更新日:2022-06-12 16:39
投稿日:2022-06-03 06:00

これまでのあらすじ

ついにホテルまで来た2人はどうなる?(写真:iStock)
ついにホテルまで来た2人はどうなる? (写真:iStock)

 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催される高校の同窓会に参加することとなった。

 高校時代はボブヘアにメガネっ子だった「地味子」の彼女は、今やセミロングの似合う和風美人のセレブ妻。

 同窓会には片思いしていた生徒会長のK君(43歳農業/妻子アリ)も出席し、2人は思い出話に花が咲く。

「本当に綺麗になったね」と称賛する彼に、E子さんは胸がときめくばかり。

 彼の精悍な姿は昔と変わっていない。ただ、左手薬指に光る結婚指輪だけが、E子さんの胸奥を曇らせた。

 同窓会が終了した21時。K君の誘いで、2人はかつて通学した高校の校舎を見に行くこととなる。K君の運転するボックスカーはまさに密室。E子さんは故郷の街並みを見ながらも、心の中では期待や罪悪感など様々な思いが交錯していた。

 そして、校舎の脇道に停めた車中で、2人は甘いキスを交わす。

「夫も娘もいるのに……」と思いつつも、セックスレスのE子さんはK君のキスを拒むことができない。唇を重ねながら乳房を洋服ごしに揉みしだかれた時には、完全に欲望が理性を凌駕していた。

 その後、ラブホテルに行った2人は、個室に入るなり、再び濃厚なキスをし、抱きしめ合った。K君に手を引かれるまま、E子さんはベッドに横たわり――。

 前回までの話はコチラ→第1回目第2回目

彼の愛撫に甘い声を…拒んでいないことは分かったはず

ジェットコースター並みの展開にドキドキ(写真:iStock)
ジェットコースター並みの展開にドキドキ (写真:iStock)

――同窓会からまさかの展開ですね。ラブホテルでの続きをお聞かせください。

「はい、まさにジェットコースター並みの展開でした。K君は私を労わるように優しくベッドに仰向けにし、キスをしながら、今度はスカートの裾に手を入れてきて……太ももを撫で始めたんです。

 私は『ああ……ッ』と甘やかな声で喘ぎました。

 車中ではさんざん乳房を揉みしだかれていましたから、パンティの奥から熱い蜜がにじみ出ていて……思わず太ももをよじり合わせたのですが、『彼を拒絶していない』ことはK君にも十分伝わったでしょう。

 彼は、薄いストッキングごしの太ももの弾力を味わうようにムニムニと揉みしめ、やがてパンティへと手を這いあがらせてきたんです」

忘れていた快楽に「女」の火種が燃え上がる

快楽の細胞が体の隅々まで行き渡る(写真:iStock)
快楽の細胞が体の隅々まで行き渡る (写真:iStock)

――続けてください。

「私は『ダメ、恥ずかしい』――そう叫んだと記憶しています。ショーツごしにアソコに触れられることはもちろん、ぐっしょり濡れたパンティを知られるのが何よりも恥ずかしくて……。

 でも、彼の手は止まりません。

 よじり合わせた太ももの奥――指がショーツに到達すると、ワレメに沿って上下に動かしてきたんです。

 敏感な秘部に触れられ、私は『はあ……ぁッ!』と身をのけぞらせました。

 アソコに触れられるなんて、いったい何年ぶりでしょう。ハアハアと呼吸を荒らげる私を優しく、そして焦らすように、指はゆっくりと秘唇をなぞり、軽くつつき、敏感なクリトリスを刺激してきて……。

 その心地よさと言ったらありません。

 子宮からこみ上げる快楽の細胞が、体の隅々まで行き渡るような感じ。

 私は『ああ……K君』と、彼の名を呼んだまま、はしたなくも股間をせり上げてしまいました。

 忘れていた快楽が、次第によみがえってくるんです。

 彼はなおもワレメに沿って指を上下させながら、

『すごく濡れてる……嬉しいよ』

 そう囁きました。

 優しい愛撫の一方で、唐突にクリトリスが指先で弾かれ、そのつど、私は悲鳴をあげ、身を波打たせてしまって――ずっと忘れていた私の中の『女』の火種が、次第に全身に燃え広がっていく感覚に陥りました」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


果物挿入するならホンモノより…見た目実力どちらにもキュン
 野菜や果物を挿入するって、官能小説やピンク映画では“定番”のひとつだったと思います。もう10年近く前のことですが、「ラ...
桃子 2022-07-03 06:00 エロコク
未来の義兄に抱かれても止まらない実姉へのマウンティング#2
 幼いころから実姉と比べ続けられて育ったH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  華やかな美貌とグラマラスなスタ...
蒼井凜花 2022-07-01 06:00 エロコク
新感覚!ピューピュー水が噴き出る膣洗浄機兼バイブレーター
 まず写真を見てください。シックなブラックカラーの挿入部はスタンダードですが、下に目を移すと……何コレ?  透明な...
桃子 2022-06-26 06:00 エロコク
挿入部“大”なバイブ!特殊ローターが絶妙な動きをリピート♡
 今回紹介するグッズは、中級者向けです。  最近フェムテックという言葉をよく耳にするようになり、ラブグッズにも注目...
桃子 2022-06-19 06:00 エロコク
“二穴責め”の快楽 同窓会W不倫で破廉恥なセレブ妻になった#5
 東京・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催された高校の同窓会に出席した。 ...
蒼井凜花 2022-06-17 06:00 エロコク
万人ウケするピンポイントバイブ♡敏感な場所をブルブル刺激
「彼女にどんなバイブを買えばいい?」と男性から聞かれることが多いのですが、これ実はとても困る質問。なぜなら体形や体質によ...
桃子 2022-06-12 06:00 エロコク
ついに挿入!25年ぶり同窓会で「アヌスも愛させて欲しい」#4
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、地元北海道で開催された高校の同窓会に、25年ぶりに参...
蒼井凜花 2022-06-17 18:25 エロコク
中級者向け!やや太めのミドルサイズがよき♡ 温熱機能も◎
 かつてバイブレーターの色といえば、圧倒的にピンクが主流でした。当時制作していたのは男性ばかりで、「女性はピンクが好きだ...
桃子 2022-06-05 06:00 エロコク
吸引&挿入のハイブリッド型! Wの刺激にガマンできないっ
 朱色のような鮮やかな赤が大人っぽい新作バイブ。「スイート サレンダー」、つまり「甘い降伏」という商品名がなんとも意味深...
桃子 2022-05-30 10:23 エロコク
地味子だった私が憧れのK君とキス…車内は“オス臭”で充満 #2
 25年ぶりの同窓会で地元・北海道に帰省したE子さん(43歳主婦/子供アリ)。  白金台に住む彼女は楚々とした和風...
蒼井凜花 2022-06-12 16:38 エロコク
大小2つの突起付き♡ 乳首専用ローターで集中刺激しちゃおう
 女性の性感は、多様です。全身、感じる可能性がある。でもみなさんご存じの通り、多くの人が気持ちよくなれる代表的な性感帯と...
桃子 2022-05-22 06:00 エロコク
これ一本で中も外も気持ちいい! 1stバイブとしてもお薦め♡
 ラブグッズ界を見渡すと、ここのところ2ウエー、3ウエーなど多機能商品が増えています。お得感もあるし、この傾向は大歓迎。...
桃子 2022-05-15 06:00 エロコク
「ああ、彼の肉の味」不倫上司が焦らされ女体に被虐プレイ#6
 ダンディな上司と社内不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と公言する彼女は、コロナ...
蒼井凜花 2022-05-13 06:00 エロコク
初心者さんにも♡ 3つのボールでギュッとした締まりをゲット
 膣トレグッズの数が増えつづけています。骨盤の内側に張り巡らされた「骨盤底筋群」をトレーニングすることによって、尿もれや...
桃子 2022-05-08 06:00 エロコク
不倫相手と肉食ディナー クロス下で悶絶リモートプレイ!#5
 ダンディな上司と不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と豪語する彼女はセックスでも...
蒼井凜花 2022-05-06 06:00 エロコク
L字型バイブで面を刺激♡ ゆっくり楽しみたいときにピッタリ
 クリトリスは快感のためにのみ存在する器官と聞きますが、どんな刺激が欲しいかは一人一人違いますし、その日の気分は体調によ...
桃子 2022-05-01 06:00 エロコク