女衒の港区おやじと中出しに異常に執着する港区こやじの巻

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2020-01-24 10:32
投稿日:2020-01-10 06:00
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる傘寿系脳みそ性器。そんなひろしとわたしの間に、港区女衒おやじが“災い”をもたらすなんて……!

港区の女衒おやじという人種

私に足りないものを補ってくれる…?(写真:小悪魔ドルチェ寿司)
私に足りないものを補ってくれる…? (写真:小悪魔ドルチェ寿司)

【vol.41】

 港区にはびこる「港区おじさん」という言葉が東京カレンダーで生み出されてから、日夜繰り広げられる港区☆狂乱の宴も、市民権を得つつあります。

 その港区で女子を確保する、女衒としてハイエナのように生き残る人種がいます。港区おじさんとして日々美酒と美女に溺れる人々には潤沢な資金があり、それを目がけて近寄るのはなにも女子だけとは限りません。

 まず、港区おじさんの周りの港区女子とは、インスタ映えする写真が撮れて、ちょっといい思いができて、帰りのタクシー代くらいもらえたらそれでいいかな、という楽しければそれでOKタイプ。

 このジャンルのヘビー級の中には、リアルに結婚を求めて毎夜毎夜精を出すものの、見初められるのは10%に満たないのに、高望みをしていって、市場価値がなくなって、港区おばさんとして女衒の道を歩んでいく人もいます。ライトな港区女子が一番賢いのですが、またそれは別の機会に……。

 次に、港区おじさんと同じくらいの潤沢な資金を自力で稼げる港区女子は、港区おじさんにとっても対等でWin-Winで、ビジネスでもかかわったりできるので強固な信頼を持った関係性を築きます。

ひろしに近づく港区女衒おやじ

 そして最後が、港区おじさんに群がる港区おやじ。それがここでいう「港区の女衒おやじ」です。事業を起こしていて、人脈で会社を大きくしてきた男性で、そこまで爆発的な金銭的価値を生み出していない会社の創業者。女子とふたりっきりでデートする時は、1人3万円くらいのレストランに行きますが、資金の潤沢さでいえば港区おじさんになりきれないレベル。だからこそ、華やかな女子の知り合いは多いのですが、その女子を“撒き餌”に、港区おじさんに取り入って、仕事につなげようとする女衒おやじです。

 その、とある港区女衒おやじが、ひろしに月に2回くらい〈美しい女性との会食、そろそろいかがでしょうか?〉というLINEを送ってきているのを(勝手に)見て、苦々しく、忌々しく思っていたわたしですが、やはり嫌な予感というのは当たるもので……。

ゴルフの後の“ミーティング”

そして、ぐったり(写真:iStock)
そして、ぐったり (写真:iStock)

 港区界隈の腰も尻も軽い女性を網羅している、建築家O。設計の仕事を受注するために、日夜、港区女衒おやじとして華やかな女性を紹介し続けています。

 前回のOとのゴルフに同席したわたしは、その後ひろしとOとの“ミーティング”に嫌な予感を感じてしまいます。そしてそれを察したひろしは、ゴルフが終わって帰宅してからミーティング前までの3時間半、執拗なセックスを迫ってきたわけですが、わたしはといえば、疲労困憊……。

 3回もイカされたのち、ひろしが嬉々としてわたしを連れて行ったのは、銀座のティファニーでした。

「お前にはなんか足りんな。やっぱり胸元に品のいいネックレスがないと、しまらん」と、ひろし。

 仕事で貸し出しに出向いた時のティファニーの広報さんがジュエリー界で最高峰の優しく美人な方でした。そんな背景もあり、ティファニーは大好きなのですが、ジュエリーに一切興味がないわたしは、とまどいながら「別にいいよ」と伝えます。

銀座ティファニーからホテルオークラへ

 でも、ひろしですから、あれもこれも、と試し付けを命じます。そして「これが、ええやないか」と言うひろしが勝手に決めたネックレスを、そのままつけ、Oの秘書(男性)が待つ銀座のレストランへわたしは搬入されました。ひろしはそのままホテルオークラの「鉄板焼 さざんか」へ――。

エロコク 新着一覧


これこそが求める快感♡ボルテージが上がるピストンバイブ
 ピストンバイブと聞くと、ずんずん激しく突かれるイメージがあるでしょうか。私もかつてはそう思っていましたし、実際、長いス...
桃子 2021-12-05 06:00 エロコク
出張ホストに溺れて淫らに迫った私…待っていた意外な結末
 夫の浮気を知り、出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。本業は俳優をしているというタクミ君(29)...
蒼井凜花 2021-12-03 06:00 エロコク
50歳前後でやってくる…閉経後の性欲について調べてみました
 閉経期を迎えると、女性の性欲にはいったいどのような変化が訪れるのか。そしてセックスライフはどうなっていくのか。気になっ...
内藤みか 2021-12-02 06:00 エロコク
懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・...
蒼井凜花 2021-11-19 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的にな...
蒼井凜花 2021-10-29 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク