蜜月編<1>「印籠オンナ」のおっぱいは触りたくない男

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2019-07-28 18:15
投稿日:2019-07-05 06:00
 わたしとひろし(非仮名w)の48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる引退系男子。そんな男を好いて惚れ尽くしたわたしとひろしの「滑舌悪いVS耳遠い」“頂上”決戦の話をしたいと思います。

わたしはマルクス主義のフェミニスト

男は単純(C)小悪魔ドルチェ寿司
男は単純 (C)小悪魔ドルチェ寿司

【vol.20】

 一緒に住むようになって半年。そのちょうど真ん中の3カ月目に当たるクリスマスでは駆け引き一切なし、生身と生身の一騎討ち、天王山で本気で戦いました。

 といっても、わたしの場合は、四面楚歌。敵に囲まれて寝返った味方の歌う祖国の歌を、もはやこれまで、と共に歌ってみたら意外に敵と仲良くできちゃう、みたいな。仲良くしちゃった、みたいな。

【わたしが怒ってしかるべき、かつ、相手が100%悪い(とこちらは思っている)、かつ、責められるべきは相手の落ち度】

 簡単にいえば浮気なわけですが、わたしが後生大事にしてなにかあるたびに印籠よろしく相手に“その事実”を突きつければ、不誠実な相手を完膚なきまでに叩きのめせる。ただし、その場面になると謝るしか逃げ場がない男は、そんなオンナのおっぱいなんて触りたくなくなっちゃいます。

 可愛げのないオンナに耳障りのいい言葉を言ったり、その同じ口であれこれしてあげたり、自分の分身であるそそり勃つ肉棒を挿入したくなくなっちゃうんです。

 可愛げがないから可愛がってあげたくなくなるんです。

 ここはね、わたし、別にフェミニストだけどマルクス主義フェミニストなので、巡り巡って搾取されていたものを取り返すために、媚態や可愛げは惜しみなく愛する男に与えて然るべきだと思うのです。

 そして男なんて単純なんだからオンナが有り余る可愛げを魅せてさえいれば、結果、お互いが自滅し何十年も草木が生えない荒野シチュエーションは避けられるわけです。男は詰められるとなにも言えないしお互いに切腹マターになるだけなんです。

3の倍数でアレになる

なんならご褒美も(C)小悪魔ドルチェ寿司
なんならご褒美も (C)小悪魔ドルチェ寿司

 とかく「3の倍数月」は恋人たちにとっての鬼門と呼ばれます。そんな最初のハードルである魔の3カ月目を経て、後生大事にする予定の印籠を使用済小型家電として都か区か(©️ロバート秋山)に無料回収して貰いませう。

 そうすればふたりとも安心して、もう屈託を手放してなにも考えずに抱き合えます。そして安心する、お互いにお互いが必要という共通認識を得て、また抱き合うというループ、いわゆる蜜月のはじまり、はじまり、でございます。

 蜜月を持続可能な未来とするには思いやりと想像力しかありません。
 
 よく結婚って忍耐っていいますよね。

「ま、別にイヤなら離婚すればいっかー❤️キャハ」

 というノリと勢いで結婚すると意外となかなか離婚できないハードルの高さに驚くことは多いと思うので(経験者)、結婚生活においてはスルースキルがなによりも大事かもしれません。

 例えば聞こえてないフリ、一晩寝たら忘れる(中村玉緒先生方式)、相手に知られないように憂さ晴らしなど、対・結婚相手に忍耐、というのは正しいのです。

 でも契約も約束もない恋人が一緒にいようと思うと、思いやりと想像力がマスト。相手の不可解な行動に対して不可能に近いほどのポジティブさを持って想像力を駆使しなくてはいけないのです。

 だからこそ修羅場になればなったで好き放題言える初期よりも、蜜月は、四面楚歌に陥った項羽にならないための権謀術数が必要となってくるのです。

コロッケそば?

お付き合いくださいまし(C)小悪魔ドルチェ寿司
お付き合いくださいまし (C)小悪魔ドルチェ寿司

……。

…………。

あれ……。

 わたしとひろし、滑舌悪いVS耳遠いふたりの頂上決戦の話をさせていただきたかったのに、「時そば」のまくらで全部を持っていくコロッケそばみたいになっちゃいました……。

これに懲りず、来週の頂上決戦、是非ともよろしくお願い申し上げます、なにとぞ……!

 次回(7/12更新予定)の頂上決戦は……!

✨ 今日は「多才すぎでヤバい」って言ったら「社会主義でヤバイ?」って言ったひろしが可愛いから社会主義記念日

✨ 今日はひろしが好きすぎて「いますぐ犯したい」ってゴルフ場で囁いたら「イノシシ買いたい? あぁ、ここら辺なら売ってくれるかも知れんで」って言うひろしがセクシーすぎたのでペプシ記念日

✨ +αでスペシャル

の3本立てです!!!

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
 このシリーズも連載10回目になります。ここまで続くとは、書き始めた頃は思いもしませんでした。でも、興味を持って読んでく...
FILM
 いまどき、女性からセックスを誘うのははしたない!と表立って言う人は少ないとは思いますが、それでもやはりいざとなるとなか...
FILM
 2016年ごろからクリトリス刺激に特化した“吸引系”がラブグッズ界を席巻していますが、ブームもここまで来たか!と思わさ...
桃子 2019-11-17 11:17 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットな...
FILM
 異常な行動を繰り返す人間に関して、近年、サイコパスやソシオパスの研究が進められています。 サイコパス──先天的に...
FILM
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと...
大泉りか 2019-11-13 19:28 エロコク
FILM
 男女関係においてセフレ問題で悩んだことがある方は多いはず。 「エッチした途端、男性からの連絡が気まぐれに。都合が...
七海 2019-11-11 18:50 エロコク
FILM
 ピストンバイブと聞くと、だいたいの人は激しい動きを想像されると思います。  がんがん突いてイカせちゃうぜ~! 的...
桃子 2019-11-11 01:55 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットな...
FILM
 翌日も何時間も彼女に全身を舐めら、彼女がまた寝入った後、私はバスルームに入りました。シャワーに打たれながら思いました。...
FILM
 多くの女性が、常に潤いを気にしています。肌、髪、そしてデリケートゾーンの潤いも。セックスのときは、膣内がちゃんと体液で...
桃子 2019-11-07 18:40 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットな...
FILM
「ショックで頭が真っ白になる」とよく言いますが、これは実際に脳が起こす症状です。脳は強いストレスを受けると、一時的に血管...
FILM
 さて、出逢い系サイトもPCやガラケーからスマホに舞台を変え、マッチングアプリという何やら爽やかな名前に変化しました。 ...
FILM
 消費税もとうとう10%まで上がり、都会で働くひとり暮らしのOLたちも大きな打撃を受けています。役職に就きでもしなければ...
FILM
 バイブコレクターの私でも、女性がいちばん感じるのはクリトリスだということをよ~く知っています。男性とのセックスでもずっ...
桃子 2019-11-12 04:46 エロコク