ホスト依存と買い物依存は根っこが同じ…女性たちが貢ぐなぜ

内藤みか 作家
更新日:2019-03-07 17:24
投稿日:2019-03-07 06:00
 ホストに貢いでしまう女性のことが、しばしば話題になります。その時なぜか、ホストは常に悪者扱い。「あんなに貢がせてヒドイ……」などと言われてしまうのです。けれど、当のホストに聞いてみると「俺は特に強制してないのに、向こうがどんどん払うようになった」という声がけっこう多いんです。これはいったいどういうことなのでしょうか!?

悪いのはダマすホスト?

ホストだけが悪いの?(写真:iStock)
ホストだけが悪いの? (写真:iStock)

 私はホストクラブに行くのが趣味です。なぜ趣味と書いてしまうかというと、あちこちのホストクラブを巡り、人間観察をする私のような遊びかたをする女は、どうやら少数派のようだから。ほとんどの女性がホストクラブにハマる理由は「好きなホストができたから」なのです。

「ホストを好きになるなんて、ダマされてる! あっちはお金が目当てで愛情なんかないのに!」と、そこで、多くの人が反応することでしょう。もちろんそういう悪徳ホストもいるとは思います。うまいこと言って惚れさせて、普通の女性をフーゾク嬢にさせ、骨の髄まで搾り取ろうとするのような、そんなヒドい男がひとりもいないとは言えません。けれど、私が見聞きする限り、貢ぎの実態は「ダマされているから」だけではなさそうなんです。

ホス狂いを自称する女性たち

 ホストにハマり、貢ぐ女性たち。自分のことを「ホス狂い」と自嘲気味にそう言う人もいます。彼女たちは、まさに身を削って日夜働いています。限界まで働き、その稼ぎのほとんどを持って、ホストクラブにやってくるのです。その理由は「指名ホストをナンバーワンにするため」というのももちろんありますが、それだけではここまで頑張れません。

 ホストクラブの中にはエース争いというものがあります。指名ホストがナンバーワンになるために争っているのと同様に、そのホストの客同士はエース(最も貢いだ女性のこと)争いをしているのです。ホストクラブの中では払ったお金こそが愛の証。なので「私が一番愛しているのよ!」と無理してしまうんです。でも、エース争いも理由にはなりません。

消費欲求というもの

ギリギリに追い詰められた時に“生きてる”って実感する・・・(写真:iStock)
ギリギリに追い詰められた時に“生きてる”って実感する・・・ (写真:iStock)

 ホストたちに聞くと「お客さんが自分からお金を使い始めた」というパターンが結構多いことに気づかされます。特にお願いしていないのに、みずから「使わせてほしい」と高いボトルを入れるようになるのだとか。やがてはカードを限度額まで使い、支払いに行き詰まるようになるのだとか。これは買い物依存とほとんど変わらない現象です。買い物依存もストレスでお金を使いまくり、やがては支払いに行き詰まるわけですから。

 買い物依存とホスト依存は、支払いがモノかホストかだけの違いで、どちらも消費に依存していることは変わりないと私は思っています。根っこにはお金を使ってしまいたい、という強い衝動がどちらにもあるのです。違うのは、買い物だと部屋に買ったモノが残りますが、ホストの場合、お酒になってしまうので何も残らないというところ。

ギリギリが生きている実感

 私はホストに膨大な額を支払い続けている彼女たちと話をすることもあります。そのなかのひとりが「必死に働いている時、生きているんだなって感じる」と、印象的なことを言っていました。以前、リストカットを経験した女性に話を聞いた時も「傷の痛みを感じた時、生きていると感じた」というようなことを言っていました。

 ギリギリに追い詰められた時、人はなにかアドレナリンのようなものを出すのかもしれません。支払い依存の人はそれが病みつきとなり、日々支払いに追われるというギリギリの暮らしを続けているのかもしれないのです。支払い依存気味の人にとってホストクラブはお金をいっぱい使うことができる貴重な場所なので、みずからせっせと使い始めるのでしょう。なのでホストに貢いでいる女性がいたとしても、それが100%ホストにダマされているわけではない、ということは、多くの人に知っていただきたいなと思っています。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#4
 Wさん(46歳・外資系IT)の体にまたがった奥さんは、「もう我慢できない」と猛り立つ勃起を握り、自身の女陰に導いた。人...
蒼井凜花 2021-07-23 06:17 エロコク
小型でも振動が重く細やかで上質!クリに当てると恥骨まで♡
 電マは大きいし振動が強すぎるし、ちょっと怖い……というみなさんに朗報です。全長9センチ、重さ40グラムの超小型電マ「パ...
桃子 2021-07-18 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#3
 いよいよ「夫婦交換のセックス」が始まった。Wさん(46歳・外資系IT)は、相手の奥さんに誘(いざな)われるまま、ベッド...
蒼井凜花 2021-07-16 06:00 エロコク
敏感部分を押しながらこする…今まで経験したことがない愛撫
 話題のブランド「ローラディカルロ」の中でも、挿入部と吸引部が一体化した「オセ2」は、最も上級者向けのモデルです。 ...
桃子 2021-07-11 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#2
 皆さんは「夫婦交換」という言葉を耳にしたことはあるだろうか。  外資系IT企業に勤めるWさん(46歳・妻子アリ)は、...
蒼井凜花 2021-07-09 06:06 エロコク
5WAYのスティック型ローラーで、確実にエクスタシーを提供
「ザロ」ブランドは、以前はロココ調の愛らしい系、現在は大人っぽいエレガント系と、唯一無二の世界観で人気です。ひと目惚れで...
桃子 2021-07-04 06:00 エロコク
細身でも滑らかな動きで威力十分♡挿入タイプ初心者にも
 ラブグッズを愛する私ですが、指で楽しむときもあります。原点に返る気分。グッズは振動や吸引といった、人体では不可能な動き...
桃子 2021-06-27 06:00 エロコク
“秒でいく”は本当?女性向けラブグッズ「マイメアリープラス」の口コミレビュー♡ひとりにもカップルにもおすすめな理由
 あなたは、ラブグッズを持っていますか? 「彼と試した経験がある!」という人は多そうですが、自分で購入するとなるとハード...
ラブグッズはセックスレスに効果的!男性の意外な本音とは
 セクシュアルコンタクトが1か月以上ないことをセックスレスと呼びます。こうなると男性は「女性はしたい日としたくない日の差...
神田つばき [PR] 2021-06-25 16:00 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に…#5
 既婚者合コンで知り合った男性・Aさん(48歳・銀行マン)との逢瀬を続けていたウォーキング講師のI子さん(42歳)。 ...
蒼井凜花 2021-06-25 16:16 エロコク
いろんなプレーに応用可能!男女どちらの愛撫にも使える♡
 ラブグッズを購入する際、無視できないのがコストです。コロナ禍になって以降、通販での購入も増えていて、実際に手に取って質...
桃子 2021-06-20 06:00 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に…#4
 既婚者合コンで知り合った男性AさんとホテルでベッドインしたI子さん(42歳・ウォーキング講師)は、彼の練達した指づかい...
蒼井凜花 2021-06-18 06:00 エロコク
クリ刺激派へ!指での刺激が楽しくなる植物由来の興奮ジェル
 ここのところ、クリトリス刺激グッズがアツいと感じています。多様化&細分化で商品が増えているからではありますが、巣ごもり...
桃子 2021-06-13 06:13 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に……#3
 既婚者合コンで出会ったAさん(48歳・銀行マン)と、ついにベッドインしてしまったI美さん(42歳・ウォーキング講師)は...
蒼井凜花 2021-06-11 06:00 エロコク
レズビアンでありながら男性の恋人も…辿り着いた性の極致
 レズビアンでありながら、男性客を相手とする性風俗業に飛び込み、やがてSMに目覚めたという慧梨香さん(45歳、セラピスト...
大泉りか 2021-06-09 06:00 エロコク
まずは吸引刺激でクリイキ! 次にバイブ挿入で快感倍増♡
 落ち着いた藤色が大人っぽい「サティスファイヤー デュアルプレジャー」。  クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上...
桃子 2021-06-06 06:00 エロコク