主婦レズビアンの告白#1…欲望を埋めてくれた同性パートナー

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-04-25 17:26
投稿日:2019-04-18 06:00

女ならではの快楽のツボを的確に

 年々、増加傾向にあるセックスレス夫婦。夫に「拒まれ続けた」妻たちが、誰かに愛されることを実感したい切なる思いから婚外恋愛へと走ってしまうケースは少なくない。

 ――ただ、その相手が「同性」ならばどうだろう? そして女性とのセックスが、これまで経験したことのない快楽と心の充足感を与えてくれたとしたら――?

 実は筆者自身、女性と付き合った過去がある。

 ペニスを持たない女性は、指と舌を駆使し、女ならではの快楽のツボを的確に押さえた愛撫を与えてくれる。何度も絶頂へと導かれ、底なし沼のような果てしもない快楽を味あわせてくれ、これまでのセックスを覆すほどの愉悦を体に刻んでくれたのだ。

 今回は「心の隙間を埋めてくれる同性パートナー」に出会ってしまった妻(35歳・薬剤師)のケースをご紹介します。

すがるように「帰りたくない」と

「10歳上の夫とは、結婚と同時にセックスレスが始まりました」

 そう語るのは一昨年結婚した妻・Y子さん(35歳・薬剤師)だ。

 3年間の恋人期間を経ての結婚とあって、よく言えば安定、悪く言えば新鮮味が薄れた状態での新婚生活がスタートしたという。

 また、子供を持つことへの考えも正反対だった。バツイチの夫はすでに先妻との間に小学生の男児がおり、子供は望まない向きだ。

「子供を持たない件は私も理解していましたが、気持ちって変化しますよね。妊娠だけが目的ではありませんが、セックスレスで悩んでた時期でもあり、時々セックスの誘いを持ちかけたんです」。

 初めこそ「疲れてる」「週末にね」と先延ばし状態でしたが、ある日、「いい歳して色ボケか?バーカ」と心ない言葉を返され、ショックを受けたという。

 そんな時だった。ミュージカルや宝塚観劇が趣味だったY子さんに、趣味仲間がDさん(37歳・映像関係・独身)を紹介してくれた。

「ショートカットですらりと背の高い、宝塚の男役のようなオーラがある美しい女性でした。映像関係の仕事をしているせいか、物の見方やセンスが斬新で頭の回転が速い、話も面白い。細身のパンツスーツが似合う都会的な彼女に会うたび、惹かれている自分に気づきました」

 ちなみにY子さんは、男性としか付き合ったことのないヘテロ(異性愛者)。

 Dさんとは数回、二人だけで食事をし、いつものように彼女が運転する車で送ってもらった時――。

柔らかな唇が押し当てられて

「『ちょっとドライブしようか。スカッとするよ』と夜の湾岸を飛ばしてくれたんです。その日は少しだけ夫の愚痴をこぼしてしまったので、彼女なりに私を元気づけようとしてくれたんでしょう。夜景の美しさにはしゃいでいたら、ふっと彼女の手が私の手に重なってきて――」

「えっ」と思う間もなく、車が路肩に止められました。綺麗な顔が迫ってきたと思ったら、柔らかな唇が押し当てられて。「私、Dさんとキスしてる」って胸が高鳴りました。

「でも、嫌じゃなかったんです」

 同性とは初めての経験。驚くと同時に、柔らかな唇と甘い香りにY子さんはめまいがしたそう。そして、気づけば彼女の二の腕をつかんで、熱いキスに応えていた。

「私、すごく興奮してる――そう自覚しました。誰かに欲望をぶつけられるなんてここ数年、すっかり忘れていたので。徐々に火照っていく体や、ショーツの奥が潤んでいくのを恥ずかしいくらい感じました……」

 キスが解かれたのち、Y子さんはすがるように「帰りたくない」とDさんに告げていた。 

 夫の顔が脳裏をよぎったが、セックスを拒まれ続けた苦い経験が、Y子さんにその言葉を言わせたのだ。

 二人を乗せた車は、そのままホテルへと向かったのだった。

(続きは次回)

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

エロコク 新着一覧


シンプルだけどお楽しみの幅が無限大! ぜひスマホと連動を
 淡くやさしいブルー、優美な曲線を描くボディー。太すぎず細すぎず、シンプルを極めたような「スバコム アヴァネオ」ですが、...
桃子 2024-04-14 06:00 エロコク
お医者さんごっこの続きを…31歳シンママと幼馴染の秘密の遊戯
 今回ご登場いただくのは、帰省した際に幼なじみの浩くんと再会し、それを機に愛人エッチするようになったというシングルマザー...
中山美里 2024-04-09 06:00 エロコク
クリを吸い上げ、はじいて、叩く♡ 1台で3役の優れもの
 買ったはいいけどあまり使わない…。そんなモノが多ければ多いほど、家が雑然としてしまいます。  これはラブグッズに...
桃子 2024-04-19 17:41 エロコク
スマホレンズを股間に向けられたネトナン師、恐怖のSEXから起死回生#5
 高学歴・高収入のジンさん(仮名・49歳会社経営/前妻との間に子供アリ)。彼は経営者の傍ら、「ネトナン師(ネット上のナン...
蒼井凜花 2024-04-05 06:00 エロコク
紳士服売り場の試着室で♡50代性欲強めパパとドキドキプレイ
 今回お話を聞かせてくれたのは、以前に百貨店の紳士服売り場で働いていたことがあるという主婦のルリ子さん。  パパ探...
中山美里 2024-04-02 06:00 エロコク
ネトナン師も驚愕!12歳愛娘の「ママ友」がSEX動画を撮し出して… #4
 高学歴・高収入のジンさん(仮名・49歳会社経営/前妻との間に子供アリ)。彼は経営者の傍ら、「ネトナン師(ネット上のナン...
蒼井凜花 2024-04-05 11:48 エロコク
ホテルに入ると男性が2人いて…24歳パパ活女子の恐怖体験
 突然ですが、あなたは風俗やパパ活女子と遊ぶ場合、「お金を払ってる自分の方が立場が強い」と思いますか? それとも思いませ...
中山美里 2024-03-26 06:00 エロコク
“中”でプワ~ッとふくらみ、プシュ~ッとしぼむバイブが爆誕
 ラブグッズを集め始めて十何年経っても、私が感じている醍醐味は初期の頃から変わりません。  それは「人体にはない動...
桃子 2024-03-24 06:00 エロコク
“即ホ”肉食妻と潜望鏡プレー 40代ネトナン師、嬉しい悲鳴からの地獄#3
 高学歴・高収入のジンさん(仮名・49歳会社経営/前妻との間に子供アリ)。彼は経営者の傍ら、「ネトナン師(ネット上のナン...
蒼井凜花 2024-03-29 18:04 エロコク
パパのサイズに慣れちゃった! 29歳人妻の恐るべき適応能力
 今回、登場いただくのは浮気妻の明日香さん。ご主人とは5年前からセックスレスで、欲求不満解消と小遣い稼ぎを兼ねてパパ活し...
中山美里 2024-03-19 06:00 エロコク
押すではなく「吸う」! 後戻りできない快感に酔いしれて♡
 長らく謎だったGスポットの正体ですが、昨今ではクリトリスの一部だというのが定説になっています。  膣側からそれを...
桃子 2024-03-17 06:00 エロコク
新人ネトナン師が慄く 巨乳欲情妻「即ホ」前に車内フェラの洗礼 #2
 高学歴・高収入のジンさん(仮名・49歳会社経営/前妻との間に子供アリ)。彼は経営者としての傍ら、「ネトナン師(ネット上...
蒼井凜花 2024-03-16 10:39 エロコク
また欲しくなっちゃった♡ 36歳主婦のラブグッズの隠し場所
 男って不便。だって、オナニーするのに視覚的な刺激がいるわけでしょ? その点、女のオナネタ第1位は妄想ですから、隠す必要...
中山美里 2024-03-12 06:00 エロコク
初心者も熟練者も細長~いボディでいろんなプレイを楽しんで
 ワインボトルを細長~くしたようなボディー、パキッとした赤がすてきです。  最新の「ロンプ ポップ」を手に私は、も...
桃子 2024-03-10 06:00 エロコク
全国津々浦々男をキープ!31歳女トラック野郎のパパ活大作戦
 最近、何げなくニュース番組を見ていたら前総理の安倍さんの映像が流れまして。ふと思い出したのが平成26年に安倍さんがぶち...
中山美里 2024-03-05 06:00 エロコク
初心者も上級者も大満足♡バイブと吸引系が一体化した神グッズ
 アダルトグッズ界はあちこちに、すごいアイデアマンがいるようで、しばしば斬新なアイデアが搭載されたグッズがリリースされま...
桃子 2024-03-03 06:00 エロコク