マッチングアプリでお金目当ての男性を見抜く3つのポイント

内藤みか 作家
更新日:2019-05-06 06:00
投稿日:2019-05-06 06:00
 今や利用率は20代、30代の男女で約20%とも言われ、次第に一般的になりつつあるマッチングアプリ(出会い系サイト)。アラフォー・アラフィフの女性が「イケメンくん連絡して~」などと年下男性を探す姿も見受けられます。けれどお金目的で年上女性に近づく男性もいるので、気をつけてください。

「応援してください」は「お金ください」と同じ意味!?

「ママ活」と称し、自ら年上女性に営業(写真:iStock)
「ママ活」と称し、自ら年上女性に営業 (写真:iStock)

 最近はパパ活の逆ヴァージョンの「ママ活」と称し、自ら年上女性に営業をかける男性が少なくありません。最初のうちは「ママ募集」「ママ探してます」などと、ママ(スポンサー)を求めるワードをプロフィールに書いていたのですが、最近はそれを禁止するサイトも増えてきたため、はっきりとは書かなくなっているので注意が必要です。

 たとえば「僕の夢を応援してください」とか「応援してほしいことがあります」などと書いている人は、お金を求めてくる可能性があります。起業したいので出資してほしい、芸能人になりたくてレッスン費用が高いので助けてほしいなどと言う人がいます。会ったこともない男性の、請求書すら提示していないような要求には絶対に応えるべきではありません。

「一緒にお買い物行きたい」には「何か買ってほしい」が隠れてる

「一緒にお買いものに行きたい」は「買って」アピール(写真:iStock)
「一緒にお買いものに行きたい」は「買って」アピール (写真:iStock)

 また、プロフィールのなかに巧妙に貢いでもらうことが目的であることを埋め込んでいる男性もいます。たとえば「一緒にお買い物に行きたいです」「趣味はショッピングです」と書いている人がいます。「僕に似合う服を一緒に選んでほしいです」も同じような意味ですが、つまりは「僕に何か買ってください」とおねだりしていることを表現していることが多いのです。

 さらに「好きなブランドはポールスミスです♪」などとブランドを並べて、そのブランドのものをください、と暗に言っている人もいます。「旅行が大好きです。仲良くなったら一緒に旅行に行きたいです。詳しいので案内します」などと書いている人も、旅行代を出してもらうことを期待している場合があります。わあ、若い男と一緒に旅行に行きたい!と舞い上がったその裏には、2人分の旅費が待ち構えているというわけです。「ごはん連れてってください」ももちろん、食事代は年上女性持ちです。

「生活が大変です」で「生活費を助けてください」を匂わせる

 また、かなり具体的に「いかに自分の毎日が大変か」を熱心に綴っている人もいます。たとえば「奨学金の返済が大変なので、普段の仕事の他に夜はバイトもしていて、自由になる時間がほとんどありません。遊びたいです」「将来の夢のため(もしくは留学のため)にハードにバイトをしていて毎日しんどいです」などという感じです。

 男性は好みの女性の前ではカッコつけてお金がなくてもあるフリをして見栄をはることも多いのに、こうしたアプリでしばしば見かける「生活が大変アピール」をする人がいるのはなぜなのでしょう。「生活に余裕がないので生活費を負担してほしい」からなのです。なぜ会ったこともないあなたにお金を出さなくてはならないの !?とびっくりする人もいると思いますが、あちらはいたって本気なのです。

裏にある「パパ活」で稼ぐ女子の存在

気がついたらお金が底をついていることも(写真:iStock)
気がついたらお金が底をついていることも (写真:iStock)

 彼らが手を替え品を替え年上女性のスポンサーを求める訴えを続けている背景に、パパ活で稼ぎまくっている女性たちの存在があります。美味しいものをご馳走してもらい、さらにお金までもらえるという夢のような世界を自分にも、という思いがあるのでしょう。

 ただし、世の中は男性にはそれほど甘くはありません。なぜならば、アプリに登録している多くの男性は「お金なんていらない。とにかく女性と出会いたい」という人が多いから。タダで会える男性がほとんどなので、お金を払う必要性を女性たちは感じていないのです。こうした男性たちに絶対払うべきではないとまでは思いませんが、お金を出すならプロの男性(レンタル彼氏や出張ホスト)に払ったほうがトラブルもなく、楽しめるのではないでしょうか。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク
「妻を他の男性に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #4
 出張ホストの美青年Yくん(24)の巧みなクンニリングスに身もだえする妻を見たエリート商社マンMさん(43)。ネトラレで...
蒼井凜花 2020-11-20 17:00 エロコク