「今なんつった?」メンヘラ女性から届いた恐怖の暴走LINE!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-03-13 06:00
投稿日:2022-03-13 06:00
 恋に落ちた女性の中には、精神的に不安定な人や完全に自分だけの妄想の世界で生きている人など、メンヘラ気質を持った人もいますよね。そんな女性たちから届く暴走LINEに、男性達は怖い思いをすることもあるようです。
 そこで今回は、そんなメンヘラ気味の女性から男性に届いた暴走LINEを5つ、ご紹介します。

メンヘラは勘弁…女性から届いた暴走LINE5選

1.「私も連れてって」

 転職をきっかけに引っ越しをすることになった、こちらの男性。会社で仕事を教えてくれていた女性の先輩に、会社で発表するよりも前にLINEで報告しておこうと思い、事前にメッセージを送ったのだそう。

 すると「そんなのひどい……。両思いだったよね?」と、想像もしていなかった返信が。返答に困っていると「私を一緒に連れて行ってください! これは告白のつもり。お返事待ってます。」と追い討ちのようなLINEが届き、背筋が凍ったそう。

 ただの先輩だと思っていた女性がそこまで妄想を広げていたら、確かに少し怖いですよね……。

2.「今イカ捌いてるところ♡」

 一見、交際中の彼女からのLINEのように見えますが、なんとこのLINEは既読スルーを続けて2カ月目の女性からのもの。

 仲間たちとのBBQで知り合った女性に「料理が上手そうだね」と声をかけてからというもの、毎日料理の腕をアピールするかのように料理の写真が送られ続けてきているそうです。

 しかし、中には明らかにネットから落とした画像も含まれていて、いったい何がしたいのか理解に苦しんでいる男性。確かに2カ月も既読スルーされているのに、このテンションでイカを捌いている写真が送られてきたら、怖い以外のなにものでもありませんね……。

3.「守護霊さんが言ってるから…」

 こちらも、とても怖い暴走LINEです。彼女がいるこの男性ですが、飲み会で知り合った女性に気に入られてしまい、それからというもの、しつこくLINEが届くんだそう。

 ずっと無視をしていたら、ある日「よく当たる占い師に運命の人を聞いたら、あなたと一致していた」というメッセージが……。恐怖を感じた彼は「彼女がいるから無理だと言ってるでしょ?」と、はっきり断りました。

 すると「実は、私の守護霊からも将来一緒になると言われている」「別れるのを待ってる」という返信が……。身の危険を感じた彼は、彼女と引っ越しをしてスマホも変えたそう。ストーカーになりかねないですもんね。

4.「今なんつった?」

 こちらのLINEは、現在付き合っている彼女とのやりとり。この彼女、普段はとても優しく可愛らしい普通の女性なんだそうです。でも、決まって月1回の生理のたびに、些細なストレスで突然豹変するのだそう。こちらは、そのタイミングを捉えたLINEです。

 帰り時間を聞いてきた時はとても穏やかな雰囲気だったのに、「お弁当を置いてきてしまったから夕飯で食べるね」と謝罪LINEを送った途端、態度が変わって「あ? お前なんつった? 別れる! 二度と帰ってこないで!」との返信が。

 こんな“別れる騒動”が月イチで勃発しているので、最近はさすがの男性も疲れてきているそうです。

5.「願掛けしてるの♡」

 こちらの男性は、一方的な思いを暴走させていた女性からのLINEを受け取って言葉を失ったそうです。相手は1年前に一度だけ飲み会で会話しただけの女性。それ以降、連絡したことも会ったこともなかったとか。

 ところが、1年後に突然「願掛けしながら編んだセーターを届けたい」「一目ずつ想いを込めて、上手に編めたら告白が上手くいくって…」というLINEが。さすがにこれは重いですね……。

 男性は住所も伝えていなかったため、そのままLINEをブロックしてしまったそうです。女性がこの後も妄想の暴走を続けていないことを祈ります……。

女性から届く暴走LINEには慎重に対応を!

 女性から届く暴走LINEというと、罵詈雑言を浴びせまくるイメージがありますが、こういったメンヘラタイプの暴走LINEというのも怖いですね。特に、恋愛感情が絡んでいると、対応を間違えた時にどうなるかわかりません。ぜひ、男性には慎重に対応してほしいものです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ