ホスト依存と買い物依存は根っこが同じ…女性たちが貢ぐなぜ

内藤みか 作家
更新日:2019-03-07 17:24
投稿日:2019-03-07 06:00
 ホストに貢いでしまう女性のことが、しばしば話題になります。その時なぜか、ホストは常に悪者扱い。「あんなに貢がせてヒドイ……」などと言われてしまうのです。けれど、当のホストに聞いてみると「俺は特に強制してないのに、向こうがどんどん払うようになった」という声がけっこう多いんです。これはいったいどういうことなのでしょうか!?

悪いのはダマすホスト?

ホストだけが悪いの?(写真:iStock)
ホストだけが悪いの? (写真:iStock)

 私はホストクラブに行くのが趣味です。なぜ趣味と書いてしまうかというと、あちこちのホストクラブを巡り、人間観察をする私のような遊びかたをする女は、どうやら少数派のようだから。ほとんどの女性がホストクラブにハマる理由は「好きなホストができたから」なのです。

「ホストを好きになるなんて、ダマされてる! あっちはお金が目当てで愛情なんかないのに!」と、そこで、多くの人が反応することでしょう。もちろんそういう悪徳ホストもいるとは思います。うまいこと言って惚れさせて、普通の女性をフーゾク嬢にさせ、骨の髄まで搾り取ろうとするのような、そんなヒドい男がひとりもいないとは言えません。けれど、私が見聞きする限り、貢ぎの実態は「ダマされているから」だけではなさそうなんです。

ホス狂いを自称する女性たち

 ホストにハマり、貢ぐ女性たち。自分のことを「ホス狂い」と自嘲気味にそう言う人もいます。彼女たちは、まさに身を削って日夜働いています。限界まで働き、その稼ぎのほとんどを持って、ホストクラブにやってくるのです。その理由は「指名ホストをナンバーワンにするため」というのももちろんありますが、それだけではここまで頑張れません。

 ホストクラブの中にはエース争いというものがあります。指名ホストがナンバーワンになるために争っているのと同様に、そのホストの客同士はエース(最も貢いだ女性のこと)争いをしているのです。ホストクラブの中では払ったお金こそが愛の証。なので「私が一番愛しているのよ!」と無理してしまうんです。でも、エース争いも理由にはなりません。

消費欲求というもの

ギリギリに追い詰められた時に“生きてる”って実感する・・・(写真:iStock)
ギリギリに追い詰められた時に“生きてる”って実感する・・・ (写真:iStock)

 ホストたちに聞くと「お客さんが自分からお金を使い始めた」というパターンが結構多いことに気づかされます。特にお願いしていないのに、みずから「使わせてほしい」と高いボトルを入れるようになるのだとか。やがてはカードを限度額まで使い、支払いに行き詰まるようになるのだとか。これは買い物依存とほとんど変わらない現象です。買い物依存もストレスでお金を使いまくり、やがては支払いに行き詰まるわけですから。

 買い物依存とホスト依存は、支払いがモノかホストかだけの違いで、どちらも消費に依存していることは変わりないと私は思っています。根っこにはお金を使ってしまいたい、という強い衝動がどちらにもあるのです。違うのは、買い物だと部屋に買ったモノが残りますが、ホストの場合、お酒になってしまうので何も残らないというところ。

ギリギリが生きている実感

 私はホストに膨大な額を支払い続けている彼女たちと話をすることもあります。そのなかのひとりが「必死に働いている時、生きているんだなって感じる」と、印象的なことを言っていました。以前、リストカットを経験した女性に話を聞いた時も「傷の痛みを感じた時、生きていると感じた」というようなことを言っていました。

 ギリギリに追い詰められた時、人はなにかアドレナリンのようなものを出すのかもしれません。支払い依存の人はそれが病みつきとなり、日々支払いに追われるというギリギリの暮らしを続けているのかもしれないのです。支払い依存気味の人にとってホストクラブはお金をいっぱい使うことができる貴重な場所なので、みずからせっせと使い始めるのでしょう。なのでホストに貢いでいる女性がいたとしても、それが100%ホストにダマされているわけではない、ということは、多くの人に知っていただきたいなと思っています。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク