上品だから好き 年下男性が焦がれる熟女の“3種の神器”はコレ

内藤みか 作家
更新日:2019-05-29 16:39
投稿日:2019-04-08 06:00
 超年上を好む年下男子が増加中です。若くてイケメンでも30代や40代の女性とデートしたがるという不思議な現象が起きています。そんな彼らが大喜びする熟女版3種の神器があります。熟女ならではのグッズとは、一体どのようなものでしょうか。
「上品」がキーワード(写真:iStock)
「上品」がキーワード (写真:iStock)

 彼らが熟女を好きな理由のひとつは「上品だから」。食事などの立ち居振る舞いもそうですが、服装もスカートが短すぎず、肌を露出させすぎず、品があるからいいのだといいます。熟女側からすれば「もうトシだし、若い子みたいに張りもないし、日焼けもしたくないから、あまり肌を見せたくないのよ」という理由でその格好をしているわけですが、若い男性の目にはそれが控えめに映るようです。

レースのグッズ

繊細な感じが女性らしくてたまらない(写真:iStock)
繊細な感じが女性らしくてたまらない (写真:iStock)

 彼らと同世代の若い女性たちのなかには、きわどいほど露出させた服で街を歩いている人もいて、「目のやり場に困るし品がない」と感じているそうです。彼らは胸の谷間が見えるような服は好きではなく、むしろ肌を隠したくなるのだとか。

 そんな彼らが大好きグッズはレースのもの。たとえばレースのハンカチやレースが付いている服を見ると「いいですね〜」と反応します。おそらく総レースのランジェリーも喜ぶのではないでしょうか。繊細な感じが女性らしくてたまらないんだそうですよ。

ストッキング

ストッキングを履いた足にドキドキ(写真:iStock)
ストッキングを履いた足にドキドキ (写真:iStock)

 そして熟女好きの彼らを魅了してやまないのがストッキングです。若い女の子がはいているような模様が入っているものはあまり好きではありません。網タイツをはいてもらいたいとも思っていないのです。彼らが好きなのは薄めの黒やスキンベージュなどの肌の色に近いオーソドックスなタイプ。あまり飾り立てないシンプルな品に控えめな色気を感じるのだそうです。

 ちなみにそのよくあるタイプのストッキングを彼らがどうしたいかというと、決して破りたいわけではありません。もし脱がすにしてもゆっくり脱がしたいのだそうです。彼らが熟女に望んでいるのは、決して一過性の遊びではありません。お互いを慈しむ、丁寧な交際なのです。それは、ストッキングの脱がせかたにも現れている気がします。

 実は彼らは脱がすことすら考えない時もあります。ただ目の前にストッキングを履いた熟女の脚がある、それだけでひたすら嬉しいらしいのです。熟女とはまったりとしたリズムで絡めるところもいいのだとか。例えば若い女性と付き合うと1日中LINEのやり取りを求められ疲れてしまうけれど、熟女とはLINEをしても1日1往復程度でも許してもらえるので面倒ではないそうです。

つば広帽子

「女優帽」なんて呼び方も…(写真:iStock)
「女優帽」なんて呼び方も… (写真:iStock)

 そしてかなりの男子が反応するのが実はなぜか、つば広帽子なんです! 大きな帽子の熟女は、フランスのマダムっぽい艶があって、ときめいてしまうのだそとか。そういえば私も思い当たるふしがあります。日焼けをしたくなくて、夏の暑い日に白の麦わら風の帽子でいったところ、若い男子に喜ばれ、カフェに入っても帽子を取ることを許してもらえませんでした。

 大きな帽子をかぶっていたら顔が隠れて見えないんじゃないかと聞いたのですが、それがいいんだとのこと。帽子で隠されている顔に恥じらいや色気さを感じて、ときめくのだそうです。日傘ではなく、つば広帽がいいのだとか。想像以上に絶大な効果を発揮するので、夏に男性に会う時は、私はあえてこのタイプの帽子で出かける時もあるほどです。

若い男子のツボは昭和風スタイル

レトロでエレガントな雰囲気がお好き?(写真:iStock)
レトロでエレガントな雰囲気がお好き? (写真:iStock)

 このほかにも、パールのイヤリング、ぴったりとした日焼け防止の手袋、あまり体のラインが出ないワンピースなどの熟女アイテムが若い男子のツボを押すらしいです。ちょっと昭和風なスタイルがお好きなようなので、若い年下くんと仲良くしたいアラフォーさんには、ぜひ試してみていただきたいです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたの彼は、いつもあなたを大切にしてくれますか? 「大切にされていない!」と感じた人もいるかもしれませんね。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この人とはもう無理!やっていけない!と離婚が頭をよぎる人って多いはずです。本...
山崎世美子 2020-10-17 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:16 ラブ