悩めば悩むほど抜け出せない! セックスレスはまるで蟻地獄

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-29 06:00
投稿日:2020-01-29 06:00
 前出のモヨ子さん(仮名・OL)がセックスレスを意識したのは交際して1年、同棲をはじめて5カ月のころだったそうです。レスになるキッカケがあったわけではなく、「ある日気がついたら、そう言えば1カ月ぐらいしてないな~、エッチな雰囲気に突入するタイミングがつかめないな~、みたいな感じでした」

彼にとって私は何?反応のない男性の態度に深まる悩み

このままセクシーな雰囲気になると思ったのに(写真:iStock)
このままセクシーな雰囲気になると思ったのに (写真:iStock)

 結婚する前にレスになるのは避けたい、彼と話し合って解決しようとモヨ子さんは決心します。家でお酒を飲みながら、楽しい雰囲気の夜に切り出しました。

「私たち、最近エッチしなくなっちゃったね~。なんでなんだろうね?」

と、気軽な口調で言ってみたのですが…。

「う~ん、なんかさ~、妹っていうか親友っていうか、そういう存在感だよね?」

「えっ、じゃあ…嫌いになったわけじゃないんだ?」

「当たり前じゃん、モヨのこと大好きだよ?」

 よかった~、と彼の背中に抱きついてみました。このままエッチに突入してもいい、ぜひそうなってほしい、と願いながら。でも、彼からの反応はゼロ。

「私、妹や親友になりたくていっしょに暮らしてるわけじゃないし。いったい、私はあなたの何なのよ!とショックでした」

 モヨ子さんの悩みはかえって深くなってしまったのです。

どちらが悪いわけでもない原因不明のセックスレスは致命的

仲はいいのに…(写真:iStock)
仲はいいのに… (写真:iStock)

 モヨ子さんカップルのような「仲良しレス」が増えています。原因のハッキリしたセックスレスとはまったく別物です。

 日本でセックスレスという言葉が定着した1980年代に問題になったのは、

〇どちらかが浮気をしている
〇性交痛などで女性がセックスを拒否している
〇男性が性病にかかり、女性が嫌悪している
〇出産や育児で疲れている、時間がない

 などによってエッチをしなくなることでした。これらのレスは深刻ですが、原因が解決すれば元に戻る可能性もあるのです。

 一方、「なんとなく、なぜかセクシーな気分に切り替わるスイッチが見つからなくなった」というレスはなかなか改善されず、そのまま男性がED(勃起不全)になってしまったり、妻にだけ勃起できず外で性欲を発散する「妻だけED」と呼ばれる状態に陥ってしまったり。

 こうなるともう「恋のはじめの離れがたい気分が思い出せない」という膠着(こうちゃく)状態に陥ります。

「どうして!?」(写真:iStock)
「どうして!?」 (写真:iStock)

恋人を抱かずにAVを見ていた彼

 その後、モヨ子さんは彼がクローゼットに隠し持っていたAVを見つけてしまいました。「私には手も触れないくせに、こんなもので自分でしていたなんて……」と、傷ついたモヨ子さんはとうとう彼氏を問い詰めてしまいます。

「ねえ……どうして私としないで、こんなものを見てるわけ?」

 モヨ子さんにAVを突きつけられた彼氏は一瞬言葉に詰まり、それから開き直ったように言い返しました。

「はあ? なんで人の荷物とか探るわけ? 気持ち悪いことするなよ!」

「気持ち悪いって……ひどい! 私のこと気持ち悪いって思ってるんだね! だから私に触れたくないんだね、よくわかったよ!」

「何言ってんの? いい加減にしてくれよ!」

楽しかった2人の暮らしが一変…(写真:iStock)
楽しかった2人の暮らしが一変… (写真:iStock)

女性として無視されたことにブチ切れ!!

 仲良しレスは男性も何が原因だかわかっていないので、女性から指摘されると必ず逆ギレします。女性は女性で、さんざん彼に気を遣ってきて我慢してきたのに、指摘した途端に怒るなんて!と傷つきます。

 その瞬間にモヨ子さんが取った行動は……

「この人は私を女性として見てくれていないんだ、無視しているんだ、という気持ちが突然わき上がってきました。気がつくと、彼に突きつけたAVをバッキバキに割っていたんです。彼が驚きと嫌悪の目で見ているのに気づきましたが、どうしてもやめられませんでした」

 エッチはなくても楽しかった2人の暮らしは、この日を境に疑いと気まずさに満ちたものになってしまいました。

(次回に続きます)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


長く付き合えないナゼ? 男性が一生大事にしたい女子の特徴
 最初はラブラブだったのに、3カ月くらいで付き合いが終わってしまう……なんてことありますよね。あんなにイチャイチャしてい...
若林杏樹 2021-04-21 06:01 ラブ
恋愛にも使える♡ 今すぐ試したいLINEの便利機能5選!
 連絡ツールとしてとても便利なLINEには、恋愛に使える便利な機能がたくさんあることをご存知ですか? 多くのアプリを使い...
恋バナ調査隊 2021-04-21 06:00 ラブ
男性が手に入れたいと思う女性の特徴&本命相手にする行動♡
 男性から「絶対手に入れたい」と思われるような魅力的な女性って、憧れてしまいますよね。そんな女性には、いったいどんな特徴...
恋バナ調査隊 2021-04-20 06:23 ラブ
モテ仕草にドキッ♡ 男性の心を鷲掴みにする4つのテクニック
 モテる女性を観察してみると、女性目線でもドキっとするようなモテ仕草が身についていたりしますよね。逆に、どんなに美人な女...
恋バナ調査隊 2021-04-19 06:30 ラブ
恋愛に溺れる女性の共通点…自分を大切にしつつ恋をする方法
 恋愛といっても、いろいろな形がありますよね。中には、恋愛をするたびに、食事も喉を通らなくなり、自分のすべてを後回しにし...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
結婚相談所の知っておくべき3つの実態&よくあるトラブル
 近年の婚活ブームで結婚相談所を利用する人が増加する中、それに伴ってトラブルも増えているようです。せっかく出会いを求めて...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
片想い中の彼に送った残念な失敗LINE…恋が終わった内容5つ
 片想い中の彼とのLINEって、感情が舞い上がってしまって大失敗をしてしまいがち! 冷静な状態ではないから、つい不自然な...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
おかん2号になってない? 男性の魂を揺さぶる女性になる秘訣
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。恋愛が下手な人は「わがままが非常に苦手」です。一方、モテる女性は「わがままが...
山崎世美子 2021-04-17 06:00 ラブ
一緒にいると落ち着く男性の5つの特徴&付き合うメリット♡
 刺激的でドキドキする情熱的な恋や、一緒にいると落ち着くほのぼの系の恋など、恋愛のタイプは人によってさまざま。恋にはある...
恋バナ調査隊 2021-04-17 06:00 ラブ
自己肯定感低め女子必見! 本命以外と疑似恋愛を楽しむテク
 男性からちやほやされたり甘やかされたりすると、どこか心が満たされる時がありますよね。本命の恋愛がなかなかうまくいかない...
ミクニシオリ 2021-04-16 06:00 ラブ
男性の低い声が好き♡思わずキュンとしてしまう3つの女性心理
 恋愛と声に関する研究によると、「男性は女性の声の高さにあまり影響を受けないけれど、女性は大きく影響を受ける」という結果...
恋バナ調査隊 2021-04-16 06:00 ラブ
いきなり結婚前提も…恋活アプリで男性が敬遠するメール3選
 なかなか外出しづらい状況の時期は、恋活や婚活などの出会いの場も限られてしまいがち。苦肉の策でアプリを始める人も少なくあ...
内藤みか 2021-04-15 06:00 ラブ
彼氏に疲れると思わせる彼女の特徴6つ&気を付けるポイント
 彼氏がいる人の中には、「最近、彼の様子がおかしい」「デート中、なんだかつまらなそうにしている」と感じている女性もいるで...
恋バナ調査隊 2021-04-15 06:00 ラブ
男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-21 05:25 ラブ
男性から届いた“意味深LINE”5選…これってどういう意味!?
 男性から届く意味深LINE……。「これって、いったいどういう意味!?」と、一喜一憂していませんか? そんなLINEメッ...
恋バナ調査隊 2021-04-14 06:15 ラブ
「Clubhouse」で明暗…彼氏ができた人と離婚危機に陥った人
 近ごろはブームもひと段落した感のある、アメリカ発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。iPhone利用者...
田中絵音 2021-04-13 06:07 ラブ