性癖と性格は別…M女性は日常生活で虐げられたいのではない

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2019-06-19 18:00
投稿日:2019-06-19 18:00
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと主体的に性を楽しめるようになる。女性の様々な性癖に迫ります。

初めて共にSMプレイを楽しめるパートナー

M女性の願望を叶えるには、責め手となる相手が必要(写真:iStock)
M女性の願望を叶えるには、責め手となる相手が必要 (写真:iStock)

「性欲は、欲の中で最も強烈で凶暴であり、人を誤らせ、悲劇を導く、不幸の源である」といったのは、帝政ロシアの小説家トルストイですが、そういう意味で難儀する可能性の高い性癖のひとつが、“被虐嗜好”ではないでしょうか。

 性癖と性格は別モノ――性癖がマゾであっても、日常生活で虐げられたいわけではない――ことを理解しているパートナーに巡り合えれば万々歳ですが、中には「マゾの女性は、いつ何時も支配下にある」と考える男性も存在するからです。

 もちろん、女性側が「生活のすべてを捧げたい」という嗜好がある場合もありますが、必ずしもそうでないといけないわけではないし、どちらが優れているというわけでもない。

 今回、登場いただくむつみさん(仮名 42歳、千葉在住、自営業)も“M”という性癖の持ち主。いったいどのようなスタンスで性癖と渡り合っているのか、お話を聞かせていただきました。

「そもそも、物心ついたくらいから、いじられてないと落ち着かない子供でして。存在意義をそこに見出していたかのかもしれません。なんか、ほっとしちゃうんです。友達とかから、いじられている状態に」(むつみさん)

 M女性の願望を叶えるには、責め手となる相手が必要です。性癖に合致したパートナー探しは、M女性が突きあたる“難儀”のひとつでもありますが、むつみさんの場合、初めて共にSMプレイを楽しめるパートナーが出来たのは、30代の後半になってからのことでした。

「それまでの恋人ともしてはいたんですが、ソフトSM志向で。精神的にいじるのはしてくれたけど、私のエロ嗜好には、ついていけないと断言されいて。でも、性癖の合うパートナーに出会っても出会わなくても、私のなかにSMがあるからいいやって思っていました。それこそ、オナニーで満足ができてたんです。ノーパンや、アナルにプラグを入れた状態で外を出歩いたり、身体にどれだけお湯が入るか試したくて、セルフお湯浣腸をしたり。股縄オナニーも好きでしたね。ユザワヤでレーヨンロープ買ってぐいぐいと引っ張ると、すごくテンションがあがるんです」(むつみさん)

新しい世界の扉は「M女性専門のSM風俗店」

M女性専門のSM風俗店で感動体験を(写真:iStock)
M女性専門のSM風俗店で感動体験を (写真:iStock)

 パートナーが出来たことで、さらにむつみさんの性的冒険は、さらに深部へと進んでいきます。

「初めの頃は野外露出から始まって。下着を着けずに、街を歩かされたりとか。鞭や蝋燭の痛みを、快楽に変えるようなこともしました。苦痛からアドレナリンが生成されるんですよ。あとはアナルですね。アナリングスからアナルセックスに移行して、さらにアナル使った快楽責めまで」(むつみさん)

 ところが、そのSMパートナーとは、事情があって別離することに。そして次に開いた新しい世界の扉は、『M女性専門のSM風俗店』を利用することでした。

「本格的な緊縛は初めて体験したんだけど、すごくよかったです。『痛くない!動けない!美しい!』って。ドレスを着させていただいた気分。これまでSMで得てきたものとは、別のものが縄の世界にはありました。SM的な快感ではないけど、また別の感動体験。自分のSMは快楽の最たるだったから、こんな側面があったのかって。それに、フィフティーフィフティーのSMというものがこれなのか、とも。私に本格的にSMを指南して下さったパートナーさんとはフィフティーフィフティーのつもりでしたが、やはり私はへりくだっていましたね。へりくだるのも、酔えて気持ちいいんですけど……」(むつみさん)

性癖は世界を切り開くための原動力にもなる

快感を追求すべく新しい世界へ…(写真:iStock)
快感を追求すべく新しい世界へ… (写真:iStock)

 自身の快感を追求すべく、次々と、果敢に知らない世界に飛び込むむつみさん。そんな彼女が次に試してみたいのは一本鞭。

「バラ鞭は試したことがあります。感覚が麻痺するまでバシバシされて。アナルは深い快楽で、ぐちゃぐちゃに溶ける感覚、打撃は、意識が飛ぶ感じで、アナルが永遠なら打撃は一瞬の快感なんですけど、バラ鞭に関していうと、アナルと打撃の中間の快感でした。それで、一本鞭には、また別の快感があるのでは……と」(むつみさん)

 性癖は世界を切り開くための原動力にもなる。「私のなかにSMがあったおかげで、色んな世界に行けたとおもってます」という、むつみさんの言葉は力強さに溢れています。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


未経験者からお尻攻めの上級者まで♡ ローター好きも大満足
 2022年も半ばを過ぎて、シンプルなバイブレーターとさまざまな形のアタッチメントを合体させ、何通りもの刺激を提供するグ...
桃子 2022-08-07 06:00 エロコク
人気急上昇L字型バイブ! 抜けにくいから面の刺激を楽しめる
 ここのところ人気急上昇のL字形バイブ。アイテムも増えつつあり、いろんな機能を搭載したものが登場しているので、自分のニー...
桃子 2022-07-31 06:00 エロコク
彼は私のもの!実姉から略奪不倫し恋人に戻った妹の執念 #6
 幼い頃から2歳上の姉と比べられ続け、つらい幼少期、青春時代を過ごしたH子さん(27歳クラブホステス/独身)。華やかな美...
蒼井凜花 2022-07-29 06:00 エロコク
シンプルさゆえの威力を発揮♡抜き差しする手が止まらない!
 バイブの多機能化が止まらない昨今。人気のクリ吸引系と合体したタイプや、ピストンするタイプなどハイスペックなものが次から...
桃子 2022-07-24 06:00 エロコク
姉に勝利! 同居する義兄を待ち伏せし復讐ガレージ不倫愛 #5
 幼少期から2歳上の姉と比べられて育ってきたH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  彼女はロングヘアの似合うス...
蒼井凜花 2022-07-29 11:29 エロコク
クリが吸われ、中からは揺さぶられ…そして不思議な現象が♡
 L字形バイブが増えています。この真っ赤な「クリクリ中毒」を見ればおわかりになると思いますが、L字の1辺を挿入し、もう1...
桃子 2022-07-17 06:00 エロコク
客との愛欲に溺れ諦めたら…実姉の婚約者として現れた彼 #4
 幼少期から2歳上の姉と比べ続けられて育ったH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  ロングヘアの似合うエキゾチ...
蒼井凜花 2022-07-22 10:42 エロコク
アタッチメントが4つ!大きな口に吸われて深い快楽の渦へ♡
 ドイツ発のブランド「サティスファイヤー」は、ラブグッズ界のトレンドセッターだと思っています。時代の空気をキャッチしたア...
桃子 2022-07-10 06:00 エロコク
未来の義兄とノーパンデートSEX!開発される悦びを知った#3
 幼いころから2歳上の姉と比べ続けられてきた苦い過去を持つH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  彼女は「元モ...
蒼井凜花 2022-07-19 14:18 エロコク
果物挿入するならホンモノより…見た目実力どちらにもキュン
 野菜や果物を挿入するって、官能小説やピンク映画では“定番”のひとつだったと思います。もう10年近く前のことですが、「ラ...
桃子 2022-07-03 06:00 エロコク
未来の義兄に抱かれても止まらない実姉へのマウンティング#2
 幼いころから実姉と比べ続けられて育ったH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  華やかな美貌とグラマラスなスタ...
蒼井凜花 2022-07-08 11:18 エロコク
新感覚!ピューピュー水が噴き出る膣洗浄機兼バイブレーター
 まず写真を見てください。シックなブラックカラーの挿入部はスタンダードですが、下に目を移すと……何コレ?  透明な...
桃子 2022-06-26 06:00 エロコク
挿入部“大”なバイブ!特殊ローターが絶妙な動きをリピート♡
 今回紹介するグッズは、中級者向けです。  最近フェムテックという言葉をよく耳にするようになり、ラブグッズにも注目...
桃子 2022-06-19 06:00 エロコク
“二穴責め”の快楽 同窓会W不倫で破廉恥なセレブ妻になった#5
 東京・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催された高校の同窓会に出席した。 ...
蒼井凜花 2022-06-17 06:00 エロコク
万人ウケするピンポイントバイブ♡敏感な場所をブルブル刺激
「彼女にどんなバイブを買えばいい?」と男性から聞かれることが多いのですが、これ実はとても困る質問。なぜなら体形や体質によ...
桃子 2022-06-12 06:00 エロコク
ついに挿入!25年ぶり同窓会で「アヌスも愛させて欲しい」#4
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、地元北海道で開催された高校の同窓会に、25年ぶりに参...
蒼井凜花 2022-06-17 18:25 エロコク