友達と夫がこたつの中で…靴を脱ぐとパンツを脱ぎたくなる!?

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2022-06-04 11:02
投稿日:2022-06-04 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。友達の夫や彼氏だろうがだれかれ構わず男性を誘惑してしまう癖のあるオトナ女子もいます。この事実が発覚すれば、友情は必ず終わります。
 男性は誰とでもエッチができる性をもっているケースが多いので、そもそも理性が吹っ飛ぶような環境を作らないことも必要ですが、人のパートナーに手を出す女子の特徴も知っておくべきでしょう。

宅飲みは危険がいっぱい!?

楽しい宅飲みがまさかの修羅場になるとは(写真:iStock)
楽しい宅飲みがまさかの修羅場になるとは (写真:iStock)

 新型コロナによって宅飲み人口が増えました。宅飲みに潜む危険性としてまず挙げられるのは、「酔ったらそのまま寝てしまうのが許される」シチュエーションです。

 信じていた女友達にも裏切られ、パートナーの無神経さに悩む、飲食店勤務のA子さん(33)のケースをご紹介しましょう。

 近くに住むバツイチの友人・B美さん(35)は、早くに結婚し、小学生高学年のお子さんが2人います。コロナ以降、夕食を済ませた後、子供たちを自宅に残し、週に2~3回はビールやワインを持参してA子さん宅へ自転車でやってくるようになった3カ月後の冬の出来事でした。

A子さん「ある時、私が眠たくて主人とB美をリビングに残して先に寝室に行ったんです。頻繁にやってくるB美と夫は、酒を酌み交わしフレンドリーな関係として仲良くしていました」

山崎「えっ。何か違和感があったんでしょうか?」

 話の続きが気になる山崎は息を呑みながら尋ねます。

こたつの座り方に違和感

その場所に座るのおかしくない?(写真:iStock)
その場所に座るのおかしくない? (写真:iStock)

A子さん「はい。のどが渇いて目が覚め、台所へ行ったら、狭いのに2人が隣同士に座っていました。うちはこたつなんですね。カップルや夫婦でもないんだから、普通はL字とか向かい合わせのどちらかで座りますよね? でも隣で密着しながら座っていたんです。で、ヘラヘラ笑って『どうしたの~?』って普通に言われ、あれ、なに? と小さな違和感を抱きました。でも、その日は深くは考えなかったんです」

 朝起きると至って普通の旦那さん。A子さんは「まさか……?」と思いましたが、首を横に振って嫌な想像をかき消したといいます。

山崎「それからもB美さんは、宅飲みに来られていたんですか?」

A子さん「はい。ある晩ですが、私がかなり酔った時でした。トイレから戻るとこたつのお布団の下で2人が手を握っていてサッと離した感じがしたんです。でも、確証が持てなかったので何も言えませんでした」

 A子さんは中途半端にB美さんに伝えて友人関係が壊れるのを懸念し、言い出せなかったそう。

山崎「それで、決定的な証拠は何かありましたか?」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「ひとりが楽」って本心?1mmでも結婚したいならすべきこと
 おひとり様生活が長いと、心地よいライフスタイルが確立しますよね。「やっぱりひとりが楽!」なんて思いながらも、心のどこか...
恋バナ調査隊 2022-12-06 06:00 ラブ
婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ