「今朝の朝食w」LINEの勘違いモテテク5選、男性ドン引きです

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-04-02 06:00
投稿日:2022-04-02 06:00
 ネットで情報を検索すると「LINEのモテテク」としていろいろな技が紹介されていますよね。でも、男性たちに本音を聞いたところ、モテテクどころか「勘違いモテテク」だと思われているものも多いようなのです。そこで今回は一見モテテクにも思えるのに、送ると彼にドン引きされてしまう内容をご紹介します!

恋が終わるかも…彼に引かれるLINEの勘違いモテテク5選

1. 自撮り写真を送る

 自撮り写真を送るのを、モテテクとして使っている人は多いですよね。自撮り写真を送っても違和感がないように会話をコントロールして流れを作り、あとは可愛く写った渾身の写真を送るというもの。

「きっと彼は今頃、私の顔をじっくり見てくれているはず♡」と思いきや、男性の本音としては「したたか」「計算高い」「下心が丸見えで引く」と感じているかもしれません……。自撮り写真を送るのは、相当関係が深まってからか、確実に脈ありだと思えた相手に留めておくのが懸命かもしれませんね。

2. 相談をして弱い部分を見せる

 LINEで弱さを見せて、彼に「守ってあげたい」と思わせるテクニックを使う人がいます。このテクニック自体は間違ってはいないのですが、弱さの中に「重たさ」を感じてしまうと男性は引いてしまうそう。

 たとえば、このLINEのように「両親が離婚して、家族がバラバラになり不安で……」という内容はとても重たく、どう返したら良いのか相手を悩ませてしまいます。

 弱さのレベルとしては、「実は、ペットボトルの蓋を開ける握力がないの」くらい軽いものにしておきましょう(笑)。

3. 自分が作った料理の写真を送る

 料理上手で家庭的な女性は、男性にモテますよね。実際、LINEの会話の中で自然と料理の話になった時、「実は料理大好きなんだ♡」と伝えるくらいなら、好感を持たれるかもしれません。でも、料理上手をアピールしようと自分から手作り料理の写真を送る場合は、注意が必要です。

 この場合、今朝の朝食=今日の朝の朝ごはん、という重複表現は御愛嬌だと受け流してもらえても、写真は別物。男性からすると「料理の写真が送られてくる=私、料理上手でいい女でしょ」とアピールされている気持ちになってしまうのだそう。実際に料理上手であっても、多くの男性は、やたらとアピールをしてくる自己主張の強い女性が苦手なため、引いてしまうのかもしれませんね。

4. 焦らして意識させようとする

 LINEのモテテクの中でもポピュラーなのが、「返信を焦らして、こちらを意識させる」というもの。サクサク返事を返してしまうと相手に脈ありだとバレてしまうため、返信を焦らして男性に「脈なし?」と思わせ、「なんとしても手に入れたい!」と意識してもらう方法ですね。

 でも実はこれ、逆効果! 返信が早かったり遅かったりすると「これって、駆け引きされてる?」と即座にバレてしまうだけでなく、あなたのテンポに振り回されていることにストレスを感じてしまうのです。

 返信は一定の間隔で送るのが、一番好感度が高いといえるでしょう。

5. わざとらしい送信ミス

 自分の思いに気づいてもらうため、女友達に送るフリをして彼への気持ちを“誤送信”によって伝えようとするテクニックもありますよね。でも、これは100%の確率でバレています。

 そもそも、送信してから一定の時間以内なら送信取り消しもできるはず。それなのに、送信取り消しをしないで「ごめんね」「もう恥ずかしすぎる!」といった言葉で「本人に誤送信してしまったんだな」と思わせようとするほど、したたかさを感じてしまうからです。

 それなら、いちかばちかストレートに告白してしまったほうが良いかもしれません。

勘違いモテテクLINEで恋のチャンスを逃さないで!

 こうして勘違いモテテクLINEをチェックしていくと、ほとんどの方法で男性側に「下心があるな」と気づかれているということがわかりますね。結局は、テクニックなしで楽しく自然なLINEのやりとりができる女性が一番モテるのかもしれません。

 勘違いモテテクで恋のチャンスを逃さないように、彼と楽しいLINEのやりとりを続けてみてください。そのほうが恋のチャンスを掴めるはずですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
他人事じゃない!「夜の生活がなくなった夫婦」レス解決法
 結婚前は2人でいちゃいちゃする時間もあったのに、結婚してから夜の生活がまったくなくなってしまう夫婦はとても多いようです...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ