マッチングアプリでお金目当ての男性を見抜く3つのポイント

内藤みか 作家
更新日:2019-05-06 06:00
投稿日:2019-05-06 06:00
 今や利用率は20代、30代の男女で約20%とも言われ、次第に一般的になりつつあるマッチングアプリ(出会い系サイト)。アラフォー・アラフィフの女性が「イケメンくん連絡して~」などと年下男性を探す姿も見受けられます。けれどお金目的で年上女性に近づく男性もいるので、気をつけてください。

「応援してください」は「お金ください」と同じ意味!?

「ママ活」と称し、自ら年上女性に営業(写真:iStock)
「ママ活」と称し、自ら年上女性に営業 (写真:iStock)

 最近はパパ活の逆ヴァージョンの「ママ活」と称し、自ら年上女性に営業をかける男性が少なくありません。最初のうちは「ママ募集」「ママ探してます」などと、ママ(スポンサー)を求めるワードをプロフィールに書いていたのですが、最近はそれを禁止するサイトも増えてきたため、はっきりとは書かなくなっているので注意が必要です。

 たとえば「僕の夢を応援してください」とか「応援してほしいことがあります」などと書いている人は、お金を求めてくる可能性があります。起業したいので出資してほしい、芸能人になりたくてレッスン費用が高いので助けてほしいなどと言う人がいます。会ったこともない男性の、請求書すら提示していないような要求には絶対に応えるべきではありません。

「一緒にお買い物行きたい」には「何か買ってほしい」が隠れてる

「一緒にお買いものに行きたい」は「買って」アピール(写真:iStock)
「一緒にお買いものに行きたい」は「買って」アピール (写真:iStock)

 また、プロフィールのなかに巧妙に貢いでもらうことが目的であることを埋め込んでいる男性もいます。たとえば「一緒にお買い物に行きたいです」「趣味はショッピングです」と書いている人がいます。「僕に似合う服を一緒に選んでほしいです」も同じような意味ですが、つまりは「僕に何か買ってください」とおねだりしていることを表現していることが多いのです。

 さらに「好きなブランドはポールスミスです♪」などとブランドを並べて、そのブランドのものをください、と暗に言っている人もいます。「旅行が大好きです。仲良くなったら一緒に旅行に行きたいです。詳しいので案内します」などと書いている人も、旅行代を出してもらうことを期待している場合があります。わあ、若い男と一緒に旅行に行きたい!と舞い上がったその裏には、2人分の旅費が待ち構えているというわけです。「ごはん連れてってください」ももちろん、食事代は年上女性持ちです。

「生活が大変です」で「生活費を助けてください」を匂わせる

 また、かなり具体的に「いかに自分の毎日が大変か」を熱心に綴っている人もいます。たとえば「奨学金の返済が大変なので、普段の仕事の他に夜はバイトもしていて、自由になる時間がほとんどありません。遊びたいです」「将来の夢のため(もしくは留学のため)にハードにバイトをしていて毎日しんどいです」などという感じです。

 男性は好みの女性の前ではカッコつけてお金がなくてもあるフリをして見栄をはることも多いのに、こうしたアプリでしばしば見かける「生活が大変アピール」をする人がいるのはなぜなのでしょう。「生活に余裕がないので生活費を負担してほしい」からなのです。なぜ会ったこともないあなたにお金を出さなくてはならないの !?とびっくりする人もいると思いますが、あちらはいたって本気なのです。

裏にある「パパ活」で稼ぐ女子の存在

気がついたらお金が底をついていることも(写真:iStock)
気がついたらお金が底をついていることも (写真:iStock)

 彼らが手を替え品を替え年上女性のスポンサーを求める訴えを続けている背景に、パパ活で稼ぎまくっている女性たちの存在があります。美味しいものをご馳走してもらい、さらにお金までもらえるという夢のような世界を自分にも、という思いがあるのでしょう。

 ただし、世の中は男性にはそれほど甘くはありません。なぜならば、アプリに登録している多くの男性は「お金なんていらない。とにかく女性と出会いたい」という人が多いから。タダで会える男性がほとんどなので、お金を払う必要性を女性たちは感じていないのです。こうした男性たちに絶対払うべきではないとまでは思いませんが、お金を出すならプロの男性(レンタル彼氏や出張ホスト)に払ったほうがトラブルもなく、楽しめるのではないでしょうか。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


これこそが求める快感♡ボルテージが上がるピストンバイブ
 ピストンバイブと聞くと、ずんずん激しく突かれるイメージがあるでしょうか。私もかつてはそう思っていましたし、実際、長いス...
桃子 2021-12-05 06:00 エロコク
出張ホストに溺れて淫らに迫った私…待っていた意外な結末
 夫の浮気を知り、出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。本業は俳優をしているというタクミ君(29)...
蒼井凜花 2021-12-03 06:00 エロコク
50歳前後でやってくる…閉経後の性欲について調べてみました
 閉経期を迎えると、女性の性欲にはいったいどのような変化が訪れるのか。そしてセックスライフはどうなっていくのか。気になっ...
内藤みか 2021-12-02 06:00 エロコク
懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・...
蒼井凜花 2021-11-19 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的にな...
蒼井凜花 2021-10-29 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク