マッチングアプリでお金目当ての男性を見抜く3つのポイント

内藤みか 作家
更新日:2019-05-06 06:00
投稿日:2019-05-06 06:00
 今や利用率は20代、30代の男女で約20%とも言われ、次第に一般的になりつつあるマッチングアプリ(出会い系サイト)。アラフォー・アラフィフの女性が「イケメンくん連絡して~」などと年下男性を探す姿も見受けられます。けれどお金目的で年上女性に近づく男性もいるので、気をつけてください。

「応援してください」は「お金ください」と同じ意味!?

「ママ活」と称し、自ら年上女性に営業(写真:iStock)
「ママ活」と称し、自ら年上女性に営業 (写真:iStock)

 最近はパパ活の逆ヴァージョンの「ママ活」と称し、自ら年上女性に営業をかける男性が少なくありません。最初のうちは「ママ募集」「ママ探してます」などと、ママ(スポンサー)を求めるワードをプロフィールに書いていたのですが、最近はそれを禁止するサイトも増えてきたため、はっきりとは書かなくなっているので注意が必要です。

 たとえば「僕の夢を応援してください」とか「応援してほしいことがあります」などと書いている人は、お金を求めてくる可能性があります。起業したいので出資してほしい、芸能人になりたくてレッスン費用が高いので助けてほしいなどと言う人がいます。会ったこともない男性の、請求書すら提示していないような要求には絶対に応えるべきではありません。

「一緒にお買い物行きたい」には「何か買ってほしい」が隠れてる

「一緒にお買いものに行きたい」は「買って」アピール(写真:iStock)
「一緒にお買いものに行きたい」は「買って」アピール (写真:iStock)

 また、プロフィールのなかに巧妙に貢いでもらうことが目的であることを埋め込んでいる男性もいます。たとえば「一緒にお買い物に行きたいです」「趣味はショッピングです」と書いている人がいます。「僕に似合う服を一緒に選んでほしいです」も同じような意味ですが、つまりは「僕に何か買ってください」とおねだりしていることを表現していることが多いのです。

 さらに「好きなブランドはポールスミスです♪」などとブランドを並べて、そのブランドのものをください、と暗に言っている人もいます。「旅行が大好きです。仲良くなったら一緒に旅行に行きたいです。詳しいので案内します」などと書いている人も、旅行代を出してもらうことを期待している場合があります。わあ、若い男と一緒に旅行に行きたい!と舞い上がったその裏には、2人分の旅費が待ち構えているというわけです。「ごはん連れてってください」ももちろん、食事代は年上女性持ちです。

「生活が大変です」で「生活費を助けてください」を匂わせる

 また、かなり具体的に「いかに自分の毎日が大変か」を熱心に綴っている人もいます。たとえば「奨学金の返済が大変なので、普段の仕事の他に夜はバイトもしていて、自由になる時間がほとんどありません。遊びたいです」「将来の夢のため(もしくは留学のため)にハードにバイトをしていて毎日しんどいです」などという感じです。

 男性は好みの女性の前ではカッコつけてお金がなくてもあるフリをして見栄をはることも多いのに、こうしたアプリでしばしば見かける「生活が大変アピール」をする人がいるのはなぜなのでしょう。「生活に余裕がないので生活費を負担してほしい」からなのです。なぜ会ったこともないあなたにお金を出さなくてはならないの !?とびっくりする人もいると思いますが、あちらはいたって本気なのです。

裏にある「パパ活」で稼ぐ女子の存在

気がついたらお金が底をついていることも(写真:iStock)
気がついたらお金が底をついていることも (写真:iStock)

 彼らが手を替え品を替え年上女性のスポンサーを求める訴えを続けている背景に、パパ活で稼ぎまくっている女性たちの存在があります。美味しいものをご馳走してもらい、さらにお金までもらえるという夢のような世界を自分にも、という思いがあるのでしょう。

 ただし、世の中は男性にはそれほど甘くはありません。なぜならば、アプリに登録している多くの男性は「お金なんていらない。とにかく女性と出会いたい」という人が多いから。タダで会える男性がほとんどなので、お金を払う必要性を女性たちは感じていないのです。こうした男性たちに絶対払うべきではないとまでは思いませんが、お金を出すならプロの男性(レンタル彼氏や出張ホスト)に払ったほうがトラブルもなく、楽しめるのではないでしょうか。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
「ネトラレ(寝取られ)」という言葉をご存じでしょうか。官能小説やアダルトゲーム等ではすでに定番化しているこちらの分野、い...
蒼井凜花 2020-10-30 06:00 エロコク
FILM
「トレーニングは、効いている実感がないと続かない」――これは誰もが同意してくれることではないでしょうか。加えて、目標も必...
桃子 2020-10-24 08:49 エロコク
FILM
 日に日に秋の色が濃くなっていくこの季節、ぬくもりが恋しくなりませんか? 私はなります! セックスしたいとか気持ち良くな...
桃子 2020-10-17 06:00 エロコク
FILM
「ビーン スポット ピンク」には度肝を抜かれました。私だけではないはず。このS字形の物体が最新バイブレーターだと聞いて、...
桃子 2020-10-12 16:34 エロコク
FILM
「ネトラレ(寝取られ)」という言葉をご存じでしょうか。官能小説やアダルトゲーム等ではすでに定番化しているこちらの分野、い...
蒼井凜花 2020-10-11 06:38 エロコク
FILM
「膣トレ」って、聞いたことがある人は多いでしょう。締まりが良くなる、イキやすくなるなど、セックス時にメリットがあるだけで...
FILM
「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、ラブグッズをコレクションし始めたころの私は、まさにそれでした。というよりも、...
桃子 2020-10-05 06:00 エロコク
FILM
 その人の生き方は、セックスのシーンでも滲み出るのではないでしょうか。受け身だったり恥ずかしがるよりも、アクティブで主体...
大泉りか 2020-10-03 06:00 エロコク
FILM
 あなたは、ラブグッズを使ったことがありますか? 「興味はあるけれど機会がない」「周りにバレたら困る……」と、尻込みして...
FILM
 女性はクリトリスの刺激が大好きです♡  ラブグッズ業界はそのへんをしっかり心得ているので、あの手この手でクリに...
桃子 2020-09-26 06:00 エロコク
FILM
 カラダ目当ての男って、私は嫌いじゃありません。「ヤリ逃げされた」とか「遊ばれた」とか言ってる女子もいるけど、性欲を満た...
FILM
 リモートワーク、リモート飲み会……。リモートという言葉がこんなに使われる日が来るなんて、誰が予想したでしょう。ラブグッ...
桃子 2020-09-20 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 手にした瞬間、ずっしりと重い。「ウィーバイブ ワンド」は私が試してきた数々のラブグッズの中でも最重量級です。  ...
桃子 2020-09-18 12:03 エロコク
FILM
 気持ち良さとは理屈によるものではない、と思われがちです。たしかに、セックスではフィーリングが大事。でも実は、体の仕組み...
桃子 2020-09-07 11:06 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...