上品だから好き 年下男性が焦がれる熟女の“3種の神器”はコレ

内藤みか 作家
更新日:2019-05-29 16:39
投稿日:2019-04-08 06:00
 超年上を好む年下男子が増加中です。若くてイケメンでも30代や40代の女性とデートしたがるという不思議な現象が起きています。そんな彼らが大喜びする熟女版3種の神器があります。熟女ならではのグッズとは、一体どのようなものでしょうか。
「上品」がキーワード(写真:iStock)
「上品」がキーワード (写真:iStock)

 彼らが熟女を好きな理由のひとつは「上品だから」。食事などの立ち居振る舞いもそうですが、服装もスカートが短すぎず、肌を露出させすぎず、品があるからいいのだといいます。熟女側からすれば「もうトシだし、若い子みたいに張りもないし、日焼けもしたくないから、あまり肌を見せたくないのよ」という理由でその格好をしているわけですが、若い男性の目にはそれが控えめに映るようです。

レースのグッズ

繊細な感じが女性らしくてたまらない(写真:iStock)
繊細な感じが女性らしくてたまらない (写真:iStock)

 彼らと同世代の若い女性たちのなかには、きわどいほど露出させた服で街を歩いている人もいて、「目のやり場に困るし品がない」と感じているそうです。彼らは胸の谷間が見えるような服は好きではなく、むしろ肌を隠したくなるのだとか。

 そんな彼らが大好きグッズはレースのもの。たとえばレースのハンカチやレースが付いている服を見ると「いいですね〜」と反応します。おそらく総レースのランジェリーも喜ぶのではないでしょうか。繊細な感じが女性らしくてたまらないんだそうですよ。

ストッキング

ストッキングを履いた足にドキドキ(写真:iStock)
ストッキングを履いた足にドキドキ (写真:iStock)

 そして熟女好きの彼らを魅了してやまないのがストッキングです。若い女の子がはいているような模様が入っているものはあまり好きではありません。網タイツをはいてもらいたいとも思っていないのです。彼らが好きなのは薄めの黒やスキンベージュなどの肌の色に近いオーソドックスなタイプ。あまり飾り立てないシンプルな品に控えめな色気を感じるのだそうです。

 ちなみにそのよくあるタイプのストッキングを彼らがどうしたいかというと、決して破りたいわけではありません。もし脱がすにしてもゆっくり脱がしたいのだそうです。彼らが熟女に望んでいるのは、決して一過性の遊びではありません。お互いを慈しむ、丁寧な交際なのです。それは、ストッキングの脱がせかたにも現れている気がします。

 実は彼らは脱がすことすら考えない時もあります。ただ目の前にストッキングを履いた熟女の脚がある、それだけでひたすら嬉しいらしいのです。熟女とはまったりとしたリズムで絡めるところもいいのだとか。例えば若い女性と付き合うと1日中LINEのやり取りを求められ疲れてしまうけれど、熟女とはLINEをしても1日1往復程度でも許してもらえるので面倒ではないそうです。

つば広帽子

「女優帽」なんて呼び方も…(写真:iStock)
「女優帽」なんて呼び方も… (写真:iStock)

 そしてかなりの男子が反応するのが実はなぜか、つば広帽子なんです! 大きな帽子の熟女は、フランスのマダムっぽい艶があって、ときめいてしまうのだそとか。そういえば私も思い当たるふしがあります。日焼けをしたくなくて、夏の暑い日に白の麦わら風の帽子でいったところ、若い男子に喜ばれ、カフェに入っても帽子を取ることを許してもらえませんでした。

 大きな帽子をかぶっていたら顔が隠れて見えないんじゃないかと聞いたのですが、それがいいんだとのこと。帽子で隠されている顔に恥じらいや色気さを感じて、ときめくのだそうです。日傘ではなく、つば広帽がいいのだとか。想像以上に絶大な効果を発揮するので、夏に男性に会う時は、私はあえてこのタイプの帽子で出かける時もあるほどです。

若い男子のツボは昭和風スタイル

レトロでエレガントな雰囲気がお好き?(写真:iStock)
レトロでエレガントな雰囲気がお好き? (写真:iStock)

 このほかにも、パールのイヤリング、ぴったりとした日焼け防止の手袋、あまり体のラインが出ないワンピースなどの熟女アイテムが若い男子のツボを押すらしいです。ちょっと昭和風なスタイルがお好きなようなので、若い年下くんと仲良くしたいアラフォーさんには、ぜひ試してみていただきたいです。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ