30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#2

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-04-30 06:00
投稿日:2021-04-30 06:00
 35歳の人妻・Y美さんが恋に落ちてしまったのは、14歳年下の大学生Dさんだ。
 息子のサッカー教室のコーチにとして毎週日曜日に会うDさんは、ママ友たち間で「爽やか」「「素敵」と話題になり、いつしかY美さんも、彼に「異性」を感じてしまう。
 年下男性とのイケない妄想にふけっていたさなか、彼から就職の相談を持ちかけられた。
「これで彼に会う口実ができる」そう直感したY美さんは――。

一回目はコチラ

夫も息子もいない日に…

最初は就職相談を(写真:iStock)
最初は就職相談を (写真:iStock)

――彼とプライベートで会う最初の一言はどのようなものでしたか?

「彼から『御社についてうかがいたいことがあるので、お時間を頂けませんか?』と頼まれ、LINEを交換しました。もちろん、大勢のママ友も一緒でしたから、タイミングを見計らいサッとですね。

 翌日、『昨日はありがとうございました。お会いする日時や場所はY美さんに合わせますので、ご検討ください』とのLINEが来たんです」

――それに対して、どのように返信を?

「ちょうど夫の出張と、息子が友人宅に泊りに行く日が重なったので、その日を指定しました。初めからイケナイことを考えたわけではありませんが、万が一のことを考えると、家族がいないタイミングがいいなと。(笑) 

 場所は無難に渋谷で。夕方5時に駅近くのカフェで待ち合わせをし、テーブル席で向かい合い――まずは、サッカー教室の話から入って、話の流れで就活の話題になりましたね。

 商社ごとの会社のカラーや転勤事情、残業やパワハラ、学閥なども訊かれました。うちの夫は3年間、上海に単身赴任したのですが、赴任前は会社が授業料を負担して中国語の語学教室に通わせてくれたんです。夫の時代とはだいぶ変わっていると思いますが、少しでも参考になればと思って、細かなことも話しましたね」

2軒目のお誘いを

服装選びは念入りに(写真:iStock)
服装選びは念入りに (写真:iStock)

――続けてください

「Dさんはメモを取りながら熱心に聞いてくれました。30分ほど経ったころでしょうか。ふと周囲を見ると、女性客たちの視線がこちらに向いていることに気づいたんです。その時、『私たち、どういう関係に見られているのかしら?』と言う気持ちがよぎりましたね」

――わかります。Y美さんのような愛らしい年上女性と若々しい青年の2人連れが店内に入ってきたら、私もつい「どんな関係かしら」と気になってしまいます。

「ふふ……ありがとうございます。実はその日の服装にはすごく悩んだんですよ。華やかすぎると『頑張った感』が出ますし、カジュアルすぎるのも女らしさに欠ける……なので、ミディアム丈のフレアスカートに、ベージュの半そでニットにしました。ニットはボディにほどよくフィットして、さりげなくバストの膨らみを強調できるんです。

 ちなみにEカップなんですが、案の定、Dさんがチラチラと胸元に視線を送ってくるのを感じて、予想外にドキドキして……」

――21歳の彼も、緊張していたのでは?

「どうでしょう、14歳も離れていますからね。ただ、胸のチェックはしていたんじゃないかしら。私も就活の話をしつつ、彼の大きな手や長い指、Tシャツごしの筋肉の盛り上がりをいつも以上に観察しましたね。日焼けした肌もきれいで若々しくて、笑うと白い歯がこぼれて……キュンと子宮が疼くんです。 

 こんなに心が浮き立ったのは久しぶり。主人とはとっくにセックスレスでしたから、『Dさんてどんなエッチをするのかしら』『私ってエッチの対象になるかな?』と、心の中で自問自答です(笑)」

――続けてください

「2時間くらい話したでしょうか。会計の時、私が伝票をとると『僕が誘ったので』と彼も手を伸ばしたんですね。その時一瞬だけ、指が触れ合ったんです。あっ……と思いました。彼の指の温かさと同時に、顔を見るとわずかに頬が赤らんでいるんです。

 爽やかなスポーツ青年なのに、やっぱりウブな部分もあるんだな……って愛しくなりましたね。

 結局、その店は彼にご馳走してもらったんですが、『もし、時間があったらもう一軒いきませんか? 私の商社時代に同僚たちとよく使った店で、Dさんにも紹介したいです』と、彼の就活につけこんだ誘い方をしたんですね。案の定『御社の皆さんとの行きつけですか』と食いついてきました」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


果物挿入するならホンモノより…見た目実力どちらにもキュン
 野菜や果物を挿入するって、官能小説やピンク映画では“定番”のひとつだったと思います。もう10年近く前のことですが、「ラ...
桃子 2022-07-03 06:00 エロコク
未来の義兄に抱かれても止まらない実姉へのマウンティング#2
 幼いころから実姉と比べ続けられて育ったH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  華やかな美貌とグラマラスなスタ...
蒼井凜花 2022-07-01 06:00 エロコク
新感覚!ピューピュー水が噴き出る膣洗浄機兼バイブレーター
 まず写真を見てください。シックなブラックカラーの挿入部はスタンダードですが、下に目を移すと……何コレ?  透明な...
桃子 2022-06-26 06:00 エロコク
挿入部“大”なバイブ!特殊ローターが絶妙な動きをリピート♡
 今回紹介するグッズは、中級者向けです。  最近フェムテックという言葉をよく耳にするようになり、ラブグッズにも注目...
桃子 2022-06-19 06:00 エロコク
“二穴責め”の快楽 同窓会W不倫で破廉恥なセレブ妻になった#5
 東京・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催された高校の同窓会に出席した。 ...
蒼井凜花 2022-06-17 06:00 エロコク
万人ウケするピンポイントバイブ♡敏感な場所をブルブル刺激
「彼女にどんなバイブを買えばいい?」と男性から聞かれることが多いのですが、これ実はとても困る質問。なぜなら体形や体質によ...
桃子 2022-06-12 06:00 エロコク
ついに挿入!25年ぶり同窓会で「アヌスも愛させて欲しい」#4
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、地元北海道で開催された高校の同窓会に、25年ぶりに参...
蒼井凜花 2022-06-17 18:25 エロコク
中級者向け!やや太めのミドルサイズがよき♡ 温熱機能も◎
 かつてバイブレーターの色といえば、圧倒的にピンクが主流でした。当時制作していたのは男性ばかりで、「女性はピンクが好きだ...
桃子 2022-06-05 06:00 エロコク
25年ぶりの同窓会、燃える情欲!互いの性器を絶えず愛撫 #3
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催される高校の同窓会に参加...
蒼井凜花 2022-06-12 16:39 エロコク
吸引&挿入のハイブリッド型! Wの刺激にガマンできないっ
 朱色のような鮮やかな赤が大人っぽい新作バイブ。「スイート サレンダー」、つまり「甘い降伏」という商品名がなんとも意味深...
桃子 2022-05-30 10:23 エロコク
地味子だった私が憧れのK君とキス…車内は“オス臭”で充満 #2
 25年ぶりの同窓会で地元・北海道に帰省したE子さん(43歳主婦/子供アリ)。  白金台に住む彼女は楚々とした和風...
蒼井凜花 2022-06-12 16:38 エロコク
大小2つの突起付き♡ 乳首専用ローターで集中刺激しちゃおう
 女性の性感は、多様です。全身、感じる可能性がある。でもみなさんご存じの通り、多くの人が気持ちよくなれる代表的な性感帯と...
桃子 2022-05-22 06:00 エロコク
これ一本で中も外も気持ちいい! 1stバイブとしてもお薦め♡
 ラブグッズ界を見渡すと、ここのところ2ウエー、3ウエーなど多機能商品が増えています。お得感もあるし、この傾向は大歓迎。...
桃子 2022-05-15 06:00 エロコク
「ああ、彼の肉の味」不倫上司が焦らされ女体に被虐プレイ#6
 ダンディな上司と社内不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と公言する彼女は、コロナ...
蒼井凜花 2022-05-13 06:00 エロコク
初心者さんにも♡ 3つのボールでギュッとした締まりをゲット
 膣トレグッズの数が増えつづけています。骨盤の内側に張り巡らされた「骨盤底筋群」をトレーニングすることによって、尿もれや...
桃子 2022-05-08 06:00 エロコク
不倫相手と肉食ディナー クロス下で悶絶リモートプレイ!#5
 ダンディな上司と不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と豪語する彼女はセックスでも...
蒼井凜花 2022-05-06 06:00 エロコク