男性も出会い系で騙される!気の毒な体験談3つと共通点

内藤みか 作家
更新日:2022-02-03 06:00
投稿日:2022-02-03 06:00
 最近、SNSで知り合った人に暴行を受けたり、お金を騙し取られる女性のニュースが後を絶ちません。けれど、見ず知らずの人と関わることの怖さを味わっているのは女性ばかりではありません。実は男性も苦い経験をしているものなのです。

結婚に引っかかる女性

後を絶たないロマンス詐欺(写真:iStock)
後を絶たないロマンス詐欺 (写真:iStock)

 SNSで知り合った外国人男性を信じ、彼が出国するためのお金を送ってしまう、そんなロマンス詐欺に遭う女性がいます。会ったこともない男性になぜ大金を? と驚いてしまいますが、送金した本人は真剣そのもの。結婚したいと言ってくれた彼を信じ切っているのです。

 こうしたロマンス詐欺の被害者は40代や50代が多いと聞いたことがあります。結婚のタイミングを逃し、もう自分は孤独なまま老いていくのだとあきらめかけた時に、SNSで知らない外国人男性に「ひとめぼれした」と熱くアプローチされ、これが最後の恋と盛り上がるほどに盲信しいるため、彼を助けたい、とお金を出してしまうのです。

うまい話に引っかかる男性

目先の「おいしい思い」にだまされる?(写真:iStock)
目先の「おいしい思い」にだまされる? (写真:iStock)

 男性の場合も、女性に「奨学金の返済がある」などと言われてお金を巻き上げられることがあります。年齢を重ね、心細くなっているところに降ってくるスイートな言葉は、人のお財布の紐をゆるゆるにしてしまうものなのでしょうか。

 また、儲け話に乗って痛い目に遭うということがあります。女性は恋愛感情を大事にする人が多いため、愛情を感じた相手にお金を出してしまいがちですが、男性はおいしい思いができると感じた相手にお金を投じたくなるのかもしれません。

雰囲気のいいバーと思ったら

ぼったくりバーに連れていかれることも…(写真:iStock)
ぼったくりバーに連れていかれることも… (写真:iStock)

「ちょっといい投資先がある。何倍ものリターンがある」などと言われてその気になってしまい、お金を失ってしまった、という男性がいます。

 これは一種のギャンブル感覚なのかもしれませんが、SNSで知り合った、本名も住所も知らない相手に支払うのはとてもリスキーですが、儲け話にテンションが高くなり、周囲が見えなくなってしまうのでしょうか。

 また、SNSで知り合った女性とデートして「私、いいバーを知っているの」と連れて行かれた先がぼったくりバーだったという話もあります。「私は不動産の営業をしているのでマンションを買ってほしい」と持ちかけられ、二人の愛の巣にするためにと買ってしまった人もいます。男性のお金もかなり狙われているのです。

お小遣いをもらえるはずが

どうして信じてしまったの?(写真:iStock)
どうして信じてしまったの? (写真:iStock)

 パパ活の逆バージョンであるママ活をするつもりが、逆にお金を払うハメになったというケースもあります。デートしてくれたらお金を払うと言われ、地方からはるばる東京に会いに行った男性が、不愉快なことをしたから罰金ね、などと言われ、あの手この手で逆にお金をむしり取られ、帰りの電車賃にも困ったということもあるのです。

 東京にはイケメンが大勢いるのだから、わざわざ地方の男性を交通費まで出して呼び寄せるような女性はめったにいないでしょう。それなのに会ったら精算するという言葉を信じ、自腹を切ってまで上京してしまうほどに、なぜか相手を信じ切ってしまうのだからお気の毒です。

褒め言葉にはウラがある

舞い上がらずよーく考えてみて!(写真:iStock)
舞い上がらずよーく考えてみて! (写真:iStock)

 男性にも女性にも言えることですが、見ず知らずの相手を信じ切ってしまうのには、理由があります。それは「自分は相手に選んでもらえた」という誇らしさが裏にあるということです。

 向こうは大勢の異性に声をかけているかもしれないのに、熱心にアプローチされ続けるうちに「自分ひとりだけが相手に惚れられている。自分は相手にとって特別な存在だ」と勘違いしてしまうのです。

 SNSでの出会いでは、多くの人が「自分は相手に愛されている」と思い込み、舞い上がってしまいます。けれど、大切なのはそこで一歩立ち止まり、万が一の可能性として「カモにされているのではないか」という疑いを持ち続けることです。

 そしてお金を要求されても出さない毅然とした態度が絶対に必要です。真実の愛ならば、お金を出さなくても相手に愛されるはずなのですから。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ