青い星「ブルースター」は夏の暑さに強い!ポット苗見つけたら即買いで☆

斑目茂美 開運花師
更新日:2024-06-19 06:00
投稿日:2024-06-19 06:00
 ご近所にとても仲良くしてくださっている老夫婦が住んでいます。四六時中仕事で不在のワタクシを見るにみかねて、我が家でじっとお留守番をしているニャンコたちの面倒や庭のお掃除を「アンタは私の娘みたいなもんだから」とフォローしてくださるオッちゃんとオバちゃん…感謝しかない。

近所の植物名人のオバちゃん

 そんなオバちゃんのご自宅は広さはないものの、ガーデニング作業がものすごく上手。お礼にプレゼントする植物も、びっくりするぐらい美しい花をずっと咲かせ続けてくれます。ウチの庭にも同じものがあるんですけどね。まるで別物ですわw。

 そんな植物名人のオバちゃん宅では、数年前にお渡しした青いお星様の花の挿し芽が、「マジかよ!」な驚きの状態で咲き誇っております。これまた我が家にあった頃とはまるで別物に…。

 今回は植物名人のオバちゃん直伝のテクニック「青いお星様がお庭にいっぱい! 暑さに強いぞ! ブルースター」の解説です。

ブルースターってなんですか

 5枚の青い花びらが開くと小さな青い星のように見えるブルースター。正式名は「オキシペタラム」ですが、俗名「ブルースター」の方が有名かもしれません。

 切り花として出回るのが主流ですが、比較的簡単に育てられるステキングな花。

 今のこの時期はポット苗でギリギリ入手が可能でございます。暑さに強く、初夏から秋まで咲き続け、暖地では霜よけをすれば戸外で冬越しする、比較的丈夫な多年草です。

 咲き始めの花色は薄青色、時間の経過とともに青みが強まり、咲き終わりはピンクを含んだ色に変化。ピンク色や白、八重咲きの花もありますが、切り花の流通が圧倒的に多いので、ガーデニング商材として見かけることが少なく、見つけたら即ゲットでお願いいたします。

 日当たりと水はけの良い場所で育ち、花が終わってから樹形を整えるつもりで切り詰めていくとドンドン花が増えて咲き続けます。しかもロングタイムOKでござんす!

 ややツル性の性質があるので、支柱や塀などに頼って育てた方が気が楽。ワタクシは過去そのまま植えたら茎がブラブラ伸び続け、せっかく伸びたのに切るのがもったいない! と切らずにいました。

 ただしそれも、あまりに伸びすぎてウザってぇ! となってから茎を切ったら、切るほどに太く盤石になるばかりか秋が深まって寒くなるまでドンドン花が咲き、「もっと前に切ればよかった~」と後悔したことも。

→【関連記事はこちら】■命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策

カットした茎を挿し芽にしてもGood

 地植えもできますが、鉢植えの方がおすすめです。長雨がちょっと苦手で花や葉にシミができやすい性質。雨が続く時には軒下などに移動しやすい鉢植えか、雨が直接あたりにくい場所での地植えがベターです。

 開花後、オクラのような長さ7~8cmの大きな紡錘形の種もできます。裂けるとふわふわの綿毛のついたタネが飛び、こぼれダネでもよく増えます。青い花で種がふわふわ。「瑠璃唐綿」(ルリトウワタ)という和名もなんだか頷けます。

→【真夏の青いお花といえばこちらもおすすめ】■暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす

 株を増やすのは種から育てるのも良いですが、春から秋までにカットした茎を挿し芽にしてもいいですわよ。

 年々株が老化して勢いがなくなるので、2~3年で切り替えた方が無難…というか、数年で勝手に消えちゃいますけどね。

 ですから、種をまくか挿し芽で株を増やすのが良いと思いますわよ。

かぶれちゃうかも…樹液にはご用心

 ブルースターの茎はカットすると白い樹液が出ます。この液は皮膚の柔らかい部分に付着するとまめにかぶれちゃう方もいらっしゃるのでお気をつけて。

 樹液が収まって十分に水分を吸うまで水の中に入れ、固まった樹液は洗い流します。フカフカの用土に挿して発根するまで水分は絶やさずにいれば比較的簡単に発根してくれます。

 さすがに真夏のメチャ暑い時は控えて、やるなら今! あるいは涼しくなってから! 一冬越えて次の春になれば株も落ち着き、初夏になれば次から次へとバンバン咲いてくれるはず。お試しあれ!

→【関連記事はこちら】■灼熱の真夏「水やりのタイミング」正解は?間違いだらけの植物生活の答え

 可愛らしい青いお星様のお花がアナタのお家でキラキラ輝いて咲いてくれますことを…遠いお空のむこうから応援しておりますよ~。

斑目茂美
記事一覧
開運花師
半導体エンジニアを経て花業界に転身。イベント・ホテルなどの装飾も手がける生花店を営む傍ら、コンテストで優勝・入賞を重ね、雑誌・新聞等に作品を発表する。神奈川各所にて花教室を開催。障害者支援も花で実践。悩ましくも素敵なお客様を「花」で幸せへと導く道先案内人。ブサかわ猫店長「さぶ」ともに奮闘中。Facebookやってます。

ライフスタイル 新着一覧


「明日は何時?」親の老いをLINEでも実感…切ないけれど受け入れる!
 人間誰しもいつかは老いがやってくるものです。ただ、これまでたくさんの愛情と安心を与えてくれた絶対的な存在の「親の老い」...
アラフォーが若者とのカラオケで失敗しない方法3つ 10年前の選曲はあり?
 職場での飲み会後、二次会としてよくあるのがカラオケ。アラフォーともなると、若〜い後輩を引き連れてカラオケに行くこともあ...
「スナック常連客に嫌われるNG行為」初めての店ではマジ注意して!
 いわゆる夜のお店というのは、「大人の社交場」と言われることがあります。昔からなんとなく納得してはいたんですけど、最近や...
キィー!羨ましい! 実はめらめらとママ友に嫉妬している6つの瞬間
 子どもがいると切っても切れない仲になるのが、ママ友。母として生きている女同士、話が盛り上がりますよね。その一方で、近い...
美しすぎる方向転換…国宝級“たまたま”にどこまでもついて行きます
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
夏に日持ちする切り花オススメ7選、家庭で簡単にできる“延命対策”7カ条
 神奈川の片田舎にある猫店長「さぶ」率いる我がお花屋。夏の暑い昼間の来客はめっきり減りますが、夕方の若干涼しい時間帯にな...
人間の決断回数は1日35,000回! 悩ましい「決断疲れ」の最終兵器は猫?
「今日のランチはどこに行こうかな?」「仕事も疲れてきたし、カフェにコーヒーでも買いに行こうかな? それとももう一踏ん張り...
【調香師直伝】汗かいても“爽やかフェロモン女子”!夏の疲れを癒す簡単手作りデオドラントスプレーも紹介
 汗をかく行為はフェロモン放出にとって重要ですが、汗自体のにおいがよくないとフェロモンを上手に活かせません。  本...
育休明けのモヤモヤがしんどい。先輩ママの体験談から紐解く3つの解決法
 育休明けのママたちは、職場復帰するにあたって多くのモヤモヤを感じているようです。子供と仕事と生活の間で、ベストな答えを...
透明ボードの下から失礼しますよ♡ 不思議&かわいい空飛ぶ“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
未来のような街の先に…
 未来のような街は、まるで先の見えないトンネルのよう。  その先にあるものは明るいものであってほしい。
ほっこり癒し漫画/第77回「もふもふサマー」
【連載第77回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】蒲魚、何て読む? 予測変換出てこない…
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
8年前に“ゆるFIRE”した男 新NISAより確実なリターンは自分への投資
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(64)。多忙な現役時代を経て、56歳...
母親は夢を諦めなきゃダメですか?夫を「支えてあげて」の言葉が悔しい
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活をしている。  夜...
浮気より酷い夫の裏切り SNSには私の知らない「もう1人の彼」がいた
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活を暮らしている。 ...