心の中で「ざまあ」と叫ばずにはいられない! 許してね、元夫のプチ災難

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2023-11-22 06:00
投稿日:2023-11-22 06:00
 離婚した元夫に対して、多少なりとも恨みが残っている女性は多いはず。離婚理由にもよりますが、元夫に「妻を泣かせた罰」が当たれば、つい心の中で「ざまあ!」と叫ぶ人もいますよね(笑)。
 今回は思わずくすっと笑った、元夫に降りかかったざまあなプチ災難エピソードをご紹介します。

元夫に降りかかったざまあなプチ災難エピソード

パパのお顔、どうしたの?(写真:iStock)
パパのお顔、どうしたの? (写真:iStock)

 まずは、元夫に降りかかったざまあなプチ災難エピソードから見ていきましょう!

1. 間違えて眉毛を…

「夫の浮気が原因で離婚した私たち。娘との面会交流の日、元夫との待ち合わせ場所に娘を連れて行くと、片方の眉毛だけないのです(笑)。

 理由を聞くと眉を整えようとして、間違えて剃ってしまったとのこと。

 浮気相手にカッコよく見られたかったんだろうなと思うと、思わずざまあ! と心の中でガッツポーズをしました」(41歳・パート)

 元夫には、麻呂のような眉という罰が当たったのですね! 新しい恋人の前で格好つけられなくなるのはさぞ悔しいでしょう。

2. 浮気相手が詐欺師だった…

笑っちゃった(写真:iStock)
笑っちゃった (写真:iStock)

「信じていた夫に突然、離婚を切り出されました。浮気から本気になってしまった女性がいるとのこと。未練はありましたが、夫の意見が頑なで変わらないので、仕方なく離婚しました。

 ところが、1年後、テレビのニュースを見ていると、夫のSNSで見かけた相手の女性が結婚詐欺で捕まったとのこと。

 思わず『ざまあ』と声に出してしまいました(笑)」(32歳・保育士)

 まさか本気になって離婚までしたのに、相手が結婚詐欺師とは! きっと、女性の未練よりも、男性の後悔のほうが100倍大きいでしょうね……。

3. ドアに指を挟んで…

別れ際に格好つけて…(写真:iStock)
別れ際に格好つけて… (写真:iStock)

「ワガママで、ナルシストな元夫。高いプライドゆえにいつも喧嘩が絶えずに離婚に至りました。

 離婚後、用事がありカフェで会ったのですが、別れ際に格好つけて、カフェのドアにもたれ『幸せになれよ…』と言ったところで、ほかの客がドアを閉めてしまい盛大に指を挟んだのです!

 悶絶して変な動きになりながらも無言で帰っていく姿は、ちょっと可哀想でした」(34歳・証券会社勤務)
 
 光景が目に浮かびますね。悶絶している姿も必死に声を抑えている感じも、もはやコントです!

4. 子供の手料理を食べて…

お腹を壊したのは気の毒だけど(写真:iStock)
お腹を壊したのは気の毒だけど (写真:iStock)

「浪費癖のひどさが原因で離婚した元夫。ある時、シェフの見習いをしている息子が元夫の家で牡蠣料理フルコースを作ってあげたのだそう。

 その夜、元夫は牡蠣にあたり、重症のため入院。結果、普段の浪費にプラスして大出費になったらしい。ざまあと思います」(50代・会社員)

 子供が愛情を込めて作ってくれた料理であたるとは! お腹を壊したのは気の毒ですが、入院の大出費で浪費癖もなおるといいですね……。

5. 大量発生したゴキブリに…

ちゃんと片付けないからだよ(写真:iStock)
ちゃんと片付けないからだよ (写真:iStock)

「家事や育児、仕事まですべて私に丸投げしていた元夫。

 ある日、元夫から連絡がきて、部屋を汚くしすぎて『ゴキブリが大量発生してる! 家に来て!』と電話がきました。

 行くわけないでしょ! 心からざまあと思いました」(50代・小学校教師)

 ゴミ屋敷になるほど、何もしないぐうたらな元夫のようですね。ゴキブリ退治まで元妻にやらせようなんて……。

元夫にバチが当たって「ざまあ」と叫ぶ妻は多い

 離婚した=結婚生活に不満があったということ。元夫が痛い目にあえば、いけない感情だとは思いつつも「ざまあ!」と叫ぶ妻は多いようです。

 元夫の皆さんは、突然降りかかる小さなプチ災難に注意してくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-25 17:28 ラブ