20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-09-17 06:00
投稿日:2021-09-17 06:00
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度はH美さんの部屋に訪ねてくるマメな彼――不倫が始まってから1カ月半が経過した。
 彼とのセックスは狂おしいほど甘美で、抱かれるたびに性感が研ぎ澄まされ、女の悦びを謳歌する日々だ。ある日、社内の女性限定Zoom呑み会の際に、彼をこっそり招いて――。待望の最終話。
 前回までの話はこちら→第1回第2回第3回第4回第5回

女性限定Zoom呑み会に彼を…

彼の持ってきたイタリア白ワインで乾杯(写真:iStock)
彼の持ってきたイタリア白ワインで乾杯 (写真:iStock)

――呑み会では、こっそり不倫相手のGさん(45歳・自動車メーカー・妻子アリ)をお呼びした。スリリングな呑み会の内容をお聞かせください。

「はい、女性限定Zoom呑み会のメンバーは、私を入れて計5名。社内の仲間ですから、彼も知った顔です。

 私はデスクにPCを置き、イスに座りました。彼は、私のPC画面に映らないよう、デスク横のソファーに座って、女同士の会話を聞いていましたね。彼の持ってきてくれたイタリアの白ワインで乾杯し、彼もこっそりZoom呑み会に参加という感じです」

――女性限定の呑み会は「女のホンネ」丸出しですから、ある意味ドキドキですね?

「はい、案の定、話題は自然と『恋愛』に流れましたね。

 既婚者の先輩たちは『夫とはセックスレスだから、ラブホに出張ホストを呼んじゃった』とか『既婚者のマッチングアプリに登録したわ。セフレが欲しい』などとけっこう過激な経験を披露し、それにつられて独身の女性も『生活が苦しいからパパ活してる』とか『実は、二股かけているの。ひとりは家柄と経済力はあるけど、セックス偏差値が最悪。アソコも小さいの。もう一人はイケメンの音楽関係なんだけど、本業だけじゃ食べて行けず、深夜の工事現場でバイトしてる』など、あけすけに打ち明けていましたね」

突如飛び出した「略奪婚」という言葉

いつかは妻の座にのしあがれる?(写真:iStock)
いつかは妻の座にのしあがれる? (写真:iStock)

――男性が聞いたら卒倒しそうな内容ですね。

「はい、横目で彼を見ると、ギョッとしていました。女の呑み会って本当に暴露大会ですよね。で、メンバーの一人が私に『H美はどうなの? 遠距離恋愛の彼がいたはずよね』と、話を振ってきたんです。

 私は正直に、『北海道に彼がいるけれど、ほとんど連絡し合わないし、このまま自然消滅かな』と言いました。皆が暴露大会で盛り上がっているのに、私だけはそっけない話で、ちょっと場が白けたでしょうか。

 そのうち、社内の男性陣の話になったんですね。

 一人が、『○○さんのタレ目が好きなんだけど、どう?』と言うと、別の子が『ええー! ねっとりした目つきで、生理的にムリ!』と笑い、他にも『△△さんのぽっちゃり気味なところ、癒されるわー』とか『◇◇さんは、顔はイマイチだけど低音ボイスがめちゃくちゃ好き』あるいは『知ってる? □□部長の奥さんて前妻から奪い取ったのよ。略奪婚なんてスゴいよねー』と、再び大盛りあがりです。

 私は『略奪婚』というキーワードに反応しました。

 もし、Gさんと親密な関係が続けば、いつかは妻の座にのし上がれるかしらと……。

 そうしたら、一人が『Gさんはどう? 長身で塩顔が素敵!』と言い出したんですね。すると、他の女性も『わかるー、メガネが似合って男の色気がある』と褒めちぎりだしたんです。

 彼を見ると苦笑していましたね。

 私は笑顔でうなずくだけにとどめましたが、“やっぱりモテるんだ……。でも、今は私のモノ”と些細な優越感に浸っていました。そして、あいかわらず頭にあるのは『略奪婚』の三文字です」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#3
 不倫相手のマンションに引っ越すことになった派遣OLのE美さん(27)。あまりにもリスキーな不倫だが、目くるめく快楽を知...
蒼井凜花 2021-08-29 21:10 エロコク
元カレでもいい…「リサイクルセックス」に走る女性の心理
 コロナ禍により、男女の出会いの機会が一気に減ったこの頃。あまりの出会いのなさに、元カレや元ダンナと再び関係を持つ女性が...
内藤みか 2021-08-26 06:00 エロコク