「妻を他の男性に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #4

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2020-11-20 17:00
投稿日:2020-11-20 17:00
 出張ホストの美青年Yくん(24)の巧みなクンニリングスに身もだえする妻を見たエリート商社マンMさん(43)。ネトラレであるMさんのペニスはかつてないほど急角度に勃起していた。Yくんが用意していたバイブレーターを手にした際、Mさんはそれに待ったをかけ、あろうことか、妻U子さん(34)に対し、「Yくんにフェラチオしてあげなさい」と告げていた――。官能作家の筆者が徹底インタビューした待望の第4話!
 これまでの話はコチラから。

跪いてのフェラチオを命令

夫の前なのに…(写真:iStock)
夫の前なのに… (写真:iStock)

――クンニリングスで恍惚とした奥さまに、あえて「フェラチオをしてあげなさい」と命じたのですね。

「はい、気づけばそう告げていました。クンニをされている時、妻と僕はずっと見つめあっていました。ずっとレスだった僕ら夫婦のセックスが、Yくんの介入により再び戻ってきたという歓喜の念がこみ上げて……U子のフェラチオする顔を見たい衝動が抑えきれなくなったんです。

――続けて下さい

「驚いていたU子でしたが、『はい、あなたが望むなら……』と上体を起こしました。

 Yくんが下着を脱ぐと、ペニスがぶるんとバネ仕掛けのように反り返ってね。その若さ漲(みなぎ)る雄々しい男根に、U子の潤んだ瞳がさらに淫靡に輝いたんです。

 僕は、妻のフェラチオする姿がよく見えるように、『Yくんは立ったままで、U子はひざまずきなさい』と告げました。フェラする姿を真横から見ようと、位置を指示したんです。

 Yくんは細身で長身の美青年ですが、ペニスは立派なものでした。プロフィールにはペニスのサイズが15センチと書かれていていましたが、もっと大きく見えましたよ。特にカリが広がっていて、肉厚だったことを覚えています。

 嫉妬どころか、これから始まる妻のフェラチオが早く見たくてたまりませんでしたよ」

かつて夫が教えたやり方で…

歪んだ美貌がいやらしい(写真:iStock)
歪んだ美貌がいやらしい (写真:iStock)

――そして、いよいよ奥さまのフェラチオが始まったのですね。

「はい、Yくんは手早くコンドームを装着しました。U子は陰毛から反り返る肉棒の根元を支え持ち、まずは伸ばした舌先でチロチロと裏スジを舐め上げていました。Yくんが『う……』と唸りました。妻はしばらく左右に顔を傾けながら、竿(さお)の部分に唾液をまぶしていました。

 このやり方は、以前、僕が教えた記憶があります。『すぐに咥えず、まずは焦らすようにじっくり幹の部分を舐めまくってほしい』と。

 妻はそれを覚えていたのかもしれません。丹念に肉棒を舐めまわしたのち、やがて、濡れた唇がOの字に開き、亀頭からぱっくりと勃起を咥えこんだんです。『んぐ……』と妻が唸りました。

 Yくんも『ああっ……』と歯を食いしばっていました。プロと言えども、フェラチオの快感には耐えきれないといった具合に眉間にしわを寄せて、ペニスを舐めしゃぶるU子を見おろしているんです。

『ああ、U子さんのフェラ、気持ちいいですよ。舌の絡ませ具合がたまらない』って言いながら……」

――聞いている私まで、ドキドキします。続けて下さい。

「妻のフェラ姿を見て、僕のペニスはもう一回り膨らみました。

 尿道口からはおびただしい透明汁が噴きだして……。U子はなおも『ン……うぐ』とくぐもったあえぎを漏らし、ジュブジュブと唾音(つばおと)を鳴らしながら、情熱的なフェラチオを浴びせていました。

 首を打ち振るたび、髪が散りはねて……それだけじゃない、乳首を硬く尖らせた乳房もゆさゆさ揺れて、たまらなくエロティックなんです。

 僕は我慢できず、『U子、フェラ顔を僕にも見せて』と命じたんです。頬を紅潮させたまま、U子は従順にこちらに顔を向けてきました。愛らしい顔立ちだけに、勃起を頬張って間延びした歪んだ美貌が、ひどくいやらしくてね……」

「セックスしよう。ただし…」

我慢できない(写真:iStock)
我慢できない (写真:iStock)

――Mさんの興奮が十分伝わってきます。

「そして、『僕を見つめたまま、フェラを続けなさい。タマ袋も舐めてあげるんだよ』と告げたんです。

 妻は陶酔しきったように、僕と視線を絡めながら、Yくんの勃起を深々と咥えこみ、舐めしゃぶっていました。

 肉棒を吐き出したら、顔を傾けてぶらさがる陰嚢も片方ずつ口に含んでいました。おそらくアメ玉のように口内で睾丸を転がしているんでしょうね。

 それを思うと、僕自身もフェラチオをされている気持ちになって、さらに下半身が煮えたぎるように激しい疼きに襲われたんです」

――続けて下さい。

「そして、我慢できなくなった僕は、ソファーから立ち上がりました。そして、『U子、ベッドでセックスしよう。ただし、Yくんにもフェラチオしてあげながらだよ』と告げたんです」

 続きは次回

関連キーワード

エロコク 新着一覧


シンプル形状のピンヘッド 敏感部分を攻めるのにピッタリ♡
 2020年、もう3分の1が終わってしまいましたね。世間では何かと心落ち着かないことが続いていますが、ここまでのグッズ界...
桃子 2020-05-14 06:00 エロコク
巣ごもりでラブグッズが爆売れ 初心者にすすめたいグッズ4選
 外出自粛にも慣れてきたこの頃、トイレットペーパーは復活しつつあるものの、またいろんなものが品薄になっていますね。バター...
お部屋で楽しむR18 Hな雑誌読み放題に登録したらまさかの…
 ステイホームな日々が続くと、R18な気分もどこか遠くにいってしまいがち。そんな時、成人向け雑誌読み放題を見つけてしまい...
内藤みか 2020-05-07 06:00 エロコク
男女どちらも初めてならコレ!二股の先端が想像をかきたてる
 初心者にオススメのラブグッズは? そう聞かれるとき、「初心者」とは女性“だけ”を指すことがほとんどです。  けれ...
桃子 2020-05-03 06:00 エロコク
女性の性感帯の最大派閥はクリ派…ちょうどよい刺激に昇天
 中イキを経験したことがある女性は決して多くない……。ひと昔前と比べて、このことはだいぶ知られるようになってきました。男...
桃子 2020-07-15 04:19 エロコク
男性の「キミの前ならオナニーができる」は結婚のサイン?
「彼と一緒に寝てたら、彼が横でもぞもぞしてたんだよね。どうしたのかなーって思ったら、彼、オナニーしてたんだよ。なんかキュ...
オーラルSEXでも性病に!注意点と予防費用を調べてみました
 コンドームが性病防止に役立つことは多くの人が知っています。しかし、ペニスを膣に挿入する行為だけでなく、フェラチオやクン...
もう充電切れなんて怖くない! 7種類の振動パターンで絶頂に
 現代人はいつも充電を気にしていますよね。もちろん私もそのひとりです。長時間の外出時には充電切れとならないようモバイルバ...
桃子 2020-04-24 06:01 エロコク
最高の彼氏がSEXの時にしてくれる“思いやりのある行動”4つ
 みなさんは愛する彼とのエッチの時に、どんなことをしてもらえたら喜びを感じますか?  最高の彼氏がエッチの時にしてくれ...
性感帯を探してみて…振動が先端から根元まで均等に行き渡る
 いまやアダルトグッズはネットショップで通販するのが主流です。女性でも入りやすいお店は都心部にしかないし、行けたとしても...
桃子 2020-04-17 06:00 エロコク
お部屋で楽しむR18作品!月額500円でアダルト動画が見放題
 外出自粛が呼びかけられる今日このごろ、自宅で過ごす時間が長い人が大勢いると思います。ひとり暮らしの人は、さみしく感じる...
内藤みか 2020-04-16 06:00 エロコク
19歳女性のナマ告白「私はこうして不倫に落ちました」 #6
 正常位、騎乗位と体位を変えながら、ついに女子大生・M子さん(19)は、不倫相手のS先生(自動車教習所教官・36)に貫か...
蒼井凜花 2021-04-11 07:56 エロコク
30代後半は性欲のピーク!不倫せずに欲求不満を解消する方法
 女性の性欲は30代後半がピークだといいます。様々な理由がありますが、生物的なところではホルモンバランスの変化があったり...
トゲトゲが気持ちいい…付属のアタッチメントで2通りの快感
 一度気持ち良さを知れば、あれも欲しい、こんなのもトライしたい……と欲が出るのが、アダルトグッズというもの。でも予算には...
桃子 2020-04-06 06:00 エロコク
フォロワー数万人超え続出! 知られざる「裏垢女子」の生態
 SNSではリアルの自分とは異なる存在として振る舞いたくなる時ってありますよね? そんな気持ちを反映してなのか、最近Tw...
19歳女性のナマ告白「私はこうして不倫に落ちました」 #5
 ついに、女子大生M子さん(19)は、憧れていた自動車教習所のS教官(36)と結ばれた。彼の逞しいペニスがM子さんの胎内...
蒼井凜花 2020-04-01 06:00 エロコク