“同い年婚”で後悔する5つの理由&うまくいかせるポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-03-08 06:00
投稿日:2022-03-08 06:00
「同じ年だから」と気が合い、交際、結婚に発展するカップルは少なくありません。同じ年となれば、育ってきた環境も似ているため、分かり合えることも多いでしょう。
 しかし実は、結婚後に後悔する人も多いようなんです。そこで今回は、同い年婚で後悔してしまう理由や、うまくいかせるコツをご紹介します。

「同い年婚」で後悔してしまうのはなぜ? 5つの理由

同じ年だからこそうまくいかない!?(写真:iStock)
同じ年だからこそうまくいかない!? (写真:iStock)

 同い年婚で後悔する人の多くは、同じ年だからこその理由があります。まずは、その理由をチェックしてみましょう。

1. 喧嘩になると引けない

 同じ年となると、学生時代に流行った曲や漫画など、なにかと共通点が多いです。「この人とは分かり合える!」と、交際から結婚までスムーズにいったかもしれません。

 しかし、同じ年だからこそ、喧嘩になるとどちらも譲らず、長引くケースが多いです。年の差があれば、どちらかが引けば仲直りできますが、同じ年となるとそれができません。

2. 収入面で差が出たら対等でいられない

 一般的には、恋人から夫婦になっても対等な関係でいることが、お互いにとって心地良い関係なのではないでしょうか。

 しかし、結婚後、夫婦で収入差が出てしまうと、同い年ゆえに対等でいられなくなる夫婦がほとんどです。収入格差により、肩身が狭い思いをする人もいるでしょう。

3. マウントを取ろうとする

 そもそも、夫婦でどちらが上かなんて考える必要も決める必要もありません。しかし、同い年婚となると、相手が同じ年齢ゆえに競い合おうとする傾向があります。

 その結果、マウントを取り合い、関係性が崩れてしまう夫婦も……。女性が主導権を握ることで、プライドを傷つけられた男性が去るケースもあります。

4. 友達と比べてしまう

 同い年婚=お互いの友達も同じ年の人が多いということ。中には、お互いの友達と家族ぐるみの付き合いをしている人も多いでしょう。

 そんな夫婦の場合、「◯◯ちゃんは、同じ年なのに若々しいよね」「◯◯くんは、立派な会社に勤めてるよね」なんて、お互いの友達と比べてしまいがち。これがもとで、喧嘩になってしまうケースもあるでしょう。

5. 新鮮味がなくなり、友達感覚が強くなる

 同じ年の相手とは話も合い、価値観も近いため、出会ってから距離が縮まるまでの時間は短いでしょう。

 しかし、結婚後は異性としての感覚がなくなり、新鮮味がなくなってしまうリスクも大きいようです。その結果、早い段階で友達感覚が強くなってしまい、別れを選ぶ夫婦も少なくありません。

「同い年婚」をうまくいかせる3つのポイント

張り合おうとするのはNG(写真:iStock)
張り合おうとするのはNG (写真:iStock)

 同い年婚は同じ年だからこその苦労もありますが、必ずしもうまくいかないわけではありません。ちょっとしたポイントを掴めば、良い関係が維持できるはずですよ。

1. 張り合おうとしない

 同い年婚をうまくいかせるためには、なにより相手に張り合おうとしない“心の余裕”が必要です。ついつい同じ年だと「負けたくない」と思ってしまうかもしれませんが、そこはあなたが大人になって、グッとこらえましょう。

2. 精神年齢は違うと考える

 相手も同じ年となると「同じ年なのだから、これくらい分かるでしょう!」と、イライラしてしまう時もあるはず。でも、年齢はあくまでも生きてきた年数であり、精神年齢とは異なります。「精神年齢は私が上」と考えると、楽になるかもしれませんよ。

3. スキンシップを続けて異性としての感情をキープする

 同い年婚はどうしても友達感覚が強くなってしまい、相手を異性として見られなくなってしまうケースが少なくありません。それを回避するためには、継続的なスキンシップが不可欠! 異性としての意識をお互いに持っていれば、倦怠期も怖くありませんよ。

同い年婚でも大丈夫! お互いに思いやりを持って♡

思いやりが一番大事!(写真:iStock)
思いやりが一番大事! (写真:iStock)

 同い年婚というと、一見「価値観も近いだろうから、うまくいきそう」と思う人が多いでしょう。しかし、実際には同じ年であろうと、お互いの思いやりがなければ夫婦生活はうまくいきません。同い年婚をして悩んでいる人に、この記事が参考になれば幸いです!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ