30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-04-23 06:00
投稿日:2021-04-23 06:00
 道ならぬ恋とわかっていても、落ちてしまう――気づけば「不倫」という底なし沼にハマってしまったのが、35歳の人妻・Y美さんだ。お相手の男性は、なんと14歳年下の大学生Dさん(21)だという。
 年下男性との甘美で背徳感あふれる秘密の恋愛模様をお伝えします。

息子のサッカー教室がきっかけ

きっかけは息子のサッカー教室(写真:iStock)
きっかけは息子のサッカー教室 (写真:iStock)

 喫茶店に現れたY美さんは、サラサラのボブヘアと大きな瞳が印象的な愛らしい女性だ。ややふっくらしたスタイルと、艶やかな白い肌は、同性でも思わず触れてしまいたくなるほど。淡いブルーのワンピースが、恋する人妻の色香をいっそう醸しだしていた。

――お二人の出会いから教えてください。

「息子のサッカー教室です。小4になる息子は地元の小学生サッカー教室に通い、そこにコーチとして来てくれたのが、大学3年のDさんでした。Dさん自身が同じサッカー教室の出身で、たまたま監督に会いに来た際に『よかったら、休日にコーチをしてくれないか』と、監督からお願いされたんです」

――なるほど、Dさんはどんな感じの青年でしょう?

「第一印象は、『日焼けした肌で精悍な長身のスポーツ青年』という感じでしょうか。涼し気な一重の目と短髪が似合う素朴な感じ。Tシャツ一枚でも胸板の厚さが逞しくて、屈託なく笑う姿も若々しいなと……。もちろん、最初から『異性』という意識はありません。あくまでも息子のサッカーコーチとして、挨拶をしました」

他のママ友にも人気

ささいなことから盛り上がる(写真:iStock)
ささいなことから盛り上がる (写真:iStock)

――それが、いつしか恋愛に変化したと?

「はい、サッカーの練習は土日で、Dさんが来てくれるのは日曜日だけでした。ある時、練習を見学していたママ友の一人が『Dさんて礼儀正しくて、好青年よね。彼女とかいるのかしら』と言い出したんです。その一言が呼び水となって、立て続けに他のママ連中も『いるに決まってるわよ』『え~、ちょっと嫉妬しちゃう』などと話題にしたんです」

――わかります。女性の恋バナって、ささいなきっかけで盛り上がりますものね

「はい、一人が引き金を引いたら、たちまちDさんに関しての話題で持ちきりになりました。皆さん、言いたくてウズウズしていたんでしょうね。私も、口にこそ出しませんでしたが、いけない妄想を抱くようになったんです。すれ違った時に香る若々しい汗の匂いや、水を飲む際に上下する男らしい喉仏、逞しい筋肉の隆起に、いつしか『男』を感じるようになって……」

就職相談を口実に

これで彼とプライベートで会える(写真:iStock)
これで彼とプライベートで会える (写真:iStock)

――そんな彼とは、どのように親交を深めたのですか?

「きっかけは息子とDさんの会話です。八歳上の夫は、大手の商社マンの飲料部門なんですね。で、息子がDさんに『D先生の飲んでいるミネラルウォーターは、パパの会社が扱っているんだ』みたいなことを言ったようなんです。元サッカー少年でプロの選手を目指していたDさんも、現実を考えると、Jリーガーなんてとっても無理だと思っていたのでしょうね。たまたま私の近くにいた時に、商社マンを目指しているということを伝えてきたんです」

――なるほど、続けてください。

「その流れで、私も同じ商社に勤めていたと告げたら、一気に話に花が咲いたんです。『職場結婚ですか。ご夫婦でエリートですね』とか『よかったら、就活に向けてもっと話を聞きたいんですが』って……。その時、私思いました。『これで、彼とプライベートで会える口実ができる』って。いけない女ですよね(笑)。でも、他のママ友がステキだと噂しているDさんを独占したい気持ちが芽生えてしまって……女ってそんな部分、ありますよね?」

続きは次回。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ