「どうせダイエットしても…」の口癖に今度こそサヨナラを

小阪有花 子どもの心スペシャリスト
更新日:2019-03-16 21:51
投稿日:2019-02-17 06:00
3カ月で20キロ減のダイエットに成功(写真:iStock)
3カ月で20キロ減のダイエットに成功 (写真:iStock)

 こんにちは、元グラビアアイドルの小阪有花です。現在33歳の私ですが、芸能界で活動していた20代前半、心のバランスを崩して20キロも激太りした経験があります。当時は大きなニュースにもなったから、ご記憶の方もいるのではないでしょうか?

 二重あごに三段腹、太ももは股ずれを起こし、肌はボロボロ。体が重くて長時間歩けないし、だるくて何もやる気が起きない……。友達の家に行った時、あまりに体が重くて横になっていたら、友達のお母さんから「しゃんとしなさい!」と、お尻をたたかれる始末でした。

 そんな私ですが、その後3カ月で20キロのダイエットに成功しました。25歳の時のことです。そして33歳になった今でも、一度もリバウンドせずに生活できています。

 そうは言っても、ダイエットや体重維持って何かとお金がかかるんでしょう?と思っているあなた!それは違いますよ!

 私は芸能界引退後、現在まで10年近く幼児教育にかかわっていますが、福祉の世界はなかなかお金にはなりません。いつもお財布の中身と相談し、「世知辛い世の中やねぇ〜」なんてボヤきながら生活してきました。

 何を言いたいかといいますと、私は高級エステなどにも行ってませんし、脂肪吸収もしていません。お金はなくても、20キロのダイエットに成功したんです。

 だから、金銭的な理由を言い訳にダイエットから逃げている皆さん、覚悟してください。もう逃げられませんよ!(笑)

ただの「食べないダイエット」はダメ

「食べないダイエット」をしてしまうと・・・(写真:iStock)
「食べないダイエット」をしてしまうと・・・ (写真:iStock)

 ダイエットで怖いのがリバウンドですよね。では、なぜリバウンドをしてしまうのか? 精神的ストレスにより、ストレスホルモンが分泌されるほか、原因はおおよそ2つあります。

 一つは、計画性を持たず、ちゃんとした知識がないまま、誰が書いたかもわからないダイエット記事をネットサーフィンして、その場その場で何となく実践してしまうから。

 二つ目は、知識もなくただの「食べないダイエット」をしてしまうことによって、普段の生活に戻した瞬間、太ってしまうから。

 ダイエットにとって、無知で計画性がないことほど怖いものはないと私は思っています。気合いや根性も時には必要ですが、闇雲にやるのではそれも意味がありません。

 想像してみてください。せっかくダイエットしたのに、リバウンドしてしまった時の自分を。(ああ……あんなに頑張ったのに、以前の体重よりも太ってしまうなんて……)

 そんなの絶対にイヤですよね?

 当コラムでは、今から始められる「小阪流リバウンドしないダイエット術」をお伝えしたいと思っています。

 ダイエット成功後の一時、私は美容アドバイザーとして活動し、いろいろな方にダイエットの知識やアドバイス、成功させる上でのメンタルトレーニングをさせていただきました。

 その後は幼児教育に専念してきましたが、美容アドバイザーの仕事をやめてからも、自分磨きは研究しているので、そちらもどんどん教えちゃいますね。私も知識をおさらいしながら、みなさんと一緒にキレイになれるよう、頑張りたいと思います!

(つづく)

小阪有花
記事一覧
子どもの心スペシャリスト
保育コンサルタント。アイドル時代の旧芸名は小阪由佳。「ミスマガジン2004」グランプリで芸能界デビュー。09年に引退後、保育園の先生を経て現職に。チャイルドカウンセラー、幼児食インストラクター、ベビーシッター、家族療法カウンセラーなどの資格を持つ。
XInstagram

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...