映画「美女捨山」が深い 美人がいなくなれば世界はどうなる

内藤みか 作家
更新日:2019-04-04 06:00
投稿日:2019-04-04 06:00
 動画配信サイトGYAO!は、みんなもっと活用したほうがいいのでは、と私は常々思っています。何しろ無料で色々な映画を観ることができるし、配信内容も毎月のように変わるので、次々別の作品が楽しめるんです。映画見放題サイトは色々ありますが、完全無料で見放題なところは珍しいのではないでしょうか。

三丁目の夕日じゃない映画『二丁目の朝日』

美女がいない世界?(写真:iStock)
美女がいない世界? (写真:iStock)

 まず、作品のチョイスがなかなかマニアック。多くの動画配信サイトは、独自のオリジナル作品以外は、どこも似た様な作品群を流しているように見えるのですが、ここはひと味違うんです。たとえば、何か事件が起きた際に、それぞれのテレビ局が一斉にそのことを報じるのに、たった1局、テレビ東京だけが、マイペースで別の番組を流していることがありますが、それと似た感じを受けます。

 例を挙げると、以前『ALLDAYS二丁目の朝日』と言う映画が配信されていました。これは昭和30年代の新宿二丁目を描いた秀作で、仮面ライダーに出演していたイケメン俳優の三浦涼介さんも、女装姿で熱演されていました。こんな感じで、なかなか他ではお目にかかれない知られざる作品が密やかに配信しているので、ちょっとレアな映画を観たい人にオススメです。

美人は男をだますから、捨ててしまえ!

女狐って言葉もあるけれど(写真:iStock)
女狐って言葉もあるけれど (写真:iStock)

 今回私がGYAO!で掘り出した映画は『美女捨山』。美女判定を受けた女性は、20歳になると山に捨てられてしまうお話なんです! その理由は「美人は男をだます悪い生き物だから」。だますとか、キツネかタヌキと同じように忌み嫌われていたんでしょうか。

 この説には一理あるような気もしないではありません。綺麗な女性が男性を騙し、金品を貢がせるという話はいつの時代もあるからです。人を騙すなんて悪い生き物だ!と思う人が出るのも不思議ではありません。けれど! 女を騙して金品を貢がせる綺麗な男というのもいますよね? イケメンも山に捨てちゃわないと、不公平になるのではないでしょうか……。

美人が消えた世界はこんなにもシュール!

そのお金はどこから?(写真:iStock)
そのお金はどこから? (写真:iStock)

 物語では山に運ばれた美女をかくまう男と、かくまわれた美女たちとの交流を描いています。その男には妻がいるのですが、美女のあまりの美しさに気の毒になり、小屋に置いてあげるのです。それも10人近くも!食費だけでも大変なのでは、と心配になってしまいますが、男は彼女らにアクセサリーや服まで持っていってあげてます。貧しいはずのこの男のどこに、そんな資金があるのか、ヘソクリ使い込んでいるのでしょうか。

 そして男に世話されている美女たちが実に面白いんです。自分たちでこの状況を切り開こうというたくましさは見えず、ひたすら自分を着飾るだけ。こんな山奥で着飾ってもしかたないと思うのですが、鏡を見て自分の顔にうっとりしているのだから、なんとものんき。自分の服の洗濯すらもやりかたがよくわからないダメダメさです。そして美女が消えた村では男が次々と「ビジョタラズ」という奇病にかかって倒れていくのでした。

美女はこんなにもオトクな生き物なのだから

綺麗でいるにこしたことはない(写真:iStock)
綺麗でいるにこしたことはない (写真:iStock)

 奇病「ビジョタラズ」を治すには、美女のそばに行くこと。そうすると男たちは血気盛んになり、たちまち元気になってしまうのです。でも、美女はみんな山に捨てられているからどうしよう、というのが映画の流れ。姥捨山を描いた傑作映画『楢山節考』のオマージュ作品のようにも思えて、知っている人は楽しめるのでは。

 さて美女に貢ぐ男には嫁がいるのですが、この人がなんだかかわいそうでした。夫をつけていって、美女たちと楽しげに語らっているのを目撃してしまうのです。そして彼女らに刺激されて嫁も綺麗になっていく。すると夫が優しくなったのです。男の人が尽くしてくれるんだし、やっぱり綺麗でいるにこしたことはないな! と納得してしまうほどに、不思議と筋が通っている映画でした。めんどくさいのにどうして化粧なんてしなくちゃならないんだろう、などと疑問を感じている人にぜひ観ていただきたい、なかなか示唆的な作品でした。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
TwitterInstagram

ライフスタイル 新着一覧


2月6日~2月12日 あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”がハート型♡ 尊すぎるにゃんたま様に思わず合掌
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ママの自分時間は無理やり作る!VTuberの推し活にハマったら
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
旅立ちはいつも気持ち高ぶる 2023.2.6(月)
 出航時の揺れには慣れていても、旅立ちはいつも気持ち高ぶる。  目的地に着くまでは海の上。この景色もしばらく見納め...
「ポイント稼ぎしてるんだ~」にゾッ!女の妬み怖ぇLINE3選
 あなたがこの世で最も怖いものはなんですか? 中には「女の妬(ねた)みが一番怖ぇ」と思っている人もいるでしょう。 ...
色々高くて、やりくり上手になりたいこの頃 2023.2.5(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
【成城石井】薄給40女が歓喜するプチ贅沢4選 2023.2.4(土)
 高品質かつおしゃれな商品がいっぱいの成城石井。小柳ルミ子さんも愛用しているのだとか。女性誌の取材では「成城石井は私のキ...
「今日は朝まで韓流コース」でまさかのBBA認定!? 若作りが痛いLINE3選
 最近では、仕事でLINEを使うことも増えてきましたよね! 自分よりも若い人とLINEを交換していると、ついやってしまう...
人生の満足度が高い人・低い人 差がある原因はどこにある?
 みなさんは、日頃から不平不満が多いタイプでしょうか。私はどちらかというと多いかもしれません。  不満が多くなる原因は...
独女ご自愛バレンタインデー!自分用チョコの楽しみ方を探る 2023.2.3(金)
 今年も“お祭り”を目前に控え、ざわついてきましたね。そう、バレンタインデーです。  本命チョコに限らず、義理チョ...
自慢したい可愛さ♡ 透明バックから“たまたま”がコンニチハ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
寒いけど乾燥&電気代が…!寝る時の“暖房問題”解決のヒント
 寒い季節になると、寝る時に暖房で部屋を暖めておきたいですよね。でも、暖房の使い方を間違えると乾燥して喉が痛くなって、体...
旅先の古びた店には先客がいたようで 2023.2.2(木)
 旅先の古びた店に入ってみようか考えた時、さっと風が吹き、誰かが先に入っていったような気がした。  怖い話じゃない...
ダメー!!まだイケる!「弱ったシクラメン」復活させたい問題
 新しく年を迎えて早いもので1カ月。全身完全防寒スタイルで毎日寒さと闘っているお花屋さんの「冬仕事」も、全身に毛布をまと...
ポンコツな自分に喝! つらーい「休みボケ」の原因と解消法
 年末年始が繁忙期という職種の方は、そろそろ遅めの冬休みでしょうか。仕事や家事に追われた後のお休みは、嬉しさもひとしお。...
大切な人が今日も無事に帰ってきますように 2023.2.1(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...