“生”で会った美形イケメン神7!山下智久と1位を争ったのは…

こじらぶ ライター
更新日:2021-02-21 06:40
投稿日:2021-02-20 06:00

「顔面イケメン度」と「美」でランク付け

"生で会った歴代美形イケメン神7"で山下智久さん(右)と1位を争った人物(左)とは…/山下智久公式Instagram(右)、(C)日刊ゲンダイ(左)
"生で会った歴代美形イケメン神7"で山下智久さん(右)と1位を争った人物(左)とは… /山下智久公式Instagram(右)、(C)日刊ゲンダイ(左)

 長年に渡りメジャー、ローカル、男女問わず多くのアイドル・アーティストと対面してきた女ヲタクである筆者。今回は誠に勝手に僭越ながら、“生で会った歴代美形イケメン神7”を発表させていただきます。

 ここでは性格、パフォーマンス、ファン対応の良し悪しは一切考慮せず、「顔面イケメン度」と「美しさ」だけでランク付けしております。リリースイベントや公開収録など“間近”でご尊顔を拝見できるアイドル・アーティストと比べ、その機会があまりない俳優・モデルさんは対象外となっております。

 ではさっそく神7の第7位から発表致します!

第7位 Taka(ONE OK ROCK、元NEWS、32歳、年齢は現在=以下同)

ジャニーズ時代の内気な少年風だった面影はもはやなくスーパービッグになったTakaさん/Taka公式Instagramより
ジャニーズ時代の内気な少年風だった面影はもはやなくスーパービッグになったTakaさん /Taka公式Instagramより

 世界的ロックバンドのボーカルとして大活躍中のTakaさん。森内貴寛名義でジャニーズとして活動していた頃はビックリするほどの細身かつ小顔で、女の子のような愛くるしさがありました。

 当時から高音がとても綺麗で歌唱力抜群。まだ人見知りで初々しさがあったあの頃と比べ、今は野性味あふれるロックなイケメンに成長されましたね。

第6位 北村匠海(DISH//、23)

個人としての活躍が目立つも、グループをとても大切にしている北村さん/(C)日刊ゲンダイ
個人としての活躍が目立つも、グループをとても大切にしている北村さん /(C)日刊ゲンダイ

 ダンスエアーロックバンドとして活動開始当初、ありがちな“イケメン集めましたバンド”と思いきや、安定感のあるボーカルで驚かされました。10代の彼は吸い寄せられるような瞳が印象的な綺麗な男の子でした。

 その後、映画「君の膵臓をたべたい」で俳優として頭角を現し、昨年「猫~THE FIRST TAKE ver.」でアーティストとしてもブレイクしましたね。

第5位 西島隆弘(AAA、34)

美しい歌声だけでなく俳優としても評価の高い西島さん/(C)日刊ゲンダイ
美しい歌声だけでなく俳優としても評価の高い西島さん /(C)日刊ゲンダイ

 デビュー当初から伸びやかなハイトーンボイスが魅力だった西島さん。とにかく可愛らしく、笑顔になると目尻が下がり人の良さがにじみ出まくります。艶やかな唇も美しい。映画「愛のむきだし」や、バラエティー番組、ランウェイでたびたび完璧な女装姿も見せてきたほどの美形です。

第4位 ISSA(DA PUMP、42)

絶世の美男としてアイドル的人気の初期DA PUMPから現在までフロントマンであり続けるISSAさん/(C)日刊ゲンダイ
絶世の美男としてアイドル的人気の初期DA PUMPから現在までフロントマンであり続けるISSAさん /(C)日刊ゲンダイ

 元祖顔面彫刻。大人気だったデビュー当初の4人組からISSAさん以外のメンバーが全員変わったのち、ショッピングモール巡業を敢行したのにはビックリしました。ですが、ISSAさんの美形度と“歌いながら踊るスキル”は格段に磨きがかかっていました。その後「U.S.A.」で再ブレイクできたのも、こうした地道な努力があったからこそでしょう。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


五輪会場“酒類提供”めぐり芸能界に起こっていた怒りの連鎖
 東京五輪で、組織委が会場での「酒類販売」を検討していることに関しては、芸能界からも非難ごうごうだった。 「羽鳥慎一モ...
2021-06-24 17:03 エンタメ
小川彩佳“理想のリコカツ”進行中 ×付き同性の共感もアップ
「ニュース23」(TBS系)キャスターの小川彩佳(36)が、医療ベンチャー、メドレー取締役で、夫の豊田剛一郎氏(37)と...
2021-06-24 17:03 エンタメ
「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?
 さすが、阿部寛(57)主演の連続ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系日曜夜9時)が、27日の最終回に向けてどんどん盛り上がっ...
2021-06-24 17:03 エンタメ
“業火”に焼かれるべきは誰なのか ついに地獄の扉が開いた!
【ラサール石井 東憤西笑】#61  地獄の扉が開かれた。  東京五輪開催が既成事実となったのだ。今や中止などと主張す...
2021-06-24 17:03 エンタメ
麒麟・田村裕の“テンパり具合”が「コント55号」に重なる
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】  麒麟の巻(2)  ◇  ◇  ◇    前回、麒麟の“聞く耳”を持つ柔軟性につ...
2021-06-24 17:03 エンタメ
天海祐希の人品骨柄を桃井かおり大絶賛 初共演でトリコに
 女優の桃井かおり(70)が、7月8日スタートの天海祐希(53)主演のテレビ朝日系木曜ドラマ「緊急取調室」の初回ゲストと...
2021-06-24 17:03 エンタメ
劇団俳優座「インク」 大衆の欲望と新聞の倫理の相克を鮮烈に活写
【演劇えんま帳】  1969年のロンドン・フリート街(新聞街)を舞台に、発行部数をめぐる新聞社間の熾烈な闘いを描いたも...
2021-06-24 17:03 エンタメ
熊田曜子、小倉優子、木下優樹菜…グラドル界の“レジェンド”3人が抱える難題
【芸能界クロスロード】 「グラビアアイドル」が定着したのは1980年代、野田義治氏が立ち上げた「イエローキャブ」の巨乳...
2021-06-24 17:03 エンタメ
映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”
 忖度しない映画プロデューサー、河村光庸氏が国にケンカを売った裁判で全面勝訴し、話題になっている。映画「宮本から君へ」の...
2021-06-24 17:03 エンタメ
さんまがマツコに激推し!息子が勤務するITベンチャーの将来性
 20日に放送された「週刊さんまとマツコ」(TBS系)で、明石家さんま(65)がマツコ・デラックス(48)とのやり取りの...
2021-06-24 17:03 エンタメ
椎名桔平&山寺宏一 50代2人の熱愛が比較されてしまうナゼ
「何とも言えないタイミングでの、熱愛発覚となってしまいましたよね」と苦笑いするのは、スポーツ紙芸能担当デスク。俳優の椎名...
2021-06-23 17:03 エンタメ
岡田健史ここまで覚悟!事務所独立問題は“改名騒動”に発展
 俳優・岡田健史(22)の事務所独立騒動が泥沼化するなか、岡田が新たなアクションを起こしていることがわかった。  岡田...
2021-06-23 17:03 エンタメ
堀ちえみさんを159回中傷 きっかけはスチュワーデス物語?
「私はドジでのろまな亀です」「教官!」「やるっきゃない」――。数々の名ゼリフが飛び出し、平均視聴率は約20%、最高視聴率...
2021-06-23 17:03 エンタメ
Koki,を襲う…本当にあった「撮影現場ホラーエピソード」
 木村拓哉(48)と工藤静香(51)の次女でモデルのKoki,(18)が、映画初出演&初主演でスクリーンデビューする。K...
2021-06-23 17:03 エンタメ
「シェフは名探偵」新鮮な“ヒューマン・グルメミステリー”
【テレビ 見るべきものは!!】  西島秀俊主演「シェフは名探偵」(テレビ東京系)が始まった。料理する西島といえば、「き...
2021-06-23 17:03 エンタメ
駒沢公園で山口洋子の車椅子を押す野口修…晩年の老老介護
【芸能界と格闘技界 その深淵】#15  拙著「沢村忠に真空を飛ばせた男/昭和のプロモーター・野口修評伝」(新潮社)の著...
2021-06-23 17:03 エンタメ