“生”で会った美形イケメン神7!山下智久と1位を争ったのは…

こじらぶ ライター
更新日:2021-02-21 06:40
投稿日:2021-02-20 06:00

「顔面イケメン度」と「美」でランク付け

"生で会った歴代美形イケメン神7"で山下智久さん(右)と1位を争った人物(左)とは…/山下智久公式Instagram(右)、(C)日刊ゲンダイ(左)
"生で会った歴代美形イケメン神7"で山下智久さん(右)と1位を争った人物(左)とは… /山下智久公式Instagram(右)、(C)日刊ゲンダイ(左)

 長年に渡りメジャー、ローカル、男女問わず多くのアイドル・アーティストと対面してきた女ヲタクである筆者。今回は誠に勝手に僭越ながら、“生で会った歴代美形イケメン神7”を発表させていただきます。

 ここでは性格、パフォーマンス、ファン対応の良し悪しは一切考慮せず、「顔面イケメン度」と「美しさ」だけでランク付けしております。リリースイベントや公開収録など“間近”でご尊顔を拝見できるアイドル・アーティストと比べ、その機会があまりない俳優・モデルさんは対象外となっております。

 ではさっそく神7の第7位から発表致します!

第7位 Taka(ONE OK ROCK、元NEWS、32歳、年齢は現在=以下同)

ジャニーズ時代の内気な少年風だった面影はもはやなくスーパービッグになったTakaさん/Taka公式Instagramより
ジャニーズ時代の内気な少年風だった面影はもはやなくスーパービッグになったTakaさん /Taka公式Instagramより

 世界的ロックバンドのボーカルとして大活躍中のTakaさん。森内貴寛名義でジャニーズとして活動していた頃はビックリするほどの細身かつ小顔で、女の子のような愛くるしさがありました。

 当時から高音がとても綺麗で歌唱力抜群。まだ人見知りで初々しさがあったあの頃と比べ、今は野性味あふれるロックなイケメンに成長されましたね。

第6位 北村匠海(DISH//、23)

個人としての活躍が目立つも、グループをとても大切にしている北村さん/(C)日刊ゲンダイ
個人としての活躍が目立つも、グループをとても大切にしている北村さん /(C)日刊ゲンダイ

 ダンスエアーロックバンドとして活動開始当初、ありがちな“イケメン集めましたバンド”と思いきや、安定感のあるボーカルで驚かされました。10代の彼は吸い寄せられるような瞳が印象的な綺麗な男の子でした。

 その後、映画「君の膵臓をたべたい」で俳優として頭角を現し、昨年「猫~THE FIRST TAKE ver.」でアーティストとしてもブレイクしましたね。

第5位 西島隆弘(AAA、34)

美しい歌声だけでなく俳優としても評価の高い西島さん/(C)日刊ゲンダイ
美しい歌声だけでなく俳優としても評価の高い西島さん /(C)日刊ゲンダイ

 デビュー当初から伸びやかなハイトーンボイスが魅力だった西島さん。とにかく可愛らしく、笑顔になると目尻が下がり人の良さがにじみ出まくります。艶やかな唇も美しい。映画「愛のむきだし」や、バラエティー番組、ランウェイでたびたび完璧な女装姿も見せてきたほどの美形です。

第4位 ISSA(DA PUMP、42)

絶世の美男としてアイドル的人気の初期DA PUMPから現在までフロントマンであり続けるISSAさん/(C)日刊ゲンダイ
絶世の美男としてアイドル的人気の初期DA PUMPから現在までフロントマンであり続けるISSAさん /(C)日刊ゲンダイ

 元祖顔面彫刻。大人気だったデビュー当初の4人組からISSAさん以外のメンバーが全員変わったのち、ショッピングモール巡業を敢行したのにはビックリしました。ですが、ISSAさんの美形度と“歌いながら踊るスキル”は格段に磨きがかかっていました。その後「U.S.A.」で再ブレイクできたのも、こうした地道な努力があったからこそでしょう。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


今年は森七菜・岡田健史…日本アカデミー賞新人賞“先輩”の今
 今月19日、映画の祭典である第44回日本アカデミー賞授賞式が開催となります。それに先立ち発表された各優秀賞受賞の方々―...
こじらぶ 2021-03-06 06:00 エンタメ
福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情
 卓球女子元日本代表で解説者の福原愛(32)の不倫報道に、衝撃が走った。2016年に台湾出身の卓球選手、江宏傑(ジャン・...
2021-03-05 17:03 エンタメ
NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ
 NEWSの加藤シゲアキ(33)が小説「オルタネート」(新潮社)で、「第42回吉川英治文学新人賞」を受賞した。同時受賞は...
2021-03-05 17:03 エンタメ
“里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票
 卓球女子元日本代表の福原愛(32)の別居&不倫スキャンダルが週刊誌各誌で報じられている。先月18日に放送された「徹子の...
2021-03-05 17:03 エンタメ
「太陽の蓋」リバイバル上映大反響 原発震災を忘れた人へ
 東日本大震災からまもなく10年――。映画「太陽の蓋」がユーロスペース(東京都渋谷区)でリバイバル上映されて話題だ。震災...
2021-03-05 17:03 エンタメ
小学校あだ名禁止…脇毛でイジメではなくイジられた内間
【スリムクラブ「僕らでもナンクルなりました」】#46  内間です。今、小学校で「あだ名禁止」が広がってるそうです。あだ...
2021-03-05 17:03 エンタメ
元光GENJI・諸星和己はあっさり当時の「口パク」を認めた
【芸能記者稼業 血風録】#136  半世紀を超えるジャニーズ事務所のなかでも「スーパーアイドル」と称された光GENJI...
2021-03-05 17:03 エンタメ
<28>ペッチャンコーラは都市の遺骨 写真機の骨壷に収める
【天才アラーキー傘寿を語る】#28  これが有名な「ペッチャンコーラ」だよ(笑)。ぺっちゃんこになったコーラの缶だから...
2021-03-05 17:03 エンタメ
ビックダディ3女の林下詩美 スターダム10周年記念興行でV3
 人気女子プロレス団体「スターダム」の10周年記念興行「ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA」が3...
2021-03-05 17:03 エンタメ
不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった
 文春オンラインの離婚報道とNEWSポストセブンの不倫報道がほぼ同時に炸裂した元卓球日本代表の福原愛(32)。特に不倫報...
2021-03-05 17:03 エンタメ
のん進まぬ女優復帰…CMやキャンペーンは引っ張りだこでも
 春の火災予防運動のキャラクターに女優の、のん(27)が就任し、あまちゃんに出演していた頃と変わらぬ透明感が評判になって...
2021-03-04 17:03 エンタメ
壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感
〈壇蜜はカッコイイ!!〉などと、ネット上で称賛の声が上がっている。  タレントの壇蜜(40)が2月28日放送の「サンデ...
2021-03-04 17:03 エンタメ
テレ東名物プロデューサー独立が象徴 明日なきテレビ業界
【匿名放送作家「Z」 TVのトリセツ】  テレビ東京の名物プロデューサー佐久間宣行氏(45)の独立劇は、今のTV業界を...
2021-03-04 17:03 エンタメ
島木譲二の巻 場違いな“パチパチパンチ”披露のエピソード
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】#39  島木譲二の巻  ◇  ◇  ◇  大阪名物“パチパチパンチ”といえば島木...
2021-03-04 17:03 エンタメ
“遺骨による”辺野古埋め立ては本土決戦を引き延ばす捨て石にされた沖縄県民の気持ちを逆なでする行為だ
【ラサール石井 東憤西笑】#46  沖縄・那覇市の県庁前広場で今月1日からハンストが始まっている。中心になっているのは...
2021-03-04 17:03 エンタメ
個性溢れるタレント文化人 成否のカギを握るのは視聴者だ
【芸能記者稼業 血風録】#135  一億総タレント時代といわれて久しい。ちまたで話題の人をメディアが取り上げて人気タレ...
2021-03-04 17:03 エンタメ