑をかけてしまうことにもなります。たかが連絡ツールのLINEで、あなたの人間性を疑われてしまうのはもったいなさすぎますよね。送る前には相手がどう思うかを考えて、LINEのマナーを意識してみてくださいね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...