ホスト依存と買い物依存は根っこが同じ…女性たちが貢ぐなぜ

内藤みか 作家
更新日:2019-03-07 17:24
投稿日:2019-03-07 06:00
 ホストに貢いでしまう女性のことが、しばしば話題になります。その時なぜか、ホストは常に悪者扱い。「あんなに貢がせてヒドイ……」などと言われてしまうのです。けれど、当のホストに聞いてみると「俺は特に強制してないのに、向こうがどんどん払うようになった」という声がけっこう多いんです。これはいったいどういうことなのでしょうか!?

悪いのはダマすホスト?

ホストだけが悪いの?(写真:iStock)
ホストだけが悪いの? (写真:iStock)

 私はホストクラブに行くのが趣味です。なぜ趣味と書いてしまうかというと、あちこちのホストクラブを巡り、人間観察をする私のような遊びかたをする女は、どうやら少数派のようだから。ほとんどの女性がホストクラブにハマる理由は「好きなホストができたから」なのです。

「ホストを好きになるなんて、ダマされてる! あっちはお金が目当てで愛情なんかないのに!」と、そこで、多くの人が反応することでしょう。もちろんそういう悪徳ホストもいるとは思います。うまいこと言って惚れさせて、普通の女性をフーゾク嬢にさせ、骨の髄まで搾り取ろうとするのような、そんなヒドい男がひとりもいないとは言えません。けれど、私が見聞きする限り、貢ぎの実態は「ダマされているから」だけではなさそうなんです。

ホス狂いを自称する女性たち

 ホストにハマり、貢ぐ女性たち。自分のことを「ホス狂い」と自嘲気味にそう言う人もいます。彼女たちは、まさに身を削って日夜働いています。限界まで働き、その稼ぎのほとんどを持って、ホストクラブにやってくるのです。その理由は「指名ホストをナンバーワンにするため」というのももちろんありますが、それだけではここまで頑張れません。

 ホストクラブの中にはエース争いというものがあります。指名ホストがナンバーワンになるために争っているのと同様に、そのホストの客同士はエース(最も貢いだ女性のこと)争いをしているのです。ホストクラブの中では払ったお金こそが愛の証。なので「私が一番愛しているのよ!」と無理してしまうんです。でも、エース争いも理由にはなりません。

消費欲求というもの

ギリギリに追い詰められた時に“生きてる”って実感する・・・(写真:iStock)
ギリギリに追い詰められた時に“生きてる”って実感する・・・ (写真:iStock)

 ホストたちに聞くと「お客さんが自分からお金を使い始めた」というパターンが結構多いことに気づかされます。特にお願いしていないのに、みずから「使わせてほしい」と高いボトルを入れるようになるのだとか。やがてはカードを限度額まで使い、支払いに行き詰まるようになるのだとか。これは買い物依存とほとんど変わらない現象です。買い物依存もストレスでお金を使いまくり、やがては支払いに行き詰まるわけですから。

 買い物依存とホスト依存は、支払いがモノかホストかだけの違いで、どちらも消費に依存していることは変わりないと私は思っています。根っこにはお金を使ってしまいたい、という強い衝動がどちらにもあるのです。違うのは、買い物だと部屋に買ったモノが残りますが、ホストの場合、お酒になってしまうので何も残らないというところ。

ギリギリが生きている実感

 私はホストに膨大な額を支払い続けている彼女たちと話をすることもあります。そのなかのひとりが「必死に働いている時、生きているんだなって感じる」と、印象的なことを言っていました。以前、リストカットを経験した女性に話を聞いた時も「傷の痛みを感じた時、生きていると感じた」というようなことを言っていました。

 ギリギリに追い詰められた時、人はなにかアドレナリンのようなものを出すのかもしれません。支払い依存の人はそれが病みつきとなり、日々支払いに追われるというギリギリの暮らしを続けているのかもしれないのです。支払い依存気味の人にとってホストクラブはお金をいっぱい使うことができる貴重な場所なので、みずからせっせと使い始めるのでしょう。なのでホストに貢いでいる女性がいたとしても、それが100%ホストにダマされているわけではない、ということは、多くの人に知っていただきたいなと思っています。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


ホステスも愛人も両立させなきゃ! 四十路熟女のマル秘テク
 今回ご登場いただいたのは東京は江東区の下町、亀戸のスナックでホステスをしている彩花さん。彼女、お店の常連さん数人を相手...
中山美里 2022-11-29 06:00 エロコク
かわいいだけじゃない!挿入すると自然と膣のお腹側も刺激♡
 野菜やフルーツにエロチックな妄想を刺激されるのは世界で広く見られる現象ですが、お国柄もあるようですね。アメリカではナス...
桃子 2022-11-27 06:00 エロコク
月のお手当30万円のはずが…ヤリ逃げされた31歳主婦の後悔
 今年もあとわずか。年末年始は還付金詐欺が増えるそうなので「医療費控除を払い戻す」なんて甘言にご注意いただきたいものです...
中山美里 2022-11-22 06:00 エロコク
挿入しながらクリ刺激OK!ペニスリングとしても優秀
 数え切れないほどのラブグッズを試してきた私ですが、いまだに飽きることはありません。それは年に数度はアッと驚くようなグッ...
桃子 2022-11-20 06:00 エロコク
足先を終始舐められ…ドM美青年のペニス欲しがり同時イキ #4
 かつて六本木の高級クラブでホステスとして働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。クールビューティを体現するかのよう...
蒼井凜花 2022-11-18 06:00 エロコク
“デキちゃった婚”の巨乳人妻が援助額より重要視しているコト
 今回お話を聞かせてくれたのは東京・豊島区在住の人妻で、巨乳が魅力的な小百合さん。  彼女には8歳になる息子さんが...
中山美里 2022-11-15 06:00 エロコク
吸引+舌の衝撃!ピンクの舌が敏感な部分を力強く舐め上げる
「SU-SHITA-吸う舌-」=「吸う舌」。疑似オーラルセックスを多角的に楽しめるグッズが登場しました。「吸う」といえば...
桃子 2022-11-13 06:00 エロコク
「勃起させてすみません!」顔面騎乗で詫びる20歳下M男 #3
 かつて六本木の高級クラブのホステスだったP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  ロングヘアのクール美人の彼女には、...
蒼井凜花 2022-11-19 02:18 エロコク
パパにするなら50代独身男性! 20歳の学生がハマった愛人沼
 男女の「生涯未婚率」(調査年に50歳である男女のうち結婚歴がない人の割合)は、40年以上にわたり、男女ともに右肩上がり...
中山美里 2022-11-08 06:00 エロコク
コスパ最高! 吸われて敏感になったところを先端から刺激♡
 物価高に悩まされる日が続いています。なんでもかんでも値上がりするご時世では、ラブグッズを買うにも“お得感”を求めるのは...
桃子 2022-11-06 06:00 エロコク
「僕の股間をいたぶって」20歳下ドM男のペニスを爪先で…#2
 かつて六本木の高級クラブで働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  彼女はクラブ時代の仲間と定期的に行われ...
蒼井凜花 2022-11-11 17:42 エロコク
「閉経前に女を楽しみたい」バツ1美魔女がプチ愛人になった
 超高齢社会の日本ですが、いつの時代も変わらないのが「いくつになっても女でいたい」という女心です。  現在、愛人を...
中山美里 2022-11-01 06:00 エロコク
人気の「し」の字形バイブ、“指振愛撫”でGスポットを刺激♡
 お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、2週連続で「し」の字形バイブの紹介です。それだけ、いま市場ではこのタイプが...
桃子 2022-10-30 06:00 エロコク
実の娘と“親子丼”!? 41歳バツ1女性が愛人とお別れしたワケ
 読者のみなさんは親子丼はお好きですか? だしの染みた軟らかい鶏肉とトロ~リとした卵をご飯と一緒に口の中に……って、そっ...
中山美里 2022-10-25 06:00 エロコク
挿入&クリ刺激も心地いい「し」の字型♡フィット感もgood!
 今年一番のトレンドともいえる「し」の字形バイブ。挿入しながら、クリトリスにも何らかの刺激を与えるハイブリッドタイプの勢...
桃子 2022-10-23 06:00 エロコク
愛人業界の新潮流? 私、3人の男性にシェアされてます♡
 車や自転車のレンタルに始まり、ベビーシッター、衣服、畑にお金、はたまた医者まで……。近年は、物や空間、時間、スキルとい...
中山美里 2022-10-18 06:00 エロコク