30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#2

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-04-30 06:00
投稿日:2021-04-30 06:00
 35歳の人妻・Y美さんが恋に落ちてしまったのは、14歳年下の大学生Dさんだ。
 息子のサッカー教室のコーチにとして毎週日曜日に会うDさんは、ママ友たち間で「爽やか」「「素敵」と話題になり、いつしかY美さんも、彼に「異性」を感じてしまう。
 年下男性とのイケない妄想にふけっていたさなか、彼から就職の相談を持ちかけられた。
「これで彼に会う口実ができる」そう直感したY美さんは――。

一回目はコチラ

夫も息子もいない日に…

最初は就職相談を(写真:iStock)
最初は就職相談を (写真:iStock)

――彼とプライベートで会う最初の一言はどのようなものでしたか?

「彼から『御社についてうかがいたいことがあるので、お時間を頂けませんか?』と頼まれ、LINEを交換しました。もちろん、大勢のママ友も一緒でしたから、タイミングを見計らいサッとですね。

 翌日、『昨日はありがとうございました。お会いする日時や場所はY美さんに合わせますので、ご検討ください』とのLINEが来たんです」

――それに対して、どのように返信を?

「ちょうど夫の出張と、息子が友人宅に泊りに行く日が重なったので、その日を指定しました。初めからイケナイことを考えたわけではありませんが、万が一のことを考えると、家族がいないタイミングがいいなと。(笑) 

 場所は無難に渋谷で。夕方5時に駅近くのカフェで待ち合わせをし、テーブル席で向かい合い――まずは、サッカー教室の話から入って、話の流れで就活の話題になりましたね。

 商社ごとの会社のカラーや転勤事情、残業やパワハラ、学閥なども訊かれました。うちの夫は3年間、上海に単身赴任したのですが、赴任前は会社が授業料を負担して中国語の語学教室に通わせてくれたんです。夫の時代とはだいぶ変わっていると思いますが、少しでも参考になればと思って、細かなことも話しましたね」

2軒目のお誘いを

服装選びは念入りに(写真:iStock)
服装選びは念入りに (写真:iStock)

――続けてください

「Dさんはメモを取りながら熱心に聞いてくれました。30分ほど経ったころでしょうか。ふと周囲を見ると、女性客たちの視線がこちらに向いていることに気づいたんです。その時、『私たち、どういう関係に見られているのかしら?』と言う気持ちがよぎりましたね」

――わかります。Y美さんのような愛らしい年上女性と若々しい青年の2人連れが店内に入ってきたら、私もつい「どんな関係かしら」と気になってしまいます。

「ふふ……ありがとうございます。実はその日の服装にはすごく悩んだんですよ。華やかすぎると『頑張った感』が出ますし、カジュアルすぎるのも女らしさに欠ける……なので、ミディアム丈のフレアスカートに、ベージュの半そでニットにしました。ニットはボディにほどよくフィットして、さりげなくバストの膨らみを強調できるんです。

 ちなみにEカップなんですが、案の定、Dさんがチラチラと胸元に視線を送ってくるのを感じて、予想外にドキドキして……」

――21歳の彼も、緊張していたのでは?

「どうでしょう、14歳も離れていますからね。ただ、胸のチェックはしていたんじゃないかしら。私も就活の話をしつつ、彼の大きな手や長い指、Tシャツごしの筋肉の盛り上がりをいつも以上に観察しましたね。日焼けした肌もきれいで若々しくて、笑うと白い歯がこぼれて……キュンと子宮が疼くんです。 

 こんなに心が浮き立ったのは久しぶり。主人とはとっくにセックスレスでしたから、『Dさんてどんなエッチをするのかしら』『私ってエッチの対象になるかな?』と、心の中で自問自答です(笑)」

――続けてください

「2時間くらい話したでしょうか。会計の時、私が伝票をとると『僕が誘ったので』と彼も手を伸ばしたんですね。その時一瞬だけ、指が触れ合ったんです。あっ……と思いました。彼の指の温かさと同時に、顔を見るとわずかに頬が赤らんでいるんです。

 爽やかなスポーツ青年なのに、やっぱりウブな部分もあるんだな……って愛しくなりましたね。

 結局、その店は彼にご馳走してもらったんですが、『もし、時間があったらもう一軒いきませんか? 私の商社時代に同僚たちとよく使った店で、Dさんにも紹介したいです』と、彼の就活につけこんだ誘い方をしたんですね。案の定『御社の皆さんとの行きつけですか』と食いついてきました」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


射精だけがすべてではない…トラウマを乗り越えた女性の告白
 近頃は、セックスはコミュニケーションであり、“挿入”と“射精”ばかりがセックスではないということもよく言われています。...
大泉りか 2021-07-29 06:00 エロコク
バイブの“背”を使った唯一無二の刺激♡中と外の同時イキも
 カナダのブランド「ウィーバイブ」は、カップルで楽しむラブグッズを日本に教えてくれた立役者のひとつ。けれどこの新作バイブ...
桃子 2021-07-27 15:35 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#4
 Wさん(46歳・外資系IT)の体にまたがった奥さんは、「もう我慢できない」と猛り立つ勃起を握り、自身の女陰に導いた。人...
蒼井凜花 2021-07-23 06:17 エロコク
小型でも振動が重く細やかで上質!クリに当てると恥骨まで♡
 電マは大きいし振動が強すぎるし、ちょっと怖い……というみなさんに朗報です。全長9センチ、重さ40グラムの超小型電マ「パ...
桃子 2021-07-18 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#3
 いよいよ「夫婦交換のセックス」が始まった。Wさん(46歳・外資系IT)は、相手の奥さんに誘(いざな)われるまま、ベッド...
蒼井凜花 2021-07-16 06:00 エロコク
敏感部分を押しながらこする…今まで経験したことがない愛撫
 話題のブランド「ローラディカルロ」の中でも、挿入部と吸引部が一体化した「オセ2」は、最も上級者向けのモデルです。 ...
桃子 2021-07-11 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#2
 皆さんは「夫婦交換」という言葉を耳にしたことはあるだろうか。  外資系IT企業に勤めるWさん(46歳・妻子アリ)は、...
蒼井凜花 2021-07-09 06:06 エロコク
5WAYのスティック型ローラーで、確実にエクスタシーを提供
「ザロ」ブランドは、以前はロココ調の愛らしい系、現在は大人っぽいエレガント系と、唯一無二の世界観で人気です。ひと目惚れで...
桃子 2021-07-04 06:00 エロコク
細身でも滑らかな動きで威力十分♡挿入タイプ初心者にも
 ラブグッズを愛する私ですが、指で楽しむときもあります。原点に返る気分。グッズは振動や吸引といった、人体では不可能な動き...
桃子 2021-06-27 06:00 エロコク
“秒でいく”は本当?女性向けラブグッズ「マイメアリープラス」の口コミレビュー♡ひとりにもカップルにもおすすめな理由
 あなたは、ラブグッズを持っていますか? 「彼と試した経験がある!」という人は多そうですが、自分で購入するとなるとハード...
ラブグッズはセックスレスに効果的!男性の意外な本音とは
 セクシュアルコンタクトが1か月以上ないことをセックスレスと呼びます。こうなると男性は「女性はしたい日としたくない日の差...
神田つばき [PR] 2021-06-25 16:00 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に…#5
 既婚者合コンで知り合った男性・Aさん(48歳・銀行マン)との逢瀬を続けていたウォーキング講師のI子さん(42歳)。 ...
蒼井凜花 2021-06-25 16:16 エロコク
いろんなプレーに応用可能!男女どちらの愛撫にも使える♡
 ラブグッズを購入する際、無視できないのがコストです。コロナ禍になって以降、通販での購入も増えていて、実際に手に取って質...
桃子 2021-06-20 06:00 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に…#4
 既婚者合コンで知り合った男性AさんとホテルでベッドインしたI子さん(42歳・ウォーキング講師)は、彼の練達した指づかい...
蒼井凜花 2021-06-18 06:00 エロコク
クリ刺激派へ!指での刺激が楽しくなる植物由来の興奮ジェル
 ここのところ、クリトリス刺激グッズがアツいと感じています。多様化&細分化で商品が増えているからではありますが、巣ごもり...
桃子 2021-06-13 06:13 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に……#3
 既婚者合コンで出会ったAさん(48歳・銀行マン)と、ついにベッドインしてしまったI美さん(42歳・ウォーキング講師)は...
蒼井凜花 2021-06-11 06:00 エロコク