30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#2

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-04-30 06:00
投稿日:2021-04-30 06:00
 35歳の人妻・Y美さんが恋に落ちてしまったのは、14歳年下の大学生Dさんだ。
 息子のサッカー教室のコーチにとして毎週日曜日に会うDさんは、ママ友たち間で「爽やか」「「素敵」と話題になり、いつしかY美さんも、彼に「異性」を感じてしまう。
 年下男性とのイケない妄想にふけっていたさなか、彼から就職の相談を持ちかけられた。
「これで彼に会う口実ができる」そう直感したY美さんは――。

一回目はコチラ

夫も息子もいない日に…

最初は就職相談を(写真:iStock)
最初は就職相談を (写真:iStock)

――彼とプライベートで会う最初の一言はどのようなものでしたか?

「彼から『御社についてうかがいたいことがあるので、お時間を頂けませんか?』と頼まれ、LINEを交換しました。もちろん、大勢のママ友も一緒でしたから、タイミングを見計らいサッとですね。

 翌日、『昨日はありがとうございました。お会いする日時や場所はY美さんに合わせますので、ご検討ください』とのLINEが来たんです」

――それに対して、どのように返信を?

「ちょうど夫の出張と、息子が友人宅に泊りに行く日が重なったので、その日を指定しました。初めからイケナイことを考えたわけではありませんが、万が一のことを考えると、家族がいないタイミングがいいなと。(笑) 

 場所は無難に渋谷で。夕方5時に駅近くのカフェで待ち合わせをし、テーブル席で向かい合い――まずは、サッカー教室の話から入って、話の流れで就活の話題になりましたね。

 商社ごとの会社のカラーや転勤事情、残業やパワハラ、学閥なども訊かれました。うちの夫は3年間、上海に単身赴任したのですが、赴任前は会社が授業料を負担して中国語の語学教室に通わせてくれたんです。夫の時代とはだいぶ変わっていると思いますが、少しでも参考になればと思って、細かなことも話しましたね」

2軒目のお誘いを

服装選びは念入りに(写真:iStock)
服装選びは念入りに (写真:iStock)

――続けてください

「Dさんはメモを取りながら熱心に聞いてくれました。30分ほど経ったころでしょうか。ふと周囲を見ると、女性客たちの視線がこちらに向いていることに気づいたんです。その時、『私たち、どういう関係に見られているのかしら?』と言う気持ちがよぎりましたね」

――わかります。Y美さんのような愛らしい年上女性と若々しい青年の2人連れが店内に入ってきたら、私もつい「どんな関係かしら」と気になってしまいます。

「ふふ……ありがとうございます。実はその日の服装にはすごく悩んだんですよ。華やかすぎると『頑張った感』が出ますし、カジュアルすぎるのも女らしさに欠ける……なので、ミディアム丈のフレアスカートに、ベージュの半そでニットにしました。ニットはボディにほどよくフィットして、さりげなくバストの膨らみを強調できるんです。

 ちなみにEカップなんですが、案の定、Dさんがチラチラと胸元に視線を送ってくるのを感じて、予想外にドキドキして……」

――21歳の彼も、緊張していたのでは?

「どうでしょう、14歳も離れていますからね。ただ、胸のチェックはしていたんじゃないかしら。私も就活の話をしつつ、彼の大きな手や長い指、Tシャツごしの筋肉の盛り上がりをいつも以上に観察しましたね。日焼けした肌もきれいで若々しくて、笑うと白い歯がこぼれて……キュンと子宮が疼くんです。 

 こんなに心が浮き立ったのは久しぶり。主人とはとっくにセックスレスでしたから、『Dさんてどんなエッチをするのかしら』『私ってエッチの対象になるかな?』と、心の中で自問自答です(笑)」

――続けてください

「2時間くらい話したでしょうか。会計の時、私が伝票をとると『僕が誘ったので』と彼も手を伸ばしたんですね。その時一瞬だけ、指が触れ合ったんです。あっ……と思いました。彼の指の温かさと同時に、顔を見るとわずかに頬が赤らんでいるんです。

 爽やかなスポーツ青年なのに、やっぱりウブな部分もあるんだな……って愛しくなりましたね。

 結局、その店は彼にご馳走してもらったんですが、『もし、時間があったらもう一軒いきませんか? 私の商社時代に同僚たちとよく使った店で、Dさんにも紹介したいです』と、彼の就活につけこんだ誘い方をしたんですね。案の定『御社の皆さんとの行きつけですか』と食いついてきました」

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

エロコク 新着一覧


一石三鳥!35歳の主婦が出会い系掲示板で出会った超優良パパ
 運動不足で血行が悪くなり、肩凝りや腰痛が出始めたという方も多いのでは。  そんな中、今回お話を聞かせてくれたのは...
中山美里 2024-02-20 06:00 エロコク
遠隔プレイ専用ローター爆誕!マグネット装備でフィット感◎
 生活雑貨でも何でも、従来のアイテムがちょっとの工夫で劇的に使いやすくなることってありますよね。なんで前からなかったのか...
桃子 2024-02-18 06:00 エロコク
パンティの奥が熱い…乳房、卵巣を失った40代主婦。男の誘いに抗えず#3
 乳がんをきっかけに両乳房と卵巣を切除した香織さん(仮名・49歳主婦/子供アリ)。彼女は、単身赴任をきっかけ外泊するのが...
蒼井凜花 2024-02-16 06:00 エロコク
パパ活も多様化の時代…収入のためではなく手段として愛人に
 長引く不況で勤めている会社もどうなるか分からない昨今。副業しようかと考える方も多いはず。  そんな中で3年前あた...
中山美里 2024-02-13 06:00 エロコク
プリプリのボディが“中”でグルグル回転♡ああん、気持ちいい
 レトロな雰囲気のバイブレーター、懐かしく感じる人もいれば、新鮮! と感じる人もいるでしょう。 「無限輪廻くねりん...
桃子 2024-02-11 06:00 エロコク
乳房と卵巣を失った40代主婦「愛されたい…」マチアプで男漁り #2
 乳がんをきっかけに両乳房と卵巣を切除した香織さん(仮名・49歳主婦/子供アリ)。  彼女は、単身赴任をきっかけ外...
蒼井凜花 2024-02-09 06:00 エロコク
顔だけじゃなくて職業&年収も…オジサマだって盛りたいです
 いつもはパパ活女子を対象にインタビュー取材をしている私ですが、先日、愛人探しを最近になって始めたという50歳の男性に話...
中山美里 2024-02-07 06:00 エロコク
吸われて軽く叩かれて…マルチユースなバイブレーターに夢中
 人は常に、新たな刺激を求めます。吸引系グッズといわれるものが2017年ごろに登場してから、吸われる快感に目覚めた女性は...
桃子 2024-02-04 06:00 エロコク
女って怖い! 35歳主婦が25キロのダイエットに成功したワケ
 そろそろ女性たちの口から「薄着の季節に向けてダイエットしなきゃ」という言葉が出始めるこの季節。  冬は何かと食べ...
中山美里 2024-01-30 06:00 エロコク
平たいフォルムの面が刺激♡ 新しい心地よさを体験してみて
 平たいフォルムの「極天 -kiwami ten- rotor キワミテン ローター 菱」。女性には、まるで薄型の生理用...
桃子 2024-01-28 06:00 エロコク
パパを逃がさないために! 25歳フリーターの驚きの“隠し玉”
 ある取材でこんなことを言っていたキャバ嬢がいました。 「指名のお客さんをできるだけ長く引っ張るために“あと一押し...
中山美里 2024-01-23 06:00 エロコク
今年デビューを考えているなら…お手軽価格&シンプルさが◎
 2024年が始まったばかりですが、今年こそグッズデビューをしたいと思っている女性に、お伝えしたいこと。それは「お手軽価...
桃子 2024-01-21 06:00 エロコク
40代人妻探偵の止まらない性欲! 涙の極秘SEXからお掃除フェラまで #5
 探偵事務所に所属する探偵・波子さん(仮名・48歳既婚/子供なし)は、5回にわたる不妊治療(体外受精)を受けたが、子供は...
蒼井凜花 2024-01-19 06:00 エロコク
男も女もカップルでもひとりでも! 無限に楽しめるグッズ♡
 2024年っぽさを感じる新商品といえば、「TENGA ユニ」で決まりでしょう。男性も女性も、カップルでもひとりでも楽し...
桃子 2024-01-14 06:00 エロコク
40代人妻探偵の危険な性欲 依頼人の自爆に触発→オナニーで3度イキ #4
 探偵事務所に所属する探偵・波子さん(仮名・48歳既婚/子供なし)は、5回にわたる不妊治療(体外受精)を受けたが、子供は...
蒼井凜花 2024-01-19 13:32 エロコク
嫌になったら即バイバイ! 愛人市場は女のほうが強いんです
 さて今回は買い手市場なのに、主導権は売り手が握っているという摩訶不思議なお話。  あ、愛人の話ですからね、決して...
中山美里 2024-01-09 06:00 エロコク