「笑うマトリョーシカ」玉山鉄二が変貌!“何をやってもタマテツ”とは無縁

ボルドー太田 イケメンソムリエ
更新日:2024-06-30 10:33
投稿日:2024-06-30 06:00

7月期の新ドラマ「笑うマトリョーシカ」が面白い

 春ドラマが終わるか終わらないかというこの時期にフライング気味にスタートしたTBS金曜ドラマ「笑うマトリョーシカ」(22時~)。これが予想をはるかに超えた面白さでした。

 原作は早見和真の同名小説。どこかで見た名前だと思ったら、髙橋海人主演の春ドラマ「95」(テレビ東京)と同じ作家でした。「95」も面白かったので、テレビドラマ化と相性のいい作家かもしれません。

 第1話の麻雀店のシーンで、客の中に原作者の早見氏の姿が映る、というサプライズも。日本テレビの「セクシー田中さん」問題を受け、うちは原作者との仲は良好ですよ、というアピールなのかもしれませんが…。

 ちらりとしか映らなかったのですが、リリー・フランキーか加藤鷹かというような怪しい系雰囲気イケメンという感じのお方でした。

<政治家と秘書の奇妙な関係、栄光の裏で起きた数々の不審死…野望と失脚、陰謀と裏切り 人間の欲望と謎が絡み合うヒューマン政治サスペンス!>ということですが、内容はドラマを見てもらうとして、ここはイケメンにフォーカスさせていただきます。

 まずは、43歳の若さで初入閣した厚生労働大臣・清家一郎役の櫻井翔(42)です。人気抜群の若手代議士で未来の総理候補というのが好感度の高い櫻井にぴったりです。

 物語が進むにつれ、どんなふうに変貌していくのか、興味深いところですが…。

玉山鉄二は脇でも悪役でも光る俳優に

 そしてもうひとり。その清家一郎を長年支える政務秘書官・鈴木俊哉役の玉山鉄二(44)です。清家とは高校時代からの付き合いで、清家を陰で操っているのでは、という疑惑も。陽の清家に対して陰の鈴木。不気味な雰囲気を漂わせています。

 タマテツ、ほんとうにいい俳優になりました。スーパー戦隊ヒーローからの~朝ドラ「マッサン」主役と王道を驀進していましたが、ある時から主演にこだわらず、作品によっては脇に回り、時には悪役も辞さず、いろんな役柄を演じ、作品を盛り上げています。

【写真特集】ヒゲイケメンといえば玉山鉄二!

「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」(TBS系)では、市役所観光課の職員でかつ楽団ではファゴットを演奏。西島秀俊演じる主人公のマエストロの妻(石田ゆり子)に告白。西島とライバル関係という役どころでしたが、人の良さが滲み出ていて、愛すべきキャラクターでした。

 それが、一変。今度は謎多き秘書官に完全になりきっていて、とても同一人物だとは思えません。

 実際、放送中からもネットでもタマテツの変貌ぶりが話題になるほど。何をやっても〇〇〇〇と言われるあの方もタマテツに学べばいいのに、と思うのは私だけでしょうか。

高校時代を演じる若手俳優らも注目

 ドラマでは、タマテツの高校時代を西山潤が演じています。眼光の鋭さがタマテツそっくりで、よく見つけたなという感じです。

 ちなみに、清家一郎の高校時代を演じるのは青木柚(ゆず)で、若手俳優界の野間口徹かというくらいいろんなドラマに出ています。

 最近では「VRおじさんの初恋」(NHK)のコンビニ店員とか、「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の赤楚衛二のいとことか。以前、「ボクらの時代」に河合優実、見上愛とともに出演した際、ともに23歳で仲良しだと話していました。この3人の恋愛ドラマ、ちょっと見たいかも、と思いました。

次世代のカワイイ系イケメンも眼福

 主人公の新聞記者を水川あさみが演じているのですが、水川の先輩記者役の丸山智己、後輩記者役の曽田陵介がまたいい景色なのです。丸山はいかにも社会部といったワイルド系、曽田は文化部で守ってあげたい子犬系イケメンといったところでしょうか。

 永遠の美少年と思われた千葉雄大もいまや35歳。「アンメット」(フジ系)では、役柄かもしれませんがちょっとふっくらして、中年太りかと心配になるレベルです。紅顔の美少年も寄る年波には勝てず。

 少し残念に思っていたところに、現われてくれた曽田陵介。千葉雄大によく似たカワイイ系イケメンです。

 というわけで、「笑うマトリョーシカ」、まだ見ていない人はぜひ。ドラマ的にも、イケメン的にもこれはおススメです。

ボルドー太田
記事一覧
イケメンソムリエ
毎クールすべてのテレビドラマをチェックする最強のドラマウォッチャー。が、その目的がイケメンにあることは誰も知らない。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


森口博子の現在地 56歳でも「仕事ファースト人生」だが…体調不良でイベントと収録欠席の不安
 歌手の森口博子(56)が「体調不良のため、出演を見合わせていただくことになりました」と公式サイトで発表し、心配する声が...
2024-07-24 17:03 エンタメ
中野英雄は離婚した妻と同居、カノジョは28歳年下の女優…アラ還俳優の「優雅な私生活」
 還暦近いアラカン男の私生活が話題だ。まずは俳優の中野英雄(59)である。長年連れ添った2歳年上の妻と40代の頃に離婚、...
2024-07-23 17:03 エンタメ
悠仁さまの受験を左右する“勝負の夏”は公務に学会と大忙し…成年式は卒業後で学業最優先モード
 7月31日、8月1日に岐阜県で開催される「全国高等学校総合文化祭」に、秋篠宮家長男の悠仁さまが出席されるという。今年9...
2024-07-23 17:03 エンタメ
涼子さまの消息も明らかに…「ヒロインじゃない面々」のその後を描く意味
 寅子(伊藤沙莉)は「学校に友達はいない」という優未(竹澤咲子)の発言が気にかかる。  出勤すると、杉田(高橋克実...
桧山珠美 2024-07-23 15:45 エンタメ
夏ドラマ何見てる?『新宿野戦病院』『ブラックペアン2』への本音を調査
 2024年7月スタートの夏ドラマが出揃ってきましたね。今期もたくさんのドラマが放送していて、どれを見ればいいのかわから...
松本人志「ミヤネ屋報道」に他局社長が異例の苦言…カギを握る性加害告発A子さん出廷の有無
「芸能ネタとか社会ネタとか別にして、きちんと自分のところで情報の真偽を確認しないとダメですし、うわさ段階で報じるのはメデ...
2024-07-22 17:03 エンタメ
尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた
【週刊誌からみた「ニッポンの後退」】  松本人志は焦っている。  自分が“世界でいちばん悲しい、忘れられたお笑い芸人...
2024-07-21 17:03 エンタメ
スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差
 スピードワゴンの井戸田潤(51)とモデルの蜂谷晏海(32)の間に16日、第1子となる男児が誕生した。  井戸田は「産...
2024-07-20 17:03 エンタメ
美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路
 歌手生活60周年記念コンサートを開催した美川憲一(78)が、NHK紅白歌合戦にキツイ一言を放った。  60周年を記念...
2024-07-20 17:03 エンタメ
旧ジャニーズ性被害者の救済は道半ば…申告者は1000人を突破するも「補償を受けられない」159人
 旧ジャニーズ事務所の創業者である故ジャニー喜多川氏による連続児童性加害で、スマイルアップ社の補償受付窓口への申告者が1...
2024-07-19 17:03 エンタメ
福原遥は「マル秘の密子さん」が転機に? “優等生キャラ”の不気味な笑顔に恐怖を感じるワケ
 夏の連ドラに出演中の嵐の櫻井翔(42)と福原遥(25)は、いずれも“裏の顔”がありそうな謎めいた役柄を演じている。 ...
2024-07-19 17:03 エンタメ
広末涼子いまだ女優復帰できず開店休業状態が続く裏側 不倫騒動から1年、鳥羽シェフと“結婚間近”も…
 昨年6月に報じられた料理人の鳥羽周作氏との不倫スキャンダルから1年余り。女優の広末涼子(43)はその後も厳しい状態が続...
2024-07-18 17:03 エンタメ
“カウンセラー”星航一(岡田将生)、ちぐはぐぶりがチャーミングだった件
 父親の話が聞きたいと言う優未(竹澤咲子)に、寅子(伊藤沙莉)は優三(仲野太賀)の話をすることができない。寅子は航一(岡...
桧山珠美 2024-07-18 15:50 エンタメ
なぜ塚地武雅、藤井隆はドラマ出演が続く? 不人気芸人との決定的な違い
 7月に入り、2024年夏の新ドラマが次々にスタートしています。なかでも話題になっているのが、宮藤官九郎脚本の『新宿野戦...
松本人志と文春の“不可解な場外戦”…告発A子さん&知人弁護士の不倫疑惑と、出廷妨害の行方
《Xのおすすめ。やたら猫の映像が流れて来るねんけど…猫キライじゃないけど…どう設定したら犬をすすめてくるん?》    1...
2024-07-17 17:03 エンタメ
《2025年に日本を出ます》…團十郎&占い師「突然ですが占ってもいいですか?」で"意味深トーク"の後味の悪さ
 7月9日放送のフジテレビ系バラエティー番組「突然ですが占ってもいいですか?」で繰り広げられた、占い師の木下レオン氏と歌...
2024-07-17 17:03 エンタメ