BLACKPINKの再契約なるか?「7年目のジンクス」結末に4つのシナリオ

更新日:2023-11-09 06:00
投稿日:2023-11-09 06:00

BLACKPINKの再契約問題に注目が集まる

(C)ロイター/BauerGriffin/INSTARimages.com/Cover Images
(C)ロイター/BauerGriffin/INSTARimages.com/Cover Images

 世界的なK‐POPブームの昨今。「コクハク」読者の中にも、K-POPにハマっている方も多いのではないでしょうか?

 日本におけるK-POPの歴史は長く、本国デビューの翌年(2001年)には日本のミュージックシーンを賑わせたBoAに始まり、東方神起や少女時代、BIGBANG、KARA、2PM、SHINee、現在ではNCTやSEVENTEEN、NewJeansなど、さまざまなグループが登場してきました。

 現在では、K-POPはさらにグローバルな動きを見せ、世界的なK-POPグループにまで上り詰めたBTSを筆頭に、多くのグループがアメリカの音楽チャート「ビルボード」にランクインをするなど、世界が認める音楽ジャンルとなりました。

 そんな中、とりわけ注目されているのが、デビュー7年目を迎えたガールズグループ・BLACKPINKの動向。なぜならば、韓国の芸能界には「7年目のジンクス」と言われる、今後の活動を左右する大きな分岐点があるからです。

 今回は、今一番気になるBLACKPINKがどうなるのか? を考察したいと思います。

「7年目のジンクス」とはなんなのか?

K-POPにまつわる「7年目のジンクス」(写真:iStock)
K-POPにまつわる「7年目のジンクス」 (写真:iStock)

 韓国の芸能界には、公正取引委員会が制定した「芸能人標準約款に基づく専属契約用標準契約書」という契約形態があり、多くの芸能事務所が採用をしています。これは“奴隷契約”と言われる長期間契約を回避するためのもので、最大7年の契約期間を結びます。

 そのため、この契約期間が切れる7年目が、再契約のタイミングとなり、多くの芸能人にとっては事務所に残るのか、移籍するのかなどの、「魔の7年目」と言われる大きなターニングポイントになるのです。

 K-POP関連のニュースなどによく出てくる「7年目のジンクス」という言葉は、この再契約のタイミングを表しており、自分たちの推しがK-POP界に生き残っていけるかどうかが、7年目にかかっているのです。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


オードリーが「ラジオ界の覇王」と呼ばれるまで…異常人気の理由「気密性」とは?
 オードリーの若林正恭(45)と春日俊彰(45)が“真のラジオモンスター”となった。ニッポン放送の深夜ラジオ「オードリー...
2024-02-22 17:03 エンタメ
NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言
 NHKは春の番組改編で旧ジャニーズ事務所(現・SMILE-UP.)の所属タレントが出演する、Eテレ「バリューの真実」(...
2024-02-22 17:03 エンタメ
痛快すぎるりつ子のひと言、“眼鏡会計ババア”でざわつかせた女優登場!
 スズ子(趣里)は、羽鳥善一(草彅剛)に新曲にはブギの歌を書いてほしいとお願いする。  はじめは、ブギが続けば面白...
桧山珠美 2024-02-22 15:05 エンタメ
門脇麦「厨房のありす」に「セクシー田中さん」問題が重なる不運…難役続き《普通の演技見たい》の声も
 門脇麦(31)が主演を務める「厨房のありす」(日本テレビ系)が、世帯視聴率5%台と伸び悩んでいる。門脇が演じるのは、コ...
2024-02-21 17:03 エンタメ
SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁
「SMAP×SMAP」や「笑っていいとも!」など人気番組を手がけ、13日に54歳で亡くなったフジテレビの編成制作局バラエ...
2024-02-20 17:03 エンタメ
広末涼子のハマり役は「悪女」か「不倫妻」か…独立で鳥羽周作氏との再婚より“やっぱり芝居”
《私、広末涼子は、芸能事務所フラームとの専属契約が2024年2月16日をもって終了し、同事務所を退所いたしましたことを、...
2024-02-20 17:03 エンタメ
松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ
《番組出演を休止せざるを得ない状況になり、CMも放送中止となるなど、筆舌に尽くしがたい精神的損害を受けた》  自らの性...
2024-02-19 18:48 エンタメ
デカッ!急成長を遂げた2歳の愛子にびっくり、愛助さん似?
「東京ブギウギ」に続き、「ジャングル・ブギー」もヒットさせたスズ子(趣里)は、仕事に育児に大忙しの日々を送っている。 ...
桧山珠美 2024-02-19 17:00 エンタメ
平野レミは今、テレビで一番面白いタレント 「歩く放送事故」の異名はむしろ勲章
 12日のNHKはさながら「平野レミ祭り」だった。  朝ドラ終わりの8時15分から「平野レミの早わざレシピ!2024早...
2024-02-18 17:03 エンタメ
「ふてほど」磯村隼斗の白ブリ姿がマッチ! 錦戸亮出演にアノ人も続く?
 あれからムッチ先輩の白ブリーフ姿が頭から離れません(笑)。ほどよく均整の取れたムッチ先輩の細マッチョな肉体に清潔感あふ...
さくらももこさん元夫が明かした“名誉棄損”ドラマ…出版社との裁判で思い出される「NHK制作」の闇
 日本テレビは15日、昨年10~12月に放送したドラマ「セクシー田中さん」の原作者・芦原妃名子さんが脚本を巡って苦心し、...
2024-02-17 17:03 エンタメ
中島健人まさかの大炎上 熱愛報道時の“友人の1人”発言が矛盾ではない訳
 Sexy Zoneからの卒業を発表している中島健人に熱愛スキャンダルが発覚し、彼の発言の矛盾を指摘する声が相次いでいま...
堺屋大地 2024-02-17 06:00 エンタメ
ベストセラー「舟を編む」が初のドラマ化 原作者・三浦しをんさんは言葉とどう向き合っているのか
【注目の人 直撃インタビュー】  三浦しをん(作家)   ◇  ◇  ◇  辞書作りにかける編集者の情熱を描いたベ...
2024-02-16 17:03 エンタメ
「キターーーー!」で思い出す目薬のCM、趣里の細体型が映えたヒョウ柄
 スズ子(趣里)は、タイ子(藤間爽子)と語り合う。夢を叶えたスズ子と、どん底にいる自分を比べると惨めで恥ずかしいというタ...
桧山珠美 2024-02-16 15:43 エンタメ
テイラー・スウィフト5年3カ月ぶり来日でガッポリ! “モノ申す歌姫”の経済効果は340億円ナリ
 テイラー・スウィフト(34)が7日から10日まで、東京ドームで5年3カ月ぶりの来日公演を開催した。4日に最新アルバム「...
2024-02-15 17:03 エンタメ
山田涼介効果で「開運神社」に旧ジャニオタ殺到し長蛇の列…数珠を高値転売する不届き者も
《今日は断念してまた必ず来ます!》  10日、自身のブログにこうつづったのが、元横綱・若乃花でタレントの花田虎上(53...
2024-02-15 17:03 エンタメ