恋愛勝者のコロナ禍“マル秘”戦略♡ 今なら2Sに持ち込める!?

内藤みか 作家
更新日:2022-03-03 06:00
投稿日:2022-03-03 06:00
 コロナ禍でなかなか出会いがないと嘆く女性たちの中で、着々と関係を発展させている女性もいます。彼女らの手法は「ツーショットに持ち込んで一気に仲良くなる」こと。いったいどのようなアプローチをしているのでしょうか。

身近な出会いを見逃さない

「出会いがない」なんて諦めちゃダメ(写真:iStock)
「出会いがない」なんて諦めちゃダメ (写真:iStock)

 出会いがないのでアプリしかない、とマッチングアプリに女性が大勢向かっています。もちろんアプリでも出会いがあり、結婚を決めたカップルもいます。

 けれど、コロナ禍でも恋愛を発展させている女性たちは「アプリじゃなくても出会いはある」と言います。

 まず、彼女たちは自分の身の回りを注意深く観察しています。出会いがないと言うけれど、よくよく見回せば、結構いい男性はいるのだとか。実際、彼女らが見つけ出してきたのは、同じ会社の別フロアに勤める男性だったり、出入りの業者だったり、自宅近くのお店のスタッフだったりするのです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

コロナ禍だからこそ身近に

近場だから会いやすい♡(写真:iStock)
近場だから会いやすい♡ (写真:iStock)

 マッチングアプリには大勢の異性がいるため、素敵だなと思った男性とマッチングできる場合もあります。けれど、多くの女性が相手と距離が離れていることに悩んでいます。例えば同じ東京であっても、西と東である場合、電車を乗り継いで1時間以上かかる場合もあるのです。

 あまりに遠いと、感染症が流行している時である場合、お互いに躊躇してしまい、なかなかデートにまでこぎつけられません。けれど、たとえば会社周辺や自宅近くであるのなら、自分の行動範囲の中にその男性もいるわけなので、近場であれば会う機会を作りやすいのです。                           

最初からツーショットで

いきなりツーショットに持ち込める今がチャンス!(写真:iStock)
いきなりツーショットに持ち込める今がチャンス! (写真:iStock)

 マッチングアプリで知り合った人とは、最初からツーショットで会うのが普通です。それと同じように、身近な場所で知り合った男性とも、「最初からふたりきりで会うほうがいい」と進展した女性たちは口を揃えます。

 たとえば会社の同僚の男性の場合、コロナ禍以前は、社員が集まる飲み会やイベントなどで顔を合わせて親しくなるというグループ交際のような状態から始まっていました。けれどコロナ禍で大勢が集まることが難しくなった今、いきなりツーショットに持ち込むことができるので、「むしろ今は、チャンス」だと言うのです。

   

まずは連絡先を伝える

手紙は意外とうれしいもの(写真:iStock)
手紙は意外とうれしいもの (写真:iStock)

 会社の出入り業者の男性と見事、お付き合いすることになった女性は、まずは彼に手紙を渡すことから始めました。そこには「好き」などとは書いていません。「いつもお疲れ様です」というような当たり障りのないことと、ここが大事なのですが、LINEのアカウントを添えていたそうです。

 すると彼からはその日のうちに連絡が来て、やり取りしているうちに食事に行きましょうということになりました。コロナ禍で人と人とのつながりが薄くなっていたからこそ、彼は手紙をとても喜んでくれたのです。先に連絡先を相手に伝えていたからこそ、やり取りも簡単に始めることができました。

もっと話したいと伝える

とにかく褒めて心を開かせる(写真:iStock)
とにかく褒めて心を開かせる (写真:iStock)

 会社の同僚の男性と交際することになった女性は、まずは挨拶する仲になり、その後は「とにかく彼を褒めた」と言います。褒めることはネクタイの柄でも仕事の成果でもなんでもよくて、相手に「この人は自分をよく見ていてくれるようだ」「僕を応援してくれているようだ」などと感じてもらうことが目的だったと言います。

 そして彼が次第に心を開き、会話も弾むようになってから、趣味や、よく行く店を聞き出すのです。彼の話を聞いて「私も興味ある!」「私もそのお店行ってみたい!」と、素直な気持ちを彼に伝えてみるのです。

 さらには「その映画について語りましょう!」などと、お話ししたいという意志を伝えるとすんなりOKをもらえたそうです。

 大切なのは、身近でいい人がいないか隅から隅まで探してみることと、彼に連絡先を伝えること、そして相手をさまざまなバリエーションで褒め続けることのようです。

 いいなと思う人が身近に現れた時は、自分から勇気を出して一歩を踏み出すことが、交際につながる素敵なキッカケになるのです。

「ただ待っているだけでは何も始まらない」と成功した女性たちはそう言い切っていました。 

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ