20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-09-17 06:00
投稿日:2021-09-17 06:00
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度はH美さんの部屋に訪ねてくるマメな彼――不倫が始まってから1カ月半が経過した。
 彼とのセックスは狂おしいほど甘美で、抱かれるたびに性感が研ぎ澄まされ、女の悦びを謳歌する日々だ。ある日、社内の女性限定Zoom呑み会の際に、彼をこっそり招いて――。待望の最終話。
 前回までの話はこちら→第1回第2回第3回第4回第5回

女性限定Zoom呑み会に彼を…

彼の持ってきたイタリア白ワインで乾杯(写真:iStock)
彼の持ってきたイタリア白ワインで乾杯 (写真:iStock)

――呑み会では、こっそり不倫相手のGさん(45歳・自動車メーカー・妻子アリ)をお呼びした。スリリングな呑み会の内容をお聞かせください。

「はい、女性限定Zoom呑み会のメンバーは、私を入れて計5名。社内の仲間ですから、彼も知った顔です。

 私はデスクにPCを置き、イスに座りました。彼は、私のPC画面に映らないよう、デスク横のソファーに座って、女同士の会話を聞いていましたね。彼の持ってきてくれたイタリアの白ワインで乾杯し、彼もこっそりZoom呑み会に参加という感じです」

――女性限定の呑み会は「女のホンネ」丸出しですから、ある意味ドキドキですね?

「はい、案の定、話題は自然と『恋愛』に流れましたね。

 既婚者の先輩たちは『夫とはセックスレスだから、ラブホに出張ホストを呼んじゃった』とか『既婚者のマッチングアプリに登録したわ。セフレが欲しい』などとけっこう過激な経験を披露し、それにつられて独身の女性も『生活が苦しいからパパ活してる』とか『実は、二股かけているの。ひとりは家柄と経済力はあるけど、セックス偏差値が最悪。アソコも小さいの。もう一人はイケメンの音楽関係なんだけど、本業だけじゃ食べて行けず、深夜の工事現場でバイトしてる』など、あけすけに打ち明けていましたね」

突如飛び出した「略奪婚」という言葉

いつかは妻の座にのしあがれる?(写真:iStock)
いつかは妻の座にのしあがれる? (写真:iStock)

――男性が聞いたら卒倒しそうな内容ですね。

「はい、横目で彼を見ると、ギョッとしていました。女の呑み会って本当に暴露大会ですよね。で、メンバーの一人が私に『H美はどうなの? 遠距離恋愛の彼がいたはずよね』と、話を振ってきたんです。

 私は正直に、『北海道に彼がいるけれど、ほとんど連絡し合わないし、このまま自然消滅かな』と言いました。皆が暴露大会で盛り上がっているのに、私だけはそっけない話で、ちょっと場が白けたでしょうか。

 そのうち、社内の男性陣の話になったんですね。

 一人が、『○○さんのタレ目が好きなんだけど、どう?』と言うと、別の子が『ええー! ねっとりした目つきで、生理的にムリ!』と笑い、他にも『△△さんのぽっちゃり気味なところ、癒されるわー』とか『◇◇さんは、顔はイマイチだけど低音ボイスがめちゃくちゃ好き』あるいは『知ってる? □□部長の奥さんて前妻から奪い取ったのよ。略奪婚なんてスゴいよねー』と、再び大盛りあがりです。

 私は『略奪婚』というキーワードに反応しました。

 もし、Gさんと親密な関係が続けば、いつかは妻の座にのし上がれるかしらと……。

 そうしたら、一人が『Gさんはどう? 長身で塩顔が素敵!』と言い出したんですね。すると、他の女性も『わかるー、メガネが似合って男の色気がある』と褒めちぎりだしたんです。

 彼を見ると苦笑していましたね。

 私は笑顔でうなずくだけにとどめましたが、“やっぱりモテるんだ……。でも、今は私のモノ”と些細な優越感に浸っていました。そして、あいかわらず頭にあるのは『略奪婚』の三文字です」

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

エロコク 新着一覧


妊娠発覚でパパがバックレた! 24歳フリーターから学ぶこと
「夏は風俗デビューする女性が増える」  これ、風俗業界では常識。肌の露出が増える季節ってのは、気持ちまで大胆になる...
中山美里 2024-06-18 06:00 エロコク
優しいお値段で質は高級♡ 8段階でパワー調整の電マ
 安かろう悪かろうーー。以前はよく聞いた言葉です。そういったものがなくなったわけではないですが、どのジャンルにおいても低...
桃子 2024-06-16 06:00 エロコク
内縁妻の抵抗。父の罵倒、引き裂かれリモートオナニーでエクスタシー #5
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性と恋に落ちた千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会社/独身)...
蒼井凜花 2024-06-14 06:00 エロコク
食べ物でアソコの匂いに変化?25歳OLが実践したマル秘健康術
「私、毎回パパの精子は飲んであげるんだけど」  と語るのは、パパ活歴2年だという、可愛い顔した小悪魔女子の玲奈ちゃ...
中山美里 2024-06-11 06:00 エロコク
まるでプラネタリウム! ロマンチックな演出もできる吸引系グッズ
 コスメのような美しいケースをパカッと開くと、現れるのは定番の吸引系グッズ。  クリトリスに振動刺激を与えながら吸...
桃子 2024-06-09 06:00 エロコク
内縁妻、アヌス弄り&足舐め濃厚セックスの裏でまさかの親バレ…!#4
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-06-14 11:34 エロコク
女として育ててくれたパパにお礼がしたい…25歳女子のホッコリエピ
 世の中全体が世知辛くなってしまった昨今。ギスギスした話を読むのも聞くのも疲れちゃったよ、なんて方も多いのではないでしょ...
中山美里 2024-06-04 06:00 エロコク
反り具合が絶妙! クリとナカを同時に絶頂に導く神バイブ♡
 女性ならみんな大好き、クリ刺激。ナカがあまり感じないからクリ派だという女性は一定数いますが、ナカ派の女性もクリ刺激は大...
桃子 2024-06-02 06:00 エロコク
内縁妻「縁切り神社」で略奪愛を願掛け、AV仕込みの回転セックスで…#3
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-06-07 12:04 エロコク
ウィンウィンの関係よ♡ SMプレイでパパも私もストレス発散!
 更年期障害といえば、女性が抱える悩みと認識している方が多いと思いますが、最近では男性にも増えているそうですね。 ...
中山美里 2024-05-29 09:47 エロコク
サイズもお値段も小さめ! 1stチョイスにピッタリな電マ♡
「テルテルデンマ・BON」は、多くの人をニッコリ笑顔にする電マです。たしかに電マの形状って頭が大きく、持ち手は胴体のよう...
桃子 2024-05-26 06:00 エロコク
避妊具なんて要らない!内縁妻「感涙の初SEX」で芽ぐむ本妻への妬み #2
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-05-31 14:10 エロコク
ドM女子とパパ活は好相性? 26歳の自称“ド変態”美容師のケース
 今回ご登場いただくパパ活女子は…もしかしたらギスギス夫婦の救世主になるかもしれない女の子。 「今、4人のパパから...
中山美里 2024-05-21 06:00 エロコク
社会復帰のきっかけに?引きこもり生活から卒業した22歳女性
 今回ご登場いただくのは、超変わり種のパパ活女子でありまして…巣ごもり生活7年。最近になってようやく外に出るようになった...
中山美里 2024-05-14 06:00 エロコク
まるで野菜そのもののバイブは笑っちゃうくらいリアル♡
「らっしゃい! 新鮮な取れたて野菜、そろってるよ~」なんて声が聞こえてきそう。  私は都内に住んでいながら、近所に...
桃子 2024-05-12 06:00 エロコク
日韓カップルが沼るリモートオナニーと疑似SEX…逢えない時も欲情 #5
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合い中」と微笑むのは愛香さん(仮名・35歳フリーライター/独...
蒼井凜花 2024-05-10 06:00 エロコク