いざ、パートナー探し…初期投資は締めて「12万円」ナリ

コクハク編集部
更新日:2019-02-25 13:29
投稿日:2014-07-12 06:00
パートナー探しの初期費用は12万円(写真:iStock)
パートナー探しの初期費用は12万円 (写真:iStock)

 独身崖っぷち、アラフォー女性記者が果敢に(?)潜入取材した結婚相談所の生態をリポートしていきます。

 1回目は、結婚相談所の仕組みです。どこも同じだと思っていたら、全然違いました。まず紹介の仕方が、データマッチングとハンドマッチングに大別されます。「データ」とは、双方の条件に合わせてコンピューターが候補をピックアップしてくれるシステム。業界大手ではオーネットやツヴァイ、ノッツェなどがあります。

 これに対して「ハンド」の方は、昔ながらの紹介システム。向いている人を、コーディネーターが紹介してくれます。こちらの大手業者はパートナーエージェント、サンマリエなどがあり、よくある高収入男性限定の紹介所はほぼこちらです。

 記者は、ひとまず独断と偏見で男を探してみようと、データマッチングの大手A社に入会。初期費用は10万円に、月会費が1万5000円ほど。それに写真館で撮影して1万円追加。入会条件はとくにありませんが、独身証明書や卒業証書のコピーなど必要書類がありました。

 ここまで資本投下した以上は、早く成果を挙げないとと思い早々アタック。この「データ」のメリットは、身元の確かな男性会員の閲覧が自由にできること……と思いきや、入り口からなかなか難しい。近年の個人情報保護法の影響で、オーネットでは双方の確認が取れるまで写真が表示されません。

 仕方ない。似たり寄ったりの自己紹介文だけで目星をつけてメールのやりとりをすることからスタートだったのです。
(つづく)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM