私ってドSなの? ドS女性の10の特徴&相性が良い男性タイプ

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-01-17 06:00
投稿日:2020-01-17 06:00
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持っているかもしれません。実は近年、そんなドS女性はモテる傾向にあるんです。そこで今回はドS女性の性格や特徴、相性が良い男性タイプを見ていきましょう。

ドS女性の10の特徴!ただ「強い女性」なわけじゃない!

ドS女性はお好き?(写真:iStock)
ドS女性はお好き? (写真:iStock)

「S」とは、サディズムのS。「いじめるのが好き」というイメージがあるドS女性ですが、でも、ただ「強い女性」なわけじゃないんですよ。さっそく、ドS女性の10の特徴をチェックしていきましょう。

1. 前髪がなく額を出す髪型を好む

 堂々としていたいと主張を強く持つドS女性は、前髪がなく額を出す髪型を好みます。 女性の髪型は、実は自分が「こうありたい」という潜在的なイメージを反映するもの。

 ふんわりとした雰囲気を醸し出す髪型よりも、どちらかというとストレートでかっちり目の髪型が多いのも特徴でしょう。

2. はっきりした色&シンプルな服装が多い

 髪型だけではなく、ドSの女性は服装にもこだわりを持ちます。女性らしさを象徴するかのようなパステルカラーなどはあまり好まず、基本的に、原色などのはっきりした色を選ぶ傾向にあります。

 また、リボンやフリルなどで飾り立てることもせず、流行に流されることなく、機能的でシンプルな服装をすることが多いでしょう。

3. 白黒ハッキリつけたい

 ドSの女性は、何事にも白黒ハッキリつけたいタイプが多いです。とにかく曖昧であることが嫌なのです。人に対しての好き嫌いも激しく、自分の意見を変えてまで誰かと付き合いを続けることもありません。

 自分に正直なだけなのですが、その場の雰囲気を読まずにストレートに発言してしまい、反感を受けたり、空気が読めない人だと思われることもあります。

4. 自己主張が強い

 ドS女性は、自分に自信を持っています。そのため、自己主張が強く、立場やシーン関係なく物怖じせずに自分の信念を持って意見を述べることができます。

 基本的にドS女性はプライドが高く、指示されることを好みませんが、万が一自分が間違っている時には、きちんと非を認めて謝ることができる潔さも持っています。そんな部分が見えるからこそ、ドS女性に「ついていきたい!」と思う男性は後を断ちません。

5. リーダーシップがある

 ドS女性は基本的に誰かの下に立つよりも、誰かの上に立ってぐいぐいと引っ張っていくことで能力を発揮します。そのため、リーダーシップを取る立場を任されることが多いでしょう。

 面倒見が良く、姉御肌。もちろん、自分を高める努力も惜しみません。部下や年下から頼りにされる女性であり、周りからの信頼度は高いです。

6. 自分にも他人にも厳しい完璧主義者

 ドS女性はとてもストイック。自分にも他人にも厳しく、神経質とも取れるような完璧主義者でもあります。これが、「厳しい」「怖い」という印象を与えてしまい、損をすることも。

 上手に人に頼ることもできないため、抱え込んだり、落ち込んでしまうこともありますが、持ち前のエネルギッシュさがあるため、どうにかその場を乗り越えて、さらに強い女性へと変化していきます。

7. 褒められても簡単に喜ばない

 女性は褒められるのが大好き。だからこそ、女性を落とすために、「綺麗だね」なんて褒めまくる男性は多いのです。

 でも、ドSの女性は、一筋縄ではいきません。適当に褒められることを嫌い、「どんなところが?」など、ツッコミをする場合も。ただし、自分が頑張ったことを的確に評価されると、素直に喜びます。

 ちなみに、ドM女性は頑張ったことに対して褒められても「本当?」と聞き返してくることが多いのだとか。見極めポイントになりますね。

8. スイッチが入ったら豹変する

 普段、ドS女性はドSであることを隠している場合が多いです。そのため、一見優しく人当たりが良いイメージを持たれることも多いでしょう。

 しかし、ドS女性は、一旦スイッチが入ったら豹変することがあります。相手がどのようにしたら嫌がるかを分かっているため、理詰めで外堀を崩して追い詰めていくような攻撃をすることもあります。でも、実は、その豹変ぶりが癖になってしまうという男性も多いのだとか。

9. 繊細で精神的に脆い一面がある

 ドS女性は、意外にも繊細。精神的に脆いところがあり、自分にとって不利なことや嫌なことが起こってしまうと、元の精神状態に戻るまで時間がかかってしまうこともあります。

 決断力と行動力があるものの、「なぜ、あれをしてしまったんだろう?」と、後悔することも多いようです。

10. 寂しがり屋

 ドS女性には、寂しがり屋な一面があります。しかし、基本的に誰かに甘えることができないため、きついことを言ってしまったり、相手が傷つくような態度を取ってしまったりと、あまのじゃくのように気持ちと反対の行動を取ってしまうことも。

 でも、本当に甘えられる男性を見つけたら、その人の前だけドSを封印してべったりと甘える女性もいるようです。

ドS女性の相性が良い男性のタイプは?

リードされてドキドキ(写真:iStock)
リードされてドキドキ (写真:iStock)

 ドS女性は魅力的なところをたくさん持っていますが、でも、同じドS気質の男性や、女性に頼られたいと思う男性とは衝突してしまいがち。では、そんなドS女性の良さを引き出してくれる相性が良い男性のタイプは、どんな特徴があるのでしょうか?

草食系男性

 恋愛に消極的な草食系男性は、ドS女性の積極的さやリードをしてくれるところにとても惹かれます。また、ドS女性も控えめな草食系男性の態度に癒され、心置きなく本来の自分をさらけ出すことができるのです。

 そんなドS女性×草食系男性の相性は抜群!お互いにないところを補い合えるため、飽きることなく理想的な関係を築くことができるはず。

ドM男性


ドSの対極にいるドM気質を持った男性も、ドS女性とは相性バッチリ。ドM男性は根本的に「いじってほしい」という願望があるため、ドS女性に惹かれるのです。

 献身的に尽くすドM男性ですが、「してもらいすぎかも?」なんて思う必要はありません。ドM男性にとっては、「尽くすこと=愛情」でもあるのですから。ただし、適当に扱うような態度はNG。しっかり感謝の気持ちを伝えてあげると、どこまでも喜んで尽くし続けてくれるでしょう。

事なかれ主義な男性

「なんでも良い」と決断を人に委ねたがる事なかれ主義な男性も、ドS女性に向いている存在。面倒臭がりなため、てきぱきと決断してくれるドS女性といると、とにかく楽だと感じます。

 とはいえ、あまりに自分の意見を持っていないことでイライラさせられることも。ドS女性の力量で、上手に成長させてあげるのも一案です。

ドS女性は自分が「ドS」だと自覚している人が多い

頼れる女性って素敵(写真:iStock)
頼れる女性って素敵 (写真:iStock)

「自分はSかも?」と思っている方、「うんうん!」と頷けるところがたくさんあったのではないでしょうか?ドS女性の最大の特徴、それは、ドM女性と違って自分が「ドS」だと自覚している人が多いことだと思います。

 ドS女性はサバサバとしていて男前。見る男性によってはカッコ良い!と魅力的に映るものの、いわゆる「女っぽい」女性を好きな男性からは敬遠される節があるため、最初はあまりドSぶりを発揮せずに、様子を見つつ間合いを詰めた後に本性を発揮した方が良いかもしれません。

 とはいえ、自己主張を持つドS女性は、現代の理想の女性像かも!ぜひ、ドSであることを誇りに思い、恋愛にプライベートに活かしてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ