【「らんまん」第1週】まさかの母他界、朝ドラの主人公は変人が面白い

桧山珠美 TVコラムニスト
更新日:2023-04-09 06:00
投稿日:2023-04-09 06:00

NHK朝ドラ「らんまん」~第1週「バイカオウレン」(4月3~7日放送)

癒しボイス(C)日刊ゲンダイ
癒しボイス (C)日刊ゲンダイ

 土曜の朝ドラは、月~金曜までの計5日間をギュッとコンパクトにまとめたダイジェスト。2020年度前期の「エール」から、制作現場の負担を軽減する働き方改革により、月~金曜は新作、土曜は1週間の振り返り=ダイジェスト、という現在のスタイルに変更されました。

 平日は学校や会社があるから見られないという人も、今週ちょっと見逃してしまったという人も、土曜のダイジェスト版を見れば安心、なんとかなる救済枠です。そんなダイジェストから、「らんまん」第1週「バイカオウレン」の感想を少々。

 春爛漫の候にスタートした朝ドラ「らんまん」。高知県出身、“日本植物学の父”といわれた牧野富太郎をモデルにした長田育恵によるオリジナル脚本です。

土曜日の“まとめ”も宮崎あおい

 これまで「エール」では朝ドラおじさんことバナナマン日村、「おかえりモネ」ではサンドウィッチマンがナビゲーターを務めるなど、土曜は特別扱いでしたが、今回は本編で<語り>を務める宮崎あおいが引き続き担当するようです。

「連続テレビ小説『らんまん』。いよいよ放送スタートです。個性豊かな草や花たち、そして魅力的な人々との出会いに満ち溢れた主人公・万太郎の物語。毎週土曜日、一緒に見守っていきましょう」

 本編と同じく<語り>を務める宮崎あおいが私たちに語りかけます。その声をバックに、今回の主人公・万太郎を演じる神木隆之介が登場。水辺で新種の草花を見つけ、手に取った草花に「初めましてー」と挨拶。どこから見ても陽キャな万太郎。が、神木くんの本格的な登場はもう少し先のこと。しばし幼少時代の万太郎(森優理斗)のエピソードを楽しむとしましょう。

病弱な主人公の悩み

朝ドラの貴公子(C)NHK
朝ドラの貴公子 (C)NHK

 時は慶應3年(1867年)。わずか5歳にして酒蔵「峰屋」の当主の万太郎。祖父や父はすでに他界。祖母のタキ(松坂慶子)が本家を切り盛りしています。万太郎の母ヒサ(広末涼子)も病床にあり、万太郎自身も走るとすぐに熱が出てしまう。姉・綾は利発で男勝り。体も丈夫そう。しっかり者の頼れる姉です。

 ほかに、祖母に万太郎の世話役を命じられた使用人の息子・竹雄(井上涼太)。彼らが今後、万太郎を支えていくことになるのでしょう。

「生まれてこんほうがよかった」という大人たちの言葉に傷つき、家を飛び出した万太郎は裏の神社で天狗と出会います。悩みを打ち明けると、

「生まれてこんほうがよかった人ら、ひとりもおらんぜよ。この世に同じ命らひとつもない。みんな自分の務めをもって生まれてくるがじゃき。己の命と心を燃やして何かひとつことを成すために生まれてくるがじゃ。おまんも大きゅうなったらなんでもできる。望むものになれるがやき。さあ望みは? おまんはなにがしたいぜよ」

 万太郎に言葉を投げかける天狗の正体は土佐のヒーロー、坂本龍馬(ディーン・フジオカ)でした。

 いなくなった万太郎を探しに来た母は、白い花を見つけ、「おかあちゃんが1番好きな花。冬の間ずっと冷たい地面の下でちゃんと根を張って、春、真っ先にこんなに白くて可愛い花を咲かせてくれちゅう。この花はたくましい。命のちからに満ちちゅう」と万太郎に語りかけます。

「何て名前?」と聞く万太郎に、母は「名前は知らんき。どうしてこんな花が咲くか不思議じゃねえ」。

「春になったらおかあちゃん、あそこにおるね。また会おうね」

 そんな言葉を遺して静かに息を引き取った母。

 そして、春。約束の場所に来た万太郎は白い花を見つけます。

「咲いたねえ。見えんなっても命のちからに満ちちゅう。万太郎もね」という母の言葉に涙しますが、「さあ望みは? おまんは何がしたいがぜよ」という龍馬の言葉に、「わしはこの花の名前が知りたい!」と力強く答えます。その足元には、白い花が広がっていきました。

 第1週目にして母が他界するとは思いもしませんでしたが、その死によって、万太郎は生涯為すべきことを見つけたのでした。冒険の始まりに胸が高まります。

【第1週「バイカオウレン」のツボ】

第6回放送より(C)NHK
第6回放送より (C)NHK

「わしはこの花の名前が知りたい!」(万太郎)

 チビ万太郎(森優理斗)、大活躍の1週間でした。決していい子とはいえないところも気に入りました。蔵人たちへのねぎらいの言葉からは、人たらしの才能も感じられ、どんなチャーミングな人に成長するのか楽しみです。

 ディーンの龍馬との再会はあるのでしょうか。朝ドラの主人公はちょっと変人なくらいが面白いので、万太郎には期待できそうです。母・ヒサになりかわり、見守っていくとしましょう。

 あいみょんの主題歌「愛の花」も爽やかな朝にふさわしいのですが、ドラマを盛り上げる阿部海太郎の劇伴がとても心地よく、注目ポイントです。

桧山珠美
記事一覧
TVコラムニスト
大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。読売新聞「アンテナ」、放送批評誌「GALAC」、日刊ゲンダイ「あれもこれも言わせて」などで連載中。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


長谷川博己「アンチヒーロー」2話目で上昇、レビュー&主題歌も高評価だが…今期ナンバーワンの“本命”に欠けているもの
 長谷川博己(47)主演のTBS日曜劇場「アンチヒーロー」の第2話が21日に放送され、平均視聴率は世帯12.8%、個人7...
2024-04-23 17:03 エンタメ
《見た目重視は女性だけ?》フジテレビ新人"貫禄"男性アナが話題も…TV局の“ルッキズム”志向が明るみに
 20日放送されたフジテレビ系「明石家さんまの推しアナGP」では、フジテレビの新人・上垣皓太朗アナウンサー(23)が話題...
2024-04-23 17:03 エンタメ
長谷川博己「アンチヒーロー」は「VIVANT」超えの予感…リアタイ視聴者も“考察班”も掴むヒットの仕掛け
「光と影の使い方も凝っているなと思いましたね」(テレビ誌ライター)という声もある。14日にスタートした長谷川博己(47)...
2024-04-22 17:03 エンタメ
ガンちゃん登場! 目の前にビール瓶2本…寅子の酒豪ぶりは母のはる譲り説
 本科と呼ばれる明律大学法学部に進学した寅子(伊藤沙莉)たち。法改正が行われ、女子も正式に弁護士になるための試験を受けら...
桧山珠美 2024-04-22 15:40 エンタメ
木村拓哉×工藤静香「来年12月銀婚式」のサプライズは…注目はテレビ番組初コラボかCM共演
 木村拓哉(51)が54回目の誕生日を祝って妻・工藤静香の写真を14日、インスタグラムストーリーズに投稿したことでファン...
2024-04-21 17:03 エンタメ
「366日」、髙橋海人「95」学生服コスプレ繚乱!関口メンディー何留?
 新ドラマを見ていて気づいたことがあります。それは過去と現在を行き来するドラマで、俳優さんたちがそのまま高校時代や大学時...
旧ジャニ事務所に厳しく問われる社会的責任 性被害者はSMILE-UP.救済委に「返信できずに困っている」と吐露
 旧ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川氏からの性被害者への補償に対応しているスマイルアップ社(旧ジャニーズ事務...
2024-04-20 17:03 エンタメ
大谷翔平の結婚で大誤算…木村拓哉主演ドラマ「Believe」にオンエア前から暗雲
 木村拓哉(51)の主演ドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)が25日から始まる。18日にはキャスト登...
2024-04-20 17:03 エンタメ
指原莉乃に囁かれる“賞味期限”と後輩の猛追 残るレギュラー3本も黄信号の崖っぷち!
 かつて民放各局のゴールデン・プライム帯に多数のレギュラーMC番組を抱え、「指原無双」といわれた指原莉乃(31)。昨年9...
2024-04-19 17:03 エンタメ
今井美樹が夫・布袋寅泰と誕生日旅行 ベッキー、広末涼子は復活も…約30年"不倫の呪縛"拭えず
 英ロンドン在中のミュージシャン布袋寅泰(62)が17日、自身のインスタグラムを更新し、「家族と2度目のサンセバスチャン...
2024-04-19 17:03 エンタメ
すわ、嫁姑戦争勃発か!? 月のもので結束力まで描く脚本の妙
 実際の事件を調べるため、まんじゅうを作ってみることにした寅子(伊藤沙莉)たち。すると涼子(桜井ユキ)が急に謝罪したいと...
桧山珠美 2024-04-19 15:50 エンタメ
「Aぇ! group」のFCはSTARTOでいいのでは? 「SMILE-UP.」の“会員番号”への執着にファンも不信感
 SMILE-UP.(スマイルアップ、旧ジャニーズ事務所)が公式サイトで15日、ファンクラブや知的財産権の取り扱い方針を...
2024-04-18 17:03 エンタメ
安達祐実、木下優樹菜…新パートナーがいても交流続ける“元夫婦”に賛否
 下町デートを楽しむ様子など、近況が報じられたのが女優・安達祐実(42)。「FRIDAYデジタル」によると、安達のデート...
2024-04-18 17:03 エンタメ
「お月のもの」ネタ再び、寅子らの生理談議にマスターのヘンな気遣い
 よね(土居志央梨)は貧しい生い立ちを明かし、涼子(桜井ユキ)や寅子(伊藤沙莉)など、同級生らが恵まれていることに憤りを...
桧山珠美 2024-04-18 16:50 エンタメ
キンプリ永瀬廉の歩き方や態度に《何様?》…「東京タワー」インスタにファン“ダメ出し”で荒れ模様
「King & Prince」の永瀬廉(25)主演の連ドラ「東京タワー」(テレビ朝日系=土曜夜11時)が4月20日よりス...
2024-04-17 17:03 エンタメ
愛子さま日赤入社早々のモーレツ…残業報道は否定も公務と両立“休みなし”を心配する声
「とても楽しみました」  14日午前、皇居・東御苑の楽部庁舎で雅楽の演奏を鑑賞された、天皇皇后両陛下の長女、愛子さま。...
2024-04-17 17:03 エンタメ