推し活に疲れたと思う5つの瞬間…デジタルデトックスで情報の遮断を

コクハク編集部
更新日:2023-05-29 06:00
投稿日:2023-05-29 06:00
 推し活を始めた頃は、誰もが「楽しみを見つけた」とワクワクしていたはず。推し活で、充実感を得ていたことでしょう。しかし、そんな楽しかったはずの推し活に疲れを感じはじめた人もいます。
 今回は、推し活に「疲れた」と感じる瞬間と対処法をご紹介します。

あなたは大丈夫? 推し活に「疲れた」と感じる5つの瞬間

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 推し活に力を注いできた人は、疲れを感じる自分に戸惑っているのではないでしょうか。こんな瞬間を経験したら、要注意です。

1. 推しの言動に戸惑いを感じた時

 推し活をしていると、推しの言動に一喜一憂するもの。のめり込んでいる時には、何をしても「素敵!」と感じていたはずなのに……。

 推しの言動に「あれ?」と思うようになったら、疲れを感じている証拠。推し活に疲れているからこそ、素直に受け入れられなくなっているのでしょう。

2. 推しの恋人&結婚話がでた時

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 推し活は、あくまでも趣味や楽しみと割り切っていたとしても、推しの恋人発覚や結婚発表が出ると、ガッカリする人がほとんど。グループの場合は、メンバーの脱退や解散に落ち込む人が多いです。

 そんな時は、楽しかったはずの推し活が疲れの原因に……。

3. お金の負担を感じた時

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 推し活をするには、ある程度のお金がかかります。推し活を始めた頃は、「このために、仕事を頑張っているんだから」とお金を出すことに躊躇がなかった人も、期間が長くなるにつれ、「こんなにお金を使っていていいのだろうか?」と疑問を感じるように。

 出費が負担だと感じるようになったら、推し疲れの合図です。

4. ファン同士の交流にストレスを感じた時

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 推し活は一人でもできますが、ファン同士の交流も一つの魅力。SNSでやり取りなどをして、新しい友達ができた人も多いでしょう。

 しかし、そのファン同士の交流にストレスを感じる人も。意見が合わないオタ友と無理に付き合っていくうちに、推し活に疲弊してしまう人もいます。

5. 義務感で動いていると感じた時

 最初は自ら進んで推しのライブに足を運んだり、テレビや雑誌をチェックしていたはず。自分からどんどん情報収集をしていた人ばかりでしょう。

 しかし、推し活が長くなってくると「義務感で動いている」と感じてしまう瞬間が。「幸せ!」より「やらなくちゃ」という気持ちが強くなったら推し疲れかもしれません。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


黄・紫・桜♪
 春の三原色を見つました。
陽だまりでゴロゴロ♡ お日様パワーを吸収する“たまたま”君
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ほっこり癒し漫画/第71回「はふはふぴたっ」
【連載第71回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
美人局の語源に「筒」と「陰茎」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
結婚式前夜、娘の門出を祝う「親として最後の教え」の内容に涙腺崩壊!
 入学や卒業、就職による1人暮らしなど、門出は1つの節目。嬉しい反面、どこか寂しさや不安を感じる瞬間でもありますよね。 ...
占い好きな成功者と占い好きな非成功者の違い…占いライターで一攫千金も
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
豊洲の人生勝ち組妻でも幸せじゃない?彼女が裕福と引き換えに諦めた事
 独身時代は都心に暮らしていたが、結婚を機に武蔵境に暮らし始めた千佳。しかし、郊外のこの地を愛せない。そんな時、中学の同...
「夫の駐在時にね…」なぜあのコが?田舎の同級生“玉の輿婚”に心ざわつく
 独身時代は都心に暮らし、華やかな生活をしていた千佳。しかし、結婚を機に都内から離れ、武蔵境に住み始めた。しかし、妥協し...
メガバン妻が悟ったリーマンの限界値 吉祥寺より2駅下った中古マンション
 武蔵野の自然を携えそびえる瀟洒な白亜の建物は、まるでこの場所がヨーロッパの一都市であるかのような錯覚を与えてくれる。 ...
帰ったらお風呂に…夫「沸いてるよ!子供が入ってる」危機管理能力ゼロや
 子育て中のママにとって、子供の命と健康を守るのは一番大切な使命。だからこそ、危機管理能力は嫌でも高くなります。 ...
号泣しながら「愛の讃歌」を熱唱 なぜ人はスナックでダサい姿を晒すのか
 私はこれまで多くの夜の世界を見てきましたが、スナックは本当に不思議な場所です。  完全無欠のモテ人間ほど、なぜか...
大人は「さようなら」とハッキリ言わないけど…
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
春の行楽、御朱印集めはスタンプラリーと何が違う? 作法やタブーとは
 山形県東部にある山寺(山形市)で自らの行いについて考える出来事がありました。我よ、御朱印集めがスタンプラリーと化してい...
この勇姿もあとわずか…去勢手術予定“たまたま”を記念撮影!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「クリスマスローズ」で究極のほっぽらかし園芸!怠け者でも花いっぱい♡
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋のある神奈川は地球温暖化の影響もあり、ここ近年の特徴は卒業式に桜咲くでしたが、今年は入学式...
人は「趣味が合わない相手」と恋に落ちることがある
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...