性感マッサージと緊縛SM…女性用風俗を使い分けて快楽を得る

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-30 19:00
投稿日:2020-01-30 19:00
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと主体的に性を楽しめるようになる。女性の様々な性癖に迫ります。

女性用風俗をシーン別で使い分け

女性用風俗のハードルは低くなってきている(写真:iStock)
女性用風俗のハードルは低くなってきている (写真:iStock)

 こっそりと抱いている性の願望を満たしてくれる相手と出会うのは、そう簡単なことではありません。出会い系にはリスクがあるし、性癖に合致した風俗店に勤めた場合でも、相手を選ぶことや、自分の快楽だけに耽溺することはできません。ベストなのは客側の立場で、お金を払って解決すること。

 しかし、女性用風俗はなかなかハードルが高い……というのも今は昔の話。ここ最近は、顔や実名を出さずとも発信できるインターネットのお陰で、性癖や性欲を満たすために、女性用風俗――通称女風――を利用する女性たちのリアルな体験談を見聞きしやすくなりました。

 SNS上の匿名アカウントであっても、業者やサクラではなく、実在する女性の声ということで、安心感が増して、「挑戦してみようかな」と利用に踏み切るキッカケとしては十分です。そこで今回は、女性用風俗をシーンによって使い分けているという、ゆうこさん(仮名、40歳、既婚、会社員)に話を聞きました。

きっかけはグラビアの緊縛写真

緊縛にも挑戦(写真:iStock)
緊縛にも挑戦 (写真:iStock)

「もともとは、高校生の時に、父親が買った週刊誌かエロ本の……どっちか忘れましたが、その誌面に載っている、女性が緊縛されて吊るされているグラビアを見てしまって、衝撃を受けました。嫌悪というより、私もやりたいと思ってしまって。

 ただ、もともと真面目なタイプだったこともあって、実際の性体験は大学に入って、一人暮らしを始めてからです。

 その頃、出会い系や、今でいうパパ活みたいなことをしていたのですが、そこで30代のコンサルティング業の男性と知り合って。わりとエリートというか、紳士でかっこよくて、普通に付き合いたいなと思っていたし、最初はノーマルなセックスをしていたんですが、いつの間にか、調教されているような状況になってしまったんです」

 たまたまお相手もその癖があったらしく、アダルトグッズを使うところから、やがてはゆうこさんの憧れだった緊縛にも挑戦することに。

「それこそ最初は、バスローブの紐で。それで、高校生の時に見た雑誌のグラビアを思い出して、『本格的に縛られたい!』って言ったら、相手もいろいろ調べてくれて。といっても、麻縄までは使わずに、綿ロープでしたけど。吊りも出来なかったし、今思うとSMごっこというかんじです(笑)」

 1年半ほどその男性との関係を続けたものの、やがて別離。今度は“SMに興味のある男性”をターゲットに相手を探して、緊縛の出来る男性に出会えたものの、あまりフィットはしなかったといいます。その理由はというと、細かな性嗜好の違い。

「その彼は、縛りも出来るけど、基本的には奉仕されるのが好きな人で。フェラするのが別に嫌っていうわけではないんですが、しても私は気持ちよくないというか(笑)。同じだけ私も責められたいなって。自分がMのくせにわがままを言ってるだけなのかとも思いましたが……」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#3
 不倫相手のマンションに引っ越すことになった派遣OLのE美さん(27)。あまりにもリスキーな不倫だが、目くるめく快楽を知...
蒼井凜花 2021-08-29 21:10 エロコク
元カレでもいい…「リサイクルセックス」に走る女性の心理
 コロナ禍により、男女の出会いの機会が一気に減ったこの頃。あまりの出会いのなさに、元カレや元ダンナと再び関係を持つ女性が...
内藤みか 2021-08-26 06:00 エロコク
力で快感を引き出す電マしか知らない人ほど試してほしい一品
 エッチな目的のために電マを購入。でもそれだけでなく肩や腰のマッサージにも使っている女性、少なくないですよね。電マはパワ...
桃子 2021-08-22 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#2
 いまや日常にありふれている不倫。今回取材に応じてくれたE美さん(27歳・派遣)も、妻子ある男性と不倫をしている女性の一...
蒼井凜花 2021-08-20 06:00 エロコク
吸引グッズ火付け役の“妹分”が日本上陸!初心者もすぐ使える
 アパレルやコスメの世界では“姉妹ブランド”というものがよくあります。メインのブランドよりも価格帯が低めなのが“妹”。そ...
桃子 2021-08-15 06:00 エロコク
クリを内側にしっかり収めるよう計算され尽くされた吸引系
 上品なラベンダー色、無駄をそぎ落としたようなフォルム。クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”の人気...
桃子 2021-08-08 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#6
 これまで5回にわたって綴ってきた「夫婦交換」の内情。「性と生」を謳歌するべく、二組の夫婦がもつれあう光景は、Wさん(4...
蒼井凜花 2021-08-06 06:00 エロコク
カップルにも♡小さな面でクリを刺激する“一点集中ローター”
 最近、私がクリトリスをピンポイントで刺激するグッズを探しているからでしょうか。一点集中! 小さな接地面でクリをしっかり...
桃子 2021-08-01 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#5
 互いのパートナーを変える「夫婦交換」のセックス。今回、取材に応じてくれたWさん(46歳・外資系IT)は、自分の妻が他の...
蒼井凜花 2021-07-30 06:00 エロコク