女性向け風俗のコスパ#1…彼氏とは違う“プロの技”の料金は?

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-10-11 16:43
投稿日:2019-05-22 06:00

お金で身体だけ気持ちよくなりたい

女性だって性欲がたまる(写真:iStock)
女性だって性欲がたまる (写真:iStock)

 女性だって「最近、性欲がたまっているな~」と思うことはありますよね! 

 そんな時に、必ずしも彼氏がいるとはかぎりません。でも、それだけで男の人と関係してしまうと、いろいろなトラブルが……。

「ヤリマンだって噂されるのも困るし、セフレでいようって話だったのに、相手だけ本気になって執着されるのも迷惑。男の人みたいに、お金で身体だけ気持ちよくなれる場所があればいいのに……と思う時があるんですよ」

 と、実際に女性向け性風俗を利用している亜里沙さん(32歳・会社員)。

 “女性向け風俗なんて本当にあるの?”とネット検索すると、出てくる出てくる……。

 みんなこっそり利用しているのかな? でも料金は? 安全面は? そもそもどうやってアクセスするの?

ファースト風俗のお店をどう選ぶ?

待ち合わせてからホテル街に…(写真:iStock)
待ち合わせてからホテル街に… (写真:iStock)

 出張ホスト、レンタル彼氏、性感マッサージ、レズ風俗、女性専用SMクラブ……。

 いろいろありますが、基本的にホテルなどで会うシステム。お店に行くわけではありません。

 お店の情報はネットがすべてです。必ずチェックするポイントは、

○料金と時間は細かく書いてあるか
○メールやチャットでの質問に“わかりやすく”“丁寧に”“ごまかしなく”答えてくれるか
○“本番NG”を明記しているか(挿入行為は法律で禁止されています)

「利用料金のほかにホテル代とキャストの交通費がかかることを忘れないで。70~90分ぐらいの利用だとして、2万円は見ておかないと」と亜里沙さん。

 そのへんもメールやチャットでハッキリきいておきましょう。

「実際には格安店もあれば、AV男優が在籍しているお店、お泊りコースのあるお店など、高いお店もいくらでもあります。でも、最初にそういうお店を選んでもうまく遊べないから、平均的な価格帯のお店がいいですよ」

 実は亜里沙さん、最初に利用した性感マッサージでお店選びを失敗しました。そこは格安料金のお店。

「イケメンでした。一人で運営してて、ほかにキャストやスタッフがいないから安くできるんだと言ってました」

 駅前で待ち合せてラブホ街へ行き、亜里沙さんが「ここなら」と選んだホテルにIN。

 事前に聞いていたとおり、キャストの服装はブランド物のデニムにスニーカー。はたから見たら普通のカップルだよね、と亜里沙さんはホッとしました。

リスクを回避して安全に遊ぶのが基本

プロの魅力に酔いしれる(写真:iStock)
プロの魅力に酔いしれる (写真:iStock)

「生まれてはじめて電マを使われて、メチャ気持ちよかった。マッサージは全然なかったんだけど、そういうもんなのかなあ、と思ったんです。それから恋人どうしみたいなムードになって、挿入もされちゃって……」

 もちろん本番行為(挿入を伴うセックス)は禁止です!

「私が風俗の常識を知らないだけで、そういうものなのかも……と思って流されちゃったんです。コンドームは付けてくれたけど……。しなきゃよかった、と気づいたのは帰るとき。次回からはホテル代だけでいいよ、と言われました。えーっ、お金払ってセフレにされちゃうところだったよ、と。もちろん二度と利用しませんでしたよ!」

 どんなに感じのよいキャストでも、公私混同する人は避けましょう。

「せっかくお金を出して遊んでいるのにガッカリ。これじゃプロのパフォーマンスとは言えないですよね。それに、よく考えたらほかのお客ともやっているはず。全員とコンドームつけているって保証はない。怖くなって性病検査に行きました」

 プロ意識のないキャストやお店はトラブルのもと! 安全に遊ぶためには、「話がちがう」と思ったら勇気を出して断りましょう。

 それができない人は風俗を利用しちゃダメなのです。

「2軒目に選んだお店で、マッサージが神レベルのキャストに当たり天国でした。指技、手技で10回以上イカせてくれたんです」

 でも、亜里沙さんがメロメロになっても、キャストは脱がない。

 腕枕してうたた寝させてくれたけど、挿入なんかはもちろんしない。

「崩さない態度に、かえってこっちはそそられて、また指名しちゃうんです。この人には今もかよっていますね」

 プロの魅力ってこういうことなんですね。

(次回に続きます)

関連キーワード

エロコク 新着一覧


直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク