女性必見! 恋愛リアリティー番組「オトシアイ」が刺さる

内藤みか 作家
更新日:2019-04-22 06:00
投稿日:2019-04-22 06:00
 最近のAbemaTVは恋愛リアリティードラマの宝庫です。高校生がLINEのやりとりで恋をする「アオハル♡LINE」や年上女性たちと年下男子たちの恋模様を追う「私の年下王子様」など、気になるものがいろいろです。なかでも私が斬新だと感じているのは「オトシアイ」!これは気に入らない異性を毎回1人ずつ落としていくという恐ろしい番組なのです!

企画したのは秋元康さん!

最初に同性同士での話し合いが(写真:iStock)
最初に同性同士での話し合いが (写真:iStock)

 この「オトシアイ」を企画したのはあの秋元康さん。時代感覚が鋭いこの方のプランだけに、他の恋愛バラエティーショーとは一線を画した本音炸裂の凄まじい番組となっています。番組に参加したのは20代の男女それぞれ10人ずつ。毎回、気に入らない異性を投票し、1人ずつ削ぎ落としていくというエグい内容なのです。

 嫌いな人をどうやって選ぶかというと、まずは同性同士の会議が行われ、あいつはキライ、こいつのここが気になる、などとざっくばらんが意見が交わされます。そして落とされそうになった異性を気に入っている人は「あの子はいい子だよ」などと必死にかばいます。そして最終投票で選ばれたものは、涙ぐみながら皆に別れを告げ、去っていくのです。

女子の裏の顔が怖すぎる!

どれが本当の顔?(写真:iStock)
どれが本当の顔? (写真:iStock)

 皆に投票され、去らなくてはならない人の心情はどんなものかと考えると、とてもせつなくなります。自分のなにがいけなかったのだろうと落ち込みながら帰路につかなくてはならないのですからつらいですね。後日放映を観れば、どういうところがNGとされたのかがわかるでしょうが、それでまた傷ついてしまいそうです。

 こういう恋愛バラエティー番組では、必ずといっていいほどいるのが、異性の前では態度が変わる女性。今回もいました。男性陣の前ではニコニコしていて「いつも笑顔なんです私〜」などとアピールしていたはずなのに、女だけで話し合う部屋に入った途端「さあ誰を落とそっか?」などとニコリともせずにクールに場を仕切っていて、ゾッとしてしまいました。

男子、そこをチェックしてるのか!

セクシー系は強い(写真:iStock)
セクシー系は強い (写真:iStock)

 そしてこの番組の醍醐味とも言えるのが、男たちの話し合いの場。男性たちが女性の難点を次々と挙げていくシーンは、なかなか観られる機会はないと思うので、女子は必見かと。なにしろ彼らは意外なところをチェックしているのです。たとえばミニスカートの女の子の脚がガニ股だったことを目ざとく見つけ「自分の彼女がガニ股なのはちょっと」とまで言い放った人もいました。そしてそれに頷く男子もいて、脚はそこまで大事だったのかと衝撃が走りました。

 そんな彼らが一様に好んでいたのはセクシーお姉様タイプと、ほのぼの微笑みタイプ。だけどあなたたちがいいねと言ってるほのぼの微笑みタイプの女子、男がいないところでは全然笑ってなかったのよ、気づいて! と、サスペンスドラマを見ているかのように手に汗握ってしまいます。さらに彼らは雀荘でアルバイトをしている26歳女性もどうも苦手みたい。自己紹介の際に自分が知らない麻雀の話をしている年上女性に、腰が引けてしまったらしいのです。初対面から相手が理解不能な話はしない、というのも鉄則なのかもしれませんね。

醜さ見せながらのサバイバル

「お帰りいただきます」の冷徹(写真:iStock)
「お帰りいただきます」の冷徹 (写真:iStock)

 他の恋愛リアリティー番組でも、その日の終わりに脱落する人が選ばれるという方式を取っているものはいくつもあります。けれどそこには「みなさん素敵でしたけど、断腸の思いで選ぶしかなくて」という申し訳なさや惜しむ思いなどが垣間見えました。しかしこの番組にはそれがありません。「検討した結果、あなたには難がありました。多数決で選ばれましたので、お帰りいただきます」という冷徹な宣告があるのです。

 この「アイツがキライだから仲間はずれにしよう」という方式、どこかいじめにも似ていて、帰宅することになった人が気の毒でなりません。だけど、そんなギリギリの設定だからこそ、人間の醜さが浮き彫りになり、ドラマが生まれるのでしょう。観ているこちらも熱くなり、ついつい最後まで観てしまいそうです。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

ラブ 新着一覧


夫の不倫相手はまだ独身w 離婚を思いとどまってよかった~な、瞬間5つ
 喧嘩、不倫、借金、教育方針の違いなど理由はさまざまありますが、現在進行形で「夫と離婚しようかな」と考える女性もいるので...
恋バナ調査隊 2024-05-28 06:00 ラブ
妻だけが知る夫の正体「つまらない男なのよ~」は愚痴か、それとも惚気か
 よく既婚女性から「うちの夫ったらつまらない男なのよ〜」なんて愚痴を耳にしますよね。でもつまらないから離婚したいと言う人...
恋バナ調査隊 2024-05-27 06:00 ラブ
マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ