いざ、パートナー探し…初期投資は締めて「12万円」ナリ

コクハク編集部
更新日:2019-02-25 13:29
投稿日:2014-07-12 06:00
パートナー探しの初期費用は12万円(写真:iStock)
パートナー探しの初期費用は12万円 (写真:iStock)

 独身崖っぷち、アラフォー女性記者が果敢に(?)潜入取材した結婚相談所の生態をリポートしていきます。

 1回目は、結婚相談所の仕組みです。どこも同じだと思っていたら、全然違いました。まず紹介の仕方が、データマッチングとハンドマッチングに大別されます。「データ」とは、双方の条件に合わせてコンピューターが候補をピックアップしてくれるシステム。業界大手ではオーネットやツヴァイ、ノッツェなどがあります。

 これに対して「ハンド」の方は、昔ながらの紹介システム。向いている人を、コーディネーターが紹介してくれます。こちらの大手業者はパートナーエージェント、サンマリエなどがあり、よくある高収入男性限定の紹介所はほぼこちらです。

 記者は、ひとまず独断と偏見で男を探してみようと、データマッチングの大手A社に入会。初期費用は10万円に、月会費が1万5000円ほど。それに写真館で撮影して1万円追加。入会条件はとくにありませんが、独身証明書や卒業証書のコピーなど必要書類がありました。

 ここまで資本投下した以上は、早く成果を挙げないとと思い早々アタック。この「データ」のメリットは、身元の確かな男性会員の閲覧が自由にできること……と思いきや、入り口からなかなか難しい。近年の個人情報保護法の影響で、オーネットでは双方の確認が取れるまで写真が表示されません。

 仕方ない。似たり寄ったりの自己紹介文だけで目星をつけてメールのやりとりをすることからスタートだったのです。
(つづく)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ