性癖と性格は別…M女性は日常生活で虐げられたいのではない

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2019-06-19 18:00
投稿日:2019-06-19 18:00
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと主体的に性を楽しめるようになる。女性の様々な性癖に迫ります。

初めて共にSMプレイを楽しめるパートナー

M女性の願望を叶えるには、責め手となる相手が必要(写真:iStock)
M女性の願望を叶えるには、責め手となる相手が必要 (写真:iStock)

「性欲は、欲の中で最も強烈で凶暴であり、人を誤らせ、悲劇を導く、不幸の源である」といったのは、帝政ロシアの小説家トルストイですが、そういう意味で難儀する可能性の高い性癖のひとつが、“被虐嗜好”ではないでしょうか。

 性癖と性格は別モノ――性癖がマゾであっても、日常生活で虐げられたいわけではない――ことを理解しているパートナーに巡り合えれば万々歳ですが、中には「マゾの女性は、いつ何時も支配下にある」と考える男性も存在するからです。

 もちろん、女性側が「生活のすべてを捧げたい」という嗜好がある場合もありますが、必ずしもそうでないといけないわけではないし、どちらが優れているというわけでもない。

 今回、登場いただくむつみさん(仮名 42歳、千葉在住、自営業)も“M”という性癖の持ち主。いったいどのようなスタンスで性癖と渡り合っているのか、お話を聞かせていただきました。

「そもそも、物心ついたくらいから、いじられてないと落ち着かない子供でして。存在意義をそこに見出していたかのかもしれません。なんか、ほっとしちゃうんです。友達とかから、いじられている状態に」(むつみさん)

 M女性の願望を叶えるには、責め手となる相手が必要です。性癖に合致したパートナー探しは、M女性が突きあたる“難儀”のひとつでもありますが、むつみさんの場合、初めて共にSMプレイを楽しめるパートナーが出来たのは、30代の後半になってからのことでした。

「それまでの恋人ともしてはいたんですが、ソフトSM志向で。精神的にいじるのはしてくれたけど、私のエロ嗜好には、ついていけないと断言されいて。でも、性癖の合うパートナーに出会っても出会わなくても、私のなかにSMがあるからいいやって思っていました。それこそ、オナニーで満足ができてたんです。ノーパンや、アナルにプラグを入れた状態で外を出歩いたり、身体にどれだけお湯が入るか試したくて、セルフお湯浣腸をしたり。股縄オナニーも好きでしたね。ユザワヤでレーヨンロープ買ってぐいぐいと引っ張ると、すごくテンションがあがるんです」(むつみさん)

新しい世界の扉は「M女性専門のSM風俗店」

M女性専門のSM風俗店で感動体験を(写真:iStock)
M女性専門のSM風俗店で感動体験を (写真:iStock)

 パートナーが出来たことで、さらにむつみさんの性的冒険は、さらに深部へと進んでいきます。

「初めの頃は野外露出から始まって。下着を着けずに、街を歩かされたりとか。鞭や蝋燭の痛みを、快楽に変えるようなこともしました。苦痛からアドレナリンが生成されるんですよ。あとはアナルですね。アナリングスからアナルセックスに移行して、さらにアナル使った快楽責めまで」(むつみさん)

 ところが、そのSMパートナーとは、事情があって別離することに。そして次に開いた新しい世界の扉は、『M女性専門のSM風俗店』を利用することでした。

「本格的な緊縛は初めて体験したんだけど、すごくよかったです。『痛くない!動けない!美しい!』って。ドレスを着させていただいた気分。これまでSMで得てきたものとは、別のものが縄の世界にはありました。SM的な快感ではないけど、また別の感動体験。自分のSMは快楽の最たるだったから、こんな側面があったのかって。それに、フィフティーフィフティーのSMというものがこれなのか、とも。私に本格的にSMを指南して下さったパートナーさんとはフィフティーフィフティーのつもりでしたが、やはり私はへりくだっていましたね。へりくだるのも、酔えて気持ちいいんですけど……」(むつみさん)

性癖は世界を切り開くための原動力にもなる

快感を追求すべく新しい世界へ…(写真:iStock)
快感を追求すべく新しい世界へ… (写真:iStock)

 自身の快感を追求すべく、次々と、果敢に知らない世界に飛び込むむつみさん。そんな彼女が次に試してみたいのは一本鞭。

「バラ鞭は試したことがあります。感覚が麻痺するまでバシバシされて。アナルは深い快楽で、ぐちゃぐちゃに溶ける感覚、打撃は、意識が飛ぶ感じで、アナルが永遠なら打撃は一瞬の快感なんですけど、バラ鞭に関していうと、アナルと打撃の中間の快感でした。それで、一本鞭には、また別の快感があるのでは……と」(むつみさん)

 性癖は世界を切り開くための原動力にもなる。「私のなかにSMがあったおかげで、色んな世界に行けたとおもってます」という、むつみさんの言葉は力強さに溢れています。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#2
「ウィズコロナ」の生活が当たり前になった昨今。セックスも「安心・安全・心地よさ」をモットーに、パートナーとの愛を深めたい...
蒼井凜花 2021-01-22 06:00 エロコク
直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク