内弁慶ダダ漏れの特徴は?実体験で学んだ“困ったちゃん”対策

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2022-10-28 06:00
投稿日:2022-10-28 06:00
 みなさんは自分のことを”内弁慶”だと思いますか? 内弁慶とは、身内や親人には厳しく、他人には甘い顔を見せやすい人――。
 早々で申し訳ないのですが、私はこの内弁慶タイプが本当に苦手です。近しい間柄の人がそういう感じだとずっしりとストレスが……。
 どろんぱでは、コミとママが内緒話をしています。

 

 

 

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

 

”何を言ってもいい人”なんて存在しない

 私が出会ったなかで、「あ、この人内弁慶だな」と感じる人には特徴があります。それは”チヤホヤされたい欲”が強いです。

 人間誰しも持っている欲望だと思うのですが、あまりにも強いと、その先に待っているのは破滅のみ。パワハラ、モラハラを併発するケースもよくあるので、周りの人は離れていきます。

 こうなるとチヤホヤされたい欲が満たされず、無限に同じ行動を繰り返していくのです。

内弁慶とは距離を置こう

 実は私の身近な人にも内弁慶タイプがいるのですが、めちゃくちゃしんどいです……。

 身内に対してあまりにも失礼なことをズケズケと言うので、一度そっと注意しましたが、全く聞き耳持たず。

 その上、「外ではこんなことは言わない。身内にだけ。自分はちゃんと場を弁(わきま)えている」と言うのです。

 ……絶句。なんじゃそりゃ。

 自分で「外面はいいです。身内には気を遣えません」宣言してどうする。近しい人を気遣えない人間が、よそで気を遣えてるとは思えません。

《身内だから気を遣わなくていい》という言葉をねじまげて解釈し、《身内には何を言っても許される》となってしまっているんですよね。

 こんな甘えられ方されちゃ、たまったもんじゃないです。それが会社の上司とかならもう最悪!

 対処法としては、その甘えに反応しないぐらいしかないと思います。こっちができる対策はほとんどないので、ひどい内弁慶とは距離を置きましょう。

 いつか彼らが自分の内弁慶っぷりに気づく日が来るのを願っています。

登場人物紹介

コミ、ママ(漫画:おくげちゃん)
コミ、ママ (漫画:おくげちゃん)

コミ:どろんぱのホステス。営業後にママと飲みながら雑談する時間が楽しみになっている。自分ではあまり人を見る目がないと思っていて、ママの意見をいつも参考にしているみたい。

ママ:どろんぱのママ。人を見る目には絶対の自信があったので、今回の件はショックだったよう。このあとコミに「弘法にも筆の誤り」と諭され、自信を回復したらしい。

おくげちゃん
記事一覧
漫画家・イラストレーター
酒呑みまんが家。ふしぎで妖しい話を描いています。就活が嫌すぎて3年間ドイツに逃亡するなど放浪癖あり。京都市出身、東京在住。水商売歴10年。XInstagramでは毎日漫画を更新中。実績などはこちら

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


友達褒めるはずが「シェイシェイのワンピ可愛い」で自滅…知ったか、恥っ
 人間誰しも知ったかぶりをしてしまった経験があるはず。知ったかぶりでその場を乗り切れるならいいものの、中にはボロが出て顔...
控えめな家族葬が200万ってマジ? 祖母急死で痛感!葬儀業者の“こっそり上乗せ”テク
 幼い頃に両親が離婚し母方の実家で暮らすことになりました。そんな筆者を優しく迎えてくれた祖母が2023年の11月に他界。...
2024-05-27 06:00 ライフスタイル
「楽しく暮らしています」“たまたま”が遠く離れた母上に一筆啓上
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
幸せの価値、そして――。
 家族親子恋人たちお年寄りも若者も桜に埋もれて過ごす時、人は皆幸せそうだ。  季節はもうすぐ梅雨――。
ほっこり癒し漫画/第74回「ヘルプみーこ」(中編)
【連載第74回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
今さら聞きにくい? 英語の新敬称「Mx.」や「X」って何
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
夫の胸ポケからキャバ名刺→子の刻に家出!?いいから落ち着けが止まらない
 LINEの文面だけでも、意外と「焦ってる」「取り乱してる」と分かるものですよね。今回は、そんな慌ただしいLINEを3つ...
すげえ!BoA完コピおじいに喝采。スナック常連の濃ゆいエピソード3選
 みなさんの職場には癒しキャラはいますか? スナックで働いているといろんな人を見るのですが、癒しキャラもとっても多いんで...
好きを仕事にしても「しんどい」よ。憧れだけではない現実との向き合い方
 キャリアについてよく聞くフレーズが「好きを仕事に」。確かに、好きなことでお金を稼げたら一挙両得! 幸せな毎日が送れそう...
「マタニティハイ」要注意! おブスな振る舞いが誰かを傷つける可能性も
「妊娠して幸せの絶頂です!」と感じている女性必見! 今回は、マタニティハイでやりがちなNG言動を4つ紹介します。  妊...
クネクネの正体はおとうさん!“たまたま”が真実を知った瞬間
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
【花屋実践】春から秋まで眼福♡ずぼら激推し良コスパの姫リョウブって?
 今年も自らの無計画さを後悔する季節がやってきました。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋の店横にある屋外LAB(「植物...
「ぼっち・ざ・ろっく!」のぼっちちゃんも仰天!承認欲求モンスター図鑑
 承認欲求は、人間であれば持っている自然な欲求。誰だって「自分の話を聞いて欲しい」「自分を認めて欲しい」と感じることがあ...
気まずい既読スルー後は演技力が命!《文章未完+矢印》で打ち途中を装う
 友達や知り合いからLINEが届いても、LINEの内容や忙しさによってはつい返信を後回しにしてしまいがち。そのまま忘れて...
6月病とは? 実は5月よりもタチ悪い説が…早め対策がマスト
「GWが明けてからも5月病にならず元気だったのに、6月になってからなんだかやる気が出ない…」「6月に入ってから、体も心も...
2024-05-21 06:00 ライフスタイル
【調香師監修】頭のにおいは“武器”!愛され頭皮になるヘアケア&香り術
 男性から女性への愛情行為のひとつに「頭皮のにおいを嗅ぐ」しぐさがあります。カレが貴女の頭のにおいを嗅いできたら、それは...