レズビアンでありながら男性の恋人も…辿り着いた性の極致

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2021-06-09 06:00
投稿日:2021-06-09 06:00
 レズビアンでありながら、男性客を相手とする性風俗業に飛び込み、やがてSMに目覚めたという慧梨香さん(45歳、セラピスト)。「生活の基準は性にある」という彼女は、なぜそこに至ったのでしょうか。

女性のパートナーのほかにも男性の恋人が

20年以上も一緒のパートナー(写真:iStock)
20年以上も一緒のパートナー (写真:iStock)

「もともとはレズビアンだったんです。高校の時に同級生だった女性に告白されて付き合うことになって、その人と18歳で初体験をしました。でも、卒業で別れることになってしまって。次に20代半ばで付き合い始めたのが、今の彼女です」

 20年以上も、現在のパートナーである女性と付き合い続けてきた慧梨香さん。が、今は彼女のほかにも恋人がいるとのこと。しかもそれは男性で、なおかつ複数人だといいます。

「彼女のほかに、男性の恋人がふたりいて。ひとりは普通に恋人っぽい感じで付き合ってますけど、もうひとりは力強いタイプの人でお父さんみたいな感じ。いまは女性の恋人と、そのお父さんみたいな人と3人で同じ家に暮らしているんです。分散して愛情を置いておくというのが、わたしにとってはバランスがいいんですよね」

 最近、たびたび耳にする “ポリアモリー(複数の人と恋愛関係を築く恋愛スタイル)”を実践する慧梨香さんですが、そもそもレズビアンであり、長く付き合っている女性もいたというのに、どういうきっかけで男性とも付き合うことに?

パートナーに勧められて飛び込んだ新たな世界

イメクラを経てSMクラブに(写真:iStock)
イメクラを経てSMクラブに (写真:iStock)

「彼女に勧められたんです。

 彼女はバイセクシャルで、だからわたしにも『男性とも経験したほうがいいよ』って。どうしようかって考えて、せっかくなので風俗に面接にいってイメクラで働いてみることにしたんです」

 男性とは未経験のまま、慧梨香さんが働き始めたのは、さまざまな職業のコスチュームを身に着けてイメージプレイを楽しむマンション型の店舗。しかし、ほどなくして店は摘発されてしまいます。

 その頃には、性風俗の仕事に面白みを感じるようになっていたという慧梨香さんが次に選んだのは、SMクラブでした。

「その当時から、M癖があったと思うんです。風俗っていう逃げられない場所に進んで身を置いたのも、脳内でSM的な興奮があったというか……けど、M女で入ったつもりが女王様になってしまって(笑い)。講習もなく、『常連のMさんだから、教えてくれるから大丈夫』といきなり送り出されて、荷物をもってホテルに入ったら、裸のM男さんがいるっていう」

 戸惑いながらもプレイをこなしつつ、やがて希望していたM側のキャスト、通称“M女”としても無事にデビュー。しかし、これにもまた苦労があったといいます。

「脳イキ」で満足できる関係性を

性のことって、自ら探しに行かないと見つからない(写真:iStock)
性のことって、自ら探しに行かないと見つからない (写真:iStock)

「ようやく女の子っぽい立場になったものの、どうすればいいのか、さっぱりわからないんです。フェラチオの仕方はもちろん、服の脱ぎ方すらわからない。っていうのも、女性とセックスをする時は、わたしはずっとタチ役だったんです。

 だから、それこそ泣きながら働いて、2年くらい経った頃かな。32歳になって、初めて男性の恋人ができたんです。

 でも、男性の身体の扱いはプロだけど、挿入は未経験の処女。向こうも手慣れた人じゃなかったので、うまくいかずに騎乗位で自ら挿入したんですが、そこで自分にはMっ気があることを自覚してしまって……だからその彼と別れた後は、SM好きの男性と “奴隷”という形で付き合ったりして。

 そこで覚えたのが脳イキです。噛んでもらったり、ぶってもらったりしているうちに、うちに脳がイク。

 そうするとあとは普通の愛撫でも気持ちがいい。いま付き合ってるうちのひとりはノーマルの性癖で普通のセックスだけど、脳イキを身に着けているので、彼とのセックスであっても、自分の性欲はあやせるんです。

 恋人っぽい相手とは、普通のセックスをして、お父さんみたいな相手とはSM、彼女とする時はタチ役で」

 こうして自分の望む環境、満足できる関係性を作り上げたという、慧梨香さん。

「性のことって、誰も手を差し伸べてくれない、自分から探していかないと見つからないものなんですよね」

 及び腰になった時には、この力強い言葉を思い出そうと思った次第です。

エロコク 新着一覧


一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#3
 不倫相手のマンションに引っ越すことになった派遣OLのE美さん(27)。あまりにもリスキーな不倫だが、目くるめく快楽を知...
蒼井凜花 2021-08-29 21:10 エロコク
元カレでもいい…「リサイクルセックス」に走る女性の心理
 コロナ禍により、男女の出会いの機会が一気に減ったこの頃。あまりの出会いのなさに、元カレや元ダンナと再び関係を持つ女性が...
内藤みか 2021-08-26 06:00 エロコク
力で快感を引き出す電マしか知らない人ほど試してほしい一品
 エッチな目的のために電マを購入。でもそれだけでなく肩や腰のマッサージにも使っている女性、少なくないですよね。電マはパワ...
桃子 2021-08-22 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#2
 いまや日常にありふれている不倫。今回取材に応じてくれたE美さん(27歳・派遣)も、妻子ある男性と不倫をしている女性の一...
蒼井凜花 2021-08-20 06:00 エロコク
吸引グッズ火付け役の“妹分”が日本上陸!初心者もすぐ使える
 アパレルやコスメの世界では“姉妹ブランド”というものがよくあります。メインのブランドよりも価格帯が低めなのが“妹”。そ...
桃子 2021-08-15 06:00 エロコク
クリを内側にしっかり収めるよう計算され尽くされた吸引系
 上品なラベンダー色、無駄をそぎ落としたようなフォルム。クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”の人気...
桃子 2021-08-08 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#6
 これまで5回にわたって綴ってきた「夫婦交換」の内情。「性と生」を謳歌するべく、二組の夫婦がもつれあう光景は、Wさん(4...
蒼井凜花 2021-08-06 06:00 エロコク
カップルにも♡小さな面でクリを刺激する“一点集中ローター”
 最近、私がクリトリスをピンポイントで刺激するグッズを探しているからでしょうか。一点集中! 小さな接地面でクリをしっかり...
桃子 2021-08-01 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#5
 互いのパートナーを変える「夫婦交換」のセックス。今回、取材に応じてくれたWさん(46歳・外資系IT)は、自分の妻が他の...
蒼井凜花 2021-07-30 06:00 エロコク