withコロナ 2021.3.6(土)

コクハク編集部
更新日:2021-03-06 09:56
投稿日:2021-03-06 06:00
実は「コロナ」っていうんです
実は「コロナ」っていうんです

 昨年から日めくりコクハクに時々登場しているこちらの猫。

 実は、この子の名前「コロナ」っていうんです。

 まだ子猫だったころ、ぽあぽあとした淡い色の毛並みが「コロナビールみたいだね」ということで命名しました。ちなみに、夫が発案した「光秀」と最後まで迷いました。

 それが、なんということでしょう。まさかこんな世の中になるとは!!「光秀」にしときゃよかったのかな。長谷川博己さんかっこいいし。

 かかりつけの獣医さんにも「こんな事態になるなんてね……まあ、この子が悪いわけじゃないから」と苦笑いされてしまいました。

「コロナが憎い」とか「コロナ撲滅」とか、テレビで流れるたびに「DQNネームをつけてしまって申し訳ない……」と猫にも世間様にも謝る日々です。

 とはいえ、本人(本猫)はまったく気にしておらず、いまも在宅勤務の私のパソコンの横にのっしりと居座り、ゴロゴロゴロと喉を鳴らしております。もう可愛いなあ。すんげー邪魔だけど。

 まん丸の大きなお顔と、ちょっと……、いや……だいぶだな……ふくよかなボディー。甘え上手で天真爛漫な「新型コロナ」ならぬ「猫型コロナ」。

 この騒ぎが起きる前から、そして終息した後も、我が家はずーっと「withコロナ」です。元気に長生きしておくれ。そのためには、とりあえずダイエット一緒に頑張ろうな。

(編集K)

関連キーワード

日めくりコクハク 新着一覧


これも何かのご縁だからね 2022.12.5(月)
 通りがかり。誘惑に負けずやり過ごすのが難しい光景。  さすがにシャンプーはないけれど、リュックにはちょうどタオル...
遠くまでいかなくても季節はそこに 2022.12.2(金)
 商店街を歩いていたら、頭の上の色鮮やかなもみじに気が付いた。  今ごろはこれが、クリスマス飾りやイルミネーション...
いつか彼らが大人になるとき 2022.11.28(月)
 こどもの成長を願う七五三詣り。いつもは静かな神社が、華やかな着物姿と笑い声でにぎわう。  彼らが成長して大人にな...
朝露が胸に染む 2022.11.24(木)
 秋が深まり冬が近づいてくると、過ぎた季節が恋しくなるタイミングがある。  まだ誰の気配もしない朝、朝露のきらめき...
峠の上、静寂の中で考えたこと 2022.11.21(月)
 峠の上、静寂の中、ただじっとしていると秋が心に入ってきた。  秋は短い。  その短さがきっと、秋をさらに美...
洗濯物と吊るし柿が連なる窓辺の懐かしさ 2022.11.18(金)
 青空に映えるオレンジ色を見上げる。  秋の日差しが照らす窓辺には、吊るし柿が良く似合う。ある日の懐かしい風景。 ...
東京湾を渡る風を眺めて 2022.11.14(月)
 秋の終わりの東京湾。  風の音に耳を澄ませて、波の先の遠い人を思う。  どうか幸せでありますように。
442年ぶりって! 2022.11.9(水)
 442年ぶりの皆既月食と惑星食の共演。思わずスマホを夜空にかざし、撮影しちゃったり。でも、うまく撮れなかったり? ...
ほろ酔いで全てが美しく見える夜 2022.11.7(月)
 上を見ても下を見ても、きらきらと明るい夜。  街がいつもよりも綺麗に見える。  あー、またあの子に会いたく...
ご飯まだ? 2022.11.4(金)
 釣れる釣れるって、いったい何時間待たせるつもり?  私にご飯をあげたい人はいっぱいいるんだから、真剣にやってくれ...
にぎわう街を独り歩きが心地よい 2022.10.31(月)
 気の置けない仲間と肩が触れる距離で飲み明かす。  お互いにちょっとヒートアップしちゃって、翌日の午後に思い切って...
贅沢な時間の過ごし方 2022.10.27(木)
 インターネットが普及し始めて20年くらい。  物心ついた時からネットがある世代もそろそろ成人する。  どこ...
色とりどりの絨毯 2022.10.24(月)
 何を育てているんだろう?  グリーン、白、茶色の絨毯に、奥に見える海のブルーが映える。  目を細めて眺めて...
一味唐辛子の雪崩 2022.10.22(土)
 つやっつやの照り、そしてジューシーに焼き上がった串の横にチョコンと一味唐辛子を添えるつもりが……。  瓶からシル...
明日晴れるかな 2022.10.21(金)
 天気予報を見たわけじゃないのに、子どもが「青い雲は嵐を運んでくるんだって」と言った日の夜、本当に雨が降った。  ...
今日はどっちに行こうか 2022.10.17(月)
 上がる日もあれば、下がる日もある。  自分の意思で歩いているのか、どこかへ運ばれているのか、分からないくらい忙し...