【実録】兄弟喧嘩にうんざり!我が子と私に不足していたもの

tumugi・ひでまる ツレ婚夫婦ライター
更新日:2023-01-23 06:00
投稿日:2023-01-23 06:00
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザーを経て「ひでまる」と再婚。今では3人目の子どもが誕生し、5人家族で暮らすアラサーです。
 3人の子どもを抱えながら働くって、思っていたよりも大変! 本連載は子育てをしながらバタバタと過ぎていく毎日の中で、私が感じたことやちょっとした事件(笑)を「働くママのリアル」を通してお伝えします。

自宅療養中に困ったこと

仲が良いときの3兄弟写真(写真:tumugi)
仲が良いときの3兄弟写真 (写真:tumugi)

 みなさん今日もママ業お疲れ様です! 年が明けた今だから言えるのですが、ついに私もコロナウイルスに感染してしまい、クリスマスを自宅隔離で過ごしました。本当はしっかり準備してクリスマスパーティーをしたかったのに……無念。

 幸運だったのは、私以外の家族はなぜか感染せずに無事療養期間を明けられたこと。その一方で、元気のあり余る子どもたちは、家の中をドンドンドンドン大暴れ。

 ママが大好きな末っ子は隙あらば抱きついてこようとしたり、チューしようとしたり、油断も隙もありません。みなさんどうやって隔離しているのでしょうか? めちゃくちゃ気になります……。

 また、子どもだけで過ごさせるとすぐに喧嘩をし始める我が子たち。ベッドで伏せている私はなすすべなく、子どもたちがヒートアップしていく様を見ているしかありません。

 今回は、そんな兄弟喧嘩についてのお話です。

毎日喧嘩をする子どもたちにうんざり

仲良く遊んでいると思ったら…(写真:iStock)
仲良く遊んでいると思ったら… (写真:iStock)

 うちは長女と長男が2歳差で、末っ子と長女は8歳差です。なかでも、長女と長男の喧嘩は日常茶飯事。どちらが先にお風呂に入るかなどの小さいことから、ゲーム中の煽(あお)り合いが取っ組み合いの喧嘩に発展することもあります。

 もちろん末っ子もそれに参戦。本人いわく「楽しそうだから」というわけの分からない理由です。案の定、長女や長男に揉みくちゃにされて大泣きする始末。自ら戦地に向かうその心意気は良いですが、やめて欲しいですね(笑)。

 毎日嫌というほど喧嘩をする子どもたち。なぜこんなにも喧嘩をするのでしょうか? 男女差や年齢差によっても違いはあるでしょうが、子どもの喧嘩の理由なんて単純です。それは「不快だと感じたから」。

 彼らはそう感じたが最後、言葉の暴力や物理的な暴力へと転じます。大人はそこで我慢できますが、子どもには難しいですよね。「不快」を表現する手段が喧嘩というわけです。

 頭では分かっていても、実際に目の前で繰り広げられる喧嘩を見てしまうと、ウンザリしてしまいます。「不快なのは分かったから! その表現方法を変えてくれ!」という母の願いもむなしく、今日も目の前で子どもたちは元気に喧嘩をしているのでした。

tumugi・ひでまる
記事一覧
ツレ婚夫婦ライター
10代で結婚、20代で離婚した3人の子を持つ占い師ライターtumugiと、元妻に2回も不倫サレてバツイチとなった会社員のひでまるが出会い、ステップファミリー(子連れ再婚)に。夫婦ともにFPの資格を所持し、保険会社勤務の経歴を持つ。自らの体験から『ステップファミリーの本音』をテーマに情報発信をしている。ステップファミリーを目指す方の背中を押すべく占い×実体験のアドバイスを用いて活動中!
ブログYouTubeXInstagram公式LINE
◆相談はこちら

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
最新「グダグダなLINEやり取りの終わらせ方」知らないのは無防備すぎる
 仕事からプライベートまで、コミュニケーションツールとして使えるLINE。便利かつ気軽ではありますが、それゆえにダラダラ...
スマホを持たないサブカル老人の願い「本屋に行く楽しみを奪わないで~」
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
クレクレママの実態 買い換えるなら「車くれない?」っておねだりする!?
 人のものをすぐに欲しがるクレクレママ、あなたの周りにはいませんか? おさがりなどをもらってくれて助かることもあるけれど...
44歳独身、今からでも遅くない?ズル休み→大学進学を決めた“無敵の女”
 八王子の居酒屋で契約社員として働く由紀は、信じていた学生バイトに蔑まれ、客の若者にも罵られる日々。見かねた学生バイトの...
私の時給はパフェより低い…置き去り氷河期世代の苦悩「感覚死んでる」
 八王子の居酒屋で契約社員として働く由紀は、特段面白みのない毎日を過ごしている。元気な学生バイトたちに囲まれ慌ただしい日...