上品だから好き 年下男性が焦がれる熟女の“3種の神器”はコレ

内藤みか 作家
更新日:2019-05-29 16:39
投稿日:2019-04-08 06:00
 超年上を好む年下男子が増加中です。若くてイケメンでも30代や40代の女性とデートしたがるという不思議な現象が起きています。そんな彼らが大喜びする熟女版3種の神器があります。熟女ならではのグッズとは、一体どのようなものでしょうか。
「上品」がキーワード(写真:iStock)
「上品」がキーワード (写真:iStock)

 彼らが熟女を好きな理由のひとつは「上品だから」。食事などの立ち居振る舞いもそうですが、服装もスカートが短すぎず、肌を露出させすぎず、品があるからいいのだといいます。熟女側からすれば「もうトシだし、若い子みたいに張りもないし、日焼けもしたくないから、あまり肌を見せたくないのよ」という理由でその格好をしているわけですが、若い男性の目にはそれが控えめに映るようです。

レースのグッズ

繊細な感じが女性らしくてたまらない(写真:iStock)
繊細な感じが女性らしくてたまらない (写真:iStock)

 彼らと同世代の若い女性たちのなかには、きわどいほど露出させた服で街を歩いている人もいて、「目のやり場に困るし品がない」と感じているそうです。彼らは胸の谷間が見えるような服は好きではなく、むしろ肌を隠したくなるのだとか。

 そんな彼らが大好きグッズはレースのもの。たとえばレースのハンカチやレースが付いている服を見ると「いいですね〜」と反応します。おそらく総レースのランジェリーも喜ぶのではないでしょうか。繊細な感じが女性らしくてたまらないんだそうですよ。

ストッキング

ストッキングを履いた足にドキドキ(写真:iStock)
ストッキングを履いた足にドキドキ (写真:iStock)

 そして熟女好きの彼らを魅了してやまないのがストッキングです。若い女の子がはいているような模様が入っているものはあまり好きではありません。網タイツをはいてもらいたいとも思っていないのです。彼らが好きなのは薄めの黒やスキンベージュなどの肌の色に近いオーソドックスなタイプ。あまり飾り立てないシンプルな品に控えめな色気を感じるのだそうです。

 ちなみにそのよくあるタイプのストッキングを彼らがどうしたいかというと、決して破りたいわけではありません。もし脱がすにしてもゆっくり脱がしたいのだそうです。彼らが熟女に望んでいるのは、決して一過性の遊びではありません。お互いを慈しむ、丁寧な交際なのです。それは、ストッキングの脱がせかたにも現れている気がします。

 実は彼らは脱がすことすら考えない時もあります。ただ目の前にストッキングを履いた熟女の脚がある、それだけでひたすら嬉しいらしいのです。熟女とはまったりとしたリズムで絡めるところもいいのだとか。例えば若い女性と付き合うと1日中LINEのやり取りを求められ疲れてしまうけれど、熟女とはLINEをしても1日1往復程度でも許してもらえるので面倒ではないそうです。

つば広帽子

「女優帽」なんて呼び方も…(写真:iStock)
「女優帽」なんて呼び方も… (写真:iStock)

 そしてかなりの男子が反応するのが実はなぜか、つば広帽子なんです! 大きな帽子の熟女は、フランスのマダムっぽい艶があって、ときめいてしまうのだそとか。そういえば私も思い当たるふしがあります。日焼けをしたくなくて、夏の暑い日に白の麦わら風の帽子でいったところ、若い男子に喜ばれ、カフェに入っても帽子を取ることを許してもらえませんでした。

 大きな帽子をかぶっていたら顔が隠れて見えないんじゃないかと聞いたのですが、それがいいんだとのこと。帽子で隠されている顔に恥じらいや色気さを感じて、ときめくのだそうです。日傘ではなく、つば広帽がいいのだとか。想像以上に絶大な効果を発揮するので、夏に男性に会う時は、私はあえてこのタイプの帽子で出かける時もあるほどです。

若い男子のツボは昭和風スタイル

レトロでエレガントな雰囲気がお好き?(写真:iStock)
レトロでエレガントな雰囲気がお好き? (写真:iStock)

 このほかにも、パールのイヤリング、ぴったりとした日焼け防止の手袋、あまり体のラインが出ないワンピースなどの熟女アイテムが若い男子のツボを押すらしいです。ちょっと昭和風なスタイルがお好きなようなので、若い年下くんと仲良くしたいアラフォーさんには、ぜひ試してみていただきたいです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ
NO,ヤリモク!“都合のいい女”回避で初デートを成功させる法
 気になる男性との初デート、絶対に成功させたいですよね。できればデートを通して関係を深めて、真剣交際に発展させたいもの。...
若林杏樹 2022-09-28 06:00 ラブ
浮気の沼から出たい!なぜ禁断の恋ばかり? 5つのやめる方法
 パートナーがいるにも関わらず、ドキドキ感がたまらなくて浮気にはまってしまう人は少なくありません。しかし、ある程度の期間...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
仰天!男目線で分析する「美人の条件6つ」演じる際の参考に
 男性からモテるために「美人な女性」を目指していても、実は男女で美人の条件は大きく異なるようです。つまり、男性にモテるた...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
【実録】離婚は嘘、嫁いるよね?絶対に自宅に誘ってこない男
 こんにちは! 林知佳と申します。マッチングアプリで出会ったとんでもない男たちの第2回目! 世の中の女子たちがこれを読ん...
林知佳 2022-09-27 06:00 ラブ