30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-04-23 06:00
投稿日:2021-04-23 06:00
 道ならぬ恋とわかっていても、落ちてしまう――気づけば「不倫」という底なし沼にハマってしまったのが、35歳の人妻・Y美さんだ。お相手の男性は、なんと14歳年下の大学生Dさん(21)だという。
 年下男性との甘美で背徳感あふれる秘密の恋愛模様をお伝えします。

息子のサッカー教室がきっかけ

きっかけは息子のサッカー教室(写真:iStock)
きっかけは息子のサッカー教室 (写真:iStock)

 喫茶店に現れたY美さんは、サラサラのボブヘアと大きな瞳が印象的な愛らしい女性だ。ややふっくらしたスタイルと、艶やかな白い肌は、同性でも思わず触れてしまいたくなるほど。淡いブルーのワンピースが、恋する人妻の色香をいっそう醸しだしていた。

――お二人の出会いから教えてください。

「息子のサッカー教室です。小4になる息子は地元の小学生サッカー教室に通い、そこにコーチとして来てくれたのが、大学3年のDさんでした。Dさん自身が同じサッカー教室の出身で、たまたま監督に会いに来た際に『よかったら、休日にコーチをしてくれないか』と、監督からお願いされたんです」

――なるほど、Dさんはどんな感じの青年でしょう?

「第一印象は、『日焼けした肌で精悍な長身のスポーツ青年』という感じでしょうか。涼し気な一重の目と短髪が似合う素朴な感じ。Tシャツ一枚でも胸板の厚さが逞しくて、屈託なく笑う姿も若々しいなと……。もちろん、最初から『異性』という意識はありません。あくまでも息子のサッカーコーチとして、挨拶をしました」

他のママ友にも人気

ささいなことから盛り上がる(写真:iStock)
ささいなことから盛り上がる (写真:iStock)

――それが、いつしか恋愛に変化したと?

「はい、サッカーの練習は土日で、Dさんが来てくれるのは日曜日だけでした。ある時、練習を見学していたママ友の一人が『Dさんて礼儀正しくて、好青年よね。彼女とかいるのかしら』と言い出したんです。その一言が呼び水となって、立て続けに他のママ連中も『いるに決まってるわよ』『え~、ちょっと嫉妬しちゃう』などと話題にしたんです」

――わかります。女性の恋バナって、ささいなきっかけで盛り上がりますものね

「はい、一人が引き金を引いたら、たちまちDさんに関しての話題で持ちきりになりました。皆さん、言いたくてウズウズしていたんでしょうね。私も、口にこそ出しませんでしたが、いけない妄想を抱くようになったんです。すれ違った時に香る若々しい汗の匂いや、水を飲む際に上下する男らしい喉仏、逞しい筋肉の隆起に、いつしか『男』を感じるようになって……」

就職相談を口実に

これで彼とプライベートで会える(写真:iStock)
これで彼とプライベートで会える (写真:iStock)

――そんな彼とは、どのように親交を深めたのですか?

「きっかけは息子とDさんの会話です。八歳上の夫は、大手の商社マンの飲料部門なんですね。で、息子がDさんに『D先生の飲んでいるミネラルウォーターは、パパの会社が扱っているんだ』みたいなことを言ったようなんです。元サッカー少年でプロの選手を目指していたDさんも、現実を考えると、Jリーガーなんてとっても無理だと思っていたのでしょうね。たまたま私の近くにいた時に、商社マンを目指しているということを伝えてきたんです」

――なるほど、続けてください。

「その流れで、私も同じ商社に勤めていたと告げたら、一気に話に花が咲いたんです。『職場結婚ですか。ご夫婦でエリートですね』とか『よかったら、就活に向けてもっと話を聞きたいんですが』って……。その時、私思いました。『これで、彼とプライベートで会える口実ができる』って。いけない女ですよね(笑)。でも、他のママ友がステキだと噂しているDさんを独占したい気持ちが芽生えてしまって……女ってそんな部分、ありますよね?」

続きは次回。

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ