よねと轟の新「相棒」爆誕!男と女“くっつく思考”に冷や水を浴びせた

桧山珠美 TVコラムニスト
更新日:2024-06-10 16:20
投稿日:2024-06-10 15:30

NHK朝ドラ「虎に翼」~第11週「女子と小人は養い難し?」#51

(C)NHK
(C)NHK

 花岡(岩田剛典)が違法である闇市の食べものを一切拒否して栄養失調で亡くなったと聞き、衝撃を受ける寅子(伊藤沙莉)。花岡の死は法曹界のみならず、世間にも大きな衝撃を与える。

 気落ちする寅子に桂場(松山ケンイチ)は「我々にできることは泣くことではない」と声をかける。同じ頃、戦地から戻ったばかりの轟(戸塚純貴)も絶望していた。轟は再会したよね(土居志央梨)に苦しい胸の内を打ち明ける。

【本日のツボ】

(C)NHK
(C)NHK

新「相棒」爆誕! 轟とよねの握手に涙…

 ※※以下、ネタバレあります※※

 新聞で花岡の死を知った轟、失望と深い悲しみを紛らわすため、酒を煽り、道端に酔いつぶれて寝てしまいます。そこに現れたのがよねでした。轟を足で蹴って起こす、というのがいかにもよねらしいです。

 整髪料が手に入らないのか、サラサラヘアのよね、少し雰囲気も和らいだように見えます。

 花岡の死は残念ですが、轟とよねの生存が確認できて安心しました。以前、寅子がカフェー燭台を訪ねた時、ご近所の方に「空襲で亡くなった」と言われていましたが、それはマスター(平山祐介)のことだったんですね。逃げる際、マスターが大切に持って出たレコードがなんだったのか、気になります。

 見たところ、店内はさほどダメージもなかったようで、ヘタに外に出ない方が良かったのでは…などという重箱の隅をつつくようなことをいうのはヤボというものです。

 カフェー燭台を根城に、法律相談の真似事をして食いつないでいるよね、壁には、寅子も心を震わせた《すべて国民は法の下に平等であって人種、信条、性別、社会的身分または門地により政治的、経済的、又は社会的関係において差別されない。》、あの新憲法の一文が大きく書かれています。

「ずっとこれが欲しかったんだ、私たちは」と話すよねに、「欲しかったというわりに嬉しくなさそうだな」と轟。「これは自分たちの手で手に入れたかったものだ。戦争なんかのおかげじゃなく」とよね。

 そして、今度は「残念だったな、花岡」とよねが轟に声をかけます。「惚れてたんだろ、花岡に」。その言葉に最初は「なにをバカな」と否定する轟ですが、よねに自分でもわからない花岡に対するほんとうの気持ちを語り、泣き崩れます。

男と女がいればくっつかないといけないのか?

(C)NHK
(C)NHK

 そして、いつもの公園のベンチ。轟に「腹が立つが私はまだ何者でもない。今の私じゃ、いくら助けを求められてもできることに限りがある。だから、一緒にやらないか、弁護士事務所」。そう言って、轟に握手を求めるよね、凛々しいです。

 鳩が豆鉄砲を喰らった顔の轟に、「どうせ、やることもないなら、人助けしろよ。弁護士資格の持ち腐れになるくらいなら」と悪態をつく感じもよねらしいです。

 その手をとって握手する轟が「誘い方が回りくどいぞ」と言えば、よねが「黙れ」と。昔の2人が戻ってきたようなやりとりに、涙が出そうになります。「さっさと帰るぞ。私は忙しいんだ」「その口のきき方、なんとかならないのか」。そう言ってはけていきました。

 一部で、轟とよねにくっついて欲しいという声が上がっていましたが、花岡と轟の関係性に「チェリまほ」、そして、よねと轟の関係性に「恋せぬふたり」のアロマンティック・アセクシュアルを彷彿させたのはお見事です。

 男と女がいればくっつくという恋愛脳に冷や水を浴びせるようなよねと轟の関係に好感がもてます。新「相棒」爆誕。いいコンビになりそうです。

桧山珠美
記事一覧
TVコラムニスト
大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。読売新聞「アンテナ」、放送批評誌「GALAC」、日刊ゲンダイ「あれもこれも言わせて」などで連載中。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


“狂犬”と化した粗品に聞く耳なし? 宮迫博之との舌戦で悪評ふんぷん…干される可能性も
 お笑い芸人「霜降り明星」の粗品(31)の言動が話題になっている。  きっかけは4月12日放送の「酒のツマミになる話」...
2024-06-14 17:03 エンタメ
1月に宮沢氷魚と事実婚&妊娠発表の黒島結菜 インスタのサブスク開始は吉と出るか?
 女優の黒島結菜(27)が6月12日夕方、「インスタグラムを充実させたく サブスクリプションはじめました~っ!」とストー...
2024-06-13 17:03 エンタメ
寅子の同級生・崔香淑が「香子ちゃん」として出現!気になるのは…
 家事審判所と少年審判所の合併の話し合いはまったく進展しない。しかし多岐川(滝藤賢一)には今一つやる気が感じられない。 ...
桧山珠美 2024-06-12 16:00 エンタメ
渡部建を“腫れ物”扱いするテレビは古い! めちゃ美味しい“食材”なのに
 2020年6月に複数の女性との不倫スキャンダルが勃発し、活動自粛していたアンジャッシュ・渡部建。活動再開後、徐々にメデ...
堺屋大地 2024-06-12 06:00 エンタメ
田中みな実“整形疑惑”の小顔に…Perfumeあ~ちゃんも劇的変化した「整体」のヤバイ効果
〈やってないんですよ〉  8日放送の番組「田中みな実 あったかタイム」(TBSラジオ)で自身の“疑惑”についてこう否定...
2024-06-11 17:03 エンタメ
太陽とシスコムーンとの共通点にザワッ Z世代に人気のIS:SUEがたまらん
 6月7日、太陽とシスコムーンの楽曲がサブスク解禁され、40代を中心としたお祭り状態になっていましたね。懐かしすぎて私も...
皇室と週刊誌の“不幸な関係”はどんどん進む…悪いのはどっちなのか?
 この国の皇室とメディアは以前から不幸な関係にあるが、それが最近さらに悪化してきているように思う。それを感じさせたのは週...
2024-06-09 17:03 エンタメ
テレ朝・大下容子アナと「新しい地図」 NHK「ワルイコあつまれ」での異例コラボが大好評
 4日放送「ワルイコあつまれ」(NHK)に新しい地図の香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎とテレビ朝日の大下容子アナが出演し、話題...
2024-06-09 17:03 エンタメ
仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際
 NHK連続テレビ小説「虎に翼」の好調の要因は、日本初の女性弁護士・佐田(猪爪)寅子を演じるヒロイン・伊藤沙莉(30)の...
2024-06-09 17:03 エンタメ
“マッチ先輩”近藤真彦がうたコン降臨!ヤンチャ返上?謙虚な発言に驚き
 4日放送のNHK「うたコン」は「作曲家 筒美京平特集」。尾崎紀世彦「また逢う日まで」、太田裕美「木綿のハンカチーフ」、...
「ミン・ヒジンの乱」は成功したのか? “NewJeansの母”継続で気になる今後
 デニムにロンT、キャップをかぶり「やるならタイマンで来い! クソおやじども!」と息まいた4月の会見から一転。先月31日...
2024-06-08 17:03 エンタメ
竹内涼真の「妹」と平野紫耀の「弟」って《需要ある?》…話題だけで消えたあの"きょうだい"は今
 俳優の竹内涼真(31)の妹として「モデル兼インスタグラマー」の肩書で活動中のたけうちほのか(27)。ここ最近、バラエテ...
2024-06-08 17:03 エンタメ
大谷翔平争奪戦が「水原事件」収束で熾烈に!CMギャラ上振れ、年末年始はTVジャックの様相
 ドジャースの大谷翔平選手(29)の口座から日本円にして約26億円を引き出し、裏カジノなどに使用していたとして、銀行詐欺...
2024-06-07 17:03 エンタメ
東ちづる64歳にして「人生100年時代」の旗手へ 劇団座長、社会運動、映画製作と意気軒昂の秘訣
 劇団座長に活動家に、映画製作と、ますます意気軒高なのが東ちづる(64)。差別や偏見のない社会を目指す一般社団法人「Ge...
2024-06-07 17:03 エンタメ
「私の心の中にある『故郷』は誰にも譲れない」に心を揺さぶられ、「帰郷」の歌詞を急遽朗読した
【松尾潔のメロウな木曜日】#88  先週木曜(5月30日)の朝、東京地裁へ行った。56歳にして初めての裁判所である。若...
2024-06-07 17:03 エンタメ
橋本環奈は“ストレス限界”寸前? 理由不明の「2度ドタキャン」報道でNHK朝ドラ関係者ピリピリ
 女優の橋本環奈(25)が5月、英ロンドンで上演された主演舞台「千と千尋の神隠し」を2度も“ドタキャン休演”したと伝えら...
2024-06-07 17:03 エンタメ