蜜月編<2>言いまつがい【滑舌悪いVS耳遠い】頂上決戦

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2019-07-28 18:22
投稿日:2019-07-12 06:00
 わたしとひろし(非仮名w)の48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる引退系男子。そんな男を好いて惚れ尽くしたわたしとひろし、今回こそ(!)滑舌悪いVS耳遠いふたりの頂上決戦の話をしたいと思います。

言いまつがいに聞きまつがいの上塗り

やみつきに(写真:iStock)
やみつきに (写真:iStock)

【vol.21】

 初期蜜月期である恋人同士というのはとにかくお互いのいままでの経験を話して話して話しまくって、共有するのが醍醐味であったりします。

 よく「81歳と付き合っているって、どんな話をするの?」と聞かれるのですが、その点は、ほかの恋人同士と同じで出逢うまでの時間を埋めるようにひたすら喋って喋って喋り倒します。

 ただ、ほかの恋人同士と違うのは……“言いまつがい”や“聞きまつがい”が頻繁に起こるんです。

 わたしは滑舌が悪いし、ひろしはたまに耳が遠いので、【滑舌悪いVS耳遠い】ふたりの頂上決戦の様相を呈してきます。前回お話していたようなこと、です。

 例えば「多才すぎてヤバい」って言ったら「社会主義でヤバイ?」って聞き返してくるし、突然ゴルフ中にひろしへの愛が爆発して「いますぐ犯したい」って囁いたら「イノシシ買いたい? あぁ、ここら辺なら売ってくれるかも知れんで」と返してきたり、わたしはそれだけで白飯3杯はイケるくらい笑い倒して、81歳と愛し合う“妙”に興じていたのです。

 とにかく女好きのひろしなので隠し子もふたり……。

 でも「隠し子ふたり」とわたしが言うと滅多に怒らないひろしが「隠してないわい!!」と激怒したのは然るべきだし、そこのところの価値観が同じで安心しました。

 とはいえ、「そこかい!!」って突っ込みたくなるのはヤマヤマヤマ……。女の恨みをたくさん買ってきたんでしょ、と言うつもりで「生き霊ついてますよ」と言えば、

「イチロー? あぁ、やっぱりカリスマにはカリスマやな」

 とひとりごちて悦に入る。

 またあるときにはわたしが料理が大好き過ぎた結果、こじらせ系ゆがんだ偏屈さで「男って、やっぱり肉じゃが好きなんですか?」と昭和の肉じゃが風潮を引きずって尋ねると、

「ミック・ジャガーは誰でも好きやろ。73歳で8人目の子供やで。わしらも作るで!!」と俄然張り切り、ズボンを脱ぎ始めるひろし。

ノリとツッコミの狂騒

芋には芋を(写真:小悪魔ドルチェ寿司)
芋には芋を (写真:小悪魔ドルチェ寿司)

 こんなこともありました。

「ひろしにとって、わたしってfemme fataleですね」
(※ファムファタル:仏語で宿命・運命の女。男の運命を変える女。悪い意味で使う方が多いけど、わたしは単純に運命の女という意味で使ったのですが……)

「海ほたる? ハハッ、よう分かっとるやないけ。カネ食い虫ちゅーことやろ」

 清貧の思想で生きているわたしにひどい言いがかりですが、運転免許を持っていなかったわたしに免許を取らせ、ゴルフを週一でラウンドしてツーサムで教えてくれているので「ぎゃふん」と言うしかなく(ぎゃふんと言った初めての人類よろしく)。

 わたしが外を見ながら「雨は(降るかな)? 梅雨?」と聞くと、

「アムウェイ? to you? なんやお前ネットワークビジネスか」と警戒するそぶりを見せたり。

 ある日はひろしが相当疲れ切っている様子だったので「癒してあげるね❤️」って子泣き爺のように抱きついたら、

「ヤラしてあげるね? お前もほんまイヤらしいオンナやな!」と嬉しげにわたしの手を股間に誘導したり。

「マッサージして欲しい?」って聞いたら、

「ワサビ? なんや! わしは寿司か!!」とうまくないノリツッコミを披露したり……。

「おっぱい」の破壊力

なにもかもが足りない(写真:iStock)
なにもかもが足りない (写真:iStock)

 ノリツッコミといえば、

「寝る子は?」と聞くと、
「育つ」と答え、
「寝る年寄りは?」と聞くと、
「ボケる」と答え、

 あるとき、ひどい喧嘩をしたらひろしがずっと黙っているので、不安になって「なに考えているの」と聞いたら、

「おっぱい」

 ひとことの破壊力。

 とまぁ、我々はひたすら頂上決戦ですが、蜜月期の恋人同士はどんなに時間があっても話し足りないわけです。心の凹凸を充足するために言葉で埋め、その話し足りないなかでセックスをし身体の凹凸を埋め合う。身体の凹凸を埋め合う欲求は根源的なもの。【エロス】と古代のギリシア哲学ではそう表現されていました。

 ということで、とても大切な身体の凹凸を埋めるお話。次回(7/19公開予定)はジェロントフィリアにも通じる、プラトンのmissing halfの話をさせていただきたいと思います!

関連キーワード

エロコク 新着一覧


女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク
「妻を他の男性に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #4
 出張ホストの美青年Yくん(24)の巧みなクンニリングスに身もだえする妻を見たエリート商社マンMさん(43)。ネトラレで...
蒼井凜花 2020-11-20 17:00 エロコク