DX進むブライダルの新潮流「フォトウェディング」知ってる?

斑目茂美 開運花師
更新日:2022-06-22 06:00
投稿日:2022-06-22 06:00
今回はブライダルのニューウェーブのお話(C)コクハク
今回はブライダルのニューウェーブのお話 (C)コクハク

 早いもので2022年も折り返し地点の月でござんす。

 半袖を着るようになると「あー、今年も終わりに向かってラストスパート」だなんて、まだ半年残っているのに年中行事とともに動くお花屋さんは、センチメンタル(?)な気分にもなってしまいます。

 そんな観点からお話しさせていただくとすれば、6月はブライダルシーズン
でございます。

 コロナ禍以降の冠婚葬祭のあり方は、オバちゃんであるワタクシにとっては、「日本の夜明けぜよ!」とでも言いたくなるほどの変わりようでございます。

 たとえば、結婚式。たくさんの親戚・知人に囲まれた賑やかな「結婚式とはこういうもの」という固定観念は、もうサヨナラ~な感じ? なんでしょうか。それとも、新しく選択肢が増えたのでしょうか……。

 ということで、「DXで冠婚葬祭も変化? フォトウェディングという選択肢」の解説でございます。

DX進む冠婚葬祭に登場したニュージャンル

結婚式も徐々に復活してきた(写真:iStock)
結婚式も徐々に復活してきた (写真:iStock)

 コロナ禍以前、お呼ばれされたいくつかの結婚式で驚いたのは、目の前の2人を見る時間よりも映像の中の2人を見る時間が多い感覚がございました。

 2人の馴れ初めや結婚までストーリー、マッハで編集された今まさに参加している結婚式での出来事だけでなく、参列者を楽しませるような趣向を凝らした構成の映像を見るのは楽しくもあり、宴の主人公たちが映像の主人公にもなって抵抗なくお披露目できる若い世代の感覚に、新しい時代の到来を感じておりました。

 そして、コロナ禍以降の冠婚葬祭事業は“人を多く呼べない”という世の中的流れで、激変しました。ブライダル業界でいえば「WEB婚」という新しい挙式スタイルが確立し、ご祝儀もオンライン決済。遠方でもネットをつなげば、参列できるようになったのです。

 コロナ禍は良い意味で、ブライダル業界にDX(デジタルトランスフォーメーション)を進ませる後押しをしたのかもしれませんな。

 今年に入り、イベントごとが少しずつ上向き傾向になってきたのと並行して、冠婚葬祭も少しずつではありますが、戻ってまいりました。

 とはいえ、感染再拡大の懸念などもあって小規模化マインドは定着しつつあり、大規模な披露宴に若干の迷いのある方が多いのかもしれません。

 そこで登場してきたのが、「フォトウェディング」というニュージャンルでございますわよ。

 平たくいえば「結婚式の前撮り」みたいなもんなんでしょうが……いやいや、オバちゃん世代のワタクシの時代とは、だいぶワケが違うのでございますわよ。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


脱ボトルなるか「詰め替えそのまま」の実力 2022.9.25(日)
 ずっと気になっているけれど、値段がネックとなって購入するのを躊躇していたものが、コレ。「詰め替えそのまま」です。シャン...
デキる大人が警告! 自信のない人が直すべきは“時間の浪費癖”
 自信がつくためには、あとどのくらい頑張ればいいんだろう? 最近そんなことをよく考えます。時間がかかるのは分かっているの...
悪霊退散にゃ!“たまたま”の強いまなざしに幽霊もタジタジ?
 きょうは、見えないナニかを察知し、警戒するにゃんたま君。  猫には当たり前のように見えているらしいです……幽霊が...
実家が「結婚」にうるさくなったらどうする?  取るべき対処法
 ある程度の年齢になっても独身だと、周りから「結婚は?」と聞かれることが増えますよね。特に、うるさく言ってくるのが実家の...
高額初期投資でも損なし!? リピート続出のスーパートレニア
 決して愚痴ではないですよ。愚痴ではないし、仕入れたものが完売するわけでもないのですが、まあ、お商売というものは難しいで...
貴重品を守る“ジッパークリップ”の使い勝手 2022.9.21(水)
 最近、通勤時にリュックを背負っている人多いですよね。パソコンなど重いモノを入れても片手持ちの鞄よりは身体への負担が軽く...
OL時代はお弁当タイムがつらかった…自分を守るためのルールを
 仕事でたまたま、数時間一緒に過ごした人。年に数回しか会わない、他社の人。友達の友達。絶妙な距離感の人と会話をする時、ど...
涼しくなると寂しくなるにゃ…“たまたま”の夏休みの思い出
 きょうは、にゃんたま君に夏休みの思い出を聞きました。  友達と毎日、探検ごっこにプロレス、昆虫採集をしていたそう...
行きたくなくてもいいじゃない! 同窓会の上手な断り方5選
 数年に一度届く、同窓会のお便り。でも「懐かしい!」と歓喜する人ばかりではないんです。「あんまり行きたくないんだけどな…...
あなたは受け恋?追い恋? 9月19日~9月25日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
今時「(*^^)v」ってどうよ…おばさん感MAXのドン引きLINE3選
 何気ないLINEの文面から「おばさん感」が漂ってしまうケースは少なくありません。若い子たちが作り上げる可愛い文章を目に...
自問、自問、自問!「人間力を磨く」習慣化で人生変わるかも
 この連載では、これまでにたくさんの記事を「〇〇な人の特徴」とか「〇〇な人への対処法」などのタイトルで書いてきました。皆...
「パワハラ上司」特徴5つ&対処法 職場にいたら我慢しないで
 職場には、年齢も性格もさまざまな人が働いています。誰にだって、苦手な上司もいれば、嫌いな同僚もいるでしょう。しかし、中...
パワースポット真鶴・琴ヶ浜で癒しの休日 2022.9.15(木)
 先日、会社の先輩から青春18きっぷをいただいたので、電車の旅に出かけました。  青春18きっぷとはJR全線の普通...
ヅラ柄と白“たまたま”に萌え♡悩殺ポーズの個性派にゃんたま
 きょうは、強烈な個性でニャンタマニアをじわじわ虜にする、にゃんたま君にロックオン。  悩ましいポーズ、磨きのかか...
残暑に負けるな! 節電も暑さ対策もバッチリなテクニック4選
 暑く湿度の高い夜が続いています。世界情勢による電力・ガスの値上げや地球環境も踏まえて、できれば残暑は節電しながら賢く乗...