悩めば悩むほど抜け出せない! セックスレスはまるで蟻地獄

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-29 06:00
投稿日:2020-01-29 06:00
 前出のモヨ子さん(仮名・OL)がセックスレスを意識したのは交際して1年、同棲をはじめて5カ月のころだったそうです。レスになるキッカケがあったわけではなく、「ある日気がついたら、そう言えば1カ月ぐらいしてないな~、エッチな雰囲気に突入するタイミングがつかめないな~、みたいな感じでした」

彼にとって私は何?反応のない男性の態度に深まる悩み

このままセクシーな雰囲気になると思ったのに(写真:iStock)
このままセクシーな雰囲気になると思ったのに (写真:iStock)

 結婚する前にレスになるのは避けたい、彼と話し合って解決しようとモヨ子さんは決心します。家でお酒を飲みながら、楽しい雰囲気の夜に切り出しました。

「私たち、最近エッチしなくなっちゃったね~。なんでなんだろうね?」

と、気軽な口調で言ってみたのですが…。

「う~ん、なんかさ~、妹っていうか親友っていうか、そういう存在感だよね?」

「えっ、じゃあ…嫌いになったわけじゃないんだ?」

「当たり前じゃん、モヨのこと大好きだよ?」

 よかった~、と彼の背中に抱きついてみました。このままエッチに突入してもいい、ぜひそうなってほしい、と願いながら。でも、彼からの反応はゼロ。

「私、妹や親友になりたくていっしょに暮らしてるわけじゃないし。いったい、私はあなたの何なのよ!とショックでした」

 モヨ子さんの悩みはかえって深くなってしまったのです。

どちらが悪いわけでもない原因不明のセックスレスは致命的

仲はいいのに…(写真:iStock)
仲はいいのに… (写真:iStock)

 モヨ子さんカップルのような「仲良しレス」が増えています。原因のハッキリしたセックスレスとはまったく別物です。

 日本でセックスレスという言葉が定着した1980年代に問題になったのは、

〇どちらかが浮気をしている
〇性交痛などで女性がセックスを拒否している
〇男性が性病にかかり、女性が嫌悪している
〇出産や育児で疲れている、時間がない

 などによってエッチをしなくなることでした。これらのレスは深刻ですが、原因が解決すれば元に戻る可能性もあるのです。

 一方、「なんとなく、なぜかセクシーな気分に切り替わるスイッチが見つからなくなった」というレスはなかなか改善されず、そのまま男性がED(勃起不全)になってしまったり、妻にだけ勃起できず外で性欲を発散する「妻だけED」と呼ばれる状態に陥ってしまったり。

 こうなるともう「恋のはじめの離れがたい気分が思い出せない」という膠着(こうちゃく)状態に陥ります。

「どうして!?」(写真:iStock)
「どうして!?」 (写真:iStock)

恋人を抱かずにAVを見ていた彼

 その後、モヨ子さんは彼がクローゼットに隠し持っていたAVを見つけてしまいました。「私には手も触れないくせに、こんなもので自分でしていたなんて……」と、傷ついたモヨ子さんはとうとう彼氏を問い詰めてしまいます。

「ねえ……どうして私としないで、こんなものを見てるわけ?」

 モヨ子さんにAVを突きつけられた彼氏は一瞬言葉に詰まり、それから開き直ったように言い返しました。

「はあ? なんで人の荷物とか探るわけ? 気持ち悪いことするなよ!」

「気持ち悪いって……ひどい! 私のこと気持ち悪いって思ってるんだね! だから私に触れたくないんだね、よくわかったよ!」

「何言ってんの? いい加減にしてくれよ!」

楽しかった2人の暮らしが一変…(写真:iStock)
楽しかった2人の暮らしが一変… (写真:iStock)

女性として無視されたことにブチ切れ!!

 仲良しレスは男性も何が原因だかわかっていないので、女性から指摘されると必ず逆ギレします。女性は女性で、さんざん彼に気を遣ってきて我慢してきたのに、指摘した途端に怒るなんて!と傷つきます。

 その瞬間にモヨ子さんが取った行動は……

「この人は私を女性として見てくれていないんだ、無視しているんだ、という気持ちが突然わき上がってきました。気がつくと、彼に突きつけたAVをバッキバキに割っていたんです。彼が驚きと嫌悪の目で見ているのに気づきましたが、どうしてもやめられませんでした」

 エッチはなくても楽しかった2人の暮らしは、この日を境に疑いと気まずさに満ちたものになってしまいました。

(次回に続きます)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ