悩めば悩むほど抜け出せない! セックスレスはまるで蟻地獄

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-29 06:00
投稿日:2020-01-29 06:00
 前出のモヨ子さん(仮名・OL)がセックスレスを意識したのは交際して1年、同棲をはじめて5カ月のころだったそうです。レスになるキッカケがあったわけではなく、「ある日気がついたら、そう言えば1カ月ぐらいしてないな~、エッチな雰囲気に突入するタイミングがつかめないな~、みたいな感じでした」

彼にとって私は何?反応のない男性の態度に深まる悩み

このままセクシーな雰囲気になると思ったのに(写真:iStock)
このままセクシーな雰囲気になると思ったのに (写真:iStock)

 結婚する前にレスになるのは避けたい、彼と話し合って解決しようとモヨ子さんは決心します。家でお酒を飲みながら、楽しい雰囲気の夜に切り出しました。

「私たち、最近エッチしなくなっちゃったね~。なんでなんだろうね?」

と、気軽な口調で言ってみたのですが…。

「う~ん、なんかさ~、妹っていうか親友っていうか、そういう存在感だよね?」

「えっ、じゃあ…嫌いになったわけじゃないんだ?」

「当たり前じゃん、モヨのこと大好きだよ?」

 よかった~、と彼の背中に抱きついてみました。このままエッチに突入してもいい、ぜひそうなってほしい、と願いながら。でも、彼からの反応はゼロ。

「私、妹や親友になりたくていっしょに暮らしてるわけじゃないし。いったい、私はあなたの何なのよ!とショックでした」

 モヨ子さんの悩みはかえって深くなってしまったのです。

どちらが悪いわけでもない原因不明のセックスレスは致命的

仲はいいのに…(写真:iStock)
仲はいいのに… (写真:iStock)

 モヨ子さんカップルのような「仲良しレス」が増えています。原因のハッキリしたセックスレスとはまったく別物です。

 日本でセックスレスという言葉が定着した1980年代に問題になったのは、

〇どちらかが浮気をしている
〇性交痛などで女性がセックスを拒否している
〇男性が性病にかかり、女性が嫌悪している
〇出産や育児で疲れている、時間がない

 などによってエッチをしなくなることでした。これらのレスは深刻ですが、原因が解決すれば元に戻る可能性もあるのです。

 一方、「なんとなく、なぜかセクシーな気分に切り替わるスイッチが見つからなくなった」というレスはなかなか改善されず、そのまま男性がED(勃起不全)になってしまったり、妻にだけ勃起できず外で性欲を発散する「妻だけED」と呼ばれる状態に陥ってしまったり。

 こうなるともう「恋のはじめの離れがたい気分が思い出せない」という膠着(こうちゃく)状態に陥ります。

「どうして!?」(写真:iStock)
「どうして!?」 (写真:iStock)

恋人を抱かずにAVを見ていた彼

 その後、モヨ子さんは彼がクローゼットに隠し持っていたAVを見つけてしまいました。「私には手も触れないくせに、こんなもので自分でしていたなんて……」と、傷ついたモヨ子さんはとうとう彼氏を問い詰めてしまいます。

「ねえ……どうして私としないで、こんなものを見てるわけ?」

 モヨ子さんにAVを突きつけられた彼氏は一瞬言葉に詰まり、それから開き直ったように言い返しました。

「はあ? なんで人の荷物とか探るわけ? 気持ち悪いことするなよ!」

「気持ち悪いって……ひどい! 私のこと気持ち悪いって思ってるんだね! だから私に触れたくないんだね、よくわかったよ!」

「何言ってんの? いい加減にしてくれよ!」

楽しかった2人の暮らしが一変…(写真:iStock)
楽しかった2人の暮らしが一変… (写真:iStock)

女性として無視されたことにブチ切れ!!

 仲良しレスは男性も何が原因だかわかっていないので、女性から指摘されると必ず逆ギレします。女性は女性で、さんざん彼に気を遣ってきて我慢してきたのに、指摘した途端に怒るなんて!と傷つきます。

 その瞬間にモヨ子さんが取った行動は……

「この人は私を女性として見てくれていないんだ、無視しているんだ、という気持ちが突然わき上がってきました。気がつくと、彼に突きつけたAVをバッキバキに割っていたんです。彼が驚きと嫌悪の目で見ているのに気づきましたが、どうしてもやめられませんでした」

 エッチはなくても楽しかった2人の暮らしは、この日を境に疑いと気まずさに満ちたものになってしまいました。

(次回に続きます)

神田つばき
記事一覧
作家・コラムニスト
離婚と子宮ガンをきっかけに“目がさめて”、女性に生まれたことの愉しみを探そうと緊縛写真のモデルとライターに。私小説「ゲスママ」、女性の悩みや疑問を解き明かすコラム「性に纏わるあれこれ」
イベント「東京女子エロ画祭」「親であること、毒になること」などの企画も。X

関連キーワード

ラブ 新着一覧


押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ