性癖と性格は別…M女性は日常生活で虐げられたいのではない

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2019-06-19 18:00
投稿日:2019-06-19 18:00
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと主体的に性を楽しめるようになる。女性の様々な性癖に迫ります。

初めて共にSMプレイを楽しめるパートナー

M女性の願望を叶えるには、責め手となる相手が必要(写真:iStock)
M女性の願望を叶えるには、責め手となる相手が必要 (写真:iStock)

「性欲は、欲の中で最も強烈で凶暴であり、人を誤らせ、悲劇を導く、不幸の源である」といったのは、帝政ロシアの小説家トルストイですが、そういう意味で難儀する可能性の高い性癖のひとつが、“被虐嗜好”ではないでしょうか。

 性癖と性格は別モノ――性癖がマゾであっても、日常生活で虐げられたいわけではない――ことを理解しているパートナーに巡り合えれば万々歳ですが、中には「マゾの女性は、いつ何時も支配下にある」と考える男性も存在するからです。

 もちろん、女性側が「生活のすべてを捧げたい」という嗜好がある場合もありますが、必ずしもそうでないといけないわけではないし、どちらが優れているというわけでもない。

 今回、登場いただくむつみさん(仮名 42歳、千葉在住、自営業)も“M”という性癖の持ち主。いったいどのようなスタンスで性癖と渡り合っているのか、お話を聞かせていただきました。

「そもそも、物心ついたくらいから、いじられてないと落ち着かない子供でして。存在意義をそこに見出していたかのかもしれません。なんか、ほっとしちゃうんです。友達とかから、いじられている状態に」(むつみさん)

 M女性の願望を叶えるには、責め手となる相手が必要です。性癖に合致したパートナー探しは、M女性が突きあたる“難儀”のひとつでもありますが、むつみさんの場合、初めて共にSMプレイを楽しめるパートナーが出来たのは、30代の後半になってからのことでした。

「それまでの恋人ともしてはいたんですが、ソフトSM志向で。精神的にいじるのはしてくれたけど、私のエロ嗜好には、ついていけないと断言されいて。でも、性癖の合うパートナーに出会っても出会わなくても、私のなかにSMがあるからいいやって思っていました。それこそ、オナニーで満足ができてたんです。ノーパンや、アナルにプラグを入れた状態で外を出歩いたり、身体にどれだけお湯が入るか試したくて、セルフお湯浣腸をしたり。股縄オナニーも好きでしたね。ユザワヤでレーヨンロープ買ってぐいぐいと引っ張ると、すごくテンションがあがるんです」(むつみさん)

新しい世界の扉は「M女性専門のSM風俗店」

M女性専門のSM風俗店で感動体験を(写真:iStock)
M女性専門のSM風俗店で感動体験を (写真:iStock)

 パートナーが出来たことで、さらにむつみさんの性的冒険は、さらに深部へと進んでいきます。

「初めの頃は野外露出から始まって。下着を着けずに、街を歩かされたりとか。鞭や蝋燭の痛みを、快楽に変えるようなこともしました。苦痛からアドレナリンが生成されるんですよ。あとはアナルですね。アナリングスからアナルセックスに移行して、さらにアナル使った快楽責めまで」(むつみさん)

 ところが、そのSMパートナーとは、事情があって別離することに。そして次に開いた新しい世界の扉は、『M女性専門のSM風俗店』を利用することでした。

「本格的な緊縛は初めて体験したんだけど、すごくよかったです。『痛くない!動けない!美しい!』って。ドレスを着させていただいた気分。これまでSMで得てきたものとは、別のものが縄の世界にはありました。SM的な快感ではないけど、また別の感動体験。自分のSMは快楽の最たるだったから、こんな側面があったのかって。それに、フィフティーフィフティーのSMというものがこれなのか、とも。私に本格的にSMを指南して下さったパートナーさんとはフィフティーフィフティーのつもりでしたが、やはり私はへりくだっていましたね。へりくだるのも、酔えて気持ちいいんですけど……」(むつみさん)

性癖は世界を切り開くための原動力にもなる

快感を追求すべく新しい世界へ…(写真:iStock)
快感を追求すべく新しい世界へ… (写真:iStock)

 自身の快感を追求すべく、次々と、果敢に知らない世界に飛び込むむつみさん。そんな彼女が次に試してみたいのは一本鞭。

「バラ鞭は試したことがあります。感覚が麻痺するまでバシバシされて。アナルは深い快楽で、ぐちゃぐちゃに溶ける感覚、打撃は、意識が飛ぶ感じで、アナルが永遠なら打撃は一瞬の快感なんですけど、バラ鞭に関していうと、アナルと打撃の中間の快感でした。それで、一本鞭には、また別の快感があるのでは……と」(むつみさん)

 性癖は世界を切り開くための原動力にもなる。「私のなかにSMがあったおかげで、色んな世界に行けたとおもってます」という、むつみさんの言葉は力強さに溢れています。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
 感度アップ系セクシュアルアメニティーブランド「センスバ」から新商品が届きました。  ラブグッズの世界ではここ数年...
桃子 2020-10-31 06:00 エロコク
FILM
「ネトラレ(寝取られ)」という言葉をご存じでしょうか。官能小説やアダルトゲーム等ではすでに定番化しているこちらの分野、い...
蒼井凜花 2020-10-30 06:00 エロコク
FILM
「トレーニングは、効いている実感がないと続かない」――これは誰もが同意してくれることではないでしょうか。加えて、目標も必...
桃子 2020-10-24 08:49 エロコク
FILM
 日に日に秋の色が濃くなっていくこの季節、ぬくもりが恋しくなりませんか? 私はなります! セックスしたいとか気持ち良くな...
桃子 2020-10-17 06:00 エロコク
FILM
「ビーン スポット ピンク」には度肝を抜かれました。私だけではないはず。このS字形の物体が最新バイブレーターだと聞いて、...
桃子 2020-10-12 16:34 エロコク
FILM
「ネトラレ(寝取られ)」という言葉をご存じでしょうか。官能小説やアダルトゲーム等ではすでに定番化しているこちらの分野、い...
蒼井凜花 2020-10-11 06:38 エロコク
FILM
「膣トレ」って、聞いたことがある人は多いでしょう。締まりが良くなる、イキやすくなるなど、セックス時にメリットがあるだけで...
FILM
「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、ラブグッズをコレクションし始めたころの私は、まさにそれでした。というよりも、...
桃子 2020-10-05 06:00 エロコク
FILM
 その人の生き方は、セックスのシーンでも滲み出るのではないでしょうか。受け身だったり恥ずかしがるよりも、アクティブで主体...
大泉りか 2020-10-03 06:00 エロコク
FILM
 あなたは、ラブグッズを使ったことがありますか? 「興味はあるけれど機会がない」「周りにバレたら困る……」と、尻込みして...
FILM
 女性はクリトリスの刺激が大好きです♡  ラブグッズ業界はそのへんをしっかり心得ているので、あの手この手でクリに...
桃子 2020-09-26 06:00 エロコク
FILM
 カラダ目当ての男って、私は嫌いじゃありません。「ヤリ逃げされた」とか「遊ばれた」とか言ってる女子もいるけど、性欲を満た...
FILM
 リモートワーク、リモート飲み会……。リモートという言葉がこんなに使われる日が来るなんて、誰が予想したでしょう。ラブグッ...
桃子 2020-09-20 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 手にした瞬間、ずっしりと重い。「ウィーバイブ ワンド」は私が試してきた数々のラブグッズの中でも最重量級です。  ...
桃子 2020-09-18 12:03 エロコク
FILM
 気持ち良さとは理屈によるものではない、と思われがちです。たしかに、セックスではフィーリングが大事。でも実は、体の仕組み...
桃子 2020-09-07 11:06 エロコク