蜜月編<2>言いまつがい【滑舌悪いVS耳遠い】頂上決戦

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2019-07-28 18:22
投稿日:2019-07-12 06:00
 わたしとひろし(非仮名w)の48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる引退系男子。そんな男を好いて惚れ尽くしたわたしとひろし、今回こそ(!)滑舌悪いVS耳遠いふたりの頂上決戦の話をしたいと思います。

言いまつがいに聞きまつがいの上塗り

やみつきに(写真:iStock)
やみつきに (写真:iStock)

【vol.21】

 初期蜜月期である恋人同士というのはとにかくお互いのいままでの経験を話して話して話しまくって、共有するのが醍醐味であったりします。

 よく「81歳と付き合っているって、どんな話をするの?」と聞かれるのですが、その点は、ほかの恋人同士と同じで出逢うまでの時間を埋めるようにひたすら喋って喋って喋り倒します。

 ただ、ほかの恋人同士と違うのは……“言いまつがい”や“聞きまつがい”が頻繁に起こるんです。

 わたしは滑舌が悪いし、ひろしはたまに耳が遠いので、【滑舌悪いVS耳遠い】ふたりの頂上決戦の様相を呈してきます。前回お話していたようなこと、です。

 例えば「多才すぎてヤバい」って言ったら「社会主義でヤバイ?」って聞き返してくるし、突然ゴルフ中にひろしへの愛が爆発して「いますぐ犯したい」って囁いたら「イノシシ買いたい? あぁ、ここら辺なら売ってくれるかも知れんで」と返してきたり、わたしはそれだけで白飯3杯はイケるくらい笑い倒して、81歳と愛し合う“妙”に興じていたのです。

 とにかく女好きのひろしなので隠し子もふたり……。

 でも「隠し子ふたり」とわたしが言うと滅多に怒らないひろしが「隠してないわい!!」と激怒したのは然るべきだし、そこのところの価値観が同じで安心しました。

 とはいえ、「そこかい!!」って突っ込みたくなるのはヤマヤマヤマ……。女の恨みをたくさん買ってきたんでしょ、と言うつもりで「生き霊ついてますよ」と言えば、

「イチロー? あぁ、やっぱりカリスマにはカリスマやな」

 とひとりごちて悦に入る。

 またあるときにはわたしが料理が大好き過ぎた結果、こじらせ系ゆがんだ偏屈さで「男って、やっぱり肉じゃが好きなんですか?」と昭和の肉じゃが風潮を引きずって尋ねると、

「ミック・ジャガーは誰でも好きやろ。73歳で8人目の子供やで。わしらも作るで!!」と俄然張り切り、ズボンを脱ぎ始めるひろし。

ノリとツッコミの狂騒

芋には芋を(写真:小悪魔ドルチェ寿司)
芋には芋を (写真:小悪魔ドルチェ寿司)

 こんなこともありました。

「ひろしにとって、わたしってfemme fataleですね」
(※ファムファタル:仏語で宿命・運命の女。男の運命を変える女。悪い意味で使う方が多いけど、わたしは単純に運命の女という意味で使ったのですが……)

「海ほたる? ハハッ、よう分かっとるやないけ。カネ食い虫ちゅーことやろ」

 清貧の思想で生きているわたしにひどい言いがかりですが、運転免許を持っていなかったわたしに免許を取らせ、ゴルフを週一でラウンドしてツーサムで教えてくれているので「ぎゃふん」と言うしかなく(ぎゃふんと言った初めての人類よろしく)。

 わたしが外を見ながら「雨は(降るかな)? 梅雨?」と聞くと、

「アムウェイ? to you? なんやお前ネットワークビジネスか」と警戒するそぶりを見せたり。

 ある日はひろしが相当疲れ切っている様子だったので「癒してあげるね❤️」って子泣き爺のように抱きついたら、

「ヤラしてあげるね? お前もほんまイヤらしいオンナやな!」と嬉しげにわたしの手を股間に誘導したり。

「マッサージして欲しい?」って聞いたら、

「ワサビ? なんや! わしは寿司か!!」とうまくないノリツッコミを披露したり……。

「おっぱい」の破壊力

なにもかもが足りない(写真:iStock)
なにもかもが足りない (写真:iStock)

 ノリツッコミといえば、

「寝る子は?」と聞くと、
「育つ」と答え、
「寝る年寄りは?」と聞くと、
「ボケる」と答え、

 あるとき、ひどい喧嘩をしたらひろしがずっと黙っているので、不安になって「なに考えているの」と聞いたら、

「おっぱい」

 ひとことの破壊力。

 とまぁ、我々はひたすら頂上決戦ですが、蜜月期の恋人同士はどんなに時間があっても話し足りないわけです。心の凹凸を充足するために言葉で埋め、その話し足りないなかでセックスをし身体の凹凸を埋め合う。身体の凹凸を埋め合う欲求は根源的なもの。【エロス】と古代のギリシア哲学ではそう表現されていました。

 ということで、とても大切な身体の凹凸を埋めるお話。次回(7/19公開予定)はジェロントフィリアにも通じる、プラトンのmissing halfの話をさせていただきたいと思います!

関連キーワード

エロコク 新着一覧


ぽっちゃり熟女が繁華街から“ちょい離れた”スナックで働く訳
 今回ご登場いただくのも、前回に続きスナックのホステスさんなんですが……。 「以前は千葉のスナックにいたんだけど、...
中山美里 2022-12-06 06:00 エロコク
リモコン&温感付きのハンズフリー! 中からも外からもW刺激
 ラブグッズにもトレンドがありますが、その中でも最近勢いがあると感じるのは、ハンズフリーで使えるバイブです。  具...
桃子 2022-12-04 06:00 エロコク
初夜は近親相姦の序章 ウェディングドレスを切り裂かれ… #2
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内にある総合病院の御曹司の妻となった。まさに「玉の輿婚」だ。 ...
蒼井凜花 2022-12-02 06:00 エロコク
ホステスも愛人も両立させなきゃ! 四十路熟女のマル秘テク
 今回ご登場いただいたのは東京は江東区の下町、亀戸のスナックでホステスをしている彩花さん。彼女、お店の常連さん数人を相手...
中山美里 2022-11-29 06:00 エロコク
かわいいだけじゃない!挿入すると自然と膣のお腹側も刺激♡
 野菜やフルーツにエロチックな妄想を刺激されるのは世界で広く見られる現象ですが、お国柄もあるようですね。アメリカではナス...
桃子 2022-12-02 17:35 エロコク
月のお手当30万円のはずが…ヤリ逃げされた31歳主婦の後悔
 今年もあとわずか。年末年始は還付金詐欺が増えるそうなので「医療費控除を払い戻す」なんて甘言にご注意いただきたいものです...
中山美里 2022-11-22 06:00 エロコク
挿入しながらクリ刺激OK!ペニスリングとしても優秀
 数え切れないほどのラブグッズを試してきた私ですが、いまだに飽きることはありません。それは年に数度はアッと驚くようなグッ...
桃子 2022-11-20 06:00 エロコク
足先を終始舐められ…ドM美青年のペニス欲しがり同時イキ #4
 かつて六本木の高級クラブでホステスとして働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。クールビューティを体現するかのよう...
蒼井凜花 2022-11-18 06:00 エロコク
“デキちゃった婚”の巨乳人妻が援助額より重要視しているコト
 今回お話を聞かせてくれたのは東京・豊島区在住の人妻で、巨乳が魅力的な小百合さん。  彼女には8歳になる息子さんが...
中山美里 2022-11-15 06:00 エロコク
吸引+舌の衝撃!ピンクの舌が敏感な部分を力強く舐め上げる
「SU-SHITA-吸う舌-」=「吸う舌」。疑似オーラルセックスを多角的に楽しめるグッズが登場しました。「吸う」といえば...
桃子 2022-11-13 06:00 エロコク
「勃起させてすみません!」顔面騎乗で詫びる20歳下M男 #3
 かつて六本木の高級クラブのホステスだったP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  ロングヘアのクール美人の彼女には、...
蒼井凜花 2022-11-19 02:18 エロコク
パパにするなら50代独身男性! 20歳の学生がハマった愛人沼
 男女の「生涯未婚率」(調査年に50歳である男女のうち結婚歴がない人の割合)は、40年以上にわたり、男女ともに右肩上がり...
中山美里 2022-11-08 06:00 エロコク
コスパ最高! 吸われて敏感になったところを先端から刺激♡
 物価高に悩まされる日が続いています。なんでもかんでも値上がりするご時世では、ラブグッズを買うにも“お得感”を求めるのは...
桃子 2022-11-06 06:00 エロコク
「僕の股間をいたぶって」20歳下ドM男のペニスを爪先で…#2
 かつて六本木の高級クラブで働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  彼女はクラブ時代の仲間と定期的に行われ...
蒼井凜花 2022-11-11 17:42 エロコク
「閉経前に女を楽しみたい」バツ1美魔女がプチ愛人になった
 超高齢社会の日本ですが、いつの時代も変わらないのが「いくつになっても女でいたい」という女心です。  現在、愛人を...
中山美里 2022-11-01 06:00 エロコク
人気の「し」の字形バイブ、“指振愛撫”でGスポットを刺激♡
 お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、2週連続で「し」の字形バイブの紹介です。それだけ、いま市場ではこのタイプが...
桃子 2022-10-30 06:00 エロコク