まずは老人愛=ジェロントフィリアについてお話しします

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2019-07-25 19:29
投稿日:2019-02-22 06:00
 わたしとひろし(非仮名w)の48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる引退系男子。そんな男を好いて惚れ尽くしたわたしの話をしてみたいと思います。記念すべき初回は、老人愛とはなんぞや、的な感じからまいりましょう。

81歳の男を好いて惚れて

(C)小悪魔ドルチェ寿司
(C)小悪魔ドルチェ寿司

【vol.1】

 突然ですが、いまから男は何歳まで男なのか、男とはなにを持って男とするのか、81歳の男を好いて惚れて惚れ尽くして仕事まで辞めたわたしの話をしてみたいと思います。紀貫之的な感じで。

 誰しもがお年寄りには優しく、と幼少時から両親からのみならず、町内会の標語、駅のポスター、そして寺や神社の掲示板(代表作は「雨の降る日は天気が悪い、親父ゃワシより歳が上」など)で教え諭されてきたことと思います。このような標語にあるように、全世界的常識としてお年寄りを大事にすることは古今東西、自明の理なのです。

 倫理道徳の教材でもお年寄りを助ける子供の美談が随所に散りばめられていますし、少女漫画の世界では覚束ないお年寄りが噛ませ犬となって場を盛り上げ、少女の恋愛を成就させるのに一役買うことも多いわけです。しかしわたしは、古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)あたりの男性をいやらしい目で見ています。ナスティーに。青年期のみうらじゅんのように。

 ということでやっと本題なのですが、老人性愛(ジェロントフィリア)という言葉をご存知でしょうか? テケトーに面白おかしく書いて怒られたくないので緻密にきちんとご説明させていただきますが、怒らない人は以下の404文字、面白くないのでスッコーンと読み飛ばしてください。この駄文コラムでは「老人愛」と表記します。

* * *

 ジェロントはギリシア語で老齢・老人を意味し、フィリアとは古代ギリシア語で古くはアリストテレスの文献に登場する単語です。単体で使われる際の広義には友愛ですが、接尾辞として“~フィリアとなる場合~に対する執着”、“性的倒錯”、“異常なる愛情”などのように使われています。誰を、そしてなにを愛するかという多様性を認め合うこの時代に、性的“倒錯”(正常の状態から逸している)というわけも時代に沿っていないような気もします。

 ノーマルとアブノーマルなんて、実は自分がどちらにいるか曖昧なところはあるわけで、深さも幅も層もベクトルも幾重にもなって、四次元的なものじゃないですかね、違いますかねそうですか。フィストファックとかスワッピングが普通なカップルはそれがノーマルで、畢竟するに誰か(ホテルやハプニングバーの従業員など)に迷惑をかけなければいいのでは、と思ったりもするわけです。どの穴を使おうが個人の自由なわけだし。

* * *

 でもわたし、谷崎潤一郎の「痴人の愛」も「癇癪老人日記」も大好きなので、とりあえず今日のところは、爺さま大好き、くらいに理解してくださるといいかな、と思います(逃げた)。

 ただペドフィリアなど、多様性では到底片付けられない凶悪な性的嗜好もあるのですが、ここでは犯罪レベルの性的嗜好の話はしていないので、気楽に、心を愛で満たして、シャンパンでもラッパ飲みしながら……愛こそすべて! ねっ☆ゴフッ(吹いた)。

「日本老年学会」にキュンキュウン

大好きなゴマテシュワラ像でっす(C)コクハク
大好きなゴマテシュワラ像でっす (C)コクハク

 恋愛のことなので、かなりセクシュアルな描写がたびたび出てくると思います。お食事中の方もいらっしゃるとは思うのですが、できるだけリアルに想像していただければ食欲減退、ダイエットにもなるし一石二鳥的なコラムとなっております(悪意か)。もし不快感を感じられるような方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください♥

 いまふと思い立って昔書いたジェロントフィリアについての論文を調べていたら、日本老年学会というものがあるみたいで、この言葉にキュンキュウンしちゃいました。みなさまが“松潤”っていう言葉に感じるその胸の高鳴りをイメージしてもらえればほぼほぼ間違ってないかと思われます。ここ、入会したいな(ファンクラブと同じ心持ち)。

 長々とつらつらと紀貫之的なしてみむとす的ノリで核心をつかないことで、せっかくここまで読んでいただいているのに、そろそろ離脱率が上がってくるのではと心配になってきましたが、48歳差の恋愛をいかにリアルに表現するか、まずはわたしの好奇心旺盛、ハードルは低い……どころか地中にめり込んでいる(ヤリマン☆スピリット)的背景をまずはお伝えしてからの方が話は早いかなと思って、急がば回れ。

次週(3/1更新予定)に続きます。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


果物挿入するならホンモノより…見た目実力どちらにもキュン
 野菜や果物を挿入するって、官能小説やピンク映画では“定番”のひとつだったと思います。もう10年近く前のことですが、「ラ...
桃子 2022-07-03 06:00 エロコク
未来の義兄に抱かれても止まらない実姉へのマウンティング#2
 幼いころから実姉と比べ続けられて育ったH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  華やかな美貌とグラマラスなスタ...
蒼井凜花 2022-07-01 06:00 エロコク
新感覚!ピューピュー水が噴き出る膣洗浄機兼バイブレーター
 まず写真を見てください。シックなブラックカラーの挿入部はスタンダードですが、下に目を移すと……何コレ?  透明な...
桃子 2022-06-26 06:00 エロコク
挿入部“大”なバイブ!特殊ローターが絶妙な動きをリピート♡
 今回紹介するグッズは、中級者向けです。  最近フェムテックという言葉をよく耳にするようになり、ラブグッズにも注目...
桃子 2022-06-19 06:00 エロコク
“二穴責め”の快楽 同窓会W不倫で破廉恥なセレブ妻になった#5
 東京・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催された高校の同窓会に出席した。 ...
蒼井凜花 2022-06-17 06:00 エロコク
万人ウケするピンポイントバイブ♡敏感な場所をブルブル刺激
「彼女にどんなバイブを買えばいい?」と男性から聞かれることが多いのですが、これ実はとても困る質問。なぜなら体形や体質によ...
桃子 2022-06-12 06:00 エロコク
ついに挿入!25年ぶり同窓会で「アヌスも愛させて欲しい」#4
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、地元北海道で開催された高校の同窓会に、25年ぶりに参...
蒼井凜花 2022-06-17 18:25 エロコク
中級者向け!やや太めのミドルサイズがよき♡ 温熱機能も◎
 かつてバイブレーターの色といえば、圧倒的にピンクが主流でした。当時制作していたのは男性ばかりで、「女性はピンクが好きだ...
桃子 2022-06-05 06:00 エロコク
25年ぶりの同窓会、燃える情欲!互いの性器を絶えず愛撫 #3
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催される高校の同窓会に参加...
蒼井凜花 2022-06-12 16:39 エロコク
吸引&挿入のハイブリッド型! Wの刺激にガマンできないっ
 朱色のような鮮やかな赤が大人っぽい新作バイブ。「スイート サレンダー」、つまり「甘い降伏」という商品名がなんとも意味深...
桃子 2022-05-30 10:23 エロコク
地味子だった私が憧れのK君とキス…車内は“オス臭”で充満 #2
 25年ぶりの同窓会で地元・北海道に帰省したE子さん(43歳主婦/子供アリ)。  白金台に住む彼女は楚々とした和風...
蒼井凜花 2022-06-12 16:38 エロコク
大小2つの突起付き♡ 乳首専用ローターで集中刺激しちゃおう
 女性の性感は、多様です。全身、感じる可能性がある。でもみなさんご存じの通り、多くの人が気持ちよくなれる代表的な性感帯と...
桃子 2022-05-22 06:00 エロコク
これ一本で中も外も気持ちいい! 1stバイブとしてもお薦め♡
 ラブグッズ界を見渡すと、ここのところ2ウエー、3ウエーなど多機能商品が増えています。お得感もあるし、この傾向は大歓迎。...
桃子 2022-05-15 06:00 エロコク
「ああ、彼の肉の味」不倫上司が焦らされ女体に被虐プレイ#6
 ダンディな上司と社内不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と公言する彼女は、コロナ...
蒼井凜花 2022-05-13 06:00 エロコク
初心者さんにも♡ 3つのボールでギュッとした締まりをゲット
 膣トレグッズの数が増えつづけています。骨盤の内側に張り巡らされた「骨盤底筋群」をトレーニングすることによって、尿もれや...
桃子 2022-05-08 06:00 エロコク
不倫相手と肉食ディナー クロス下で悶絶リモートプレイ!#5
 ダンディな上司と不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と豪語する彼女はセックスでも...
蒼井凜花 2022-05-06 06:00 エロコク