30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#2

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-04-30 06:00
投稿日:2021-04-30 06:00
 35歳の人妻・Y美さんが恋に落ちてしまったのは、14歳年下の大学生Dさんだ。
 息子のサッカー教室のコーチにとして毎週日曜日に会うDさんは、ママ友たち間で「爽やか」「「素敵」と話題になり、いつしかY美さんも、彼に「異性」を感じてしまう。
 年下男性とのイケない妄想にふけっていたさなか、彼から就職の相談を持ちかけられた。
「これで彼に会う口実ができる」そう直感したY美さんは――。

一回目はコチラ

夫も息子もいない日に…

最初は就職相談を(写真:iStock)
最初は就職相談を (写真:iStock)

――彼とプライベートで会う最初の一言はどのようなものでしたか?

「彼から『御社についてうかがいたいことがあるので、お時間を頂けませんか?』と頼まれ、LINEを交換しました。もちろん、大勢のママ友も一緒でしたから、タイミングを見計らいサッとですね。

 翌日、『昨日はありがとうございました。お会いする日時や場所はY美さんに合わせますので、ご検討ください』とのLINEが来たんです」

――それに対して、どのように返信を?

「ちょうど夫の出張と、息子が友人宅に泊りに行く日が重なったので、その日を指定しました。初めからイケナイことを考えたわけではありませんが、万が一のことを考えると、家族がいないタイミングがいいなと。(笑) 

 場所は無難に渋谷で。夕方5時に駅近くのカフェで待ち合わせをし、テーブル席で向かい合い――まずは、サッカー教室の話から入って、話の流れで就活の話題になりましたね。

 商社ごとの会社のカラーや転勤事情、残業やパワハラ、学閥なども訊かれました。うちの夫は3年間、上海に単身赴任したのですが、赴任前は会社が授業料を負担して中国語の語学教室に通わせてくれたんです。夫の時代とはだいぶ変わっていると思いますが、少しでも参考になればと思って、細かなことも話しましたね」

2軒目のお誘いを

服装選びは念入りに(写真:iStock)
服装選びは念入りに (写真:iStock)

――続けてください

「Dさんはメモを取りながら熱心に聞いてくれました。30分ほど経ったころでしょうか。ふと周囲を見ると、女性客たちの視線がこちらに向いていることに気づいたんです。その時、『私たち、どういう関係に見られているのかしら?』と言う気持ちがよぎりましたね」

――わかります。Y美さんのような愛らしい年上女性と若々しい青年の2人連れが店内に入ってきたら、私もつい「どんな関係かしら」と気になってしまいます。

「ふふ……ありがとうございます。実はその日の服装にはすごく悩んだんですよ。華やかすぎると『頑張った感』が出ますし、カジュアルすぎるのも女らしさに欠ける……なので、ミディアム丈のフレアスカートに、ベージュの半そでニットにしました。ニットはボディにほどよくフィットして、さりげなくバストの膨らみを強調できるんです。

 ちなみにEカップなんですが、案の定、Dさんがチラチラと胸元に視線を送ってくるのを感じて、予想外にドキドキして……」

――21歳の彼も、緊張していたのでは?

「どうでしょう、14歳も離れていますからね。ただ、胸のチェックはしていたんじゃないかしら。私も就活の話をしつつ、彼の大きな手や長い指、Tシャツごしの筋肉の盛り上がりをいつも以上に観察しましたね。日焼けした肌もきれいで若々しくて、笑うと白い歯がこぼれて……キュンと子宮が疼くんです。 

 こんなに心が浮き立ったのは久しぶり。主人とはとっくにセックスレスでしたから、『Dさんてどんなエッチをするのかしら』『私ってエッチの対象になるかな?』と、心の中で自問自答です(笑)」

――続けてください

「2時間くらい話したでしょうか。会計の時、私が伝票をとると『僕が誘ったので』と彼も手を伸ばしたんですね。その時一瞬だけ、指が触れ合ったんです。あっ……と思いました。彼の指の温かさと同時に、顔を見るとわずかに頬が赤らんでいるんです。

 爽やかなスポーツ青年なのに、やっぱりウブな部分もあるんだな……って愛しくなりましたね。

 結局、その店は彼にご馳走してもらったんですが、『もし、時間があったらもう一軒いきませんか? 私の商社時代に同僚たちとよく使った店で、Dさんにも紹介したいです』と、彼の就活につけこんだ誘い方をしたんですね。案の定『御社の皆さんとの行きつけですか』と食いついてきました」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


これこそが求める快感♡ボルテージが上がるピストンバイブ
 ピストンバイブと聞くと、ずんずん激しく突かれるイメージがあるでしょうか。私もかつてはそう思っていましたし、実際、長いス...
桃子 2021-12-05 06:00 エロコク
出張ホストに溺れて淫らに迫った私…待っていた意外な結末
 夫の浮気を知り、出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。本業は俳優をしているというタクミ君(29)...
蒼井凜花 2021-12-03 06:00 エロコク
50歳前後でやってくる…閉経後の性欲について調べてみました
 閉経期を迎えると、女性の性欲にはいったいどのような変化が訪れるのか。そしてセックスライフはどうなっていくのか。気になっ...
内藤みか 2021-12-02 06:00 エロコク
懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・...
蒼井凜花 2021-11-19 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的にな...
蒼井凜花 2021-10-29 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク