レズビアンでありながら男性の恋人も…辿り着いた性の極致

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2021-06-09 06:00
投稿日:2021-06-09 06:00
 レズビアンでありながら、男性客を相手とする性風俗業に飛び込み、やがてSMに目覚めたという慧梨香さん(45歳、セラピスト)。「生活の基準は性にある」という彼女は、なぜそこに至ったのでしょうか。

女性のパートナーのほかにも男性の恋人が

20年以上も一緒のパートナー(写真:iStock)
20年以上も一緒のパートナー (写真:iStock)

「もともとはレズビアンだったんです。高校の時に同級生だった女性に告白されて付き合うことになって、その人と18歳で初体験をしました。でも、卒業で別れることになってしまって。次に20代半ばで付き合い始めたのが、今の彼女です」

 20年以上も、現在のパートナーである女性と付き合い続けてきた慧梨香さん。が、今は彼女のほかにも恋人がいるとのこと。しかもそれは男性で、なおかつ複数人だといいます。

「彼女のほかに、男性の恋人がふたりいて。ひとりは普通に恋人っぽい感じで付き合ってますけど、もうひとりは力強いタイプの人でお父さんみたいな感じ。いまは女性の恋人と、そのお父さんみたいな人と3人で同じ家に暮らしているんです。分散して愛情を置いておくというのが、わたしにとってはバランスがいいんですよね」

 最近、たびたび耳にする “ポリアモリー(複数の人と恋愛関係を築く恋愛スタイル)”を実践する慧梨香さんですが、そもそもレズビアンであり、長く付き合っている女性もいたというのに、どういうきっかけで男性とも付き合うことに?

パートナーに勧められて飛び込んだ新たな世界

イメクラを経てSMクラブに(写真:iStock)
イメクラを経てSMクラブに (写真:iStock)

「彼女に勧められたんです。

 彼女はバイセクシャルで、だからわたしにも『男性とも経験したほうがいいよ』って。どうしようかって考えて、せっかくなので風俗に面接にいってイメクラで働いてみることにしたんです」

 男性とは未経験のまま、慧梨香さんが働き始めたのは、さまざまな職業のコスチュームを身に着けてイメージプレイを楽しむマンション型の店舗。しかし、ほどなくして店は摘発されてしまいます。

 その頃には、性風俗の仕事に面白みを感じるようになっていたという慧梨香さんが次に選んだのは、SMクラブでした。

「その当時から、M癖があったと思うんです。風俗っていう逃げられない場所に進んで身を置いたのも、脳内でSM的な興奮があったというか……けど、M女で入ったつもりが女王様になってしまって(笑い)。講習もなく、『常連のMさんだから、教えてくれるから大丈夫』といきなり送り出されて、荷物をもってホテルに入ったら、裸のM男さんがいるっていう」

 戸惑いながらもプレイをこなしつつ、やがて希望していたM側のキャスト、通称“M女”としても無事にデビュー。しかし、これにもまた苦労があったといいます。

「脳イキ」で満足できる関係性を

性のことって、自ら探しに行かないと見つからない(写真:iStock)
性のことって、自ら探しに行かないと見つからない (写真:iStock)

「ようやく女の子っぽい立場になったものの、どうすればいいのか、さっぱりわからないんです。フェラチオの仕方はもちろん、服の脱ぎ方すらわからない。っていうのも、女性とセックスをする時は、わたしはずっとタチ役だったんです。

 だから、それこそ泣きながら働いて、2年くらい経った頃かな。32歳になって、初めて男性の恋人ができたんです。

 でも、男性の身体の扱いはプロだけど、挿入は未経験の処女。向こうも手慣れた人じゃなかったので、うまくいかずに騎乗位で自ら挿入したんですが、そこで自分にはMっ気があることを自覚してしまって……だからその彼と別れた後は、SM好きの男性と “奴隷”という形で付き合ったりして。

 そこで覚えたのが脳イキです。噛んでもらったり、ぶってもらったりしているうちに、うちに脳がイク。

 そうするとあとは普通の愛撫でも気持ちがいい。いま付き合ってるうちのひとりはノーマルの性癖で普通のセックスだけど、脳イキを身に着けているので、彼とのセックスであっても、自分の性欲はあやせるんです。

 恋人っぽい相手とは、普通のセックスをして、お父さんみたいな相手とはSM、彼女とする時はタチ役で」

 こうして自分の望む環境、満足できる関係性を作り上げたという、慧梨香さん。

「性のことって、誰も手を差し伸べてくれない、自分から探していかないと見つからないものなんですよね」

 及び腰になった時には、この力強い言葉を思い出そうと思った次第です。

エロコク 新着一覧


大小2つの突起付き♡ 乳首専用ローターで集中刺激しちゃおう
 女性の性感は、多様です。全身、感じる可能性がある。でもみなさんご存じの通り、多くの人が気持ちよくなれる代表的な性感帯と...
桃子 2022-05-22 06:00 エロコク
これ一本で中も外も気持ちいい! 1stバイブとしてもお薦め♡
 ラブグッズ界を見渡すと、ここのところ2ウエー、3ウエーなど多機能商品が増えています。お得感もあるし、この傾向は大歓迎。...
桃子 2022-05-15 06:00 エロコク
「ああ、彼の肉の味」不倫上司が焦らされ女体に被虐プレイ#6
 ダンディな上司と社内不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と公言する彼女は、コロナ...
蒼井凜花 2022-05-13 06:00 エロコク
初心者さんにも♡ 3つのボールでギュッとした締まりをゲット
 膣トレグッズの数が増えつづけています。骨盤の内側に張り巡らされた「骨盤底筋群」をトレーニングすることによって、尿もれや...
桃子 2022-05-08 06:00 エロコク
不倫相手と肉食ディナー クロス下で悶絶リモートプレイ!#5
 ダンディな上司と不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と豪語する彼女はセックスでも...
蒼井凜花 2022-05-06 06:00 エロコク
L字型バイブで面を刺激♡ ゆっくり楽しみたいときにピッタリ
 クリトリスは快感のためにのみ存在する器官と聞きますが、どんな刺激が欲しいかは一人一人違いますし、その日の気分は体調によ...
桃子 2022-05-01 06:00 エロコク
オンライン調教で“脚ピン”絶頂!不倫上司の命令は過激に…#4
 会社の上司と不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。彼とのセックスの相性は抜群で、甘い時間を過ごしていた矢先、コロ...
蒼井凜花 2022-05-16 16:45 エロコク
1台でクリ+挿入の快感…クリバイブの内側の舌が高速で♡
 昨年ぐらいから、多機能グッズの勢いが止まらないと感じます。1台買えば、何通りにも使えるのでお得感は抜群。  でも...
桃子 2022-04-28 12:19 エロコク
不倫上司からオンライン自慰命令「会議中にイッてごらん」#3
 会社の上司と不倫関係にあるU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と公言する彼女は、部長であ...
蒼井凜花 2022-04-30 19:28 エロコク
電マとバイブの2WAY仕様でセルフプレジャーが楽しくなりすぎ
 こんな美麗な電マを見たのは、はじめて! 新作「ショット シアツ ベンダブル マッサージャーワンド」です。  シッ...
桃子 2022-04-17 06:00 エロコク
乳首の吸い方でフェラ調整→予想外のオンライン自慰命令!#2
 現在、会社の上司と不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)は、自らを「肉食女子」「不倫体質」と言う。  そんな彼女...
蒼井凜花 2022-04-22 14:09 エロコク
カメラ付きバイブで女性器の内側に密着!動画&静止画撮影も
「カメラピストンバイブ90」は、その名の通りカメラ機能が搭載されたバイブです。  なんのためのカメラ? それは、挿...
桃子 2022-04-10 06:00 エロコク
男性用ペニスリングをカップルで楽しめば快感ノンストップ!
 カップル用バイブレーターで名を馳せたブランド「ウィーバイブ」の新作は、男性用ペニスリング「ウィーバイブ ボンド ブラッ...
桃子 2022-04-03 06:00 エロコク
「いい締まりだ」W射精に失神!リアルBL鑑賞に人生の悦び #5
 知人の影響で、BL(ボーズラブ)にハマってしまったP子さん(42歳主婦/子供アリ)。マンガや映画だけでは飽き足らず、リ...
蒼井凜花 2022-04-01 06:00 エロコク
“吸引&電マ”夢の合体!重め振動と潤滑ジェルで快感の渦へ♡
 クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”グッズの人気はとどまることを知りません。すごい勢いでバリエー...
桃子 2022-03-27 06:00 エロコク
リアルBLで“禁断”のフェラチオ!私のヴァギナが疼き出し…#4
 知人の影響でBL(ボーイズラブ)にハマってしまったP子さん(43歳主婦/子供アリ)。イケメンの出張ホストをシティホテル...
蒼井凜花 2022-04-01 19:52 エロコク