女性必見! 恋愛リアリティー番組「オトシアイ」が刺さる

内藤みか 作家
更新日:2019-04-22 06:00
投稿日:2019-04-22 06:00
 最近のAbemaTVは恋愛リアリティードラマの宝庫です。高校生がLINEのやりとりで恋をする「アオハル♡LINE」や年上女性たちと年下男子たちの恋模様を追う「私の年下王子様」など、気になるものがいろいろです。なかでも私が斬新だと感じているのは「オトシアイ」!これは気に入らない異性を毎回1人ずつ落としていくという恐ろしい番組なのです!

企画したのは秋元康さん!

最初に同性同士での話し合いが(写真:iStock)
最初に同性同士での話し合いが (写真:iStock)

 この「オトシアイ」を企画したのはあの秋元康さん。時代感覚が鋭いこの方のプランだけに、他の恋愛バラエティーショーとは一線を画した本音炸裂の凄まじい番組となっています。番組に参加したのは20代の男女それぞれ10人ずつ。毎回、気に入らない異性を投票し、1人ずつ削ぎ落としていくというエグい内容なのです。

 嫌いな人をどうやって選ぶかというと、まずは同性同士の会議が行われ、あいつはキライ、こいつのここが気になる、などとざっくばらんが意見が交わされます。そして落とされそうになった異性を気に入っている人は「あの子はいい子だよ」などと必死にかばいます。そして最終投票で選ばれたものは、涙ぐみながら皆に別れを告げ、去っていくのです。

女子の裏の顔が怖すぎる!

どれが本当の顔?(写真:iStock)
どれが本当の顔? (写真:iStock)

 皆に投票され、去らなくてはならない人の心情はどんなものかと考えると、とてもせつなくなります。自分のなにがいけなかったのだろうと落ち込みながら帰路につかなくてはならないのですからつらいですね。後日放映を観れば、どういうところがNGとされたのかがわかるでしょうが、それでまた傷ついてしまいそうです。

 こういう恋愛バラエティー番組では、必ずといっていいほどいるのが、異性の前では態度が変わる女性。今回もいました。男性陣の前ではニコニコしていて「いつも笑顔なんです私〜」などとアピールしていたはずなのに、女だけで話し合う部屋に入った途端「さあ誰を落とそっか?」などとニコリともせずにクールに場を仕切っていて、ゾッとしてしまいました。

男子、そこをチェックしてるのか!

セクシー系は強い(写真:iStock)
セクシー系は強い (写真:iStock)

 そしてこの番組の醍醐味とも言えるのが、男たちの話し合いの場。男性たちが女性の難点を次々と挙げていくシーンは、なかなか観られる機会はないと思うので、女子は必見かと。なにしろ彼らは意外なところをチェックしているのです。たとえばミニスカートの女の子の脚がガニ股だったことを目ざとく見つけ「自分の彼女がガニ股なのはちょっと」とまで言い放った人もいました。そしてそれに頷く男子もいて、脚はそこまで大事だったのかと衝撃が走りました。

 そんな彼らが一様に好んでいたのはセクシーお姉様タイプと、ほのぼの微笑みタイプ。だけどあなたたちがいいねと言ってるほのぼの微笑みタイプの女子、男がいないところでは全然笑ってなかったのよ、気づいて! と、サスペンスドラマを見ているかのように手に汗握ってしまいます。さらに彼らは雀荘でアルバイトをしている26歳女性もどうも苦手みたい。自己紹介の際に自分が知らない麻雀の話をしている年上女性に、腰が引けてしまったらしいのです。初対面から相手が理解不能な話はしない、というのも鉄則なのかもしれませんね。

醜さ見せながらのサバイバル

「お帰りいただきます」の冷徹(写真:iStock)
「お帰りいただきます」の冷徹 (写真:iStock)

 他の恋愛リアリティー番組でも、その日の終わりに脱落する人が選ばれるという方式を取っているものはいくつもあります。けれどそこには「みなさん素敵でしたけど、断腸の思いで選ぶしかなくて」という申し訳なさや惜しむ思いなどが垣間見えました。しかしこの番組にはそれがありません。「検討した結果、あなたには難がありました。多数決で選ばれましたので、お帰りいただきます」という冷徹な宣告があるのです。

 この「アイツがキライだから仲間はずれにしよう」という方式、どこかいじめにも似ていて、帰宅することになった人が気の毒でなりません。だけど、そんなギリギリの設定だからこそ、人間の醜さが浮き彫りになり、ドラマが生まれるのでしょう。観ているこちらも熱くなり、ついつい最後まで観てしまいそうです。

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM