引退したホストたちはどこで何をしていると思いますか?

内藤みか 作家
更新日:2019-04-21 10:36
投稿日:2019-02-24 06:00
 ホストクラブのホストは、いつまでもホストを続けているわけではありません。最近は30代のホストも増えてきましたが、多くは20代のうちに引退してしまいます。ナンバーワンホストが電撃引退することもあれば、誰からも指名されないまま淋しく去っていくホストもいますが、彼らは第二の人生としてどんな道を選択しているのでしょうか。

なぜ退店するの?

夜の世界に別れを告げて(写真:iStock)
夜の世界に別れを告げて (写真:iStock)

 私は1999年に「ノストラダムスの予言が的中して世界が滅びるのなら、その前にホストクラブに行っておきたい!」と思い切って足を踏み込み、世界が滅びなかったのでそのまま遊び続けています。ホストクラブ通い歴が20年にもなるので、退店していくホストを大勢見てきました。あくまで私が見聞きした事例ではありますが、それを書いてみます。

 彼らの引退理由は、人によって理由はさまざまです。「目標金額を達成したから」と潔くナンバーワンのまま引退し、都内にマンションを購入した強者もいれば、お酒の飲み過ぎで体を壊して辞めていく人もいますし、好きな女性が出来て、彼女がホストをやめてほしいというので退店を決めた人もいました。

華々しさの行く先

 引退後、彼らはどんなことをするのかというと、それもまた人それぞれです。自分で会社を興し、事業を始める人もいます。内容もエステなどの美容関連だったり、ファッションブランドを立ち上げることもあれば、バーや飲食店を始める人もいます。見ていて賢いなと思うのは、今まで属していたホストクラブの関連業種を始める人が多いのです。

 バーや飲食店は、ホストクラブの近くにオープンすれば、同伴やアフターなどで寄ってもらえるでしょうし、エステで彼らを脱毛することもあるでしょう。今まで慣れ親しんでいた業種だからこそ、どういうところにニーズがあるのかもわかるし、仕事しやすいのでしょう。もちろん、ホストクラブの経営者や幹部となり、裏方に徹することにした人もいます。

夢を追いかけるために

 ホストは人気が出れば、短期間で大金を稼ぐことができる職業です。そのためホストになった理由が「起業したいから」という人も、最近は少なくありません。その場合は、目標金額が溜まれば、夢を実現するために退店するでしょう。彼らが本当にやりたいことは他にあるからです。

 以前、親の事業を継ぐことになり、実家に戻ったホストがいました。父親が体調を崩したそうで、彼はどこか浮かない顔で、できれば東京にずっといたい、と言っていました。その後、飛行機で行くしかないような遠い実家から何度かメールが来て「僕のことを忘れないで」とアピールしていたのですが、次第にそのメールの頻度は減り、やがて来なくなってしまいました。故郷で元気でやっているといいなと思っています。

彼らはいつかはやめてしまう

 なかには現役ホストでいるのが楽しいからと、ずっと現役でい続ける人もいますが、それはかなりの少数派。多くの人は一時的にホストをして稼いでいる、という意識なのかもしれません。ということは、ホストクラブでお気に入りのホストができたとしても、いつか急に辞めてしまうかもしれないということです。そう考えると、お気に入りホストと一緒にお酒を飲める時間を、大切にしたくなっちゃいますね。

 そういえば、何年か前、マスコミ系のパーティーで元ホストに「お久しぶりです」と声をかけられたことがありました。意外なところで遭遇してびっくりしたのですが「実はあの時は現役大学生で、その後就職活動して広告代理店に入りました」というのです。元ホストは時々、思いがけないところにいます。私は、主婦友達に「実は私、昔、ホステスやってたんだ」と打ち明けられたことが何度もありますが、彼女たちのように、社会にそっと溶け込んでいる元ホストも、今後さらに増えていく気がしています。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM