レズビアンでありながら男性の恋人も…辿り着いた性の極致

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2021-06-09 06:00
投稿日:2021-06-09 06:00
 レズビアンでありながら、男性客を相手とする性風俗業に飛び込み、やがてSMに目覚めたという慧梨香さん(45歳、セラピスト)。「生活の基準は性にある」という彼女は、なぜそこに至ったのでしょうか。

女性のパートナーのほかにも男性の恋人が

「もともとはレズビアンだったんです。高校の時に同級生だった女性に告白されて付き合うことになって、その人と18歳で初体験をしました。でも、卒業で別れることになってしまって。次に20代半ばで付き合い始めたのが、今の彼女です」

 20年以上も、現在のパートナーである女性と付き合い続けてきた慧梨香さん。が、今は彼女のほかにも恋人がいるとのこと。しかもそれは男性で、なおかつ複数人だといいます。

「彼女のほかに、男性の恋人がふたりいて。ひとりは普通に恋人っぽい感じで付き合ってますけど、もうひとりは力強いタイプの人でお父さんみたいな感じ。いまは女性の恋人と、そのお父さんみたいな人と3人で同じ家に暮らしているんです。分散して愛情を置いておくというのが、わたしにとってはバランスがいいんですよね」

 最近、たびたび耳にする “ポリアモリー(複数の人と恋愛関係を築く恋愛スタイル)”を実践する慧梨香さんですが、そもそもレズビアンであり、長く付き合っている女性もいたというのに、どういうきっかけで男性とも付き合うことに?

パートナーに勧められて飛び込んだ新たな世界

「彼女に勧められたんです。

 彼女はバイセクシャルで、だからわたしにも『男性とも経験したほうがいいよ』って。どうしようかって考えて、せっかくなので風俗に面接にいってイメクラで働いてみることにしたんです」

 男性とは未経験のまま、慧梨香さんが働き始めたのは、さまざまな職業のコスチュームを身に着けてイメージプレイを楽しむマンション型の店舗。しかし、ほどなくして店は摘発されてしまいます。

 その頃には、性風俗の仕事に面白みを感じるようになっていたという慧梨香さんが次に選んだのは、SMクラブでした。

「その当時から、M癖があったと思うんです。風俗っていう逃げられない場所に進んで身を置いたのも、脳内でSM的な興奮があったというか……けど、M女で入ったつもりが女王様になってしまって(笑い)。講習もなく、『常連のMさんだから、教えてくれるから大丈夫』といきなり送り出されて、荷物をもってホテルに入ったら、裸のM男さんがいるっていう」

 戸惑いながらもプレイをこなしつつ、やがて希望していたM側のキャスト、通称“M女”としても無事にデビュー。しかし、これにもまた苦労があったといいます。

「脳イキ」で満足できる関係性を

「ようやく女の子っぽい立場になったものの、どうすればいいのか、さっぱりわからないんです。フェラチオの仕方はもちろん、服の脱ぎ方すらわからない。っていうのも、女性とセックスをする時は、わたしはずっとタチ役だったんです。

 だから、それこそ泣きながら働いて、2年くらい経った頃かな。32歳になって、初めて男性の恋人ができたんです。

 でも、男性の身体の扱いはプロだけど、挿入は未経験の処女。向こうも手慣れた人じゃなかったので、うまくいかずに騎乗位で自ら挿入したんですが、そこで自分にはMっ気があることを自覚してしまって……だからその彼と別れた後は、SM好きの男性と “奴隷”という形で付き合ったりして。

 そこで覚えたのが脳イキです。噛んでもらったり、ぶってもらったりしているうちに、うちに脳がイク。

 そうするとあとは普通の愛撫でも気持ちがいい。いま付き合ってるうちのひとりはノーマルの性癖で普通のセックスだけど、脳イキを身に着けているので、彼とのセックスであっても、自分の性欲はあやせるんです。

 恋人っぽい相手とは、普通のセックスをして、お父さんみたいな相手とはSM、彼女とする時はタチ役で」

 こうして自分の望む環境、満足できる関係性を作り上げたという、慧梨香さん。

「性のことって、誰も手を差し伸べてくれない、自分から探していかないと見つからないものなんですよね」

 及び腰になった時には、この力強い言葉を思い出そうと思った次第です。

大泉りか
記事一覧
作家・コラムニスト
ライトノベルや官能を執筆するほか、セックスと女の生き方や、男性向けの「モテ」をレクチャーするコラムを多く手掛ける。新刊は「女子会で教わる人生を変える恋愛講座」(大和書房)。著書多数。趣味は映画(映画館で年間100本以上)、海外旅行。愛犬と暮らして14年目の犬飼い。X

エロコク 新着一覧


セックスサークルに潜入。40代男シリコンボール入りペニスで初3P #4
 下半身に悩みをかかえる男性は多いだろう。直樹さん(仮名・43歳工務店社長/既婚・子供アリ)もその一人だ。  長身...
蒼井凜花 2024-07-19 06:00 エロコク
シリコンボール入りペニスで“Gスポ”こすり絶頂…!リアル峰不二子「パイズリしていい?」#3
 下半身に悩みをかかえる男性は多いだろう。直樹さん(仮名・43歳工務店社長/既婚・子供アリ)もその一人だ。  ワイ...
蒼井凜花 2024-07-19 18:14 エロコク
「シリコンボール入りペニスを入れて…」リアル峰不二子と初SEX!#2
 身体にコンプレックスを抱える男性は多い。今回取材に応じてくれた直樹さん(仮名・43歳工務店社長/既婚・子供アリ)もその...
蒼井凜花 2024-07-05 06:00 エロコク
ディルドの世界は奥深い♡ 3つのボールで不思議な刺激
 ディルドの世界は奥深いと、噂には聞いていました。ツウになるほどディルドを好む、と。  バイブレーターが好きな私は...
桃子 2024-06-30 06:00 エロコク
パパのフェチのおかげ♡ 32歳の独身OLがモデル級美脚に大変身したワケ
 年を重ねるにつれ、ぜい肉はどんどん落ちなくなっていくものでして。ここ数年、私は山登りにハマってたりして、それなりに運動...
中山美里 2024-06-25 06:00 エロコク
細いながらも振動はパワフルで強烈!離したくなくなる胸キュンローター
 魔法少女が持っていそうな「ぽぷかるハートスティック」。スイッチがどこにあるかわからないほど、シンプル&スリムなボディー...
桃子 2024-06-29 14:09 エロコク
LINE電話越しの疑似SEXでエクスタシー、脱アラフォー内縁妻なるか #6
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性と恋に落ちた千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会社/独身)...
蒼井凜花 2024-06-21 06:00 エロコク
妊娠発覚でパパがバックレた! 24歳フリーターから学ぶこと
「夏は風俗デビューする女性が増える」  これ、風俗業界では常識。肌の露出が増える季節ってのは、気持ちまで大胆になる...
中山美里 2024-06-18 06:00 エロコク
優しいお値段で質は高級♡ 8段階でパワー調整の電マ
 安かろう悪かろうーー。以前はよく聞いた言葉です。そういったものがなくなったわけではないですが、どのジャンルにおいても低...
桃子 2024-06-16 06:00 エロコク
内縁妻の抵抗。父の罵倒、引き裂かれリモートオナニーでエクスタシー #5
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性と恋に落ちた千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会社/独身)...
蒼井凜花 2024-06-21 13:49 エロコク
食べ物でアソコの匂いに変化?25歳OLが実践したマル秘健康術
「私、毎回パパの精子は飲んであげるんだけど」  と語るのは、パパ活歴2年だという、可愛い顔した小悪魔女子の玲奈ちゃ...
中山美里 2024-06-11 06:00 エロコク
まるでプラネタリウム! ロマンチックな演出もできる吸引系グッズ
 コスメのような美しいケースをパカッと開くと、現れるのは定番の吸引系グッズ。  クリトリスに振動刺激を与えながら吸...
桃子 2024-06-09 06:00 エロコク
内縁妻、アヌス弄り&足舐め濃厚セックスの裏でまさかの親バレ…!#4
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-06-14 11:34 エロコク
女として育ててくれたパパにお礼がしたい…25歳女子のホッコリエピ
 世の中全体が世知辛くなってしまった昨今。ギスギスした話を読むのも聞くのも疲れちゃったよ、なんて方も多いのではないでしょ...
中山美里 2024-06-04 06:00 エロコク
反り具合が絶妙! クリとナカを同時に絶頂に導く神バイブ♡
 女性ならみんな大好き、クリ刺激。ナカがあまり感じないからクリ派だという女性は一定数いますが、ナカ派の女性もクリ刺激は大...
桃子 2024-06-02 06:00 エロコク
内縁妻「縁切り神社」で略奪愛を願掛け、AV仕込みの回転セックスで…#3
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-06-07 12:04 エロコク