引退したホストたちはどこで何をしていると思いますか?

内藤みか 作家
更新日:2019-09-14 05:59
投稿日:2019-02-24 06:00
 ホストクラブのホストは、いつまでもホストを続けているわけではありません。最近は30代のホストも増えてきましたが、多くは20代のうちに引退してしまいます。ナンバーワンホストが電撃引退することもあれば、誰からも指名されないまま淋しく去っていくホストもいますが、彼らは第二の人生としてどんな道を選択しているのでしょうか。

なぜ退店するの?

夜の世界に別れを告げて(写真:iStock)
夜の世界に別れを告げて (写真:iStock)

 私は1999年に「ノストラダムスの予言が的中して世界が滅びるのなら、その前にホストクラブに行っておきたい!」と思い切って足を踏み込み、世界が滅びなかったのでそのまま遊び続けています。ホストクラブ通い歴が20年にもなるので、退店していくホストを大勢見てきました。あくまで私が見聞きした事例ではありますが、それを書いてみます。

 彼らの引退理由は、人によって理由はさまざまです。「目標金額を達成したから」と潔くナンバーワンのまま引退し、都内にマンションを購入した強者もいれば、お酒の飲み過ぎで体を壊して辞めていく人もいますし、好きな女性が出来て、彼女がホストをやめてほしいというので退店を決めた人もいました。

華々しさの行く先

 引退後、彼らはどんなことをするのかというと、それもまた人それぞれです。自分で会社を興し、事業を始める人もいます。内容もエステなどの美容関連だったり、ファッションブランドを立ち上げることもあれば、バーや飲食店を始める人もいます。見ていて賢いなと思うのは、今まで属していたホストクラブの関連業種を始める人が多いのです。

 バーや飲食店は、ホストクラブの近くにオープンすれば、同伴やアフターなどで寄ってもらえるでしょうし、エステで彼らを脱毛することもあるでしょう。今まで慣れ親しんでいた業種だからこそ、どういうところにニーズがあるのかもわかるし、仕事しやすいのでしょう。もちろん、ホストクラブの経営者や幹部となり、裏方に徹することにした人もいます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「稼ぐ派vs節約派」の主張 どっちの方がお金が貯めやすい?
 あともう少し、自由に使えるお金がほしいと思った時、あなたは「稼ぐ派」ですか?「節約派」ですか? 今回はそれぞれの意見を...
12月5日~12月11日 あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
青空猫集会に突撃!サービス満点“たまたま”の完璧ポージング
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
40代、人生変えたい!10年後が想像できた気になってませんか
 若い頃は、何をするにも希望や夢を抱いていたものです。が、年齢を重ねるごとに現実を知り 、人生に諦めを感じはじめていつの...
渦中のロイホ「パンケーキ」を“公式推奨”で食べてきた結果は
 ファミリーレストランチェーン「ロイヤルホスト」のパンケーキがにわかに注目を集めています。きっかけは人気バラエティー「ジ...
鼻チューまで! 甘えん坊“たまたま”のストレートな愛情表現
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「ナンキンハゼ」知ってる? 白い実×♡の葉で“ずるかわいい”
 本格的な寒さを迎え、楽しいイベントが目白押しで心が躍る気分でございます。加えて、通勤途中、車窓から眺める公園や道路脇に...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【12月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
おばあちゃんになっても恋したい? 2022.11.30(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...