性癖と性格は別…M女性は日常生活で虐げられたいのではない

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2019-06-19 18:00
投稿日:2019-06-19 18:00
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと主体的に性を楽しめるようになる。女性の様々な性癖に迫ります。

初めて共にSMプレイを楽しめるパートナー

M女性の願望を叶えるには、責め手となる相手が必要(写真:iStock)
M女性の願望を叶えるには、責め手となる相手が必要 (写真:iStock)

「性欲は、欲の中で最も強烈で凶暴であり、人を誤らせ、悲劇を導く、不幸の源である」といったのは、帝政ロシアの小説家トルストイですが、そういう意味で難儀する可能性の高い性癖のひとつが、“被虐嗜好”ではないでしょうか。

 性癖と性格は別モノ――性癖がマゾであっても、日常生活で虐げられたいわけではない――ことを理解しているパートナーに巡り合えれば万々歳ですが、中には「マゾの女性は、いつ何時も支配下にある」と考える男性も存在するからです。

 もちろん、女性側が「生活のすべてを捧げたい」という嗜好がある場合もありますが、必ずしもそうでないといけないわけではないし、どちらが優れているというわけでもない。

 今回、登場いただくむつみさん(仮名 42歳、千葉在住、自営業)も“M”という性癖の持ち主。いったいどのようなスタンスで性癖と渡り合っているのか、お話を聞かせていただきました。

「そもそも、物心ついたくらいから、いじられてないと落ち着かない子供でして。存在意義をそこに見出していたかのかもしれません。なんか、ほっとしちゃうんです。友達とかから、いじられている状態に」(むつみさん)

 M女性の願望を叶えるには、責め手となる相手が必要です。性癖に合致したパートナー探しは、M女性が突きあたる“難儀”のひとつでもありますが、むつみさんの場合、初めて共にSMプレイを楽しめるパートナーが出来たのは、30代の後半になってからのことでした。

「それまでの恋人ともしてはいたんですが、ソフトSM志向で。精神的にいじるのはしてくれたけど、私のエロ嗜好には、ついていけないと断言されいて。でも、性癖の合うパートナーに出会っても出会わなくても、私のなかにSMがあるからいいやって思っていました。それこそ、オナニーで満足ができてたんです。ノーパンや、アナルにプラグを入れた状態で外を出歩いたり、身体にどれだけお湯が入るか試したくて、セルフお湯浣腸をしたり。股縄オナニーも好きでしたね。ユザワヤでレーヨンロープ買ってぐいぐいと引っ張ると、すごくテンションがあがるんです」(むつみさん)

新しい世界の扉は「M女性専門のSM風俗店」

M女性専門のSM風俗店で感動体験を(写真:iStock)
M女性専門のSM風俗店で感動体験を (写真:iStock)

 パートナーが出来たことで、さらにむつみさんの性的冒険は、さらに深部へと進んでいきます。

「初めの頃は野外露出から始まって。下着を着けずに、街を歩かされたりとか。鞭や蝋燭の痛みを、快楽に変えるようなこともしました。苦痛からアドレナリンが生成されるんですよ。あとはアナルですね。アナリングスからアナルセックスに移行して、さらにアナル使った快楽責めまで」(むつみさん)

 ところが、そのSMパートナーとは、事情があって別離することに。そして次に開いた新しい世界の扉は、『M女性専門のSM風俗店』を利用することでした。

「本格的な緊縛は初めて体験したんだけど、すごくよかったです。『痛くない!動けない!美しい!』って。ドレスを着させていただいた気分。これまでSMで得てきたものとは、別のものが縄の世界にはありました。SM的な快感ではないけど、また別の感動体験。自分のSMは快楽の最たるだったから、こんな側面があったのかって。それに、フィフティーフィフティーのSMというものがこれなのか、とも。私に本格的にSMを指南して下さったパートナーさんとはフィフティーフィフティーのつもりでしたが、やはり私はへりくだっていましたね。へりくだるのも、酔えて気持ちいいんですけど……」(むつみさん)

性癖は世界を切り開くための原動力にもなる

快感を追求すべく新しい世界へ…(写真:iStock)
快感を追求すべく新しい世界へ… (写真:iStock)

 自身の快感を追求すべく、次々と、果敢に知らない世界に飛び込むむつみさん。そんな彼女が次に試してみたいのは一本鞭。

「バラ鞭は試したことがあります。感覚が麻痺するまでバシバシされて。アナルは深い快楽で、ぐちゃぐちゃに溶ける感覚、打撃は、意識が飛ぶ感じで、アナルが永遠なら打撃は一瞬の快感なんですけど、バラ鞭に関していうと、アナルと打撃の中間の快感でした。それで、一本鞭には、また別の快感があるのでは……と」(むつみさん)

 性癖は世界を切り開くための原動力にもなる。「私のなかにSMがあったおかげで、色んな世界に行けたとおもってます」という、むつみさんの言葉は力強さに溢れています。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと...
大泉りか 2020-07-12 06:00 エロコク
FILM
 黒のキルティング柄にゴールドのキャップ。 「サティスファイヤー ミニ」はシャ○ルのバッグを思わせる意匠のミニバイ...
桃子 2020-06-28 06:00 エロコク
FILM
 長かった自粛期間で、私はひさしぶりに筋トレの喜びを思い出しました。ツラ~イ、でもここを乗り越えれば~! という、あの充...
桃子 2020-06-23 04:37 エロコク
FILM
 緊急事態宣言の解除からしばらく経ち、繁華街やビジネス街にも活気が戻ってきていますね。まだまだ本調子で営業している、とは...
FILM
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと...
大泉りか 2020-06-12 06:00 エロコク
FILM
「実力主義ワンタッチバイブ」シリーズを当連載で紹介するのは、これが2回目。  なぜそんなに推しているのかというと、...
桃子 2020-06-08 20:00 エロコク
FILM
 ネットに雑誌読み放題は多いけれど、どこもアダルト雑誌は入っていません。リサーチした結果、なんとアダルト雑誌を1000以...
内藤みか 2020-06-04 06:00 エロコク
FILM
 家にいる時間が増えたことで、お風呂にゆっくりつかるようになった人も増えているのではないでしょうか。夏でも熱い湯に身を浸...
桃子 2020-06-01 06:16 エロコク
FILM
 世界的ヒットとなるアダルトグッズは、ピストンバイブやクリトリス吸引グッズなど、だいたいはそれまでにない新機能を搭載した...
桃子 2020-05-26 06:12 エロコク
FILM
 女性向けグッズの世界で“2点責め”といえば、だいたいは中とクリトリスです。モノとしては、ラビットタイプといわれることも...
桃子 2020-05-21 06:07 エロコク
FILM
 2020年、もう3分の1が終わってしまいましたね。世間では何かと心落ち着かないことが続いていますが、ここまでのグッズ界...
桃子 2020-05-14 06:00 エロコク
FILM
 外出自粛にも慣れてきたこの頃、トイレットペーパーは復活しつつあるものの、またいろんなものが品薄になっていますね。バター...
FILM
 ステイホームな日々が続くと、R18な気分もどこか遠くにいってしまいがち。そんな時、成人向け雑誌読み放題を見つけてしまい...
内藤みか 2020-05-07 06:00 エロコク
FILM
 初心者にオススメのラブグッズは? そう聞かれるとき、「初心者」とは女性“だけ”を指すことがほとんどです。  けれ...
桃子 2020-05-03 06:00 エロコク