蜜月編<2>言いまつがい【滑舌悪いVS耳遠い】頂上決戦

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2019-07-28 18:22
投稿日:2019-07-12 06:00
 わたしとひろし(非仮名w)の48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる引退系男子。そんな男を好いて惚れ尽くしたわたしとひろし、今回こそ(!)滑舌悪いVS耳遠いふたりの頂上決戦の話をしたいと思います。

言いまつがいに聞きまつがいの上塗り

やみつきに(写真:iStock)
やみつきに (写真:iStock)

【vol.21】

 初期蜜月期である恋人同士というのはとにかくお互いのいままでの経験を話して話して話しまくって、共有するのが醍醐味であったりします。

 よく「81歳と付き合っているって、どんな話をするの?」と聞かれるのですが、その点は、ほかの恋人同士と同じで出逢うまでの時間を埋めるようにひたすら喋って喋って喋り倒します。

 ただ、ほかの恋人同士と違うのは……“言いまつがい”や“聞きまつがい”が頻繁に起こるんです。

 わたしは滑舌が悪いし、ひろしはたまに耳が遠いので、【滑舌悪いVS耳遠い】ふたりの頂上決戦の様相を呈してきます。前回お話していたようなこと、です。

 例えば「多才すぎてヤバい」って言ったら「社会主義でヤバイ?」って聞き返してくるし、突然ゴルフ中にひろしへの愛が爆発して「いますぐ犯したい」って囁いたら「イノシシ買いたい? あぁ、ここら辺なら売ってくれるかも知れんで」と返してきたり、わたしはそれだけで白飯3杯はイケるくらい笑い倒して、81歳と愛し合う“妙”に興じていたのです。

 とにかく女好きのひろしなので隠し子もふたり……。

 でも「隠し子ふたり」とわたしが言うと滅多に怒らないひろしが「隠してないわい!!」と激怒したのは然るべきだし、そこのところの価値観が同じで安心しました。

 とはいえ、「そこかい!!」って突っ込みたくなるのはヤマヤマヤマ……。女の恨みをたくさん買ってきたんでしょ、と言うつもりで「生き霊ついてますよ」と言えば、

「イチロー? あぁ、やっぱりカリスマにはカリスマやな」

 とひとりごちて悦に入る。

 またあるときにはわたしが料理が大好き過ぎた結果、こじらせ系ゆがんだ偏屈さで「男って、やっぱり肉じゃが好きなんですか?」と昭和の肉じゃが風潮を引きずって尋ねると、

「ミック・ジャガーは誰でも好きやろ。73歳で8人目の子供やで。わしらも作るで!!」と俄然張り切り、ズボンを脱ぎ始めるひろし。

ノリとツッコミの狂騒

芋には芋を(写真:小悪魔ドルチェ寿司)
芋には芋を (写真:小悪魔ドルチェ寿司)

 こんなこともありました。

「ひろしにとって、わたしってfemme fataleですね」
(※ファムファタル:仏語で宿命・運命の女。男の運命を変える女。悪い意味で使う方が多いけど、わたしは単純に運命の女という意味で使ったのですが……)

「海ほたる? ハハッ、よう分かっとるやないけ。カネ食い虫ちゅーことやろ」

 清貧の思想で生きているわたしにひどい言いがかりですが、運転免許を持っていなかったわたしに免許を取らせ、ゴルフを週一でラウンドしてツーサムで教えてくれているので「ぎゃふん」と言うしかなく(ぎゃふんと言った初めての人類よろしく)。

 わたしが外を見ながら「雨は(降るかな)? 梅雨?」と聞くと、

「アムウェイ? to you? なんやお前ネットワークビジネスか」と警戒するそぶりを見せたり。

 ある日はひろしが相当疲れ切っている様子だったので「癒してあげるね❤️」って子泣き爺のように抱きついたら、

「ヤラしてあげるね? お前もほんまイヤらしいオンナやな!」と嬉しげにわたしの手を股間に誘導したり。

「マッサージして欲しい?」って聞いたら、

「ワサビ? なんや! わしは寿司か!!」とうまくないノリツッコミを披露したり……。

「おっぱい」の破壊力

なにもかもが足りない(写真:iStock)
なにもかもが足りない (写真:iStock)

 ノリツッコミといえば、

「寝る子は?」と聞くと、
「育つ」と答え、
「寝る年寄りは?」と聞くと、
「ボケる」と答え、

 あるとき、ひどい喧嘩をしたらひろしがずっと黙っているので、不安になって「なに考えているの」と聞いたら、

「おっぱい」

 ひとことの破壊力。

 とまぁ、我々はひたすら頂上決戦ですが、蜜月期の恋人同士はどんなに時間があっても話し足りないわけです。心の凹凸を充足するために言葉で埋め、その話し足りないなかでセックスをし身体の凹凸を埋め合う。身体の凹凸を埋め合う欲求は根源的なもの。【エロス】と古代のギリシア哲学ではそう表現されていました。

 ということで、とても大切な身体の凹凸を埋めるお話。次回(7/19公開予定)はジェロントフィリアにも通じる、プラトンのmissing halfの話をさせていただきたいと思います!

関連キーワード

エロコク 新着一覧


これこそが求める快感♡ボルテージが上がるピストンバイブ
 ピストンバイブと聞くと、ずんずん激しく突かれるイメージがあるでしょうか。私もかつてはそう思っていましたし、実際、長いス...
桃子 2021-12-05 06:00 エロコク
出張ホストに溺れて淫らに迫った私…待っていた意外な結末
 夫の浮気を知り、出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。本業は俳優をしているというタクミ君(29)...
蒼井凜花 2021-12-03 06:00 エロコク
50歳前後でやってくる…閉経後の性欲について調べてみました
 閉経期を迎えると、女性の性欲にはいったいどのような変化が訪れるのか。そしてセックスライフはどうなっていくのか。気になっ...
内藤みか 2021-12-02 06:00 エロコク
懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・...
蒼井凜花 2021-11-19 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的にな...
蒼井凜花 2021-10-29 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク