30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-04-23 06:00
投稿日:2021-04-23 06:00
 道ならぬ恋とわかっていても、落ちてしまう――気づけば「不倫」という底なし沼にハマってしまったのが、35歳の人妻・Y美さんだ。お相手の男性は、なんと14歳年下の大学生Dさん(21)だという。
 年下男性との甘美で背徳感あふれる秘密の恋愛模様をお伝えします。

息子のサッカー教室がきっかけ

きっかけは息子のサッカー教室(写真:iStock)
きっかけは息子のサッカー教室 (写真:iStock)

 喫茶店に現れたY美さんは、サラサラのボブヘアと大きな瞳が印象的な愛らしい女性だ。ややふっくらしたスタイルと、艶やかな白い肌は、同性でも思わず触れてしまいたくなるほど。淡いブルーのワンピースが、恋する人妻の色香をいっそう醸しだしていた。

――お二人の出会いから教えてください。

「息子のサッカー教室です。小4になる息子は地元の小学生サッカー教室に通い、そこにコーチとして来てくれたのが、大学3年のDさんでした。Dさん自身が同じサッカー教室の出身で、たまたま監督に会いに来た際に『よかったら、休日にコーチをしてくれないか』と、監督からお願いされたんです」

――なるほど、Dさんはどんな感じの青年でしょう?

「第一印象は、『日焼けした肌で精悍な長身のスポーツ青年』という感じでしょうか。涼し気な一重の目と短髪が似合う素朴な感じ。Tシャツ一枚でも胸板の厚さが逞しくて、屈託なく笑う姿も若々しいなと……。もちろん、最初から『異性』という意識はありません。あくまでも息子のサッカーコーチとして、挨拶をしました」

他のママ友にも人気

ささいなことから盛り上がる(写真:iStock)
ささいなことから盛り上がる (写真:iStock)

――それが、いつしか恋愛に変化したと?

「はい、サッカーの練習は土日で、Dさんが来てくれるのは日曜日だけでした。ある時、練習を見学していたママ友の一人が『Dさんて礼儀正しくて、好青年よね。彼女とかいるのかしら』と言い出したんです。その一言が呼び水となって、立て続けに他のママ連中も『いるに決まってるわよ』『え~、ちょっと嫉妬しちゃう』などと話題にしたんです」

――わかります。女性の恋バナって、ささいなきっかけで盛り上がりますものね

「はい、一人が引き金を引いたら、たちまちDさんに関しての話題で持ちきりになりました。皆さん、言いたくてウズウズしていたんでしょうね。私も、口にこそ出しませんでしたが、いけない妄想を抱くようになったんです。すれ違った時に香る若々しい汗の匂いや、水を飲む際に上下する男らしい喉仏、逞しい筋肉の隆起に、いつしか『男』を感じるようになって……」

就職相談を口実に

これで彼とプライベートで会える(写真:iStock)
これで彼とプライベートで会える (写真:iStock)

――そんな彼とは、どのように親交を深めたのですか?

「きっかけは息子とDさんの会話です。八歳上の夫は、大手の商社マンの飲料部門なんですね。で、息子がDさんに『D先生の飲んでいるミネラルウォーターは、パパの会社が扱っているんだ』みたいなことを言ったようなんです。元サッカー少年でプロの選手を目指していたDさんも、現実を考えると、Jリーガーなんてとっても無理だと思っていたのでしょうね。たまたま私の近くにいた時に、商社マンを目指しているということを伝えてきたんです」

――なるほど、続けてください。

「その流れで、私も同じ商社に勤めていたと告げたら、一気に話に花が咲いたんです。『職場結婚ですか。ご夫婦でエリートですね』とか『よかったら、就活に向けてもっと話を聞きたいんですが』って……。その時、私思いました。『これで、彼とプライベートで会える口実ができる』って。いけない女ですよね(笑)。でも、他のママ友がステキだと噂しているDさんを独占したい気持ちが芽生えてしまって……女ってそんな部分、ありますよね?」

続きは次回。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性に“彼女にしたくない”と思われる女性の特徴5つ&NG行動
 好きな人ができたら、その人の彼女になりたいと思うのは当然ですよね。でも、あなたが片思いをしている場合には、付き合うかど...
恋バナ調査隊 2021-05-16 06:23 ラブ
結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ