出会い編<1>精神的にも年齢的にも“一番遠い人”に一目惚れ

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2019-07-28 17:34
投稿日:2019-03-01 06:00
 わたしとひろし(非仮名w)の48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる引退系男子。そんな男を好いて惚れ尽くしたわたしの話をしてみたいと思います。今回は2人が出会った晩について、お話しをさせてください――。

出会いは「素足」だった

(写真:iStock)
(写真:iStock)

【vol.2】

 48歳差の恋愛ということで、嫌悪感を抱かれる方も多いかと思います。まぁなかなかないと思うので、今日は優先順位100位くらいまでこなしたけど、まだ暇だなぁ、と思っている方は是非読んでいって。高校の恩師にでもお手紙をしたため方がよかったって後悔するはずなのですが、そこは、ね、大人として対応していただければ……。

 さて、わたしとひろしが出会ったのは、ある日の仕事半分、プライベート半分のお食事会でした。よくある「今度、飲みましょう」が結実したもので、参加人数は15人弱、もちろん、ひろしは最高齢でした。

 これ、信じてもらえるか分からないのですが、そして、同じ経験をした人ならお分かりいただけると思うのですが、運命の恋(と自分が思った恋)だと思える人に会ったとき、初めて見たときの、その一瞬を本当にクリアに覚えていたりしないですか。しないですかそうですか。

 わたしの場合、運命の男は4人いるのですが(運命の恋……)、その4人を初めて見たときのその瞬間は、未だに思い出すと、身体中の血液が泡立つような……、子宮と乳首(胸といえ!)が締め付けられるような感覚に襲われます。

 例えば、そのときわたしが彼を見た瞬間(高校の入学式のとき、彼の学ランのボタンが空いていて新担任の先生に怒られていた@18年前)とか匂い(大学のとき同じ寮だった彼。吹雪の日に窓の外に彼がいたとき、暖房が効きすぎてむせ返るほど暑過ぎる部屋にて@13年前)、そして初めて彼を見たときにわたしが飲んでいた赤ワインの味(鎗ヶ崎交差点にあるカフェで隣の席の人だった@8年前・平日15時)。

 そして本題のひろしが待ち合わせしていたお店の階段から降りてきたときに着ていたニットと赤パン、わたしのステラ マッカートニーのオフショルダーワンピース、そして目が合った瞬間――。

上座のひろし、下座のわたし。

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 9月上旬で素足にサンダルだったのですが、座敷だったので失礼にあたるなと思って肩身が狭くて目立たないように率先して下座に座ったものです(遠い目)。

 もちろんひろしは誰に促されることもなく、率先して上座へ。わたしには分不相応な銀座の老舗料亭で、その会に知り合いもおらず、猫をかぶって、まさしく借りてきた猫(猫がおとなしい比喩に使われるのってどうも納得いかんけども。それより猫を借りるってどういう状態。猫の手も借りるとか、我々日本人は猫に頼り過ぎなんじゃないのかって本気でどうでもよいごめんなさい)。

 いつもはテーブルの上で踊りながら下ネタを連呼し、ワインを20本くらいラッパ飲みしているわたしが、素足を見られないように電光石火の早ワザで下座待機。

 上座のひろし、下座のわたし。

 いわば完全に物理的にも精神的にも年齢的にも“一番遠い人”スタートでした。わたしは出版社で紙媒体の編集者かつWebマーケターとして働いているということもあって、その場にいたさまざまな方からSNS運用やオウンメディア構築からの危機管理、炎上リスクヘッジやマネタイズについて質問を受けていたので、それについて真剣にお話しをしていました。

 下座で。

 そうするとワガママで自由すぎるひろしが席を立ってわたしの元へ。そして和やかに談笑する人々の会話をぶった切り、わたしへ放った最初の記念すべきメモリアル言葉がこれ。

「お前、化粧も服装もさいっっあくやなぁ。ブラジャーも見えとるやないか」

 その場にいた誰しもが固まり、あるものは全否定のひろし放言をジョークにしようとして空虚なお世辞を言い(ありがとう)、ほかの女性は朗らかに「ひっどーーーい! 初対面ですよ!」と“このおじいちゃん、いつもあんな感じだから気にしないで”とわたしに目配せ。でもわたしの小さな脳みそと胸の中では、めまぐるしくいろんな想いが駆け足で巡っていました(運動会的な)。

 こんな人会ったことない、こんなこと言われたことない、え、なにこの人、え、本意は? 悪意も特になし系、初めてみたものに対して心の言葉が出てしまう小学4年生ワンダーランドみたいな人なのかも……!?(そろばんを弾く音)ヤダ! タイプ! そしてわたしは背中のブラジャーのホックに手をかけると、ヤツに向かって挑戦状を叩きつけるのです。

次週(3/8更新予定)に続きます。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク