レズビアンでありながら男性の恋人も…辿り着いた性の極致

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2021-06-09 06:00
投稿日:2021-06-09 06:00
 レズビアンでありながら、男性客を相手とする性風俗業に飛び込み、やがてSMに目覚めたという慧梨香さん(45歳、セラピスト)。「生活の基準は性にある」という彼女は、なぜそこに至ったのでしょうか。

女性のパートナーのほかにも男性の恋人が

20年以上も一緒のパートナー(写真:iStock)
20年以上も一緒のパートナー (写真:iStock)

「もともとはレズビアンだったんです。高校の時に同級生だった女性に告白されて付き合うことになって、その人と18歳で初体験をしました。でも、卒業で別れることになってしまって。次に20代半ばで付き合い始めたのが、今の彼女です」

 20年以上も、現在のパートナーである女性と付き合い続けてきた慧梨香さん。が、今は彼女のほかにも恋人がいるとのこと。しかもそれは男性で、なおかつ複数人だといいます。

「彼女のほかに、男性の恋人がふたりいて。ひとりは普通に恋人っぽい感じで付き合ってますけど、もうひとりは力強いタイプの人でお父さんみたいな感じ。いまは女性の恋人と、そのお父さんみたいな人と3人で同じ家に暮らしているんです。分散して愛情を置いておくというのが、わたしにとってはバランスがいいんですよね」

 最近、たびたび耳にする “ポリアモリー(複数の人と恋愛関係を築く恋愛スタイル)”を実践する慧梨香さんですが、そもそもレズビアンであり、長く付き合っている女性もいたというのに、どういうきっかけで男性とも付き合うことに?

パートナーに勧められて飛び込んだ新たな世界

イメクラを経てSMクラブに(写真:iStock)
イメクラを経てSMクラブに (写真:iStock)

「彼女に勧められたんです。

 彼女はバイセクシャルで、だからわたしにも『男性とも経験したほうがいいよ』って。どうしようかって考えて、せっかくなので風俗に面接にいってイメクラで働いてみることにしたんです」

 男性とは未経験のまま、慧梨香さんが働き始めたのは、さまざまな職業のコスチュームを身に着けてイメージプレイを楽しむマンション型の店舗。しかし、ほどなくして店は摘発されてしまいます。

 その頃には、性風俗の仕事に面白みを感じるようになっていたという慧梨香さんが次に選んだのは、SMクラブでした。

「その当時から、M癖があったと思うんです。風俗っていう逃げられない場所に進んで身を置いたのも、脳内でSM的な興奮があったというか……けど、M女で入ったつもりが女王様になってしまって(笑い)。講習もなく、『常連のMさんだから、教えてくれるから大丈夫』といきなり送り出されて、荷物をもってホテルに入ったら、裸のM男さんがいるっていう」

 戸惑いながらもプレイをこなしつつ、やがて希望していたM側のキャスト、通称“M女”としても無事にデビュー。しかし、これにもまた苦労があったといいます。

「脳イキ」で満足できる関係性を

性のことって、自ら探しに行かないと見つからない(写真:iStock)
性のことって、自ら探しに行かないと見つからない (写真:iStock)

「ようやく女の子っぽい立場になったものの、どうすればいいのか、さっぱりわからないんです。フェラチオの仕方はもちろん、服の脱ぎ方すらわからない。っていうのも、女性とセックスをする時は、わたしはずっとタチ役だったんです。

 だから、それこそ泣きながら働いて、2年くらい経った頃かな。32歳になって、初めて男性の恋人ができたんです。

 でも、男性の身体の扱いはプロだけど、挿入は未経験の処女。向こうも手慣れた人じゃなかったので、うまくいかずに騎乗位で自ら挿入したんですが、そこで自分にはMっ気があることを自覚してしまって……だからその彼と別れた後は、SM好きの男性と “奴隷”という形で付き合ったりして。

 そこで覚えたのが脳イキです。噛んでもらったり、ぶってもらったりしているうちに、うちに脳がイク。

 そうするとあとは普通の愛撫でも気持ちがいい。いま付き合ってるうちのひとりはノーマルの性癖で普通のセックスだけど、脳イキを身に着けているので、彼とのセックスであっても、自分の性欲はあやせるんです。

 恋人っぽい相手とは、普通のセックスをして、お父さんみたいな相手とはSM、彼女とする時はタチ役で」

 こうして自分の望む環境、満足できる関係性を作り上げたという、慧梨香さん。

「性のことって、誰も手を差し伸べてくれない、自分から探していかないと見つからないものなんですよね」

 及び腰になった時には、この力強い言葉を思い出そうと思った次第です。

エロコク 新着一覧


クリ刺激派へ!指での刺激が楽しくなる植物由来の興奮ジェル
 ここのところ、クリトリス刺激グッズがアツいと感じています。多様化&細分化で商品が増えているからではありますが、巣ごもり...
桃子 2021-06-13 06:13 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に……#3
 既婚者合コンで出会ったAさん(48歳・銀行マン)と、ついにベッドインしてしまったI美さん(42歳・ウォーキング講師)は...
蒼井凜花 2021-06-11 06:00 エロコク
まずは吸引刺激でクリイキ! 次にバイブ挿入で快感倍増♡
 落ち着いた藤色が大人っぽい「サティスファイヤー デュアルプレジャー」。  クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上...
桃子 2021-06-06 06:00 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に……#2
 知人女性に、「夫はもう自分を女として見てくれず、セックスレス」との悩みを打ち明けたI子さん(42歳・ウォーキング講師・...
蒼井凜花 2021-06-04 06:00 エロコク
下着の内側に仕込んで遠隔操作可能♡ 定番の羞恥プレーもOK
 極細の先端でクリトリスを集中的に刺激するタイプのローターが、じわじわ増えています。派手さはないものの、確実にオーガズム...
桃子 2021-05-30 06:00 エロコク
クリを刺激する機能が3種類も!オーガズムを我慢できない♡
 アウトドアで定番の“十徳ナイフ”ってありますよね。ハサミや缶切り、コルク栓抜きなどがコンパクトにまとまったものですが、...
桃子 2021-05-23 06:00 エロコク
30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#5
 ついに14歳年下の大学生・Dさんと一線を越えてしまったY美さん(35)は、久しぶりのセックスに耽溺する。正常位でまぐわ...
蒼井凜花 2021-05-24 15:18 エロコク
一度挿入したら抜けにくい!頭でっかちバイブの魅力♡
 大人っぽい赤色が上品な「スヴァコム フェニックス ネオ」。生クリームをギュッとしぼり出したようなフォルムで、外と中の両...
桃子 2021-05-16 06:00 エロコク
30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#4
14歳年下の大学生・Dさんとラブホテルに入ったY美さん(35)は、大人の女のテクニックを見せつけるように、熟達したフェラ...
蒼井凜花 2021-05-14 06:09 エロコク
上下に動くパールがGスポットを刺激…未知の愛撫にうっとり
 Gスポットはいまだ謎の多い魅惑の性感帯。一説によるとクリトリスの一部で、表に見えている豆のような部分から長く伸びた足が...
桃子 2021-05-09 06:00 エロコク
30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#3
 ついに14歳年下の大学生・Dさんとラブホテルに入ったY美さん(35)は、ホテルのドアを閉めるなり、彼と抱きしめ合った。...
蒼井凜花 2021-05-07 06:00 エロコク
ピストンするたびに奥へ…強いノックで骨盤全体に快感が♡
「ヒステリア」という実話ベースの映画があります。日本公開は2013年。ヒステリーの語源はウテルス、すなわち子宮です。 ...
桃子 2021-05-02 06:00 エロコク
30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#2
 35歳の人妻・Y美さんが恋に落ちてしまったのは、14歳年下の大学生Dさんだ。  息子のサッカー教室のコーチにとして毎...
蒼井凜花 2021-04-30 06:00 エロコク
性風俗差別反対をラップで訴え…清水くるみさんインタビュー
 新型コロナウイルスで売り上げが減った事業者に、国が支給する持続化給付金や家賃支援給付金。個人事業主である筆者自身も申請...
大泉りか 2021-04-30 10:49 エロコク
ジェルであそこをマッサージすると…内側がいつもよりキュッ
 数年前から「女性器をマッサージした方がいい」というアドバイスをあちこちで見聞きするようになりました。  中には「...
桃子 2021-04-25 06:00 エロコク
圧迫されると興奮…学生時代の経験が招いた新しい快楽の世界
「性癖という自覚はなかったけど、好きだった」という“ある行為”が、何かのタイミングでセクシャルな喜びにつながることがある...
大泉りか 2021-04-20 06:10 エロコク