上品だから好き 年下男性が焦がれる熟女の“3種の神器”はコレ

内藤みか 作家
更新日:2019-05-29 16:39
投稿日:2019-04-08 06:00
 超年上を好む年下男子が増加中です。若くてイケメンでも30代や40代の女性とデートしたがるという不思議な現象が起きています。そんな彼らが大喜びする熟女版3種の神器があります。熟女ならではのグッズとは、一体どのようなものでしょうか。
「上品」がキーワード(写真:iStock)
「上品」がキーワード (写真:iStock)

 彼らが熟女を好きな理由のひとつは「上品だから」。食事などの立ち居振る舞いもそうですが、服装もスカートが短すぎず、肌を露出させすぎず、品があるからいいのだといいます。熟女側からすれば「もうトシだし、若い子みたいに張りもないし、日焼けもしたくないから、あまり肌を見せたくないのよ」という理由でその格好をしているわけですが、若い男性の目にはそれが控えめに映るようです。

レースのグッズ

繊細な感じが女性らしくてたまらない(写真:iStock)
繊細な感じが女性らしくてたまらない (写真:iStock)

 彼らと同世代の若い女性たちのなかには、きわどいほど露出させた服で街を歩いている人もいて、「目のやり場に困るし品がない」と感じているそうです。彼らは胸の谷間が見えるような服は好きではなく、むしろ肌を隠したくなるのだとか。

 そんな彼らが大好きグッズはレースのもの。たとえばレースのハンカチやレースが付いている服を見ると「いいですね〜」と反応します。おそらく総レースのランジェリーも喜ぶのではないでしょうか。繊細な感じが女性らしくてたまらないんだそうですよ。

ストッキング

ストッキングを履いた足にドキドキ(写真:iStock)
ストッキングを履いた足にドキドキ (写真:iStock)

 そして熟女好きの彼らを魅了してやまないのがストッキングです。若い女の子がはいているような模様が入っているものはあまり好きではありません。網タイツをはいてもらいたいとも思っていないのです。彼らが好きなのは薄めの黒やスキンベージュなどの肌の色に近いオーソドックスなタイプ。あまり飾り立てないシンプルな品に控えめな色気を感じるのだそうです。

 ちなみにそのよくあるタイプのストッキングを彼らがどうしたいかというと、決して破りたいわけではありません。もし脱がすにしてもゆっくり脱がしたいのだそうです。彼らが熟女に望んでいるのは、決して一過性の遊びではありません。お互いを慈しむ、丁寧な交際なのです。それは、ストッキングの脱がせかたにも現れている気がします。

 実は彼らは脱がすことすら考えない時もあります。ただ目の前にストッキングを履いた熟女の脚がある、それだけでひたすら嬉しいらしいのです。熟女とはまったりとしたリズムで絡めるところもいいのだとか。例えば若い女性と付き合うと1日中LINEのやり取りを求められ疲れてしまうけれど、熟女とはLINEをしても1日1往復程度でも許してもらえるので面倒ではないそうです。

つば広帽子

「女優帽」なんて呼び方も…(写真:iStock)
「女優帽」なんて呼び方も… (写真:iStock)

 そしてかなりの男子が反応するのが実はなぜか、つば広帽子なんです! 大きな帽子の熟女は、フランスのマダムっぽい艶があって、ときめいてしまうのだそとか。そういえば私も思い当たるふしがあります。日焼けをしたくなくて、夏の暑い日に白の麦わら風の帽子でいったところ、若い男子に喜ばれ、カフェに入っても帽子を取ることを許してもらえませんでした。

 大きな帽子をかぶっていたら顔が隠れて見えないんじゃないかと聞いたのですが、それがいいんだとのこと。帽子で隠されている顔に恥じらいや色気さを感じて、ときめくのだそうです。日傘ではなく、つば広帽がいいのだとか。想像以上に絶大な効果を発揮するので、夏に男性に会う時は、私はあえてこのタイプの帽子で出かける時もあるほどです。

若い男子のツボは昭和風スタイル

レトロでエレガントな雰囲気がお好き?(写真:iStock)
レトロでエレガントな雰囲気がお好き? (写真:iStock)

 このほかにも、パールのイヤリング、ぴったりとした日焼け防止の手袋、あまり体のラインが出ないワンピースなどの熟女アイテムが若い男子のツボを押すらしいです。ちょっと昭和風なスタイルがお好きなようなので、若い年下くんと仲良くしたいアラフォーさんには、ぜひ試してみていただきたいです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ