吸引系ラブグッズの衝撃 ドイツメーカーに聞いた開発のウラ

桃子 ラブグッズコレクター
更新日:2019-11-12 04:38
投稿日:2019-05-04 06:00
 “吸引系”ラブグッズーークリトリスを覆い、振動で刺激しながら吸い上げるラブグッズのことを、こう呼びます。これが世界中で大ブームとなっていると知ったとき、私は「世の女性たちは、実は吸われたかったんだ!」と目からウロコでした。

史上初の“吸引系”を生み出した「ウーマナイザー」

私、実は吸われたかったんだ…(写真:iStock)
私、実は吸われたかったんだ… (写真:iStock)

 ラブグッズの収集をしていて感じるのは、女性の大多数は“外派”なのだということ。挿入は特になくてもいい、という人が意外と多いのです。

 もちろん“中派”もいますが、そのためのグッズ=バイブレーターはすでにたくさん存在しているわけです。同時に振動でクリトリスを気持ちよくするローターも数えきれないほど市場にあります。でも、「それも気持ちいいけど、吸われる快感はまた別なの!」という潜在的な願望に応えてくれるものはありませんでした。

 そこに着目して2016年、史上初の吸引系グッズを生み出したのが、ドイツの「ウーマナイザー」。ドイツ本国のほかカナダ、香港を拠点を置く国際企業です。

 私は同ブランドの吸引系グッズを使ってはじめて、あまりの気持ちよさに「ああ私、実は吸われたかったのね……」と自分の内なる願望に気づきました。

 4月某日、同ブランドのセールスマネージャーを勤めるクィニー・シャムさんが新作を携えて来日。女性だけで運営するラブグッズショップ「ラブピースクラブ」でインタビューの機会に恵まれました。

ドイツでは駅構内にもアダルトショップ

「ウーマナイザー」のクィニー・シャムさん(撮影:桃子)
「ウーマナイザー」のクィニー・シャムさん (撮影:桃子)

ーー私は吸引系グッズというのをはじめて知ったとき、衝撃を受けました。もともと女性たちは吸引系を求めているという確信があって、開発されたのですか?

クィニー「ウーマナイザーの創業者たちは、さまざまな調査研究を行ったんです。その結果、女性にとってクリトリスがもっとも感じやすい場所だということがわかりました。一方で市場を見ると、振動で気持ちよくするグッズはあっても吸引するグッズはない。それで開発し、リリースしたわけですが、最初はあんまり人気が出なかったんですよね……」

ーーわかります、吸引系だけで本当に気持ちいいの? って半信半疑になっちゃう。でも使ったらすぐに「これだ!」とわかります。「ウーマナイザー」から見て、日本はどんな市場ですか?

クィニー「創業当時から日本の市場には注目していました。でも日本にはたくさんアダルトショップがありますが、基本的には男性のためのお店ですよね。訪れてみたところ海外からの観光客と男性客で9割を占めているという印象でした。女性は入りにくいのでしょう。女性たちは一体どこで買い物しているんだろう? とネットで調べてみると、多くの女性がオンラインショップで買っていることがわかりました。彼女たちにウーマナイザーを知ってもらうには、口コミやSNSでの評判が大事ということです」

ーーウーマナイザーを生んだドイツでは、アダルトショップが街のメインストリートに面していて、女性も気軽に立ち寄れると聞いたことがあります。

クィニー「ええ、駅の構内にもショップがありますよ。女性はひとりでも女友だちと一緒でも、そうしたお店に行くことに抵抗感がありません。カップルで買い物している光景もよく見ます」

ーー駅でオモチャが変えるってスゴイ! クィニーさんがいる香港のショップ事情は?

クィニー「ここ数年、女性向けのショップが増えましたね。女性が行きやすい理由に、スタッフとお客さんのコミュニケーションがあります。まるで友だち同士かのような親密な態度で接しますし、どんなものを探しているのかなどの相談も気軽にしていいんです。日本のショップは、お店のスタッフがいてもお客さんとが話さないですよね。コミュニケーションがほとんどないなかで、どうやってお客さまに商品を知ってもらうのか疑問に思いました」

ーー日本ではどちらかというと、店員さんに話しかけられたくないという人が多いように思います。「グッズを買いにいく」ということの対する意識の違いがありそう。今回、ウーマナイザーのラインナップに「スターレット」という新モデルが加わりましたね。ほかのモデルと比べるとすごくコンパクトで、かつ9,000円を切るお値段。ユーザーのニーズを受けて開発されたのでしょうか?

クィニー「はい。それもありますし、若くてまだ経済力がそれほどない女性たちにもウーマナイザーを使ってほしいという想いもあります。私たちはウーマナイザーを単なるラブグッズというだけでなく、生活の必需品であると考えています。リップスティックのように、女性ひとりがひとつは持っているものになってほしいし、女性同士がプレゼントし合うものにもなってほしい。そのために清潔で健康的なイメージを大事にしていますしセクシャルウェルネスのセミナーや性についての意識向上を目指すイベントにも積極的に参加たりスポンサーになったりしています」

ーー高いテクノロジーに基づいたラブグッズを提供するだけでなく、女性たちが性に対してもっとオープンでポジティブなイメージを持てるよう働きかけているのですね。

クィニー「ウーマナイザーの最も大きなミッションは、女性へのエンパワメントです。年齢とか容姿とか経済力とか、既婚未婚、子どもがいるいないなどは一切関係なく、すべての女性を勇気づけ、気持ちよくなってもらいたい。おばあちゃんであってもセックスで快感を得られるって、大事ですからね!」

エンドインフォ

気持ちよくなるって元気になること

豊富なラインナップ(撮影:桃子)
豊富なラインナップ (撮影:桃子)

 まっすぐに目を見てすべての質問に答えてくれたクィニーさんに、「気持ちよくなるって、元気になるってことなんだ!」とあらためて実感しました。

 そして同時に、日本でももっとグッズが買いやすくなってほしいという思いが私のなかで強くなりました。オンラインでも買えますが、リアルショップで実際に手に取ったり動作確認したりしながら商品を選ぶって、また別の楽しみがあると思うのです。

 ウーマナイザーは今回、文中で紹介した「スターレット」のほか4アイテムを新たにリリースしています。それらについては、こちらの連載でも追って紹介していきます!

関連キーワード

エロコク 新着一覧


これこそが求める快感♡ボルテージが上がるピストンバイブ
 ピストンバイブと聞くと、ずんずん激しく突かれるイメージがあるでしょうか。私もかつてはそう思っていましたし、実際、長いス...
桃子 2021-12-05 06:00 エロコク
出張ホストに溺れて淫らに迫った私…待っていた意外な結末
 夫の浮気を知り、出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。本業は俳優をしているというタクミ君(29)...
蒼井凜花 2021-12-03 06:00 エロコク
50歳前後でやってくる…閉経後の性欲について調べてみました
 閉経期を迎えると、女性の性欲にはいったいどのような変化が訪れるのか。そしてセックスライフはどうなっていくのか。気になっ...
内藤みか 2021-12-02 06:00 エロコク
懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・...
蒼井凜花 2021-11-19 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的にな...
蒼井凜花 2021-10-29 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク