42歳バツ1独女、昔の男が連絡してきた。セフレでもいないよりマシかも?

並木まき ライター・エディター
更新日:2024-02-10 06:00
投稿日:2024-02-10 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男女の“冷酷” と“激情”のあいだを垣間見るエピソードをお届けします。

42歳、バツイチ独身。昔の男から突然連絡が

何でいまさら…(写真:iStock)
何でいまさら… (写真:iStock)

 亜由美さん(仮名)は、現在42歳。30代の頃に一度結婚をしたものの3年ほどで離婚をし、それからはシングル生活を謳歌してきました。

 現在親しくしているシンイチさん(仮名)は1歳年下。

 友人の集まりを通じて知り合い、恋人のような関係が半年続いたあとに突然、連絡がつきにくくなってしまったそう。

 ところが、つい最近になって頻繁に連絡が来るようになって真意を図りかねていると話します。

よくわからない関係からフェードアウト

コロナ禍だったし(写真:iStock)
コロナ禍だったし (写真:iStock)

「シンイチさんとは付き合っていたのか、ただのセフレだったのか…。

 よくわからない関係が半年ほど続いて、何か大きな出来事があったわけじゃないのに、いきなり彼と連絡が取りにくくなったままになっていました。

 当時はまだコロナ禍が明けていなくて、都心の感染状況を見ながら慎重にデートをしていた頃だったから、ちゃんと付き合うのは難しいと私自身が思っていたんですよね。

 だから曖昧な関係だったけれど、まぁご時世的に仕方ないかなって感じで、なし崩し的な交際をしちゃったんですけど…」

 シンイチさんからLINEの返信があまりこなくなったのを機に「私から追いかけるほど好きだったわけでもないから、離れるときもそのまま曖昧にした」と、当時を振り返る亜由美さん。

体を許したら金を無心され

暇だったから…(写真:iStock)
暇だったから… (写真:iStock)

 もう二度と深入りすることはないだろうと思っていたのに、ここ1カ月でおよそ1年ぶりにシンイチさんから何事もなかったかのようにLINEが届き、SNSにも「いいね」やコメントを残していくようになったそうです。

「よりを戻したいのかなって思って、LINEに返信をしたんですよ。そうしたら、すぐに『会おう』って言われたので、私も暇だったし誘いに応じました。

 再会したその日に体を求められたので応じてしまい、それからすぐに『お金を貸してほしい』と連絡がくるようになりました」

 困惑した表情で、こう話す亜由美さん。

 気安くお金を貸すほど信頼関係がないことを理由に、今はまだシンイチさんにお金を渡していないそう。

 ですが、あまりにもしつこくお願いしてくるので「このまま知らん顔をするのも、かわいそうかな…」と悩んでいるとのこと。

優位な関係でセフレにできる?

生活が楽しくなるかな?(写真:iStock)
生活が楽しくなるかな? (写真:iStock)

「お金は貸したら返ってこないと思うから、“あげてもいい”と思える額しか渡す気はないですけどね。

 関係が深かった当時から、シンイチさんのことをすごく好きだったわけでもないし、今も別に好きって感情はありません。

 ただ…私を頼ってきているのに、むげにするのも悪いというか、私のポリシーに反するというか…。

 それに、今の私はシンイチさんと離れてから彼氏も作っていないので、たまに会って肉体関係が結べるなら、そのほうが私にとってもメリットがあるのかな? って思う部分もあるんです。

 シンイチさんの状況がよくわからないので、なんとも言えませんけど…。

 多少のお金を渡して、私のほうが優位な関係で彼とセフレみたいになれるなら、そのほうが生活は楽しくなるかな? っていう気もしていて、悩んでいるんです」

  ◇  ◇  ◇

 シンイチさんとは共通の友人を介して知り合ったとはいえ、すでにその友人とも疎遠になっている亜由美さんは、シンイチさんのことを誰かに相談することもできずにいるとのこと。

 そして恋愛感情はないけれど、自分に寄ってくる男性のことはむげにしたくないと強調します。

 では、シンイチさんは今、いったいどんな状況にいるのでしょうか。

 次回に続きます。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
“半径3m”に合コンの指示書…芸人だけにあらず! 必死感ダダもれLINE
 芸能界でも話題となっている“合コン指示書”ですが、一般社会でも出回っているようです。合コンに向けて送られてくる命令や要...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
「40代の婚約者が別居婚を望むのは年齢的な問題?」とブルーな43歳男
「冷酷と激情のあいだvol.182〜女性編〜」では、婚約したヨシテルさん(43歳・仮名)のニオイを生理的に受け付けなくな...
並木まき 2024-02-17 06:00 ラブ
そうだ、別居婚だ!婚約者のツンとしたニオイに倒れそうな43歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-17 06:00 ラブ
女性への理想はエベレスト級? 陰キャ男性のこじらせ恋愛あるある5選
 今回は、陰キャ男性の恋愛あるあるを紹介します。陽キャ男性は男性・女性関係なくフレンドリーにコミュニケーションを取ろうと...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
幸せにはなれないかも…体だけの「割り切った関係」を望む男たちの事情
「セックスする仲でも付き合うのは無理」と、割り切った関係を望む男性は一定数いるもの。そんな彼に悩んでいる女性もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ